『藝人春秋』特設サイト



8月16日  金曜日

8月後半も飛ばす!
5時半起床。
6時まで待って、
昨日と同じように子供部屋で、
「オテンション・プリーズ!」代わりに、
枕の下にiPhoneを仕込み、
やつい君の『てんけてんけてん』をかける。
子どもたちを起こすのは成功したが、
「朝練で起きるのは6時半からなの!
いい加減にして!」
とマジギレのカミさんに叱られる50歳、残り2日。

TwitterRT @TE_RUR_ET (GLAY のTERUさん)
昨日から、ちょっとした息抜きも兼ねて
「お〜い!龍馬」を読み始めたら止めるタイミングを失い、
全巻読破!
コミックではありますが「自由」を求めて奔走する
坂本龍馬に感動!
お勧めです!

(博士のコメント)↑この漫画を三又又三が主役で舞台化しています。
----------------------------
TwitterRT @TE_RUR_ET
原作が武田鉄矢さん!そして主役が三又さん!
想像するだけでワクワク!

(博士のコメント)↑『藝人春秋』がウソのように二枚目です。
----------------------------
TwitterRT @ryurose
おはようございます。
「お〜い、龍馬」の舞台は、
もしかして宮川大輔さんも一緒に出られていた舞台ですか?
昔「すべらない話し」で聞いたような気が…

(博士のコメント)↑そうです。大輔は中岡慎太郎の役です。


----------------------------
TwitterRT @sujimben
水道橋博士が16歳の時、
キネマ旬報のロビイエッセーに書いた文章を発見!
高校生とは思えない大人な文章。
題名は、青春の海「ビッグ・ウェンズデー」と「18歳、海へ」


(博士のコメント)↑その号を探してました!
何年何月何旬号でした?
----------------------------
TwitterRT @sujimben
79年11月上旬号です。
明日の赤坂サカスのイベントに行くのでお渡ししましょうか?

(博士のコメント)↑ありがとうございます。持ってるはずですが……
もしよろしければ是非。
----------------------------


カミさんに車で送ってもらって
朝から行列の『ユナイテッド・シネマとしまえん』へ、
初めて4歳の末っ子・アキラとふたりきりで。
『パシフィック・リム』吹き替え版、9時から回、鑑賞。


劇場に座ると
「ママがいないと、やっぱりイヤだ!」
とゴネだし、作品の内容もいろいろ心配だったが。

デル・トロ監督、
脂乗り切り、上トロ!にも程があるよー!
4歳児も、時折、目を覆いつつも……
最後まで。

文句なし堪能!

『パシフィック・リム』は末っ子のアキラと
初めて劇場で見た映画になった。
(スズキ秘書と末っ子は何度も映画館に行っている)

パンフが売り切れ。
子供と一緒に行った映画は、
何時か、彼が思い起こすだろう、
「想い出トランプ」の一枚として、
入場券をパンフに貼り付けている。

今夏、子供たちが熱帯魚を飼いだしたが、
いつの間にか「刑務所」と呼ぶ別室の水槽が出来ていた。

「一番、小さくて可愛い顔をしているのに、
 獰猛で他種を攻撃してしまうから隔離する」
との趣旨。

これは熱帯魚飼いの常識らしいが、
初めて聞いて驚いた。


しかし、一日中、子供が大騒ぎ。

普段のボクは、
10歳、7歳、4歳の3人の子供と別室にいるので、
わからなかったが……。

先日の「夏休みの旅行」で、
子供たちと24 時間を共にしてみると、
「夏休み中は子供を麻酔銃で撃ちたい!」
という妄想の台詞に共感するカミさんに、
「なるほど」と実感したなぁ。

16時、『したまちコメディ映画祭』の、
「映画秘宝まつり」で上映する、
『The World's End』試写会へ。

字幕がついてない状態らいしので、
そういう試写は初体験のことでやや緊張。
一日に映画2本立ても個人的には珍しい。


明日のサカスの無料イベント、
「オフィス北野 presents 北野合衆国(仮)2013
〜じぇじぇじぇのキタノー祭〜」で無料配布する、
水道橋博士年表が出来上がる。

これが新聞サイズで1枚、
両面折り曲げ4ページの計6万6千字。


明日、赤坂サカスで無料配布する、
俺キングの典型の半生記ライフ年表が刷り上がり、
初めて手渡す人が、
ノーライフキングのいどうせいこうさんになるとは、
これは予想すら出来なかった。


『The World's End』試写後、
『したコメ』のイベント、町山智浩さんと打ち合わせ。
久々に1時間程の面会だったが、
町山智浩さんが、
相変わらず白髪を染める暇もないほど、
超多忙であり、
日本事情に疎いのは在米なので当然のことだが……。

しかし、『地獄でなぜ悪い』主演の「星野源」さんが、
今、人気絶頂の武道館級アーティストで超モテ男でもあり、
現在、休養中であることにも認識がないのに、
日米の距離を感じた。


映画秘宝ナイトの打ち合わせは、
雑談、脱線の連続。

「ハカセ、マジメにやる気ないでしょ」
と、まさかの町山さんに言われつつ、
タイムアップ。

TwitterRT @seikoito(いとうせいこうさん)
エドガー・ライト監督「THE WORLD'S END」
の日本最速試写会。
映画秘宝スタッフ×水道橋博士×したコメスタッフと観る。
予想を裏切ってぶっ飛んでくパワー!
次への移動中に、全体会議に出る町山智浩君とすれ違う。
「秘宝ナイト」が楽しみだ!

----------------------------
TwitterRT @seikoito(いとうせいこうさん)
9/14、したコメのオープニングは『地獄でなぜ悪い』(園子温監督)。
これを上映出来ることが誇らしい。
虚構が現実を圧倒することを血まみれで証明するこのフィルムに
ぼろぼろ泣いたし、拍手しまくった。→ 
http://www.shitacome.jp/2013/program/program_play-in-hell.shtml

----------------------------

今年の夏は、
毎日、卓球のことを考えているのだが……。

久々にいとうせいこうさんの顔を見て、
その輪郭が卓球のラケットのペンホルダーに
見えた瞬間、
「せいこうさんって卓球得意ですか?」と聞いたら、
「俺、中学んとき、卓球部だよ!」
ピンポン!
「強いんですか?」
思わずピンポン外交を始めてしまう。

移動、半蔵門のMXテレビへ。

TwitterRT @iijjiji
8/16(金)21:00東京MX&ひかりTV
水道橋博士&高山善廣の映画解釈番組
『ニッポン・ダンディ』
テーマ:ロボット映画 ゲスト:高橋ヨシキ
過去動画まとめ⇒ http://bit.ly/16o0DIZ

----------------------------


生放送終了後、
共演者のサヘルさんから
誕生日プレゼントの包みを頂く。

「今日はサヘルさんのことと、
ピスタチオについて考えていたんです」
「プレゼントの中にピスタチオが入っています!」

ピンポン!
唐突に聞いた。

「サヘルさん卓球やったことあります?」
「私、東海大にいた時、卓球部でした!」
と、またもピンポン!


ピンポン!の偶然が続く。
50歳、最後まで、残り一日。

8月17日  土曜日

5時半起床。

今日は50歳最後の日。
ボクの半世紀の終わり。
朝5時半から、
『水道橋博士のメルマ旬報』VOL.20の
「博士の異常な日常」を書き続ける。
5時間ぶっ通しで、
ようやく8月15日に辿り着く。
3万5千字。
そもそも、これを誰が読んでいるのかと思いながら。

TwitterRT @iijjiji
【本日開催!入場無料!】
『北野合衆国(仮)2013〜じぇじぇじぇのキタノー祭〜
http://bit.ly/17zvVI4
8/17(土)15:15〜16:15@赤坂サカス
〜水道橋博士 生誕51周年記念〜
東京ポッド許可局"水道橋博士論" ゲスト:水道橋博士

----------------------------

午前、屋根裏部屋、ひとりで、
「浅草キッド」を歌う練習。
何度歌っても、
途中で感極まり泣いてしまう。

バカか……。
50過ぎて歌を歌って、
泣かない練習しているヤツがいるか?

歌えんのか?
舞台の構成を変えるかどうか悶々と悩む。

昼、屋上で日光浴しながら、
マキタスポーツに電話。

今日の段取りだけを伝える。
「今日は、これから小林克也さんと仕事して、
その後、飛び込みなんです」
「売れっ子だね!」

さらに、今日、乱入予定の三又又三と長電話。

「僕ぅ、あまちゃんの打ち上げに出たんですよ!」

……初耳。

「その話をしろよ!」
などと裏側の仕込み。

14時、マッハスピード豪速球の
ガン太運転でTBSへ。
予定時間より大幅に早く、
赤坂サカスに入る。
入り口で、物販していた、
ロッキンオンの兵庫くんと記念写真。


50歳最後の一日を、
赤坂サカスのオフィス北野祭りのLIVEで過ごす。

このイベントは昨年も行われ、
出演を打診されたが、
50歳の区切り、プライベートに使いたいから、
を理由に断った。

今年は、Nマネから
「お願いします。
 僕のカードを切らせてください」と出演を懇願された。

彼がボクのマネに付いた際、
「君が長くマネージャーを続けて、
 その間、立ちいかない日が来る。
 どうしても俺に出てもらいたい時はカードを切れ!」
と言い渡していたからだ。

ここで使ってきたか。
でもカードの枚数は上限ないのに……。

赤坂サカスでは夏休みに、
連日、イベントが行われている。
でも一度も見たことがない。

楽屋に通されると、
周囲は見たことのない芸人だらけ。

皆、オフィス北野所属だと言う。
それぞれに挨拶に来る。
マイケル・ジャクソンのそっくりさんの
「マイコーりょう」とも久しぶりだ。
タケシの幼年期は、よく彼の踊りのDVDを見たものだ。

楽屋の片隅にいた若手芸人が近寄ってきて、
「はじめまして。銀座ポップです」

ずっと、加藤鷹だと思っていた。
42歳だと言う。

「君は加藤鷹のマネをした方がいいよ!」
と二代目加藤鷹への転身をアドバイス。

「彼女の潮を吹かせていない?」
「そもそも、彼女がいません」
などと、喋りながら。


楽屋で、プチ鹿島、なべやかん、俺の3人で、
北野ホビット族として撮影。
大きさがわからなくなるからと、
サンキュータツオも入れて。


今回、のべ5時間に渡る長時間イベント。
総合司会は、山崎まさや。
元・ジョーダンズだ。
「今日、最後に三又又三が乱入するけど…
 共演したくないでしょ?」
「はい!」
「アイツもそうなんだよ。
 それで急遽、最後は俺が司会することになったんだよ」
「お願いします!」
などとダベりながら。

刷り上がったばかりの年表を配る。
皆、初見だから、その量に驚く。

プチ鹿島、サンキュータツオにも
アイドリングを試みるが、
ふたりとも、心ここにあらず。
何故かブツブツ呟いている。

15時に年表配布。
用意していた300枚は瞬殺で消え、
急遽200枚が追加。

マキタスポーツはギリギリの入りで、
皆、やきもきしている。

15時15分、
赤坂サカス デリシャカス ステージにて、
「東京ポッド許可局」のコーナー。

出演:マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ
ゲスト:水道橋博士。
テーマは、「水道橋博士論」

オープニングで3人がラップを歌いながら踊る。
聞いたことはあるが、踊るのを見たのは初めて。
ああ、ふたりが出番前までブツブツ言っていたのは、
この歌詞をさらっていたのか、と納得。

今回の企画は、東京ポッド許可局の3人の仕切りで、
水道橋博士を論じてもらう。


50歳最後の日だから、
ゲストとして客前で50年間LIFEを年表で晒し、
俺の積年の課題、
自意識の照れを精算する。

晒すことで自意識の檻から抜け出す。

客席に、ママと子供たちも見に来ていた。

自意識とはリビドーだから、
性にまつわる話もやらねば。

娘がいるからマズいと思うと、
どんどんと逆に加速する。

変装免許証写真もモニターに映す。
当然、これは外すことがない。

そして、本当に自意識の檻から出るためには、
人生で一度も客前で歌ったことがないボクが、
最後に「歌がうまい王」の
「じゃあ、歌を歌ってください!」
とマキタスポーツに挑発される。
マキタスポーツは『推定無罪』で
SPEEDSTAR RECORDS
からメジャー・デビューしたばかりだ。
そのアルバムの中に『浅草キッド』が入っている。

「おまえ、言っとくけど、浅草キッドじゃないから、
 俺が浅草キッドだから。
 もっと言えば、あの曲をカバーしている、
 福山雅治も浅草キッドじゃないから。
 何故なら
 『何時か売れると信じてた』じゃないから、
 あの方は、何時も売れてるから!」
と難癖をつける。

「だから、じゃあ、自意識の檻から出るためにも、
 自分で歌ってくださいよ!」
と無理やり、マキタがギターを持ち出し、
伴奏を始める。

「俺は無理だから、じゃあ客席の年表を手にとっている人、
 これだけの年表を只で配りました。
 これは実は只ではありません。
 これを貰った人は強制的に歌わねばなりません。
 恥ずかしいだろうけど、俺も恥ずかしい。
 皆も歌ってください!」
と強制的に歌わせる趣向。

「オフィス北野の芸人も全員出てこい!」
と呼びつける。

「僕ら、急に言われても歌えません」
「大丈夫、歌詞があるから」
と、モニターに「浅草キッド」の歌詞が出る。

全員から、
「最初から用意してんじゃん!
 歌いたいんじゃん!」
と、展開するのが、用意したシナリオ。

しかし、やはり直前になって、ドギマギしだす。
無理かも一杯一杯。
しかし、LIVEで動き出したものは、止まらない。

そして歌う。

50歳の最後の日。
半世紀の最後の日。

お客さんと共に、『浅草キッド』を唄う。
ボクにも歌えた!


その後、オフィス北野所属芸人による、
企画が続く。
若手芸人のネタ、
アル北郷プレゼンツの「たけし軍団名言ショー」、
マキタ学級のライブ、
サンプラザ中野くんのライブ、
ネタ見せ。

楽屋でサンプラザ中野君さん、
パッパラー河合さんと、
老人談義。


ふと見ると、
三又又三が楽屋で、山崎と話をしている。
数年ぶりにコンビが話をしている。

じゃあ、二人で舞台出てもいいじゃん。


19時半、
赤坂サカスLIVEのエンディング。

「今日は、ボクの50歳最後ということで、
 お祝いに、あの男が駆けつけてくれました!
 この曲を聴けば、誰かわかるでしょう!」
ボクのフリで、
布袋寅泰の「スリル」が大音響で流れる。


どよめく客席から登場したのは……三又又三!


そして、ジョーダンズ、再結成。

お約束のギャグが久しぶりに。


セットには、『キッズ・リターン 再会の時』のポスター。
まさに再会の時だ。


そして、三又又三のショーに。


「このインテリ芸人は俺のことをバカにしている。
三又ダンスをやってみろ!」
「あんなの絶対やらない」

まず、三又又三の三又ダンスのお手本。


皆にボクの服を脱がしにかかる。


三又と同じ、黒のピチピチパンツを履いている。
「やっぱり、やりたいんじゃん!」

ボクの三又ダンス。


ここまでは「狙いうち」だ。

しかし、もう帰ったと思っていた、
子供たちが居残っていた。

若手が「どうだった?」と聞くと、
お客さんと一緒になって笑っている子供たち。

すると、「親子!親子!」コールが起こり、
娘のフミと末っ子のアキラが舞台上に。

まさかの三又ダンスを親子で……再び。


予想しなかった展開。
恥ずかしかった。
でも、多幸感があった。


さすがに長男のタケシは恥ずかしがって、
壇上にはあがらなかったが。


打ち上げはナシ。

最後に残ったうちの事務所の芸人たちと
記念撮影。

花束は、倉敷の仲間たちから。

TwitterRT @idea_ink(アイデアインク)
赤坂サカスのオフィス北野祭り
「東京ポッド許可局」は
まさに水道橋博士さんのネクスト半世紀の前夜祭だった。
一般の前で初めて披露する歌声で
「浅草キッド」を(ともに)熱唱。
六万六千字の年表も入手!
まもなく取材させてください!



TwitterRT @osm69(デザイナー後藤さん)
赤坂サカスの東京ポッド許可局イベントで配布される
「水道橋博士6万6千字年表」作らせていただきました。
遠く宮崎から、
年表が奪いあいになってるコトを妄想します。
行きたかった!

(博士のコメント)↑いつもいつもありがと!
----------------------------
TwitterRT @iijjiji
まとめました。
『東京ポッド許可局 "水道橋博士論" @北野合衆国(仮)2013』 ⇒ http://bit.ly/16W0oU3

(博士のコメント)↑今日一日の感想をまとめてくれた。
読みやすくてありがたい。続きもお願いします。
いつもありがとう。
----------------------------

帰途、
神宮の花火大会の人混みに巻き込まれ、
同乗した、アル北郷、三又又三と、
今日一日を語り合いながら、帰宅。

明日は両国で、DDTの男色ディーノを応援する。
そのTシャツを今から着させたい。

「三又、シャワー浴びな」
「僕ぅ、人の家でシャワー浴びるの嫌なんですよ!」
「オマエが嫌でも、汗臭いので汚されるのが嫌なの」
「汗かいてませんしぃ」
「とにかく、シャワーを浴びな!」

愛人との会話だ。

「はい、これが着替えだから」
「エーッ、明日でいいじゃないですか?」
「いいから!じゃあ、俺も一緒に着るから」


倉庫部屋に、マキタスポーツ一家が合流。
さらに若手芸人の、
マッハスピード豪速球(ガン太、坂巻)
サードシングル、浅知恵太郎、リア充、
ピン芸人のセクシーJも駆けつける。

NHKの野本さんに頂いた、
瓶入りのまぐろなどつまみに。

主にエロ話。

気がつけば51歳を超えていた。
朝4時まで51歳の誕生会。
楽しかった。


TwitterRT @iijjiji
プチ鹿島ブログ「俺のバカ」
水道橋博士さんと「博士論」。赤坂サカス超満員。
http://orenobaka.com/?eid=2807

----------------------------
TwitterRT @ELUGA_P02E
(続)最後は二人で三又ダンス、場内大爆笑、楽しいイベントでした。

----------------------------
TwitterRT @ELUGA_P02E:
(続)三又ダンスを踊る三又その1(続)



----------------------------
TwitterRT @lioneluchie
昨日の東京ポッド許可局@赤坂サカス、水道橋博士論。
お三方の安定した役割分担と論展開にウットリ。
そして博士の行為は自分の人生の切り売りではない、
「盛り売り」だと確信。
客席は自分も含め溢れんばかりの中年風景、
まるでSCのフードコート並み(笑)。
あぁ楽しかった #tokyopod

----------------------------


8月18日  日曜日

51歳の誕生日。

「人生は51から」だ。

ついに折り返した。
ちなみにハイパー・メディアクリエーター高城剛も
今日が誕生日。
何故、ハイパーなのか
818(は・い・ぱー)生まれだからだ。
だからボクもハイパーメディア漫才師なのだ。

TwitterRT @S370719
8月18日が誕生日の著名人:
足利尊氏、ロマン・ポランスキー、
ロバート・レッドフォード、夏目房之介、柴田恭兵、名取裕子、
高城剛、いとうまい子、吉川晃司、大谷育江、清原和博、
エドワード・ノートン、エイフェックス・ツイン、
KEIKO、中居正広、G-DRAGON、成海璃子

----------------------------
TwitterRT @kenso1978 (加藤賢崇さん)
いよいよエリア51に突入ですね! 謎の多い年代だからね!

(博士のコメント)↑賢崇さん、一足お先に!
----------------------------
TwitterRT @ajaobaba
東京ポッド許可局 "水道橋博士論" @北野合衆国(仮)2013
http://togetter.com/li/550284
#tokyopod
これを読みながらしみじみ昨日をかみしめる…

----------------------------
TwitterRT @alkitago(アル北郷)
昨晩、北野合唱国終わり、
博士邸で行われた打ち上げの一コマ。
深夜0時過ぎ、博士が誕生日をむかえ、
51歳になると、なぜかそっと博士の肩に手をよせる三又さん



TwitterRT @mimatadance(三又又三)
博士邸の資料部屋で目が覚める。
昨日ここで博士の51才のバースデーを祝った。
深夜2時 博士が一言
あっ!俺の誕生日過ぎちゃった!
とシャクレてボヤく。マキタファミリー、
北郷、若手でおめでとうございます〜。
いつの間にか僕は寝てた。
そう、これこれ〜!最高の目覚め。

----------------------------
TwitterRT @akasakakeizai(赤坂経済新聞編集部)
赤坂サカスにオフィス北野の芸人が集結
−水道橋博士さんによる6万6000字の「年表」配布も http://bit.ly/1bKynzN

----------------------------
TwitterRT @mahhasupeed(マッハスピード豪速球 ガン太)
『水道橋博士運転記〜博士誕生日、北野合衆国。』 http://amba.to/19tlRnF
『水道橋博士運転記〜博士誕生日、北野合衆国2』 http://amba.to/1akvN5O
『水道橋博士運転記〜博士誕生日、北野合衆国3』 http://amba.to/1akwPP9
『水道橋博士運転記〜博士誕生日、北野合衆国4』 http://amba.to/1akxLTz

----------------------------
TwitterRT @seikoito (いとうせいこうさん)
腰痛仲間の水道橋博士に教えてもらった
バナナ型ゴムチューブをゲット。
暇さえあれば筋肉を鍛えてしまう。まるで高校時代のようだ。


(博士のコメント)↑俺たちバナナメン!
----------------------------

午前中、三又又三とピンポン外交。


さぁ、後半の人生の初日。
51歳の初日を何から始めるか。
数ヶ月前から考えていたが、
NHKのラジオにゲストに来て頂いた、
高木三四郎社長にピンと来た。

8・18に両国国技館大会がある。
ボクは、まだDDTを一度も見たことがない。

しかし、ボクの周囲は大絶賛している。

「DDTだ!」と閃めいた。

17日の応援映像を高木三四郎が撮りに来た。

後は、マス席を高木三四郎社長が
段取りをしてくれた。

長男は、あいにく、サッカー練習のため、
一緒に行けなかったが、
娘、末っ子、さらに三又と共に
DDTの両国大会へ向かう。

道中、浅草によりみちして、
元マネージャーの消しゴム版画家、
とみこはんの個展へ。


会場の片隅に会った
はんこを自分で押す、コーナー。

「パパ、ちょっと待ってて!」と。
娘から。誕生日プレゼンとみこはんこ。

う、嬉しい。

スプーンと豆のはんこで組み合わせた「パ」が可愛い。



14時、両国国技館へ。

////////////////////////////////////

DDTプロレスリング
「両国ピーターパン2013〜プロレスの傾向と対策〜」
観衆:9000人(超満員札止め)


第1試合
○石井慧介&高尾蒼馬(ジントニック)ケニー・オメガ&伊橋剛太●

第2試合
アイアンマンヘビーメタル級選手権バトルロイヤル
【入場順】
(1)「光明」〈972代王者〉(ボディーガード:石川修司、諸橋晴也)
(2)ゴージャス松野 (3)MIKAMI (4)三富政行
(5)美月凛音 (6)相島勇人 (7)中澤マイケル
(8)松永智充 (9)平田一喜 (10)相撲ヨシヒコ (11)アキヒロ
【退場順】
(1)●三富(3分57秒 相島による片エビ固め)相島○
(2)(3)●MIKAMI●松野(4分31秒 OTR)相島◯
(4)●美月(5分26秒 OTR)マイケル◯
(5)●相島(6分13秒 OTR)マイケル、松永◯
(6)●マイケル(7分58秒 体固め)ヨシヒコ◯
(7)●ヨシヒコ(8分15秒 OTR)平田、松永◯
(8)●諸橋(9分4秒 OTR)松永◯
(9)●石川(9分5秒 OTR)平田、ニラ◯
(10)●光明(9分28秒 体固め)ニラ◯
(11)●松永(11分31秒 エビ固め)アキヒロ○
(12)●平田(11分52秒 エビ固め)アキヒロ○
○アキヒロ(スピリチュアルコースター→エビ固め)DJニラ(在野)●

第3試合 赤井沙希デビュー戦
○マサ高梨&チェリー&赤井沙希
(タカタニック→エビ固め)福田洋&世IV虎&志田光●

第4試合 スペシャルシングルマッチ
○中嶋勝彦(垂直落下式ブレーンバスター→体固め)●竹下

第5試合 KO-D6人タッグ選手権試合
●佐々木健介&男色ディーノ&大石真翔
(シットダウンひまわりボム→エビ固め)高木三四郎&大鷲透&曙○

第6試合 KO-Dタッグ選手権試合
●佐藤光留&坂口征夫(勇脚・焔→片エビ固め)宮本裕向&木高イサミ○

第7試合 ダブルメインイベント
●飯伏幸太(レインメーカー→エビ固め)オカダ・カズチカ○

第8試合 ダブルメインイベント KO-D無差別級選手権試合
●入江茂弘(スワンダイブ式蒼魔刀→エビ固め)HARASHIMA○

※第45代王者が9度目の防衛に失敗。
HARASHIMAが第46代王者となる

////////////////////////////////////


男色ディーノ組の入場、
襲われそうになる、
客席の興奮度合いがMAX。

まるで、ブッチャー・シーク組だ。
「ホモ」Tシャツの我々が
襲われる可能性はあった。
小さい子供たちが絶叫する。
ハラハラ、ドキドキ。

原始的プロレス快楽を取り戻す。


赤井英和の娘、赤井沙希のデビュー戦。
彼女とは、一緒にMCをつとめたことがある。
それでも「輝きたいの」とリングに魅入られる気持ち、
手に取るように分かる。


思いの外、ボクたち二人と同じ、
ホモTシャツ姿の観客も多い。

「博士ぇ、もう、このTシャツ脱いでもいいですか」
「ダメだよ!」
と、ボクの命令で、国技館をノシノシ歩く三又又三、
歩くだけで哀愁がある。


TwitterRT @j_jetstream
こんな感じでした。三又又三さん・水道橋博士さん。



----------------------------

Wメイン、最初に、
オカダカズチカvs飯伏幸太の試合。

まるで歌舞伎のように、千両役者の間合いで、
全観客を虜にする。
これは素晴らしい!
両国2日間のDDTのメイン。

入江選手もHARASHIMA選手も
初めて見たが……。
彼らにつとまるのか?

最後の大熱狂の中、
7歳の娘が金切り声で、
入江選手を応援し続け、
最後は泣いていた。

「なんで入江選手を応援したの?」
「だって最初から泣いてるんだもん、
かわいそうだから……」と。
DDTを観に行って、
大正解だった!

途中、高木三四郎社長から、
お誕生日にどうぞ!
と売り切れになっていた、
レスリー・キー撮影のTシャツを頂く。
正直、欲しかったので、嬉しい。

試合終了後、
両国からの三又の家の前まで送り届ける。
この二日間、何一つ、こちらには気を使わない。
その三又又三らしさ……。

「オマエ、松本(人志)さんの前でもその態度なの?」
「オレ、一緒にいても何にもしないから、
松本さんに『オマエは俺の彼女か!』って、
叱られるんですよ(笑)」
と笑い飛ばして、帰っていった。

ここ二日間、「三又又三」という
星くずを実感した
:
*:・°',。・:*:・°'☆。*:・°',。・:*:・°'☆。

三又又三を下ろして銀座へ。
ポーラ ミュージアム アネックス。
子供たちと
『藝人春秋』の表紙を描いていただいた、
福井利佐さんの新作の個展
『LIFE-SIZED』を見学。


メ〜テレの『哲人の告白』で、
一連の顔シリーズに出会い、
衝動的に、去年の誕生日の前々日に、
静岡まで訪れた個展が『藝人春秋』の表紙を
福井利佐さんに描いてもらう、
それが、きっかけだった。


まるで夢の中にいるよう。


白色を基調とした
新作10点の展示で2部屋のみだが異空間。

魚をモチーフした部屋も。
水中、それは楽しい。


TwitterRT @iijjiji
福井利佐ブログ『オープン!!!』 http://bit.ly/1bDn78s
福井利佐『Life-Sized』@銀座⇒ http://bit.ly/1cdH6Jb http://bit.ly/V5AwgS http://bit.ly/Sli1EE

----------------------------

このまま、家に変えるのが惜しい、
それほどの高揚感。
もっとDDTの余韻に浸りたい。

今日の両国には、
『水道橋博士のメルマ旬報』の執筆者の多くも、
駆けつけているようだ。

TwitterRT @t346fire(高木三四郎さん)
博士、ありがとうございました!
三又さんに
ちゃんとご挨拶できなかったのが
悔やまれますが、
お誕生日おめでとうございます!

(博士のコメント)↑こちらこそ。想像以上でした!
素晴らしい誕生日プレゼントでした。
感動及び影響を受けました。
----------------------------
TwitterRT @wannyan(九龍ジョー)
DDT両国国技館大会。
いまや夏の恒例行事。
しかも、今年は2デイズで、
昨日の興行はテレ東で放送されるというし、
ホントすごいことになってるよ。



----------------------------
TwitterRT @shigeta_koji(茂田浩司さん)
体調不良で出遅れてDDT両国のダブルメインのみ観戦。
"レインメイカー"オカダカズチカ対"ゴールデンスター"
飯伏幸太は当然よかったが
(オカダの「自分は特別な存在である」
という表現力はいつ見ても凄い)、
最も印象に残ったのは王座から陥落した入江茂弘。
「全力感」が物凄く伝わってきた

----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
DDT両国大会の多幸感ってやっぱりちょっと素晴らしすぎて、
この会場の空気を缶詰めにして売れば良いのに。
嫌なことや悔しいことがあったら吸うやつとして。
全然買うなあ、俺。

----------------------------
TwitterRT @kcomkcom(香川春太郎さん)
ゼロ試合のダークマッテは国技館の敷地全て
(屋外から控室の風呂場まで)がリングというルール。
全シーンをハンディカメラが追いかけて
会場内のビジョンで中継した。
試合内容はDDTらしさ満載の素晴らしさ。
しかし驚いたのはカメラアシスタントのケーブルさばき。お見事!

----------------------------
TwitterRT @r_shibuya: (しぶや32さん)
DDT両国大会で一緒に観戦した
プロレスを見るのが初めてという女子に
超初心者むけの観戦のしおりを書いてお渡しした



----------------------------
TwitterRT @inuningen(犬山紙子さん)
こういうのあるとグッと面白くなるよな〜。
イラストで見る女子のためのプロレス入門!

----------------------------
TwitterRT @yuzukiasako (柚木麻子さん)
お誕生おめでとうございます。
これ、プロレス好きの会社員、
澁谷さんが単に趣味でつくった「DDTのしおり」です!
すごくないですか?"@r_shibuya:

----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
DDT両国大会、水道橋博士も生観戦、
柚木麻子さんもプロレス人生初観戦だったんですね。
「しおりを作る」っていうのは良いなー。
パクろう。ビッグマッチのときとか、
「しおり対決」みたいなのやれば良いな、これもやろう。
あー、プロレス面白い!

----------------------------

20時、帰宅。
誕生日、今日のDDTの余韻と解説を――と思って、
『メルマ旬報』の執筆者でもあり、
年表作者でもある相沢直、
及び九龍ジョー、
さらに、両国には来ていなかったが、
荒井カオルさんと倉庫部屋で一席。


まずはピンポン外交、
昨日のサカスのVTR再生、
今後の51からの余地も教えてもらう。

全てはボクにとっては予告編だ。


ボクが誘っておきながら、
みんな、眠いに決っているだろうと思いつつ、
明日の仕事は大丈夫なのか?
と思いつつの深酒だったが、
よく考えたら、
今日はボクが編集長のメルマガの締切日だった。

むしろ原稿の催促をすべきだった。

アルコール度数の高い『甚松』を痛飲、
皆さん、立てなくなるほどの泥酔で朝まで。

ボクが一番年上だから、
講釈を垂れるようになりがちだが、
逆に、いろいろと、
教えてもらって勉強になった。

「人生は五十一から」、
この歳になると先に生まれただけで、
「先生」になって若い人と接し、
いつの間にか「偉そうに」ふんぞり返って、
「教えてやる」人になりがちなので、
「一年生」になって
教えてもらうべきだなぁと思った。


8月19日  月曜日

午前中、ママが美容院へ行ったので、
子供たちを見ることに。

娘は、すぐにお友達のシマちゃんとパソコンごっこを。

すごく緊急事態風だったので耳を傾けていたら、
「PM2・5の影響で
旅客機が都市に墜落寸前なのを回避している」
状況のようす。

しかし「チキュウのキキなのでジャマ!」と言われて退散。


『人生は五十一から』。

先週、風俗解禁して、
10年ぶりに地方都市の水島のキャバクラへ行って、
痛感したことだが、
「本も読まないし、テレビも見ない。スマホだけで生きている」
若い女の子にとって、ボクは、
「チビの白髪のお爺ちゃん」なのだ、と。

TwitterRT @kimikazu5uetake(植竹公和さん)
老いてはキャバ嬢に従え(笑)

(博士のコメント)↑正確には「老いてはキャバ嬢に乗れ」です(笑)
----------------------------

ニッポン放送の
『上柳昌彦のごごばん!』聴きながら、
樋口毅宏さんの深刻な腰痛を知る。

腰痛は、「今、そこにある危機」
取材対象発見。
これは樋口さんの話も聞かなければ。
上ちゃんのラジオから、
「狂い咲きフライデーナイト」
タモリ×桑田佳祐、懐かしいな。

昨日、九龍ジョーとの話で、
「今田くんはKAMINOGE読んでないみたい」
「当たり前ですよ!」
「え、関係者は皆、読んでるんじゃないの?」
「な、わけないですよ」
と言われた『KAMINOGE』最新号(Vol.21)到着。

相変わらず前田日明、最高!
三又又三、最低(笑)
三又又三は制御不能だ。


TwitterRT @yasuyuki_info(岡村靖幸.info)
久しぶりに、シングル出します!詳細はHP、DATEで!

----------------------------
TwitterRT @natalie_mu(音楽ナタリー)
岡村靖幸、6年ぶりシングルは西寺郷太との共作詞
http://natalie.mu/music/news/97487 #岡村靖幸

TwitterRT @Gota_NonaReeves(西寺郷太くん)
遂に発表、来たーっ(^O^)/!
新曲は、超POPでファンキーでアグレッシブ。
リリース本当に嬉しいです!

(博士のコメント)↑郷太くん、本当に嬉しいだろうな。
----------------------------

『水道橋博士のメルマ旬報』、
まだまだ膨張中なのだが、ふと思いつく。

日本テレビの土屋敏男さんに、
「突然スイマセン。
メルマ旬報の新連載お願いしたいんです。
『ライフテレビ』ってタイトルで……内容は自由です!」
「……光栄だよ!締め切りは?」
「昨日です」
「…………どうすれば?」
「25日発行なのでギリ24日までにはお願いします!」

TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
日テレ土屋さん!
ついに『水道橋博士のメルマ旬報』の新連載開始!!
タイトルは『ライフテレビ』! …めっさ、オモシロそうやん! 
ちなみに俺の小さな小さな自慢は、
D時代の土屋さんの『天才!たけしの元気が出るテレビ』
のデビュー作?VTR「日本人の平均」?をスタジオで見たこと。
高校時代の話

----------------------------
TwitterRT @harakantokukett(原カントくん)
うおっ。いきなり、土屋敏男氏から原稿到着。
原稿依頼から入稿までの最短記録なんじゃないでしょうか、
これは。しかも面白い。メルマガならではスピード感。
博士編集長、展開しますっ。@s_hakase

----------------------------


夕方より倉庫部屋で、
フリーペーパー『からころ』誌、取材。

この冊子、
主に、病院の待合室などに置かれているようだ。

「わたしの気分転換」について。
「ピンポン」「バナナ」「子供」
のキーワードのトークと撮影、
子供たちと遊ぶ様子も撮影。

そして、一緒にピンポン。
ピンポンパンだな。


そのまま文春の連載、
『週刊藝人春秋』vol.17の音合せ。

車に乗っている人が少ないので、
皆で、ロールスロイスの知識の空白を埋めていく。
そしてボクの楽譜を皆で音を合わせていく。


終了後から卓球大会。


担当長谷川さんが元卓球部と判明。
思わず、ピンポン外交。

楽し。いつまでも続けたい。
子供たちも加わるが、明日は早い。
早めに終了。

8月20日  火曜日

5時半起床。
オテンション・プリーズ!
と子供ではなく自分に言い聞かせ、
TBS『別冊アサ(秘)ジャーナル』のロケへ。
まずTBSに向かう。
ロケバスに乗って、
厚木市の『神奈川県消防学校』へ。

道中、BRUTUS連載「テレビはかせ」を入稿。
腰痛話の2。

『水道橋博士のメルマ旬報』
次々と送られてくる原稿。
編集長作業も粛々と。

日テレ土屋敏男さん新連載は、
発注、数時間後に入稿されていた。
これはスピード記録だ。

TwitterRT @TSUTIYA_ON_LINE(土屋敏男さん)
16時間前に電話をもらい即承諾!原稿入れました!
TwitterRT @u5u(てれびのスキマ)
す、スゴい! 楽しみです!

----------------------------

TBS『別冊アサ(秘)ジャーナル』ロケ。
消防学校で座学。
火災調査、特別授業の2コマ。
日本の出火原因の一位は放火。
もう何年も……。
いくら、火の用心をしても、
他人の心に出火原因があるのだ。

自称・熊田曜子のそっくりさん、くまぇりを想い出す。
「くまぇりだよ!」とblogに書きながら、
裏では放火魔。
彼女の肩書は、家事手伝いだった。

各家庭の冷蔵庫の中に入れておく、
「救急医療情報キット」を初めて見たが、
なんと合理的なことか。
即、我が家も採用しよう。


昼食、生徒たちと一緒にカレー。

皆、体格がムキムキ。
消防活動応用訓練見学。

グランド3週。
+8キロのホウスを担いでの周回。

見ているだけでは
我慢できずに突発的にボクも参加。


6月3日半ぎっくり腰発生以来
2ヶ月半ぶりに走った。
クララが立った……。

ほどの感激。
一時のスプーンを持てないほどの、
不調を思うと感慨深い。

救助棟でロープ渡り、
「セーラー」「モンキー」「チロリアン」を見学。
嗚呼、実はこれもやってみたい。


訓練車両の電車をレスキュー隊と持ち上げる。

 

検索救助訓練で赤江くん(玉袋)が消防服で煙の中へ。
木造住宅火災の一連の消化訓練など。
バックドラフト的、ド迫力。


ロケの最後に在校生が
ニュージーランドのハカのような
上半身裸の踊りに囲まれエールで送られる。


筋肉モリモリのレスリー・キーのフォトのような
男の野生の色気が漂う最高のパフォーマンスだった。
最後に生徒のみんなと記念撮影。


ロケの帰途、番組より誕プレ。
ありがたい。
長野の『五十一』というブランドのお酒を各種。

人生は五十一からだ。


『水道橋博士のメルマ旬報』
土屋さんの紹介文を送稿。

など次回20号記念号の
編集作業をもろもろと車内で。
密かに30万字超えを狙っている(笑)
帰宅後、
高田先生に贈って頂いた
「桃から生まれた」大珍事で、
思わぬ大シクジリするところだった。

親ばか特番を見た、高田先生が
「一番好きなものは桃です」
というフミの言葉を聞いて、
桃を送って頂いた。
その桃が到着したのは、
8月8日。
長男、タケシの誕生日。

「タケシの誕生日にフミ宛て?」
何かの謎かけか?
高田先生がボケているのか?
迷っているうちに礼状が遅れた。

高田先生にお手紙。
文の文も添えて。
思わぬところで本気で
シクジってしまうところだった。

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る