『藝人春秋』特設サイト



8月21日  水曜日

4時、「起床!」
夢から指令、
俺にオテンション・プリーズ!

マキタスポーツのメジャーデビューの新譜、
『推定無罪』を聴きながら、
『水道橋博士のメルマ旬報』、
既に締め切り遅れの『博士の異常な日常』の
写真入れチェックしつつ、
ボクがここ10年最も聴いているミュージシャンは、
マキタスポーツなのだな〜。上出来!


昨日のTBSラジオ『たまむすび』の
町山智浩さんによる『風立ちぬ』評を聴いて、
やっと『風立ちぬ』に風立ちぬ。
町山語りは典型的に男の子の誰にもある、
「内知の知」を語っているのだから、
共感するに決っている。
しかしクチコミが作品への「構え」を作るなぁ。

漫才本番、
9月2日以降も劇場やっているのかしら?

『週刊文春』ようやく通常通りに。

みうらじゅんさんの連載『人生エロエロ』に、
ついにマイブームが「シビン」に。
爆笑。

ボクは、尿瓶に『コ・ボレーヌ』
を使用しているが、
みうらさんはオリジナルで、
「カルロス・シビン」と命名。
(アントニオ・カルロス・ジョビンから)

ボクは元大洋の「シピン」と呼び、
先取りして実用していたが……
とにかくイラストの商品、是非作って欲しい。

ガン太の運転で東京駅へ。

「昨日、眠れました?」
「寝ていないよ。
 今『メルマの編集』で忙しんだよ」
「はー」
「オマエ連載する?」
「いいんですか?」
「『マッハGOGO!』ってタイトルはどう?」
「……」
「じゃあ『ハカセードライバー』は?」
「それ何が掛かっているんですか?」
「『タクシードライバー』 観てない?」
「はい」
この会話で連載決定。

「締め切りは?」とガン太。
「18日だからもう過ぎてる!」とボク。

「じゃあ次回からで……」
「いや今回から、今日中に書け!」
「はー」
「字数自由だし一回目から落としてもいいから、
 リリーさんみたいに」
「それは出来ないですね」
「じゃあ書け!」

東京駅の売店で、
『アサヒ芸能』を買うおじさんが、
よく見ると、せんだみつおさん!!!

ボクの顔を見るなり、
「おー、アサヒ芸能人ネタで、
 『やくみつる監督で壇蜜とせんみつの共演決定!』
 ってどう?
 やくみつ、だんみつ、せんみつ、ナハナハ!」と。


車内で、せんだみつおさんと同じ車両。
最終的には、隣の席で、じっくり話を伺っていた。

次号『週刊プレイボーイ』の特集、
「オフィス北野の新世代芸人の魅力」
のゲラチェック。

TwitterRT @TSUTAYA_UMEDA TSUTAYA梅田堂山店
【緊急速報】本日13〜14時ごろ(予定)に
水道橋博士サイン会します!
「藝人春秋」ほか著書サイン付 きで販売です。
さらに!!博士6万字年表も先着30名様に無料配布!
樋口毅宏「タモリ論」のサイン本も併売します。
今なら2冊買うとTポイント3倍です。
時間・部数に限りがあるのでご注意下さい。

----------------------------

TSUTAYA梅田堂山店へ。
書店員の玉置さんの要請で、
『藝人春秋』自主サイン入れ。


現場に机を用意してくれて
ミニサイン会の様相に。

他の著作にもサイン。(もし売れ残ったら買い取ります)
書店にTwitter上だけで名前を知っている、
エムカクさんが現れる。
「僕もさんまさんの年表を作ります」と。

柳田くんに教えてもらった、
市井の明石家さんまさん研究の第一人者だ。
まだ若いのだなぁ。

博士半生記年表は、
持参のものがすこし余ったので、
書店に置いてもらうことに。

サイン会終了後、
キャストまでの入り時間、
立ち寄ってくれた角田弁護士と、
お隣りのイタ飯屋さん『ORG』でランチ。

ふたりともボーダーで、
ちょっと照れながら。
まるでホモっぽくって良かった。


TwitterRT @tamayan91(玉置さん)
サイン会ありがとうございました。
おかげさまで「藝人春秋」の在庫きれました。
お客様から行けなくて残念だったという声が多くありました。
そこで相談なんですが、サイン会の再度実施は可能でしょうか?
商品は大量に入荷させます。

(博士のコメント)↑もちろん可能です。
----------------------------
TwitterRT @m_kac(エムカクさん)
水道橋博士のサイン会に参加。
6万字に及ぶ「半世紀Life年表」を入手することができ、
念願叶う。
一項目も漏らさず読み、部屋の壁に掲げて、
さんま年表作りのモチベーションにする!

----------------------------
TwitterRT @sumidab(角田龍平さん)
先ほどはありがとうございました!ぼんちゃんです。
「東の新宿2丁目、西の堂山」と並び称される場所で、
このペアルックはかなりヤバかったです。

(博士のコメント)↑全然知らなかった。そうなんですね。又。
----------------------------
TwitterRT @sumidab(角田龍平さん)
水道橋博士の半世紀Life年表。
1987年(25歳)「ABC漫才コンクールの
『メキシコ台風』の漫才を見て、
ツッコミとボケを際だたせるため、
ハカセと並外れたバカという芸風に目覚める。」との記述が!
メキシコ台風兄さんに年表を送ろう!

----------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士の6万字?年表を入手!
…TGさん、角田さん、入手した?? 
自分の名前入っている「年表」って初めて見た。

----------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
『水道橋博士の半世紀年表』
今、この中から検定試験があれば…
ひょっとして博士本人に勝てそうな気がする!!
全国でベスト8ぐらいに入れそうな気がする。
移動中飽きずにいこればかり読むので
他の資料が読めず困ってる(笑)
明らかに年度を間違ってる箇所を見つけ、赤色で訂正。
何、やってんだ!?俺!

(博士のコメント)↑指摘してくれ。
『水道橋博士のメルマ旬報』に載せるときは修正するから。
----------------------------

移動、ABCへ。
放送局入り口で、よみうりテレビの中嶋さんが、
この間の照英と一緒のロケ、
誕プレ(『PEAK』の一升瓶)をお持ちしてくれる。

さらに8月18日放送の、
『旅ぷら』照英とのふたり旅の同録も。
番組チェックが楽しみだ。


ABC『キャスト』の本番前に、
前田日明さんからお礼の直電が……。

楽屋でくつろいでいたところ、
電話をとると、にわかに直立不動になり、
「光栄です」
「とんでもないです」
「ありがたいです」
と腰を折り、
何度もお辞儀を繰り返すボクの姿に、
周囲は「誰からだ?」と訝られる。

前田日明、
電話一つで高揚感もハンパない。



16時50分、ABC『キャスト』生放送。

MC:伊藤史隆(メインキャスター)、
高橋大作、塚本麻里衣、
出演:二木啓孝さん、ご一緒。
・安倍内閣 夏休み明けの正念場
・ふたつき瓦版
・次代のエース小泉進次郎に迫る
・汚染水300トンに原子力規制委は…
・夏休み子どものなんでやねん「電車博士と漢字博士」
・特集 夏に潜む危険「スプレー缶どう処理すればいい?」
・"徳育"を教科に…ある小学校の道徳授業。


楽屋で誕生ケーキを頂く、ありがたい。

帰途、新大阪『くくる』のたこ焼き、
構内のみ販売の、
ネギ塩ダレ初めて買って帰京。

ゲリラ豪雨で20分遅れて東京着。
ゲリラの攻撃はまだ続いていた。
しかも猛攻だ。

帰宅後、
今日、受け取った、よみうりテレビ『旅ぷら』同録を、
ガン太とスズキ秘書と一緒に観る。

照英との博多・小倉旅、
30分があっという間。

ロケ後の照英話を含めて思い出深い仕事だったな。

「週刊藝人春秋」連載16
(真っ赤なポルシェ編)が掲載された、
『週刊文春』が発売。

反響、嬉しい。


TwitterRT @araikaoru(荒井カオルさん)
ビートたけしとビル・ゲイツを結ぶ点と線。
今週の水道橋博士「週刊藝人春秋」もグルーヴがきいてるなあ。

----------------------------
TwitterRT @manaview(碇本学くん)
毎週、パブロフの犬な『週間藝人春秋』を。
一瞬、イラスト前と同じかと勘違い。
ビートたけしの赤いポルシェを巡る話でオチがワールドクラス!
三又さんへ流れる展開かなあ。
----------------------------
TwitterRT @acperience313
週刊藝人春秋・ビートたけし、959,ビルゲイツ、
庶民には手の届かない、夜空の光り輝く三つの星が
また一つの星座を造り上げた。
次回はロールスロイスかな?
ちょっと掟ポルシェを期待してしまった。
まだこの巨星達に並ぶには輝きが足りないかな。

----------------------------
TwitterRT @bunbun0919
週刊文春8月29日号、週刊藝人春秋は真っ赤なポルシェ。
ビルゲイツを巡る話はもちろん、浅草料亭のメンバーも興味深い。
博士のプロフィール欄の「自動車操業中」はさすが。

----------------------------
TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家)
週刊文春の週刊藝人春秋、廻り廻って、廻り過ぎ。
終いには戻って来そうな話。
宮藤官九郎さんの干物も戻って来た話、
お盆あけだけに、帰省の話。

----------------------------
TwitterRT @idea_ink(アイデアインク)
水道橋博士さんの「週間藝人春秋」、話は
「赤いボルボ」から「真っ赤なポルシェ」
でこういう仕掛けだったのか!
とうなる構成。
江口さんの漫画も前号とあわせて読むと
(時間をまたいだ2コマ漫画のようで)面白い。

----------------------------
TwitterRT @manhemo
週刊藝人春秋、
あまりにも高みに行き過ぎて、周りに人がいないので、
凄い人同士の星座って
割とあっさり繋がるんじゃないかと思いました。

----------------------------
TwitterRT @kazuogu0519
週刊藝人春秋。真っ赤なポルシェの回。
宴の臨場感!会話の再現力!
以前、博士のツィートでこの宴の画像をみていた。
その時は 窓の外から覗き見てる感覚だったのだが、
この回によって座敷にあげてもらった気分。楽しい。

----------------------------
TwitterRT @nasushalom
水道橋博士の週刊藝人春秋。全然関係なさそうな話が、
どうして前置きにあるのかと思ったら伏線だったんですね〜。
さすが。それより、山口百恵さんのイラストが
どうしてもラブドールに見えてしまう件。

----------------------------
TwitterRT @hakushinge
「週間藝人春秋」(赤いボルボ)拝読
ポルシェから原付バイクのコントラストが
自然と夢から現実へと結び付いていく。
そしてロールスロイスへ
(ビートたけしさん・興味深い)

----------------------------

 

8月22日  木曜日

6時起床。
朝から漫才没頭。

11時、倉庫部屋に、
TBS『もてもてナインティナイン』のスタッフ来訪。
事前取材。

ボクは、レギュラー陣に子育ての奨めを説く役。
取材スタッフは全員独身。
身を乗り出して質疑応答。

インタビュー後、子どもたちと遊ぶ様子など収録。
現場はミニ戦場。

終了後、卓球。
ピンポン外交。

再び、パソコンに向かい漫才台本、
さらに『メルマ旬報』の作業。
次号に掲載予定の博士半生記年表7万字まで。
ガン太の紹介文も送稿。

夜、家族+ガン太と焼き肉「福べこ」へ。

台本チェックしながら、
意識は、もう明日の番組へ行っているのだが、
気がつけばいつの間にか
カルビをガンガンと食べていた。

40代以降、味覚として、
カルビを欲していなかったのに……。
体質も変わった気がする。

今日、TBSスタッフに頂いた、
仙台・菓匠三全の「あおざしからり」文句なく美味い。

特に「ショコラからり」
甘くてしょっぱい。


今、『ピンポンBAR』に向けて、
乾き物をいろいろお試し中。
九龍ジョーの実家の作る黒にんにくも。
51歳誕生日の頂きもの。
長野産、その名も「五一わいん」の赤を開封。

久々に、手元がおぼつかないが、
自分で手料理。

焼きトマトとわさび大根おろし添え。
プロシュートクルードスライスのカレー風味。
きゅーりの浅漬とうまい棒の粉ふりかけ焼き。

ママ機嫌よし。
「パパ、やればできるじゃん」。


今日、藤圭子さんの訃報。

1970年に田原総一朗さんがドキュメンタリーで
藤圭子さんの全盛期に取り上げている。


「私は現在を歌う 〜藤圭子 6月の風景」を
『田原総一朗の遺言』DVDシリーズの一篇に収めるため、
ボクは、その生涯と宇多田ヒカルとの関係を当たった。
語り継ぎたいことは山のようにあるのだ。

これは週刊誌的作業になる。
個人的な想いはある。
しかし、プロの週刊誌の書き手として、
ネタがかぶるのかどうかが心配。

TwitterRT @RAM_RIDER
藤圭子さんの一度目の短い結婚や
最初に歌手を引退するときの発言など
あまりにも娘の宇多田ヒカルさんと
重なる部分が多いと感じました。

(博士のコメント)↑文献を辿れば、
親子が驚くほど同じ運命を辿ることがわかります。
----------------------------


8月23日  金曜日

6時起床。
「オテンション・プリーズ!」を自分に。
朝からワイドショーを見ながら、
やはりこれは書かねば……と思い直し、
『週刊藝人春秋』の原稿を新たに
「藤圭子」篇で書きなおす。
3週先まで入れていたが別のものに。

TwitterRT @RintaroWatanabe(わたなべりんたろうさん)
藤圭子さん特集ページ/朝日新聞Web 
http://www.asahi.com/topics/word/%E8%97%A4%E5%9C%AD%E5%AD%90.html

----------------------------
TwitterRT @MICKEYCURTIS(ミッキー・カーチスさん)
藤圭子ちゃんはロック大好きで
70年代初期ごろよく遊びに来てた
ハスキーボイスで可愛いかったブルースだね!合掌

----------------------------
TwitterRT @UCHIDAYUYA(内田裕也さん)
藤圭子さんが亡くなった。何回か会ったことがある。
ROCKに興味を持っていた。暗い感じだった。
『夢は夜開く』アンニュイなブルースシンガーの誕生を感じさせた。
娘は宇多田ヒカル、世界進出アキラメルナ。
夢は必ず開く!
合掌 汚染放射能水が漏れ続けている。
太郎、何とかしろ!R&R

----------------------------

イチローの日米通算4000本安打のニュース。
勝谷誠彦さんが「××な日々。」で触れていた。

////////////////////////////////////

<「こういうきりのいい数字というのは、千回に1回しかこない。
それを4回重ねられたことは、それなり かなと思う。
4千の安打を打つには、8千回以上は悔しい思いをしてきた。
それと常に向き合ってきたので、
誇れるとしたらそこじゃないかな」。
偉業への感想 を語った。>  
人生もそうだと思う。打率3割の野球はまだ効率がいい方だ。
人生ならば1割くらいじゃないだろうか。
しかしそれも積み重ねれば4000本的なものになるのである。
問題は、打つか打たないか、
いやそれ以前に、打席に入るか、入らないかだ。
そして、私が何より感動したのはこのくだり。
<「人間が作った時間という概念がなかったら、
僕がいまいくつに見えるか。僕がしているトレーニングは、
何十年も前と比べたら考えられないようなものなのに、
これまで通りのくくりで評価される」。>
(公式サイト『勝谷誠彦のxxな日々。』
http://katsuyamasahiko.jp/より抜粋)


////////////////////////////////////

九龍ジョーのお父さんが作っている、
茨城にんにくの最高熟成レベル。
商品名「大黒にんにく」、
ボクがあまりに激賞したため、
皮むきの箱入り版を送っていただいた。

しかし、これが、どれほど美味いかは、
もはや実際食べてもらうしかない。


医者で薬を頂く。
財布紛失で戻って、料金を支払いに。
倉庫部屋で子どもと卓球。
そこへ廃品回収車が通りかかったので、
声をかける。
見積もり後に、
「計2万円分です!」とお兄ちゃん。

「え!じゃあ自分でやります」
「握手してくれたら1万2千円で……」

握手。

汗だくで、「頑張ってください!」
お互い様に。
倉庫でスズキ秘書と一緒に片付け。
お互いの意見交換、
長年の無言に部分を、声に出す。
大議論して気持よく。

今日も手つかずの段ボールの貝塚から、
いろんなものを発掘。

明日『なんでも鑑定団』に依頼主として、
初出演するのだが、
今日、倉庫部屋で実家の段ボールから、
藤田嗣治のポートレイトが出てきた。

藤田嗣治は百瀬博教さんの本で教えてもらって、
秋田の美術館まで見に行った。

厳重な包装ぶりからしても本物。
明日、鑑定してもらうものは決っているが
持って行こうかしら。


TBSラジオ『たまむすび』、
赤江くん(玉袋)のコーナーゲスト、
ショーケン最高だったなぁ!

15時半、『原宿石川歯科医院』へ。
クリーニングと調整。

その後、
渋谷のスクランブル交差点前の『大盛堂書店』へ。

Twitterでの呼びかけに、
応えてくれた書店員の山本さんの要請を受けて、
『藝人春秋』サイン入れ及び6万字年表配布へ訪問。
もっと早く来たかった。


『藝人春秋』以外の本にもサイン。
「売れ残ったら買い取ります」と。

山本さんお薦めチョイスの本も迷わず購入。
サイン入れ。
「何故、他の作家はやらないの?」
「出版社の営業に快く思われないことがあるみたいです」
「バカのふりすればいいじゃん」と言いながら。


店を出たら店頭に、この文字。
恥ずかしいが……。
山本くん、バカのふりしてんなぁ!
渋谷の大盛堂書店に『藝人春秋』他、
サイン本、新たに作って頂いた51歳の印入り。
先着15人分、6万字年表を置いています。


TwitterRT @taiseido(大盛堂書店)
ありがとうございまーす。がんばって売ります!
また、老婆心ながら水道橋博士さん
『藝人春秋』サイン本を迷われている他の書店さん、
ぜひ、「本」に対して熱い心を持つ
博士さんにリプ振ってみて下さい。
書店員としてもったいないですぞ。(山本)

----------------------------
TwitterRT @taiseido(大盛堂書店)
【2F売り場】水道橋博士さんご来店!
『藝人春秋』などご著作にサインを頂きました。
また『藝人春秋』お買い上げのお客様には、
あの赤坂サカスイベントで奪い合いとなった
「水道橋博士の半世紀Life年表」を進呈いたします。
数に限りがありますのでお早めに!(山本)

----------------------------

渋谷で、
娘そっくりの壁シールを発見。
思わずパチリ。
「政府、大企業、テレビ、核を信じるな!」
とのメッセージ。



TwitterRT @suzukiosamuchan(鈴木おさむさん)
マキタスポーツさんのアルバム「推定無罪」、
色んな音楽への愛が、笑いと切なさを包み込んだ
数々の曲に変わっていく。聞いててニヤッとできたり、
あの頃の自分を思い出したり。
特に僕と近い世代、
35歳以上45歳未満の方、聞いていただきたい!

----------------------------
TwitterRT @hkonip: (小西寛さん)
50歳もOKだったよ。
RT @suzukiosamuchan(鈴木おさむさん)
小西さんは精神が40歳ですから

----------------------------

移動、半蔵門のMXテレビへ。
21時、『ニッポン・ダンディ』生放送。
出演:関谷亜矢子、高山善廣、サヘル・ローズ、ご一緒
ゲスト:松江哲明さん。
ダンディジャッジは、
「貴方は復讐したことがあるか?」
ニュースは「日本の映画料金は高いのか?」を取り上げる。
映画解釈コーナーのテーマは、「韓国映画」


松江さんとは久しぶりだが、すぐに気が合う。
Tシャツを見て声をかける。

「おお、ルドヴィコ療法されてるアレックスじゃん!
 イイTシャツ!どこで買ったんですか?」

「これハードコアチョコレートのTシャツです。
 紹介しましょうか?」

「いや、これを作っているムネくんは、
 ものすごく古くから知っているんですよ」



8月24日  土曜日

5時起床。

朝から樋口毅宏さんの声を聞く。

あんな寝穢(いぎたな)い人が早起きしているなんて……。
ボクも頑張らなければ。

「オテンション・プリーズ!」
と子供たちを起こすのも忘れて、
9・2の漫才台本に没頭。

過去最速でタイトロープで仕上げている。



昨日の『ニッポン・ダンディ』、
福田和也先生へ公開質問に反響あり。

TwitterRT @iijjiji
【動画(高画質版)】 水道橋博士&高山善廣の
映画解釈番組『ニッポン・ダンディ』
テーマ:韓国映画
ゲスト:松江哲明 ⇒ http://bit.ly/17S4mex

----------------------------
RT @araikaoru(荒井カオルさん)
《石丸元章 そういえば、連合赤軍の永田洋子が死にましたね。
/福田和也 ブスは怖いよ。ブスとはつき合わないにかぎる。
/石丸 すごい顔だよな。》 (「CIRCUS」2011年4月号) 
テメエラのツラがブサイクだと全然認識してないバカ対談。
このあたりから福田和也が決定的に嫌いになった。

----------------------------
RT @araikaoru(荒井カオルさん)
「(映画「息もできない」を評して)
福田和也さんが『北野映画の最盛期の100倍すごい』
と書いている」
「んなわけないじゃないですか。
北野映画の影響下でこれを作ってるんだから。
どんだけトンチンカンなのか」
「てゆうかバカじゃないかと思いますよ。
何を根拠に100倍と言っているんだか」
(水道橋博士/8月23日放送「ニッポン・ダンディ」) 
http://bit.ly/17S4mex 
24:20あたりから水道橋博士が福田和也にキレる

----------------------------
RT @kurotegumi
昨夜のニッポンダンディ、
水道橋博士の福田和也への挑発は良かった。
流石は希代の藝人。
ブログのタイトルも博士の悪童日記ととても洒落ている。
本家、悪童日記の翻訳者堀茂樹氏が妻と共に造った言葉で、
堀茂樹氏はビートたけしと軍団をTweetでDisってるのに
平気で使えるなんてさすがは藝人。

----------------------------
RT @kurotegumi
息もできないが北野映画の100倍凄いなんて、
全く馬鹿な話だ。
水道橋博士の言い分はもっともだし、
100倍という根拠を見せろというのもしかり。
映画を沢山観る人は人生が豊かというのも
そんな気がするだけで数的根拠は無いよね。
でも福田の100倍には突っ込むあたり流石は藝人。

----------------------------
RT @sanae0712
北野映画の影響下で作ったという根拠があれば教えて欲しいのですが‥@araikaoru

(博士のコメント)↑ヤン・イクチュン監督本人のインタビューです。
----------------------------
RT @manaview(碇本学くん)
ニュースになってる! RT ピース又吉が『いいとも』に呼んだ書店員。
"太宰治仲間"の木村綾子さんが話題に。 | Techinsight
http://japan.techinsight.jp/2013/08/peacematayosi-kimuraayako-iitomo2013082.html… @Techinsight_JPさんから

----------------------------
RT @u5u(てれびのスキマ)
『いいとも』に又吉の知り合いとして
メルマ旬報連載陣の木村綾子さんが出演したと知って、
さかのぼって視聴。
又吉とのコンビワーク抜群の太宰治トークがステキだった。
タモさんの反応も見たかった!

----------------------------

SPIDERで、
8月22日の『笑っていいとも!』のコーナー、
「アルタに知り合い呼んじゃいました!」の、
木村綾子さん出演シーンを再生。

彼女はタレントだし、
『水道橋博士のメルマ旬報』の執筆者であるのだが、
素人としての出演。
「ホメるテレビ」これにしておこう。


そう言えば、段ボールに封印して、
照れるのをやめて、
倉庫部屋の壁に坂口恭平の絵を飾った。

我がTOKYOの一坪遺産。


これから『なんでも鑑定団』へ。

もちろん番組はガチだし、
ボクはスタッフに鑑定依頼品を提出しただけ。
(わざわざ倉敷まで行ってくれた)

本当に宝くじを買った気分で、
久々に経験したことのないドキドキ感。


ガン太運転で、天王洲スタジオへ。

別の収録で、
スタジオに草野仁さんがいらっしゃった。
本番前にご挨拶。

競馬中継をご覧になる様子に懐かしさを感じ、
競馬学校と大井競馬場の話をしながら、
しばし甘える。


テレビ東京『開運なんでも鑑定団』収録。
台本はペラ一枚のみ。
20年間も続く長寿番組。
15〜6年前はレポーターだった。

鑑定依頼の作品は数々あったが、
結局、数日前に兄が実家で発掘した
大樋焼に。

ボクが見るのはスタジオが初めてなのだ。
ガチンコなのでスタッフとも本番前に多く語らず――。


『なんでも鑑定団』は、
生前、父が唯一録画して見てた番組。

吉田真由子ちゃんと会うのも十数年ぶり。
昔ふたりでイタ飯屋さんへ行った話を本番で。
結果はあまりにも予期せぬものだった。

え〜〜〜〜ッ!!
27年のテレビ出演で最も驚いたかもしれない。

9月24日に放送。


鑑定団、名手・今田耕司の司会、
石坂浩二さんは自由自在。

オンタイム収録中、ずっと薀蓄のある雑談。
ハウマッチを見ている頃から変わらない。

収録後、
相手上の認識ではほぼ初対面の石坂さんにご挨拶。
「甘えてもいいですか?」
「どうぞ」



TwitterRT @bu_ha
博士、鑑定団ゲスト初めてですか?
俺の古巣なので勝手に感慨深いです(笑)

(博士のコメント)↑出張レポーターは一時やっていましたが、
依頼人としては初めてです。スタッフさんだったんですか?
----------------------------
TwitterRT @bu_ha
よみうりランドで開催したスポーツお宝鑑定大会に、
浅草キッドさんMCで来て頂いた時ADでした(笑)
スタジオは物凄くあっさりした収録なので驚かないで下さいね。
1時間番組の収録なのに1時間かからないぐらいですから(笑)

(博士のコメント)↑懐かしい!
----------------------------

TwitterRT @POLA_ANNEX (ポーラ ミュージアム アネックス)
ご来館ありがとうございました。

(博士のコメント)↑いいえ。銀座で福井利佐さんの新作を
異空間で体験出来て写真も撮れて無料!
どれだけ素晴らしいか!
そう言えば今日、石坂浩二さんが
『藝人春秋』をご覧になって「どなたの絵かしら?」と。
「福井利佐さんの切り絵です!」と胸を張りました。
----------------------------

ガン太と車中、お喋りしながら、
一旦、帰宅。

高円寺は阿波踊りのお祭りムード一色だが、
次の『もてナイ』収録へ出発。

19時半、TMC入り。

メーク室に、
ゴールデンの売れっ子が勢揃いしていて、
毎日続く連戦に淡々と試合に備えている感。

『藝人春秋』の帯文を昨年末に貰って、
一年半ぶり位に有吉くんと再会。

その間に「マグナカルタ」誌で、
有吉論を書いているので、
諸々自意識がひっくり返ったまま楽屋話。

テレビは「今」だけなので、
もろもろと伝達のみを。
寝起きだったが、伝わったかしら。

TBS『もてもてナインティナイン』収録。

「子育ての素晴らしさを教えますSP」

MC:ナインティナイン
出演レギュラー:
ビビる大木、有吉弘行、日村勇紀、
柳原可奈子、陣内智則、ケンドーコバヤシ
ゲスト:
高畑淳子、小川菜摘、広田レオナ、大浦龍宇一、ご一緒。


小川菜摘さんとハマ・オカモトの話。
喜んでくださる。

数々の実になる話。勉強になった。

最後の〆が、赤坂サカスで、
三又ダンスを親子で踊ったところだった。

しんみりムードだったので救われた。
帰宅後、三又又三と長電話。
あんなにマジメに話したのは初めてだな。
今年の夏は面白かったという結論。


8月25日  日曜日

4時起床。
早い。でもおきるんだよ!

「本日は『水道橋博士のメルマ旬報』の
 発行日なので、RTが増えます。
 しばし暑苦しい状態になりますので、
 不愉快な方はフォローを外してください」

とTwitterでお断りを入れる。

明日のNOTTV『テレビをほめるYESTV』推薦番組を、
SPIDERでチェック。

【土屋さん推薦】
8/14放送のTBS『リアル脱出ゲーム』

【倉本さん推薦】
8/24放送EX『タモリ倶楽部』「空耳アワード」
「空耳アワード」で、
二階堂ふみさんの姿を見られて気分良し。


今日は、月島で、
木村俊介さんとのトークショー。

ボクの机に置いてあった、
木村俊介さんから頂いた手紙(文)を見つけた、
娘の文が音読を始める。

「すばらしいホニャララをホニャララいただき……
 とてもホニャララしいホニャララ……」
と漢字が全てホニャララなので最高に可愛らしかった。
思わず録画。

15時、ガン太運転で、
月島の「あいおい古本まつり」へ。

『相生の里』の入り口で、
坪内祐三さんとバッタリ。

当然呼び止める。
入り時間ギリギリまで立ち話。
「文」の認識の応酬。

「わかりあえないことをわかってください」
ではなく、
「わかりあえているがわかりあえていない」、
隙間を埋める。


出番ギリギリまで坪内祐三氏と話し込んだ。
積もる話だ。
意外すぎる話を知らされ、ヒックリ返りそうになる。


入り口で今度は、
「バンダイの蒲原です!」
と8年越しの初対面。

ボクにとっては、
フランスの北野武展でお会いする約束をしていた、
「あしながおじさん」。

まさか老人ホームで邂逅するとは!
「本番終わってから……」

イベント開始10分前に、
8階のデイサービスフロアの控室へ。

紆余曲折あって、
今日の仕事(プライベート)で木村俊介さんに出会う。

木村さんは数々の著書があるが、
今まで認識がなかった。

事前に木村さんの
『物語論』(講談社現代新書)を読んだが、
このインタビュー集に心動かされぬ本読み、
物書きがいるだろうか? 
いるはずがない。
だから今日の行動は必然だった。


木村俊介と初対面から10分後には壇上へ。
そのまま90分のトーク。


事前に何も決めていないのだから、
必然、年表とは?になり、百瀬博教論になる。
あっという間にタイムアップ。

そのままエンドレスのサイン会。
今日、一日で幾つもの出会いと伏線回収に至る。

今日は介護施設の会場に80人満員のお客さん。

旧知の方、過去に出会っている方も数々。
アイデアインクの菅付さん、綾女さんのお二人。
原田専門家さんと一緒の、
やきそばかおるさんは初対面。

此処へ招聘してくれた、
南陀楼綾繁さんとも初対面だった。


作家の川野将一さんが挨拶してくださる。
「昔、星野スミオのペンネームで、
 ビートニクラジオを紹介したことが有りまして……」と。

明確に覚えていた。
(あと調べてみたら、
 1997年11月19日の日記に書いていた。
http://blog.livedoor.jp/s_hakase/archies/176346.html…)


百瀬博教ファンのご夫妻にお会いして、
2006年に『タモリ倶楽部』のロケで、
たまたまお会いした後、ボクが非売品であった、
百瀬博教本を本名でお送りしていた話を聞いた。
ホント、本はタイムマシンだ。


サイン会の行列の最後は、
早稲田の古本屋「古書現世」の向井さん。

「百瀬博教さんの遺品整理を承り、
 最後に百瀬さんの集めた
 ビートたけしグッズを預かっていました。
 これをお渡ししたい」

と段ボールを渡される。


それを開いた時の瞬間の恍惚。


巡り巡ってボクに届けてくれた、
百瀬博教さんのビートたけしコレクション。

百瀬さんのたけしさんへの想いを知るだけに、
胸熱くなる玉手箱。
意志すれば全ての行為に、
「物語が紡がれていく過程」がある----------。

インタビュアー「物語論」の木村俊介さん、
初対面だったがイケメン。

ボクの運転手の「マッハスピード豪速球」の
ガン太(真ん中)とクリソツだった。


TwitterRT @shunsukekimura (木村俊介さん)
水道橋博士さんへの公開取材で……

(博士のコメント)↑いろいろ聞いてくださってありがとうございました。
ボクもいろんなヒントと出会いがありました。
----------------------------
TwitterRT @mahhasupeed(マッハスピード豪速球 ガン太)
ブログを更新しました。
『水道橋博士、運転記〜卓球熱!』 http://amba.to/17cFnVe
『水道橋博士、運転記〜卓球熱2.』 http://amba.to/17cFVud
『水道橋博士、運転記〜卓球熱3』 http://amba.to/17cGvIs

----------------------------

サイン会後、
バンダイの蒲原さん、関口さんを乗せて帰宅。

8年間も海外から長男におもちゃを送って下さり、
しかも毎回、欠かさず高田笑学校を実券で見守りながら、
一度も会わなかった。
フランスのたけし展で出会う約束も果たせなかった。

一緒にピンポン外交。


そして阿波踊り帰りの長男・タケシが帰ってくるのを待つ。
そして、タケシが帰宅。

足長おじさんと息子。
二人の出会いはあっけないものだった。
会えない時間が人を夢見させる。

父としては圧倒的な時間の贈り物だった。

木村俊介さんとのトークショーの感想をリツイート。

TwitterRT @MASAMEGURO(菅付雅信さん)
月島「あいおい古本まつり」の催しのトーク
「芸能界の裏ルポライターとして」水道橋博士×木村俊介を観る。
博士の「芸人春秋」のエピソードを軸に、
芸能の 虚実の際をルポする姿勢を語る。
今求められるのは行為者としての強さと博士。
さらに発言だけでなく「行動で韻を踏む」ことが大事だと。名言。

----------------------------
TwitterRT @idea_ink(アイデアインク)
あいおい古本まつりで水道橋博士さんと木村俊介さんのトーク。
通過儀礼はあとから通過したと分かるだけだからこそ
行動で韻を踏み虚実の膜をさらに現実にぶつけるのだと
自分の中で話がつながっていった。
最後の腰痛話は会場が介護施設ならではのオチ(なのでしょうか…)。
照英とタモリ2氏の話に爆笑!

----------------------------
TwitterRT @hstm1982(橋本倫史さん)
今日はあいおいで水道橋博士と木村俊介さんの
トークイベント聞いてきた。
配られた年表に僕の名前もあった、わーい。


(博士のコメント)↑いらしていたのですね。
その前に坪内祐三さんと「橋本青年」の話題になりました。
----------------------------
TwitterRT @kawasusu(南陀楼綾繁さん)
水道橋博士「文章で韻を踏むだけじゃダメだ。行動で韻を踏まないと!」。

----------------------------
TwitterRT @sekiguchi1967
あいおい古本まつりイベント
「水道橋博士×木村俊介トークショー」を月島で拝聴。
博士の素晴らしき裏話から
生い立ち成り立ちに纏わるお話が聞けて感激。
特に石原慎太郎からの電話の話はサイコーでした!

(博士のコメント)↑ありがと!
----------------------------
TwitterRT @HARUMInagai
「あいおい古本まつり」で、
水道橋博士さん×木村俊介さんのトークイベント。
欲しかった年表もいただきました!
博士のよどみない弁舌に引き込まれるひととき。
笑ったり、考えさせられたりと刺激をもらいました!

(博士のコメント)↑ありがと!
----------------------------
TwitterRT @wamezo(向井透史/古書現世・わめぞ代表)
数年前の「仕事」という言葉では済まないある本の整理で手元に来て、
なんの根拠も無く「いつか直接水道橋博士にお渡ししよう」
と思っていたモノを今日直接手渡すことができた。
企画した南陀楼さんも知らなかった偶然。
区切りをつけられて、いまだ不思議な気持ちの中。

(博士のコメント)↑感無量。
----------------------------
TwitterRT @aioi_bunko
水道橋博士×木村俊介トーク。
どちらもめちゃくちゃ頭の回転が速く、
とにかくひきだしの数が半端じゃない。ポンポンポンポン、すごい。


----------------------------
TwitterRT @8mmTapeHi8
水道橋博士のトークライブ終わりました。
五分前に会ったばかりという方とのツーマントークで、
これほど惹きつける話ができるって凄いなーと思いました。
90分があっという間でした。
マスメディアが自粛する話を私がツイートするのも何なので、
こういう話が面白かったとは紹介できないのですが。

----------------------------
TwitterRT @devo801
月島で水道橋博士と木村俊介のトークショー、面白かった!
行ってよかったあ。ようやく年表ももらえました。
神保町に戻って、小学館ビルの落書きを見ます。

----------------------------
TwitterRT @massy1959
水道橋博士の対談。お土産に5万字年表を頂いた。
本当に至せり尽くせりだ。エレベーターに乗り合わせた人と
これで千円じゃ安過ぎますねと挨拶。
充実した一時だ。さて帰ってメルマ旬報読むぞ!

----------------------------
TwitterRT @light_greens
あいおい古本市で水道橋博士のトークショー。
本も買ってその場でサインをしてもらう。
芸人だから声が通って滑舌がよい。
芸人は当たり前なんだろうが、
私が生活してる中で出会う人と明らかに発声が違うんだよね〜

----------------------------
TwitterRT @shumpei_k
あいおい古本まつりにて、水道橋博士のイベントに参加。
頂いた新聞紙サイズの博士の年表は超力作。
終了後、七年前に百瀬さんの非売品の本を送って頂いたお礼を
漸く直接お伝えできた。「伏線が繋がっているねー」
との博士の言葉に感激。

----------------------------
TwitterRT @kawasusu
第5回あいおい古本まつり、2日間が無事終わりました。
最後を飾った水道橋博士×木村俊介トークは75人集まってくださり、
素晴らしいお話が聞けました。
終わってからも1時間近くサインしてくださり、感謝です。

(博士のコメント)↑こちらこそ。どれほど今日に出会いがあったか!
----------------------------
TwitterRT @echan09
あいおい祭り。昔、業界に居た友を誘って伺いました。
水道橋博士のトーク、最高!
友は解る部分があり過ぎた様ですが、本を読まなきゃ。
と申しておりました。

----------------------------
TwitterRT @jzp04360
あいおい古本市での水道橋博士のトークイベント、
楽しかったし、刺激になった。他人にあそこまで入り込んで、
珠玉のルポに結実させる過程の一端を見た気分。
年表はすごいの一言。自分史と重ね合わせて読んでいくと面白い。

----------------------------
TwitterRT @mastermio
水道橋博士と木村俊介さんのトークイベントへ。
面白かった…。木村さんの、ツボをおさえて聞く姿勢はそのままで。
博士の話に笑ったりしながら、身をのりだ したりひいたり。
博士のトークのうまさはもちろん、
引き出しの奥深さ、頭の回転の早さを感じながらみる。
圧倒されすぎてこちらがもぬけに…

----------------------------
TwitterRT @roug02
相生の里「あいおいブックラボ」で
水道橋博士と木村俊介のトークショー。
先週の赤坂サカスでは序盤から飛ばしまくりだったけど、
こちらは徐々にエンジンがかかっていく感じ。
客層の違いとペースの違いが面白かった。
前半はわりとまじめなトーンで、
お子さんのエピソードでようやく笑いが起こる。

----------------------------
TwitterRT @roug02
話の中心は百瀬博教になっていく。
プルーストの「失われた時を求めて」
についてのところがすこぶる興味深い。
木村俊介が浅草キッドの漫才にまで言及してくれたのもうれしかった。
「行動で韻を踏む」というフレーズ。
虚実の皮膜から「タモリ論」の話へ。
タモリをめぐる自主規制がじつに奇妙で面白い。

----------------------------
TwitterRT @mimi373mimi博士さんが今日のイベントで「文章は壁に刻む」
と思っている、なぜなら「だってどうせ死ぬんだから」と表現されていて、
それに繋がるものがあるなあと思いました。@manaview

----------------------------


本日配信『水道橋博士のメルマ旬報』Vol.20、
連載陣のツイートと感想をリツイート。


TwitterRT @harakantokukett(原カントくん)
突然ですが博士と相談しまして
『水道橋博士のメルマ旬報』"博士生誕満50年CP"を始めます。
新規購読者は、自動的に過去4号VOl17〜20が強制送付。
100万文字を超えますのでご迷惑な方は即削除を!
今日午後から2週間です。

----------------------------
TwitterRT @araikaoru (新井カオルさん)
おっ、「水道橋博士のメルマ旬報」が届いた。
全部で27万字という超絶ボリュームらしい。
執筆陣、よくもまあ大量に書きまくるものだなあ。
オイラの連載『だれが「ノンフィクション」を殺すのか』
はジャーナリスト高野孟さんへのロングインタビュー(前篇)。

----------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
「水道橋博士のメルマ旬報」最新号届く!…
しかし、まさかとは思っていたが….【第20号記念 特別掲載】 
水道橋博士の半世紀年表。まるで、子ども雑誌の付録!
まずは、土屋敏男さんの新連載から読む。
軽くて上手い!東海林 さだお、椎名誠を思わせる名文体。
確かにあの時間の電話は俺も嫌いだ!

----------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋メルマ旬報。
サンキュータツオの一週遅れのタモリ論
「タモリの弔辞を検証してみた」→こりゃ参った!おもしれぇ〜! 
そして、てれびのスキマの「博 多華丸・大吉の"来生"」
→地方局と福岡吉本のくだり。知らなかった。
さんま元マネのY氏のくだり。コレはYらしいかまし(笑)歴史は怖い

----------------------------
TwitterRT @gjmorley(モーリー・ロバートソン)
水道橋博士の「メルマ旬報」最新号にコラムを執筆しております。
☆今回の寄稿から1行を抜粋:
大衆は放射能の恐怖に「飽きて」しまった。

----------------------------
TwitterRT @39tatsuo(サンキュータツオ)
本日配信の「水道橋博士のメルマ旬報」に、
一週遅れのタモリさん論、書いております。
というか、メルマ旬報、イータブで見ると1700ページを超えてた。

----------------------------
TwitterRT @Gota_NonaReeves(西寺郷太くん)
水道橋博士の「メルマ旬報」に連載されてる
小説「噂のメロディ・メイカー」。
第二章、3話目が今日配信されましたーっ。

----------------------------
TwitterRT @from41tohomania(杉江松恋さん)
「水道橋博士のメルマ旬報」が更新されました。
今回驚異のメール5分冊。
私の原稿はハウス加賀谷・松本キック
『統合失調症がやってきた』(イースト・プレス)について。
この本担当編集者が『外事警察』でお世話になったWさんだった。

----------------------------
TwitterRT @shigeta_koji(茂田浩司さん)
メルマ旬報
「オフレコをオンします〜ヌルヌル事件とは何だったのか」、
今回はももクロ演出で多忙を極める佐々木あつのりんさん登場。
地上波では放送されていない問題映像
「K-1バトルスクランブル」の制作過程を聞きました。
あの映像を見なければ。放送されなかった映像と、
ガヤの中に偶然入っていた「リング内の音」
を組み合わせた時に浮かび上がった「リング内の実像」。
それはまるで映画「ミッドナイトクロス」のようでした。
あの映像を放送してくれたことにも敬意を表したいです。

----------------------------
TwitterRT @39tatsuo(サンキュータツオ)
『水道橋博士のメルマ旬報』、酒井若菜さんの連載。
「きっといつでも沸騰できるけど、自分の器が大きくなって
「あったかい」を入れるスペースができたのかもしれない。
冷めてきたのではなくて、
相手に心地良い温度のあったかさをあげられたら、と思う気持ち。」
素敵な表現だ!すげー!

----------------------------
TwitterRT @u5u(てれびのスキマ)
本日配信の「水道橋博士のメルマ旬報」に連載の
「芸人ミステリーズ」
今回のテーマは博多華丸・大吉で「博多華丸・大吉の来世」です! 
よろしくお願いしますー。

----------------------------
TwitterRT @manaview(碇本学くん)
『水道橋博士のメルマ旬報』最新号配信されています。
「碇のむきだし」は園子温監督最新作『地獄でなぜ悪い』と
漫画家・西島大介さんについてです。
なぜか今回原稿に書いた「お知らせ」が
前のままですが実際は西島大介
『すべてがちょっとずつ優しい日曜日』』展が
オン・サンデーズで開催中です。

----------------------------
TwitterRT @higu_take(樋口毅宏さん)
樋口毅宏が連載の中でいちばん力を入れて書いているのは、
「メルマ旬報」の「ひぐたけ腹黒日記Z」です。
豪華連載陣の中で、俺のテキストがダントツに面白いと思っています。
ぜひ読んで下さい。内容が内容なので、絶対に書籍化されないので。

----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
「水道橋博士のメルマ旬報」読者あるあるで
「勝手にその週の私的MVP決める」ってあると思うんですけど、
今週は新連載「ハカセー・ドライバー」と碇本学さんが超良かった。
皆さん勿論素晴らしいのですが。

----------------------------
TwitterRT @shigeta_koji(茂田浩司さん)
メルマ旬報新連載「ハカセー・ドライバー」面白い。
博士から「日記をつけるように」と言われて
「博士から頂いた初めての具体的アドバイスだった。
もう何でも騙されたつもりでやってみようという事です」。
「騙されたつもり」って!!! このドボけてて、
でも抑制も効いてる感じがいいなあ

----------------------------
TwitterRT @manaview(碇本学くん)
メルマ旬報で
「そのときホントに風がすごかった、パワースポットに入ったら。
よく「ここには神がいる」みたいな描写があるじゃないですか?
それを実感するんですよ」って岡村さんと博士さんの対談で出てた。
去年行ったグラストンベリーのミカエルの塔もそんな感じだった。
風がとんでもなくすごい。

----------------------------
TwitterRT @yakisoba_kaoru(やきそばかおるさん)
★『水道橋博士のメルマ旬報 vol.019』にて、
『タモリさんの発言にみるテンション』
というタイトルで寄稿させていただきました。

----------------------------
TwitterRT @TSUTIYA_ON_LINE(土屋敏男さん)
今朝水道橋博士のメルマ旬報が配信されていた。
今回から執筆陣に加わりました。
そんな記念すべき日に久々に作った番組が
放送されるってのも何かの縁でしょ。
本日午後4時〜BS日テレ「社長になりたい!あなたの社長力テスト」
http://www.lifevideo.jp/shachoryoku-tv/ 

----------------------------
TwitterRT @warakoichi(和良コウイチさん)
水道橋博士のメルマ旬報、
期待していた杉江松恋さんの『統合失調症がやってきた』
書評を読む。
ふむふむ、そこですか。〆の言葉、
「ああ、コンビだったのだな、と思った。
もう一度だけ書くが、コンビとは別れないものだ。」
が頭の中で反芻。

----------------------------
TwitterRT @bin_ikeda(池田敏さん)
「水道橋博士のメルマ旬報 vol.020」、届く。
柴尾英令さんの連載「シネコン至上主義 ――DVDでは遅すぎる」、
今回は独自の視点からのシネコン・ランキングが面白い。
観客にとっての現場情報は最新で、極めて有効。
今後の参考にさせていただきたいと思います。

----------------------------
TwitterRT @kimikazu5uetake(植竹公和さん)
博士の愛した靖幸より 
当時、(大滝詠一さん宅に)ビデオもずらーっと並んで。
何十台も「シーシー」って音を立てて「何録ってるんですか?」
「南海のオープン戦だ」。
僕も当時、ABCでラジオ番組やってたんですよ。
パラボラアンテナでキャッチして「博士のラジオ、聴いているんですよ」

----------------------------
TwitterRT @sakumariko(佐久間真理子さん)
うわ、やっと読み終わったのにもう水道橋博士のメルマガ来た。
しかも博士の半世紀年表がどどーんと付いてる?読むの大変だー。

----------------------------
TwitterRT @darkbo(ダークボさん)
メルマ旬報、柴尾さんの力編「シネコン・ランキング」は、
映画雑誌でもちょっと読めない好企画ですね。
ちなみにIMAXだと俺は、
2Dならユナイテッドシ ネマとしまえん、
3Dは109シネマズ川崎か木場のエグゼクティブシートで観てます。
こうすれば両チェーンでポイント貯まるし(笑)

----------------------------
TwitterRT @m_kac:(エムカクさん)
「水道橋博士の半世紀Life年表」。
この読み物は「さんま年表」制作にあたり、
我を奮い立たせる指針となることを確信する。
壁に掲げる前に、博士&明石家さんまの接点について、
勝手に加筆することを決意。……

----------------------------
TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家くん)
メルマ旬報の碇本学さんの、碇のむきだしを読みました。
何だか色々昨年の碇本さんの行動を
トレースしてるのかというボクがいてはっとした。
爆音でかけてたRCサクセション、何だったのかな。
君がぼくを知ってるとかかな。

----------------------------
TwitterRT @hdkdisk(日高大介くん)
原稿仕事が続き、
メールを開くのを躊躇していた「水道橋博士のメルマ旬報」vol.20。
これまでの前・中・後の大ボリュームが、
まさかの先鋒・次鋒・中 堅・副将・大将の五部構成。
トリを飾る博士の7万字年表は圧巻。驚愕するだけでも価値あり。
35歳の欄を窺い、自分に何が出来ているか問う。

----------------------------
TwitterRT @TomoMachi (町山智浩さん)
年表、本人から印刷版をもらったけど
老眼で読めなかったのでメルマガで読みました。
これはもう伝記文学!

(博士のコメント)↑これは嬉し!

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る