『藝人春秋』特設サイト



8月11日  日曜日

カミさんが
「もう夏休み限界」と言って、
気分転換に朝から小田原ヒルトンへ小旅行に。
出発する家族を見送り、
ひとり居残り。

出かける前、
昨晩「パパはテンション高すぎるからいないほうが」
と言ったことを拗ねたフリをしていると
「パパ、ホント、ごめん、そういうつもりじゃないから」
と謝りにくる長男にバイバイと手を振る。

午前中、年表チェック。
「水道橋博士半世紀LIFE年表」
6万6千字版の仮打ち。
くだらなくてイイ。
この文字数をカラー新聞大で。


歩いて、
本日も原田専門家さんの『パ紋展』へ。
素晴らしい。
おこがましいことだが、
先輩面してハッパをかける。

一階の『みじんこ洞』でお昼。
ここはメニューは多いが、
結局、ナスと豆腐の揚げ出しの重箱へ。

腰痛対策に豆腐を食べよ!
と脳の指令だが……。
毎回、味に大満足。


ワタリウム美術館の寺山修司展で見つけて、
即購入した寺山修司の『ボクサー』(1977年)、
DVD視聴。


30年以上前テレビの再放送を見たことがあるが、
ほぼ初見。
大月P と園子温監督が
「私的ベスト1」とお薦めするのに、
なるほどと頷く。

ロッキー&あしたのジョー&天井桟敷。
J・A・シーザーのサントラもCDが欲しい人が、
いまだ多いことも納得。

寺山修司の『ボクサー』を見て、
『ザ・水道橋・ 園子温芸人デビュー〜』で、
ラストの『ロッキー』のイメージに対し、
最後までセットのバックに、
段ボールを積み上げることを要望していた、
園監督の頭の中に、
『ボクサー』の菅原文太と清水健太郎の
拳闘シーンがあるのがわかって腑に落ちた。



ここ数日、愛用する「MacBook air」が不具合だらけに。
そろそろ寿命か。それとも過労死か。
林檎殺人事件。

昨日6月に発売されたばかりの新型を通販注文。
翌日、つまり今日には届いた。
AppleStore凄いな――。

包装もクールに尽きる。


カミさんと子供が小田原小旅行の間、
机周りを整理していたら、
こんな具合に男色に。


Twitter RT @t346fire (高木三四郎さん)
そういえば昨日、エリンギのゴムチューブ購入しました!
伸ばしてインナーを鍛えてたら
嫁と娘に奪われてしまいました(笑)。

(博士のコメント)↑おお、早速。今、ボクは男色ディーノに首ったけです。
----------------------------

高円寺で「パ紋展」を終えたばかりの、
原田専門家さんを倉庫部屋へ招く。
互いに遠慮して照れたままで話は弾まない。

そこで元卓球部の原田専門家さんと
文字通り正真正銘のピンポン外交。


Twitter RT @haradasenmonka(原田専門家さん)
ぎゃ〜!水土橋博士さんの倉庫部屋へ嫁ぎました!
卓球部だったので卓球をして、これから中野へ!



Twitter RT @haradasenmonka (原田専門家)
卓球部だったことがここで活きるとは!
お互いカットマンだったという事も判明!

(博士のコメント)↑ボクは卓球部経験なしですよ。
----------------------------

芸人になる前、下宿のオーディオだけが慰みだった。
1977年製Victorの
日本初のシンセサイザーチューナーで
ピストン西沢さんの「きみまろトランス」を聞く。

TwitterRT @piston2438(ピストン西沢さん)
ご愛聴感謝です。

(博士のコメント)↑ラジオを聴いて、思わず、モナ王をコンビニで買って、
『きみまろトランス』をポチりました。



Twitter
RT @SadaharuTany (谷川貞治さん)
今、博士の『メルマ旬報』を少し読んで、
なぜかみんなが「タモリ」のことを書いてあり、
共通のテーマとして
「タモリ」のお題が出ていたことをすっかり忘れていた。
いつか、書きます。すみません。

(博士のコメント)↑あります?書くこと?あるなら読んでみたいです(笑)
----------------------------
Twitter RT @SadaharuTany(谷川貞治さん)
水道橋博士の『メルマ旬報』更新されました。
タイソンとボブ・サップのラスベガス乱闘劇の裏話。
あの時、タイソンが着ていた
ベルサーチのジャケットを買ったのは僕らです。

(博士のコメント)↑改めて面白かったです。
谷川さんの本も作ってみたいと思いました。
----------------------------
Twitter RT @UCHIDAYUYA(内田裕也さん)
水道橋博士君、北野武氏の弟子と思って
シンバシーを持っているが、
何でも書けばいいってもんじゃない!
勝さんが松田美由紀嬢に数百万円!?『ボルボ』
俺だって言いたいことはある。
男は言っていいこと!悪いこと!
CHOICEが必要だ!
ROCK'N ROLLは地下鉄に乗っている!!

(博士のコメント)↑内田裕也さん本人のツィート。
嗚呼、是非、ご本人に会ってお話したい!
もちろん、CHOICEはしているので。
----------------------------

九龍ジョーから、
「雑誌に対談ページを持つべき!」
と毎回言われるが、まさに、その時だろう。
今のうちに本人に当たらないと後悔するだろうなぁ。

TwitterRT @wannyan (九龍ジョー)
ぜひやりましょう!

(博士のコメント)↑企画進めてください!
----------------------------

22時から、NHKBSプレミアム
『人生、成り行き 天才落語家・立川談志(前編)青春の巻』
をオンタイムで。


チャレンジングな配役、演出でドキドキした。
小出恵介くんは、
先日、偶然お会いしただけに関心、感心。
談志師匠の歩き方までコピーしている!

夜、明日の『徹子の部屋』収録に向けて、
ひとりで「泣かない」練習をする。
自分の父へのエピソードを語りつつ、
泣かない練習って。
50歳なのに。子供か!

タモリ特集の言い出しっぺ、
柳田くんによる、各レビュー。

Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」
柴尾さんのラストにあった
『福岡県から見たタモリ』 地元ならではのアングルに納得。
こういう情報?っていうか見方はメールマガジンならでは。
この数行は、芯を食ってるなぁと一人納得。

----------------------------
Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」
西寺郷太の『噂のメロディ・メイカー』 憎いねぇ〜!
なるほど!「ウキウキ・ウェイク・ミーアップ♪」そう来たかぁ〜!
思わず『MAKE IT BIG』を棚からひとつまみ!
秋のマクセルキャンペーンソング?『フリーダム』で心は青春。
懐かしいね、沼田さん!

----------------------------
Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」
荒井カオル『だれが「ノンフィクション」を殺すのか』なるほど!
「倍音」ですか!? テレビ東京『タモリの音楽は世界だ』
で繰り返し放送された… 
タモさん大好物の音もの学、
タモリ『「おもしろくない声」のヤツっているんだよな!』
コレ、本当名言だと思う!

----------------------------
Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」酒井若菜さんの
『くよくよしたって始まる!』 …もう、俺 恥かしいよ!
ホント(笑)こんな蒼いピュアな物語を紡ぐ
女性に感想なんて言えないよ。
まぁ、タモさんを見ていた少年のモデルは俺ではない事は確か!
ホント、罪悪感でオロオロ。恥かしいに尽きるな!

----------------------------
Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」拡大版『週刊藝人春秋』
「スターウォーズ」エピソードを見るお得感。
この中で俺が好きな会話。
「博士、ご指摘のところ書きなおした方がいいですかね?」
と樋口さん
「その必要はないでしょう。
樋口さんも私見だし、ボクも私見です」
俺も言いたいよ!ソレ!

----------------------------
Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」
伊賀さんの『好漢日記』タモさんのスタイリング。
さらりサングラス話へ。コレだよ!コレ!
俺ね、ホント思う。「伊賀さんの容姿」と
「松原先生の頭脳」があれば…
こんな暑い猛暑日にも「タモさん」と
「姿一平」なんて文章書いてないよ(笑)俺もサラリといきたいね

----------------------------
Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」
山口隆(サンボマスター)『僕の創作ノート』 
この中にあるタモさんの発言!
『俺も(タモリ)バンドやっていたら…』すげぇ〜よ!この発言!!! 
笑ったらダメですが…驚きで 思わず笑ってしまいました。

----------------------------
Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」竹内義和『ゆゆも』
小説の中に何気に入れるタモリ話。
これぞ本家樋口さんの「タモリ論」こちらも芯を食ってる。
『タモリ』と『老い』『タモリ』と『ロケ』
『他愛ないことで、あそこまで喜べる大人』これだけでも、
軽く2時間は語れるキーワード。ごもっとも!

----------------------------
Twitter RT @anokoro_no(柳田光司くん)
水道橋博士のメルマ旬報「タモリ特集」
木村綾子『彼方からの手紙〜匆々〜』 
おい!コレだよ!コレ!よく聞けよ〜! 
私(木村さん)にとってもう一つの 「BIG3」それは…?? 
本当、申し訳ないよ。俺。
俺、もう少しで『BIG3』のゴルフ対決のハイライト集を
活字化する所だったよ(笑)命拾い

----------------------------

8月12日  月曜日

8時起床。
オテンションを上げるべき子供たちはいない。

自分で何時ものデリーのカシミールカレーを
俺用にリメークしてひたすら読書。

The Outsiderの
ドキュメンタリー映画『タイトロープ』のパンフへ一文。
前田日明へのラブレターに。

午後からテレビ朝日アークスタジオへ。

『徹子の部屋』収録。
2005年12月以来の8年ぶりのゲスト出演。

本番前、
プロデューサーの田原総一朗さんの娘さん、
敦子さんとご挨拶。
8年前には
田原さんとボクとの濃密な関係はなかったので
改めて。

ボクはバナナを持ったまま、徹子の部屋へ。
バナナを珍しがった、徹子さんが、
そのままバナナをびよーんと伸ばす。

そのままバナナを持ったまま収録していたが、
ADさんのインカムに
「バナナを隠せ!」の声が漏れ聴こえる。
CM中に、
「すいません、バナナ映らないところに置いてください!」
と厳重注意(笑)

本番、
「フランス座は萩本欽一さんの師匠もいらした?」
「いえ、古い方はそれほど」
「杉平助さんは?」
「いえ、フランス座ですので、阿部(昇二)先生が……」
「ああ、阿部さんね」

――これって「日本の喜劇人」の一行レベルの会話。
改めて黒柳徹子さんは
日本の芸能史の 生き字引なのだ。
収録終盤の終盤。
なんとか泣き所は乗り切ったと思ったら、
「お父様のお話を……」と
父の話を振られる。
昨日、「泣かない」練習をしたが……
唐突に涙腺決壊。
見ている人は何が何だか分かるわけがない。

嗚呼、俺の「ウル」(byマキタスポーツ)


徹子の部屋、
先月収録した、赤江くん(玉袋)の回が
8月終わりには放送されるようだ。

浅草キッドはそれぞれピンで出演している。

ボクのは10月放送。
徹子さんのお綺麗さに見惚れて
思わず肩を抱いた。


徹子の部屋終了後、
楽屋でMXテレビの東京五輪応援番組へのコメント。
猪瀬知事に向けてメッセージ。
9月には開催場所が決定する。
開催に快哉を叫ぶか?否か?
都民の意見もわかれるだろう。

個人的には、
子どもたちに東京五輪は
見せてあげたいと思っている。

テレ朝から赤坂の事務所へ。
テレ東『開運!なんでも鑑定団』の打ち合わせ。
十数年前は僕らが出張鑑定をやっていた時期がある。
まさか自分が依頼主になるとは……。
今も、次々と倉敷の実家から発掘されている、
掛け軸や壺、お宝を報告するうちに、
スタッフが倉敷の実家訪問することに。


TBSへ移動。
『徹子の部屋』で、
黒柳徹子さんと生まれて初めて
2ショット写真を撮ったばかりなのに、
数時間後には徹子が巨大化していた。

これでは「徹子の部屋」に入らないだろう。

しかし、この予期せぬ偶然に驚く。


TBSラジオへ。

『キラ☆キラ』のスタッフと旧交を温めつつ、
本番収録前の
「東京ポッド許可局」の3人
(マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ)と、
17日の無料イベントの件を短時間で意思伝達。

俺のイメージしているLIVE構成を共有。

3人とも忙しそうでなにより。


赤坂事務所前で、
すれ違った女の子が着ていたTシャツが、
あまりにも気になったので、呼び止めた。
「ナンパじゃなくて、そのTシャツが気になって、
一緒に写真撮らせて!」
「ああ、キューブリック繋がりですね」
「どこの?」
「ビームスのビンテージです」
「欲しい!」

聞いてみたら、
どうやら『モヤさま』のADさんだった。


赤坂の文教堂書店で、
立川談慶『大事なことはすべて立川談志に教わった』
(KKベストセラーズ)を買い込む。


スタイリストの伊賀大介さんもスタッフにそうしたように。
ボクも周囲の若い人に、
芸人の世界の「大事なこと」に教えたいから。

この本、いまいち押しだ。


ゲリラ豪雨の中、
ガン太運転、ふたりで渋谷へ。
車中、『BRUTUS』原稿、腰痛発生の話を送稿。
Twitterでの呼び掛けに、
反応してくれた書店員さんの書店へ、
自主的『藝人春秋』サイン入れ巡り。
ヴィレッジヴァンガード宇田川町店。
以前、下北沢にいた書店員さん。
何時でも、サインします!と約束。

さらに歩いて大盛堂書店へ。
樋口毅宏さんの本のコーナーに重ねて置いた。


↓Twitter↓
----------------------------
RT @vvshibuyaudgw (VV渋谷宇田川)
まーさーかーのー!水道橋博士さんご来店です!
ご来店なうです!「藝人春秋」にサイン頂きました!
バナナでサイン書けちゃうんです!
博士さん、ありがとうございます!


TwitterRT @taiseido(大盛堂書店)
【2F売場】ありがたやー。先ほど水道橋博士さんが
ビレヴァンさんの次に来られたのが当店。
『藝人春秋』少ない冊数ながらサイン頂きました。
お盆明けにたっぷり入荷するので、
またご連絡いたしまーす。(山本)

----------------------------

21時半、帰宅。

一昨日、炎天下の『タモリ倶楽部』ロケで、
タモリさんと「タモリカップ」の話をした。
そして……。
なんと今日、事務所にビールが3ダース届く。
段ボールを開けると、
それはタモリカップの地ビールだった。


半世紀生きて、
これほど美味いと思ったビールはない。


TwitterRT @michikoshimizu(清水ミチコ)
一つくれ!

(博士のコメント)↑あげる!一ダース。
----------------------------

スズキ秘書が帰っていたので、
ひとりでビール1ダースをコンビニに運んだ。
ちゃんと重い荷をひとりで持てた。
一時期、スプーン一本持てなかったのに!

俺は長く病んだぎっくり腰からの慢性腰痛、
バナナ効果を実感。

今日は、東京ポッド許可局の3人にも、
書店員さんにも会ったし、
やり残しはないな。

明日から第二次夏休み、
蒲郡まで遠征するのだ。

しかし、此処に来て、
三又又三の動きが活発に。

TwitterRT @araikaoru(荒井カオルさん)
三又又三に続き、マキタスポーツもあまちゃんに登場。
盛り上がるなあ http://instagram.com/p/c5e4-FlkRL/

----------------------------
Twitter RT @mimatadance(三又又三)
最近 水道橋博士から怪しい電話が来る。
ミスター高橋とタイガージェットシンの打ち合わせって
こんな感じだったんでしょうね。
皆さん近日中に水道橋博士を襲撃します。

(博士のコメント)↑通報します。
----------------------------
Twitter RT @mimatadance(三又又三)
俺はね〜インテリ芸人って大嫌いなんですよ、
マジで!そう、インテリ芸人の代表
水道橋博士のプライドをズタズタにしてやりますよ、客前でね!
どうせ、江頭さん 井手らっきょさん 三又又三みたいな芸風を
鼻で笑ってるタイプなんだよ、
あのチビシャクレは!必ず襲撃する!

----------------------------

8月13日  火曜日

4時起床。
「オテンション・プリーズ!」
をボクが言うまでもなく、
先に子供たちが起きていた。
「熱帯魚にエサをやらなきゃ」と。
いざ、蒲郡へ出発。
渋滞を避けるため、
5時過ぎ、高円寺を出発。

夏休み、家族旅行、蒲郡(がまごおり)行き。
そもそも7月の終わりにホテルを、
予約したのだが……。

アキラの病気があって休止した。
全てをキャンセルした。

でも、まだ行きたい。
アキラもアキラめきれないはず。

もともと昨年『ぷれサタ!』で、
ラグーナ蒲郡を特集した、
スタジオで、その素晴らしさに目を見張った。
「絶対、行きたいよ!」
この日は、丁度、家族で名古屋に居た。
その帰り、道すがら車で立ち寄った。

「本当に来るんですね!」
とラグーナのお店の方々に言われた。

しかし、この楽園の規模は、
もう一度、ちゃんと泊まって来るべきだ、
と自分に言い聞かせた。

だから、ここは約束の地なのだ。
新東名をGO WEST、天気良好。
順調に運行。

「パパフェスを開催します!」
と言いながら、実のところは、
「DJやつい」ショー。

ホント、改めて選曲が素晴らしすぎる。
やつい君の過去CDをノンストップでかけまくる。


サザン、RC、ユーミンと繋げながら、
4時間弱のドライブ。


9時、愛知県蒲郡市に到着。
ホテルに荷物を預けて、
『ラグーナ蒲郡』へ。


早速「ラグナシア」のプールへ。
あまりにも巨大すぎて
右も左もわからずオタオタ。

レンタルルームも日陰パラソルも
9時の時点でソールドアウト。

そもそも予約が一ヶ月前から終了しているとか。
人出も想像以上だ。

朝4時起きだが、
ボクの元気が余りある。
絶好のプール日和。
プールサイドもバナナボートで、
バナナトレーニング。


こんな船を見たら、
漫才ブーム世代なので洋八を探してしまう。


噴水ショー、流れるプールを堪能。


波のプールで、
授乳するヤンママが佇んでいて、
衝撃を受ける。
あれは夏の幻なのか。

14時半、プールを出て、
「フェスティバルマーケット」へ。
『マーベラス』でアイスを食べる。
美味い!

タケシとボク、ママとフミ、
スズキくんとアキラの3班に分かれて
時間内でお買い物ゲーム。

楽しい。

ホテルへ。
三谷温泉街、ホテルの前は三河湾。絶景。


ホテル・チェックイン。

海を望むホテルの一室、
此処でも締め切り原稿に追われるが、
荒井さんからサプライズの果物の差し入れ。
励みになる。
美味い!!感謝感激。


夕食バイキング。
シャコ、甘エビ、蟹などの三河湾の海鮮、
茶蕎麦、ステーキ系、家康鍋など、
山海、全方位だが、全てレベル高し。
この歳でも食欲が、
さまざまな角度で開放されることがあるのだなー。

20時、再び、夜のラグナシアへ入場。
日本有数の技術力と噂に聞いていた
「花火スペクタキュラ ミスティノーチェ」。


月の輝く夜に水面に閃光と爆音。
まるで「地獄の黙示録」のワンシーンのよう。
花火と共に夏休みの想い出に。


末っ子、アキラは、きっと記憶に残る花火は、
初めてだろう。

8月14日  水曜日

6時ホテル起床。

オテンション・プリーズ!
と心で叫びつつ窓際で大海原をしばし眺める。
50歳終了まで残り4日……。


朝靄の浜辺を子どもたちと散歩。
あの夏、いちばん静かな海だ。


天国の戯れ後、旅館の朝ごはん。
味海苔が濃厚で美味し。
The Outsidersのドキュメンタリー、
映画『タイトロープ』に寄せる一文を、
タイトロープで仕上げつつ。

ホテルを出発、
今日もラグーナ蒲郡へ。
10時20分発、ヨットへ乗船。
快晴のヨットクルーズ快適。
なんと素晴らしい気分になるのか。


「船酔いしているようなら操縦してみる?」
と船長に声掛けられ、
長男、操舵。


船を降りると鉄道へ。

JR蒲郡駅から大府、
カミさんの実家へ電車で向かう。
猛暑。
ホームでモナ王を分けて食べながら。


東海道線、快速。
蒲郡、岡崎、安城、刈谷、大府へ。
25分の移動。
大府のカミさんの実家『食事処・みかど』へ。

じいじ、ばあばに会えるので子どもたちも大喜び。
従兄弟とも交流。
義妹の真紀ちゃん一行、彼氏とお友達も合流し、
大騒ぎの楽しき2時間。


かみさん実家で名物の『ひつまぶし』をご馳走になる。
これ長男の大好物。

腕相撲大会、指相撲大会へ。
「パパの指相撲の実力は、
タモリ倶楽部で特集されたくらい強い!
ヒクソンにも勝った!一時期、営業にも回った」と。

大人気なく子供を秒殺。


カミさん実家の隣にオープンした、
義弟夫婦のお店『やさいや・みかど』初めて訪問。
地産の野菜各種。
ブルーベリー3種を生で食べても、
氷結させて食べても美味いのに気がつく。


ホテルで、かき氷を食べながら、
蒲郡で読むことを決めていた、
蒲郡出身・大橋裕之さんの漫画作品群を、
蒲郡のホテルで読む50歳、
残り4日の夏。


ホテルの温泉でゆっくり。

湯船につかってタケシに
「オマエ、太り気味だろ。
それにアガリ症だろ。
全部、解決してやる!」
と腹式呼吸法伝授。

ホテルの部屋で自由時間。
娘にバレエの柔軟教わる。
なるほど、お尻の筋肉を鍛えられる。
代わりに腹式呼吸を教える。

フミの応用力の高さに
タケシが猛烈にむくれだす。

バイキング2日目。
昼間にひつまぶしをあれだけ食べたのに、
まだ美味し。

シャコと甘エビのむき方のコツがわからないので、
何匹も皿に入れて練習する。
俺、老眼だから見えないんだけど。


ロビーでホテル内の夜店、お祭りへ。

阿波踊りのマネをする、
フミの浴衣姿が可愛らしい。

屋台が繰り出し、ビンゴ大会も開催。
「パパはね、この司会、本当は上手いんだよ」
と子供たちに。

温泉。
ロビーに水素水製造機が。


就寝後、飲みながらタケシに、

「パパは子供の頃、
お父さんと旅行に行ったことがなかったんだ。
それを何時も後悔しているから……」
などと懇々と語るうちに寝息が……。

8月15日  木曜日

7時、ホテル起床。
「オテンション・プリーズ!』という代わりに、
枕にiPhoneを仕込み、
やついちろうの『てんけてんけてん』をかける。
「やーつーいー!あーつーいー!」
と歌いながら子どもたち一斉に目を覚ます。
そして、すぐに兄妹ケンカが始まる。

バイキングへ。


10時、2泊3日滞在した、
『明山荘』をチェックアウト。

古いグランド・ホテルなのだが、
食もお湯も快適性も素晴らしいホテルであった。

末っ子、夏休みのホテル泊。
去り際が切なそう。


その後、3日連続の東海地区の巨大施設の
『ラグーナ蒲郡』へ。


ラグナシアのプールサイドで、
子どもたちとかき氷を食べながら、
ガマゴオリ出身の
大橋裕之さんの青春漫画を読むという、
一瞬の夏を実現させ、
サンキングな50歳のボク。
大橋裕之さんが岡崎京子に匹敵する、
マンガの表現力の文学性に圧倒される。


プールをたっぷりと満喫。



15時前に退出。


長男タケシの悪魔王子・ハメドのTシャツ姿。
ボクのお下がり。
息子が着るTシャツで、これが一番好きだ。
今は自分で着られないが、
見ているだけで気分がイイ。


帰途、新東名、中井SAで休憩、
その後は皆さんの予告通りに渋滞に。
港北からは巡行。
車中、
『アイカツ!』『たまごっち』『ポケモン』と、
子供たちとテレビ。
全部、初めて見るので新鮮だった。
子供が木曜日のテレ東を、
どれほど楽しみにしているのかわかった。

予想通り、
蒲郡→高円寺間はジャスト5時間。
一回、休憩のみ。
新東名が出来てから、
大渋滞は発生しにくいのだな。
20時、3日ぶりに自宅へ帰還。

子供たち、地下の熱帯魚の水槽へ直行。
「良かったぁ!生きてる!」と。
そんなに心配していたのかぁ。


子供たちと倉庫部屋へ。
たまたま部屋に居た、卓球太郎ことガン太と卓球。
タケシのレベルが短期間に上がる。
子供たちと一緒に腹筋トレと風呂。

昨晩仕上げた『FILT』連載原稿は、
春日太一著『天才 勝新太郎』と
『天才 北野武』について送稿。


TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
水道橋博士について、年表作りながら思ったことなど書いてます。
>水道橋博士論・序説 
〜8月17日・東京ポッド許可局イベントに寄せて〜
http://d.hatena.ne.jp/osamu-teduka/20130815

----------------------------
Twitter RT @u5u(てれびのスキマ)
"水道橋博士は、いわゆる「ほんとうの自分」
的なものを一切信用していない(略)。
これはちょっと病的とも言えるほどで、
自分の環境や周囲からの視線によって自らの行動を規定している"
/ "水道橋博士論・序説 〜8月17日・東京ポッド許可…

----------------------------
Twitter RT @u5u(てれびのスキマ)
水道橋博士「過去が消せる消しゴムなんてあるか! 
ないからこそ、ふり返ることなく、恥じることなく、くじけず生きてんだろうに」

----------------------------

再び、書いておこう。

過去が消せる消しゴムなんてあるか! 
ないからこそ、ふり返ることなく、恥じることなく、
くじけず生きてんだろうに――。

昔、自分でこんなことを書いていたのだなぁ。
50年の過去を作りながら、
残り3日でボクの半世紀が終了する。

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る