『藝人春秋』特設サイト

 

9月1日  日曜日

3時起床。
涼しい時間に原稿仕事だ。

昼から倉庫部屋に篭ってネタ合わせ。
明日の『高田笑学校』のあらゆる事態を想定しながら……。

最近、相棒とは、
漫才以外だと、ほぼ会うことも少ない。
話すことも稀になりつつある。
半年の空白を埋め合わす。

8月25日に月島のあいおい古本まつりで、
坪内祐三さんに出会った話。
相棒に報告。

月島での立ち話で、
「あの日のことは、
 僕の『酒中日記』に書いてあるから読んでくれ!」
と坪内さんは言った。

そして『酒中日記』(講談社)がAmazonから届く。

スズキ秘書に頼んで、高円寺で出会った日を検索。
2007年5月26日で確定。
その日の酒中日記を捲る。


書いてあった!
そして今日までボクが「誤解」していたことを知る。
ボクらの本の解説まで書いてくれた「先生」が、
街中で出会ったら、
あまりに漫才コンビにとって無粋な事を言う。

お笑い芸人の心の襞(ひだ)まで「書く」人が何故だ?
ボクにとってはずっと謎だった。

しかし、6年間も誤解していたとは……。

象徴的な話だ。
人は自分の意識のだけで生きている。
誤解のなかで他人を見ている。

「申し訳なかった」と素直に思った。


そして、『石原慎太郎を読んでみた』(原書房)が、
送られてきた。
この本は、是非、まさに今の俺が「読みたい」。



TwitterRT @sasakitoshinao(佐々木俊尚さん)
「石原慎太郎は日本文学史のダークマター」
「いなかったら戦後史が変わってしまうぐらいの
大きな存在なのによくわかっていなかった」。
太陽の季節と処刑の部屋ぐらいしか読んでなかった。
凄そうな本。/『石原慎太郎を読んでみた』
HONZ http://bit.ly/1dvKoN5

----------------------------
TwitterRT @toyozakishatyou(豊崎由美さん)
原書房の社長あてに石原慎太郎から
「『石原慎太郎を読んでみた』を読んだけど、
なかなかよく読みこんでくれてて面白かったから、
今度この2人とメシでも食いたいんだけど」
という電話がかかってきたそうです。もう読んだのか。早っ。
ていうか、会食は遠慮いたします。

(博士のコメント)↑「この二人とメシでも食いたい」――。
これは本当にボクの予想通りの展開。
----------------------------

石原慎太郎に捧げて、
『ルック・バック・イン・アンガー』を書いた、
樋口毅宏さんも実際に会えば良いのだと。

「文」の人は、まず賛否よりも
「読んでいる」ことが認証だから。


TwitterRT @higu_take (樋口毅宏さん)
僕が慎太郎からメシに誘われたら行きますよw

(博士のコメント)↑慎太郎さんが手にとれば確実に誘われますよ。
確信があります。
----------------------------
TwitterRT @kaymiyazaki (宮崎くん)
よく読み込んでくれた、メシでも喰おうじゃあないか、
という石原慎太郎、
こういうマッチョというか男の面、俺は好きですねえ

(博士のコメント)↑ボクは何度もこの瞬間があるんですよ。
『国家なる幻影』を読んでサインを求めて以来……。
----------------------------


4/30の『ザ・水道橋 in 座・高円寺』、準備期間、
園子温監督がヘビースモーカーなので
一室で一緒に過ごすうちに、
煙草が止められなくなった。

そして、
夏休みの間にかゲームを再開していたタケシ、
「パパが煙草をやめたらゲームをやめる」
と男の約束。
以来、俺はニコレット・ガムを噛みつつ、
ようやく一週間が過ぎた。

しかしタケシの方は、ゲームをやめる様子がない……。



キンコン西野くんがYouTubeで、
『毎日キングコング』という番組を毎日やっていた。

その映像をスズキ秘書に見せてあげたら、
「毎日!?」
と流石に驚いていた。

TwitterRT @anokoro_no (柳田光司くん)
あいかわらず、刺激になる事をやる西野くん!
この、思い立ったが吉日的な感じがいいですねぇ〜!
最高&リスペクト!(笑)

(博士のコメント)↑やればやるほど嫌われていく姿勢。
あ、そう言えば、西野くんに先日、
『ザ・水道橋 in 座・高円寺 vol.1〜園子温芸人デビュー〜』
のVTR送った。
----------------------------

千原ジュニアとタケトがラジオで、
『あまちゃん』登場直前の三又又三の話をしているのを
YouTubeで聞く。

ここで語られる三又又三も面白い。



20時、再び、倉庫部屋で漫才モードへ
ここしばらく娘と会ってないけど、
書き置きに励まされる――。


赤江くん(玉袋)とネタ合わせ。

合間、合間、近況報告。

ボクからは忌憚なく話し、
5年後、相棒の50歳の年に、
漫才ツアーを廻ろう〜
とまで話し込む。

そこまで生きていたいなぁ。

漫才しか無い。
「浅草キッド」という船に乗って後悔せず、
最後まで公開しながら航海する。

今は、明日の『高田笑学校』へ向かっている。




9月2日  月曜日

深夜2時50分、起床。
もろもろとできる事を、力尽きるまで。


『週刊読書人』読む。
小谷野敦×栗原裕一郎の芥川賞を巡る対談。

せいこうさんの『想像ラジオ』しか読んでいないので
想像するのみで感想は書かないが……。


斎藤ママとの話を読みたくて、
高須基仁『悪名正機 アウトサイダー十三人の話』を
お取り寄せ。
互いの誤解のままだ。
何時か高須さんとも面会しよう。


朝8時、
子供たちは今日から学校へ。

「行ってきまーす!」
と元気に飛び出すのを長男、娘、末っ子と、
3回見送った。


今日は締め切り、一日前なのに、
『水道橋博士のメルマ旬報』の原稿が集まりはじめる。

編集長の俺なんて、
漫才前でまだ何もとりかかっていないのに。

TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
水道橋博士のメルマ旬報 次回の原稿締切日。
前回の「夏休みの自由研究の坂本龍馬」
もきっちり回収する日が来るよ。
でも、今回は…「姿一平」の続編から。
タモリさんとは真逆の方向へ飛び火。
これも、おそらく埋没された(させられた)バラエティ史。
期待に応えます。必ず。

----------------------------
TwitterRT @gjmorley(モーリー・ロバートソン)
水道橋博士のメルマガ、今日が〆切ですが、
もうこの上ない小説のチャプターを書きました。
時間を置いてもう一回レンダリングしますけど、
これは読んでもらいたいな。いいのか、
こんなこと書いて?なんてね。

----------------------------

10時から倉庫部屋で、
相棒とネタ合わせ……と言う雑談たっぷり。

相棒の手による断髪式。
記録用にカメラを回す。

TwitterRT @dogbiscuit64:
松尾スズキ「人生に座右の銘はいらない」
タイトルこそ自己啓発っぽいけど
読者のお悩み相談文に表れる微々たる自惚れも許さないスタンス//
TwitterRT @r_kit(北井亮さん)
厳しくも愛溢れるアドバイスが、親身とはなにか、
を教えてくれる学び多き本となりました。
ご購読感謝! 編集北井

----------------------------

ここ数日、ずっと手にしていた、
松尾スズキ著、
最新刊の『人生に座右の銘はいらない』、
『中年入門』(共に、朝日新聞出版)は、
名著、そして子供たちに読ます本として殿堂入り。

また、今度、何処かで松尾さんに会ったら、
「座右の銘」は入らないが、
子供の名前宛てでサインを貰おう。


有料メルマガ
『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 』が届く。

第68回の
「都市伝説芸人とは何か=三又又三論」が、
面白かった。



緊張のせいだろうか、腰に不安が残る。
何時もは、相棒とふたりで新宿まで歩いて、
ネタの最終調整するのだが、
大事を取って、とりやめる。


16時、相棒と再度合流し、
それぞれの車に分乗し、
紀伊国屋サザンシアター入り。

高田文夫先生の楽屋へ。
先生に段取りを説明。
瞬時に演出の意図を理解して頂く。


楽屋のドアを締め切る。
高田先生以外には
芸人にも外部関係者にも、
教えていない。
帽子は外さない。

19時、開演。


オープニングのご挨拶トークは、
高田文夫校長、玉袋筋太郎、松村邦洋が登場。

「博士は桃でしくじった。
 あいつは今回、退学にしたからよォ!」
などと趣旨説明。

客席は半信半疑に決っている。

【香盤】
・アルコ&ピース
・松村邦洋
・ナイツ
・アンガールズ
・浅草キッド

何時もは、
事前にネタかぶりを確認し、
他の芸人の舞台のネタをチェックするのだが、
今日に限っては、舞台袖にも行かない。

俺がかぶっているのだから。

それでも、
ナイツが盤石のネタをやっていることだけは、
笑い声の心地よさだけでも、楽屋にまでよく伝わる。


いざ、本番、幕間に待機。

冒頭から、赤江くん(玉袋)が、
ビールを片手に客席から登場。
ピン芸で、『スナック玉ちゃん』で3曲、歌う。



ひょっとして本当に登場しないのか?
と思わせたところで、俺が登場。

ボケとツッコミを反転させて、
「謝罪はしない!」というネタ。
最後はお馴染みの小倉ネタで
逆に追い詰められ、
脱帽、帽子をとる。


30分を超えていた。

「演劇的空間」と
「演芸的空間」の違いもわかる。
やりたいことはやった。

エンディングの座談会。
アンガールズの山根くんのスキャンダルには
触れておく。

本番前に、
旧知のマネージャーから
「誰も触れてくれないんで、困ってるんです。
 裁判では、ちゃんと勝訴してるのに……」
と耳打ちがあったから。

終演後、
楽屋へ挨拶に関係者が訪れてくださる。
宇多丸さんとは、久々のツルツル顔合わせ。


打ち上げ会場へ。
宇多丸さんと一緒に車で移動。

ゲスト席に西村賢太さん、
ライムスター宇多丸さんも参加。
赤江くん(玉袋)の息子のあっくんも、
「トニー」として立派に挨拶した。
俺は高田先生のお隣で、
今日、一日、小出しで聞いている、
芸能界卓球王伝説の話。

先生は卓球部出身だが、
テレ朝の『たけしのスポーツ大将』で、
「高田文夫に挑戦」というコーナーがあったのか。

ラジオでは知っていたが映像は見ていなかった。
そして小遊三さんが、いかに強いか話も。

///////////////////////////////

芸能界卓球事情、
資料・日刊ゲンダイ6月23日
→「パックンが語る 芸能界の"隠れ卓球オタク"たち」 
http://gendai.net/articles/view/geino/143070


///////////////////////////////

高田先生のお隣で、昔話。
先生が倒れてから、
意を決して、過去の話を遠慮しないで、
聞きに行っている。
いろいろとボクにとっては初耳の話も。

その後、西村賢太さんに振った話が、
途中やめになっていた。
普段なら、相棒とは別々になるのだが……。

結局、赤江くん(玉袋)、
西村さん、宇多丸さんの4人で、
さらにもう一軒。

漫才本番後、コンビで居残り、
お酒を飲むのは、いつ以来だろうか。

西村賢太さんの案内で、
新宿3丁目の「風花」へ。

有名な文壇BARだ。

店に入って、
昔、石丸元章さんと一緒したことがあることを
思い出した。
ボクは2回目だ。

店内には、
『スープストック』の遠山さんと、
『ケトル』の嶋さんが。
偶然にも同席したが、
文壇だけに分断。

ケトルがたけしさんの息子さんの就職先、
とわかってから打ち解けた。

宇多丸さんが指摘していた、
漫才師=『パシフィック・リム』のイェーガー論を想う。

朝方、帰宅すると、今日の舞台が、もうニュースになっていた。

//////////////////////////////////

「浅草キッド"小銭かせぎ問題"ネタで丸刈り」
日刊スポーツ 9月2日(月)23時41分配信
漫才コンビ、浅草キッドの水道橋博士(51)が2日夜、
またもやカトちゃん風の丸刈りになった。

東京・新宿の紀伊国屋サザンシアターで行われた
お笑いライブ「我らの高田笑学校〜しょの四十三」
(高田文夫事務所、日刊スポーツ新聞社共同プロデュース)
で「笑いと小銭がほしい」とサプライズで披露した。

娘の文(ふみ)ちゃんに高田文夫校長から
最高級の桃をたまわったにもかかわらず、
意図を深読みしすぎてお礼を怠ったことを反省し、
頭を丸めてきた。
今年2月に「峯岸みなみです」とカトちゃん風の丸刈りで
度肝を抜いたばかりだが、懲りずに同じスタイル。

相方の玉袋筋太郎に「またやってんのか」
とステージを引きずり回されながら
「笑いと小銭がほしくて…」。

"小銭かせぎ問題"で
大阪のレギュラー番組を降板した騒動をネタに笑わせ、
高田笑学校43回目にして初の退学危機を回避した。

この日はキッド、松村邦洋のレギュラー陣のほか、
アルコ&ピース、ナイツ、アンガールズが出演。
松村は得意の堺雅人ものまねでヒット中のドラマ「半沢直樹」を披露した。

父親役の笑福亭鶴瓶、おネエ国税庁の片岡愛之助のまねのほか、
「香川照之さんはできないので」となぜか
大和田常務を津川雅彦にチェンジして1人半沢直樹を展開。
「ドラマを見ていない人には地獄の10分です」とやり遂げていた。

//////////////////////////////////

ライブの感想をリツイート。

TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
高田笑学校。終わりで水道橋博士への挨拶を待ちながら、
自分の目の前を、高田先生が通り過ぎて帰って行かれた。
直立不動だった。気をつけの姿勢で、息も止めていた。
理屈じゃない凄みが存在としてそこにあって、
この光景はずっと忘れたくないと思っていた。

----------------------------
TwitterRT @binbinstory(徳川龍之介さん)
高田笑学校終了。
水道橋博士が高田先生曰く「ゆとり無い教育」
により退学になってしまったのでどうなることかと思ったけど
最初から最後まで超おもろかった。
特にまっちゃんの半沢!
そして座談会のおかげでキング・オブ・コントを
100倍面白く観れるようになったので楽しみ。

----------------------------
TwitterRT @yume3333(アッチャンズ近藤夢)
兄弟子、浅草キッドの一発の「漫才」「ネタ」「笑い」というモノに
真正面からぶつかって行き何が何でも突破しようとする
凄まじい気合いは近くにいると怖いんだけど
ものすごい刺激なんでドキドキしながら行ってきます。
高田笑学校。

----------------------------
TwitterRT @idea_ink(アイデアインク)
念願の高田笑学校を体感し笑いに笑って元気が出た!
ライブでしかあり得ない空間!

----------------------------
TwitterRT @tomikohan(消しゴム版画・とみこはん)
密室の共犯者、やはり楽しい。客席からの手放し感、最高だね。
高い位置で拍手できる喜び、笑いの舞台はいいなぁ。
高田笑学校で、リセットできた。

----------------------------
TwitterRT @u5u(てれびのスキマ)
念願かなった「高田笑学校」。いやー、すごかった!

----------------------------
TwitterRT @horie_gantz(堀江ガンツ)
さあ、今日はこれから高田文夫先生復活のお笑いライブ
『我らの高田"笑"学校』。ナイツ、アンガールズ、松村邦洋に、
メインは浅草キッドの漫才! 
そして明日はお台場の東京カルチャー・カルチャーで
『スナック玉ちゃん』! 二日連続で楽しみ!

----------------------------
TwitterRT @baoh(柴尾英令さん)
「我らの高田"笑"学校〜しょの四十三〜」。
冒頭から、いろいろ気を揉む展開になり、
どうなることかと、危惧したが、出演陣は安定のクオリティ。
松村邦洋 の半沢直樹ネタには、ゾクゾクする高揚感もあった。
そして、浅草キッドの漫才は後半の畳み掛けもワクワクしつつ、堪能した。

----------------------------
TwitterRT @an_noriyuki
高田笑学校楽しかった〜!!
仕事投げ出して7-11で並んだ甲斐があったな↑
水道橋博士またやっちゃった!!
そして、斜め後ろの席に樋口毅宏が!!!!イケメンでびびった♪
先生、17日の青山ブックセンターも参戦しますから(^^)/

----------------------------
TwitterRT @364us
今日は高田笑学校。キッド水道橋博士は謹慎と思ったら
出番ちょい遅めで登場。別件があったんかな?
ナイツは安定感バツグンでしたな 9/23はTBSをみるべし!

----------------------------
TwitterRT @okunnoo
高田笑学校堪能。
それにしても水道橋博士は
わざわざ髪の毛染め直して髭もそったのに、
なぜ再び?やはり藝人の性なのか?

----------------------------
TwitterRT @iozo70
水道橋博士はネタ中に帽子を被り直すしぐさがあるんだけど、
今日も一回もやらなかったので、
髪の毛にシカケがあるなと…。
前回もしぐさについては触れたけど、
初めて坊主になったという驚きが上回った。
今回はそのインパクトに欠けた分、
笑いの密度が薄まってしまった感じ。
いや、前回の2人とも坊主という驚愕のネタを見てなかったら、
今回のこれでも十分なんだろうけど。
自分のような素人の想像を超えられなかったのが
ちょっと残念ではありました。期待の裏返しではあるんだけどね(完)
----------------------------
TwitterRT @fukubook
赤坂サカスでボケになると話していたのが、
今日の高田笑学校でガッテンしました!
マスター玉さんのツッコミが増えてると実感!

----------------------------
TwitterRT @bunchin0712
高田笑学校の学校公開を参観。
今回もキッドのネタは、ヒリヒリ、ハラハラ、ゲラゲラ。
門外不出の聖なる一回性にしびれました〜

----------------------------
TwitterRT @iozo70
今日の高田笑学校、前回が神回だったので比較するとあれだが、
ナイツで持ち直して、大喜利トークで回収できた感じ。
キングオブコント決勝戦は注目だなw

----------------------------
TwitterRT @jag0uw1
高田笑学校は毒要素も然るに、色んな意味で強烈だった。
ライブはこうでなくちゃ。

----------------------------
TwitterRT @okanobuchan
高田笑学校ライブ終了。
ナイツ、アンガールズともに円熟味を増してさらに面白くなった。
浅草キッドのお二人はまた、やってくれたなあと思わせる漫才だった。
もちろん凄いという意味で(^O^)。

----------------------------
TwitterRT @uyfa_chairman
高田笑学校、これぞ日本最高峰。
ありがとう高田文夫先生と演者の皆様。
よし、とりあえず明日は頑張れそうだ。

----------------------------
TwitterRT @mura_chang
紀伊國屋サザンシアターにて本日高田笑学校初登校!
アルコ&ピース、松ちゃん、ナイツ、アンガ、
浅草キッドと豪華な香盤でした!
ここでは書けないネタのオンパレード。
これこそライブの醍醐味です。
高田センセイもお元気そうで、こちらも元気をいただきました。

----------------------------
TwitterRT @yorisaku_ra
高田"笑"学校 観終わり。
大人な静かな笑いと『噂』含みの大喜利トーク。
中身は、ついった無しよ☆ なのでダメだけど、いや、凄かった…

----------------------------
TwitterRT @asobukane
『我らの高田"笑"学校〜しょの四十三〜』を観た。
個人的には久々の登校、浅草キッドの猛毒漫才
半沢直樹をやりたくて仕方ない松村邦洋らに囲まれると、
下ネタでまあまあすべった
アルコ&ピースの存在感がすっかり薄くなる。

----------------------------
TwitterRT @watanabeshigeru
「我らの高田"笑"学校〜しょの四十三〜」終了。
ずっと観たかった浅草キッドの漫才初体験。
"強烈"の一言につきる。
まさにダイナマイトキッド(爆弾小僧)…博士は51歳だけども。


----------------------------
TwitterRT @fukubook
高田笑学校、
初登校のアルコ&ピース、アンガールズは生で観ることで
益々好きになり、まっちゃんの半沢、
ナイツの野球ネタはさすが!
キッドはやはり一発限りをうまく利用した横綱漫才!
大喜利も良かったけど、焼き付いたのは、
まっちゃんの半沢顔と田中の放浪服と博士の頭!

----------------------------

終わればそれで良し。


9月3日  火曜日

7時起床。

昨晩の二日酔いあり。
鏡を見れば、A級戦犯顔。

朝から、書き続ける。
しかし『水道橋博士のメルマ旬報』用の日記。
〆切はもう一日過ぎているが
落とすことはないだろう。

11時半で一旦終了。

倉庫部屋で久々の卓球。
汗をかく。

西寺郷太くん発案のイベント企画
『水道橋博士のメルマ旬報 トークフェスへの道』、
まず岡村さんのマネージャー近藤さんに電話。

やった!第一関門クリアー。
あの方の出演OKを頂いた。
(今後は情報公開しながら進めます)

15時、汐留のスタジオへ。
いつものように運転手のマッハスピード豪速球・ガン太が、
道に迷い遅刻。

メ〜テレ『哲人の告白』ナレーション収録。
座右の銘は、
伊藤羽仁衣(ウェディングドレスデザイナー)、
「ハッピーの連鎖」、

是枝裕和監督
「こだわらない」
MA室に入ると、俺、
まるで東京裁判のようだ。


収録後、飛び出しで羽田へ直行。
これから高松へ向かう。

マキタスポーツの有料メルマガ、
「週刊自分自身」 第67回、
水道橋博士論を読む。

面白かった。
言っていることはもちろんよくわかるのだが、
「経営」という言葉の語感がしっくりこないのだなー。

あとマキタは関係ないが、
TwitterでRTに対して「宣伝」という言葉も、
何時もしっくりこない。


ANA便。
プレミアム御膳が毎度ながら美味しい。

高松着。
雨模様。

ナイナイ子育て番組、
ワンセグでちらちら見ながら、
ホテルチェックイン。

瀬戸内放送高松本社へ。
瀬戸内海放送『報・動・力』収録。

♯6「どうすれば増える?カマタマーレ讃岐の観客」
多賀アナ、北村実穂アナと共に司会。

ゲストにカマタマーレ讃岐の北野誠監督。
旧知の四国学院大学教授・田尾和俊さん、
岡山大学助教・高岡敦史さん、
香川県の若者たち、ご一緒。


田尾教授とお会いするのは2回目だ。
「憶えてます?」
覚えているに決まっている。
勝谷誠彦さんの日記の有名人だ。
「カマタマーレが強くても
観客動員するにはどうするか? 」を話し合う。

観客動員問題。
「ファジアーノ岡山」に比べ、
数値設定がそもそもマーケット規模からして難しい。

ボクからは、
「北野誠監督が北野MAKOTO監督に表記を変える、
などしたほうが遠心力になる」と力説。


番組終了後、
「今晩、ご一献でも」と思っていた田尾先生は、
すれ違いで帰られていた。残念。

本番後に、ご一緒した北村アナから、
「阿野さんの知り合いです」
と声をかけられる。


「阿野さん?」とは、
『水道橋博士のメルマ旬報』で連載の
西寺郷太くんの大問題小説『噂のメロディメーカー』で、
「ワムのジョージ・マイケルのゴーストライターは香川にいる」
の言い出しっぺであり、
既にボクと親交がある。

阿野くんと会った時、
片思いの女子アナ話として、
北村アナの話は聞いていた……。

「アノ・ミステリー」を追っかけるために、
北村アナ、多賀アナとNマネと共に、
ラグーン・カフェへ。

しかし、相手は看板女子アナ。
イチャイチャとみのもんた気分。


飲んでも佇まいを正し
一糸乱れることなく、
人生論を語った高松の夜。



TwitterRT @iijjiji
水道橋博士 出演!【只今放送中!】
9/3(火)19:00 TBS『もてもてナインティナイン』
尾木ママこと尾木直樹先生も絶賛!
芸能界最強パパママ芸能人軍団が
目からウロコの役立つ教育法を紹介。
水道橋博士は、自宅ロケ中、溺愛する娘から、
思いがけずある衝撃の告白をされる。

----------------------------
TwitterRT @sakata_wataru(坂田亘さん)
水道橋博士の親バカっぷりが可愛かった。
ちびっ子が三人になってて驚き!

(博士のコメント)↑坂田さん、
あれから2人生まれました。
あの小池栄子さんの授乳で育った長男も
もう10歳です!
----------------------------

9月4日  水曜日

Nマネを起こして、
朝からホテルのバイキングをもりもり。
讃岐うどんがメイン。

部屋でストレッチ丹念に。

東急インをチェックアウト。
大雨。

伊賀大介さんが大推薦されていた
丸亀で開催している『大竹伸朗展』に、
朝から出かけるつもりだったが断念。
無念。
「まずは、このあと生出演する大阪へ」
との判断。
高松駅で珈琲を飲んで、
マリンライナーで岡山へ。

瀬戸大橋を渡る。

自分が芸名・水道橋になってから
瀬戸大橋が大好きになった。

香川県を背後へ見送りながら、
昨日、田尾先生と話をした、
「香川は何故、空海生誕の地を押さないのだろう?」
と思いながら。
空海なのに。毎回思う。
司馬遼太郎の『空海の風景』を
幼少期に読んだ頃には
何もわからなかったが、
1年前、作家の伊東雅司さんに
高野山に連れて行ってもらって、
改めて空海の風景が見えた。

今は大雨だが……。

岡山駅着乗り換え、
「サワラ食べたい?」とNマネに聞いた。

東京では食べられない、新鮮な生のサワラは、
Nマネもすっかり、お気に入り。
「一貫だけでも食べよう!」と、
何時ものエキナカの吾妻寿司へ向かう。

その間、駅で売られている、
岡山名産の贈答用の桃を発見。

「やられたら、やりかえす!桃返しだ!」
と高田先生へお送りするのを思いつく。

しかし手元に住所録がないため、
各方面に電話。
その場の思い付きの行動で時間を食ってしまう。
時間経過、
改めて寿司屋へ向かったところ、
偶然にも昨日、
さんざん「アノ・ミステリー」の話をしていた、
あの阿野くんが通りかかる。

「ええええええ〜〜〜!!」
偶然にも程があるだろうと。
3人で寿司屋のカウンターへ。
もはや、我々は、
西寺郷太くんの「あの小説の中に集まろう」
としているとしか言い様がない。


西寺郷太くん宛にツイート。

Twitter
アノ、阿野君にまた偶然、会いました。
もはや郷太くんのシナリオとしか思えません。
しかも前日は北村アナと一緒で、
さんざん、アノ・ミステリーを語っていたところです。
----------------------------
TwitterRT @Gota_NonaReeves(西寺郷太くん)
博士さんと阿野君と一緒に
香川にナルショー捜索に行きたいですー!
小説ですが、この半年どんどん現実が進行して
リアル・ドキュメンタリー感出てきましたね。

(博士のコメント)↑いっそ『水道橋博士のメルマ旬報』
フェスの以外にもLIVEで話そうかと
阿野くんと相談していました。
----------------------------
TwitterRT @Gota_NonaReeves(西寺郷太くん)
阿野君と博士さんの邂逅のミラクル度は凄いですね。
「噂のメロディ・メイカー」は
一番楽しみなおやつ(ナルショー氏直撃)は最後にと、
外堀から埋めつつ書いているので、
自分でもクライマックスに向けて興奮してます。
そして、元エピック沼田さんの証言は歴史的資料だと思います。

----------------------------

土屋敏男さんから、
『水道橋博士のメルマ旬報』の2回目の原稿が届く……。
「何も催促されていないが……」と。

『水道橋博士のメルマ旬報』
は、締め切り日の告知だけはあるはずだが……。
でも催促はない。
書きたいことがなければ休載。
ある人は字数制限なし。
短くても長くてもイイ。
書いても書かなくても。
ギャラも一緒。

TwitterRT @TakeuchiRadio(竹内義和さん)
メルマ旬報連載中の「ゆゆも」第八回目を執筆しています。
有言実行。この作品をアニメ化します!ていうかしたいです。
どなたか、協力のほどを!しかし、書きながら思うのですが、
「ゆゆも」はアニメ化至難の内容です。
だからこそアニメになったら面白いと思うのです。
応援してください!

----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
「みっつ数えろ」次号(9月10日)配信ぶん、
プロレスネタ沢山入りました。
みやびのお母さんが
いま現在の新日本プロレスヒールユニットの話を
してるところ、好きです。

----------------------------

大阪入りへ、山陽新幹線に乗車。
大雨。
同じ時間、
東海道新幹線は止まっているようだ。

ボクは西からだったので
無事、大阪ABCに到着。

しかし、帰京できるのか?
とNマネも心配顔。

楽屋でスポーツ紙の
「阪神、白仁田の初勝利」
の一面記事を読みながら、Nマネ(28歳)に、
「ハクジンデンって読むの?」と聞いたら、
「……シラニタに決まってるでしょ」と。

「昔、太平洋で、白仁天(ハクジンテン)って、
規定打席丁度で首位打者になった選手がいるんだよ」
「ホントですか?」
と 世代間格差の話題になる。
楽屋でそのまま、
「昔、南海に王天井(オウテンジョウ)って、
外国人選手もいたんだよ」とオレ。
「ホントですか?」
「王選手より上を行きたいから、オウテンジョウを、
王天井にしたの」

などと、28歳には難解な話に……。

ABC『キャスト』生放送前、
『水道橋博士のメルマ旬報』執筆者の
柳田光司くんが楽屋へ。

何時もと違って、
俺の目を避けて喋るので不思議だったが、
オレのハゲ頭になれなくて
他人と喋るようだった、とのこと。
なるほど。

『キャスト』出番前、
今日も平気で加トちゃんヘアで出るつもりだったが、
ABCの山口さんが渋い顔、
楽屋から、スタジオへ向かうと、
本番前の各地の異常気象にフロア全体が、
緊急体制。

この何時もと違う様子に、
気付かれないように、ソッと帽子を被る。

ここで平気の平左で本番でも、
禿頭を晒しながら、
「いやー、今日の嵐で髪が吹き飛びました!」
なんて言うようなタマではない。
ただの無神経だ。

16時50分、ABC『キャスト』生放送。
MC:伊藤史隆、塚本麻理衣、
出演:森永卓郎、ご一緒。
・台風 大雨警戒 各地の様子 、
・安倍総理IOC 現地でもロビー活動活発に
・天理大 柔道部暴行発覚、
・動物愛護法改正 ペットはどうなる?
・ごみ収集車の曲「赤とんぼ」なのはなんでやねん!?
などにコメント


森永さんは、航空便で大阪入りするのだが、
今日は中部地方上空で旋回していたらしい。
「さすがの私も燃料切れで落ちると思いました」と。

帰りを航空便に変えたので、
聞いていてゾッとする。

その他の余談も、
墜落恐怖から逃れるための行動も、
メンタルトレーニングの話、
睡眠時間の話やワークホリックの話も。
毎回、森永さん面白すぎる。

東京戻りは、
新幹線をやめてJAL便移動に変更。

読書の時間がなくなるのが惜しいし、
森永卓郎さんの話を聞いて、
飛行機が怖くなっていたが……

機内で、いつの間にか、
栗原裕一郎×豊崎由美
『石原慎太郎を読んでみた』(原書房)
に没頭していた。
この本は、是非、荒井カオルさんにも
読んで欲しいと思いつつ。

21時半、無事、羽田着。
帰宅後、
高田先生からのFAXで吃驚。

なんと、俺が以前に送ったFAXは、
高田先生の前の住所、
しかもご子息宅へ送られていたのだ。

今日の、桃の送付を考えれば、
すれ違い、行き違いが、また繰り返されている。

しくじるから、詫びているのに、さらにしくじる(笑)

人の世界はこの連続なのだろう。

急いで連絡をつける。

明日発売の『週刊文春』早売りを購入。
「週刊藝人春秋」の刷り上がり確認。

今回、江口寿史先生の挿絵がやはり凄い。
藤圭子の眼差しを捉えている。
女を描くと、天下一品だ。


夏休み中だった、
NHKラジオ第一『すっぴん!』が
明日から復活!

しかし、今の状態、
いろんなスケジュールをこなすのは、
無理ではないかと、
もろもろと連絡をとる。

体を運べば完了する芸人ではなく、
もろもろと予習芸人としては不備が出るなぁ。
性格的にはその不備が悔やまれるからなぁ。

9月5日  木曜日

6時起床。

約一ヶ月ぶりにNHKへ。

TwitterRT @nhk_suppin(すっぴん!)
今日は8:00〜4時間の放送です。
パーソナリティーは、浅草キッドの水道橋博士さん。
おたよりテーマは
「栄誉をたたえたい、人・モノ・コト」です。

----------------------------

8時、NHKラジオ第一『すっぴん!』生放送。
アンカー:藤井彩子さん、ご一緒。
一曲目のリクエスト、
殿がご自身の作詞で、
長嶋茂雄を歌っている、
『いじけいじけて』をリクエスト。


元々、アルバムの中の曲、
しかも、
「♪おい 今日も又 長嶋の話をしよう……」
の歌詞は、
最後にしか出てこないのだ。
かつ、アルバムの歌詞カードは、
誤植しているため、
なかなか発掘できなかった。
朝からマニアック過ぎたと反省(笑)

今日のゲストは、浅野忠信さん。
日本映画専門チャンネル『北野武劇場』で、
お会いしたばかり。
短期間に、もう再会することに。


スタジオに、
ご自身が描いた画集を持ってきてくださる。

浅野さん、
バンドもかけもちしながら、
絵も楽器も得意なのだ。

日本映画を飛び出し、ハリウッドでも活躍。

まさにアーティスト家系で、
お名前は、お父さんが好きだった、
横尾忠則さんにちなんでいるとのこと。

TwitterRT @asano_tadanobu (浅野忠信さん)
水道橋博士先輩のラジオに出させていただきました!


(博士のコメント)↑ありがとうございました!絵も音楽も。
横尾忠則からのお名前だったのですね。
----------------------------

生放送終了後、
車内打ち合わせ。
バッドニュースを聞かされ、
「本気かよ!」と驚く。
世の中は不可解すぎる。
人間不信。

自宅で30分仮眠。

『水道橋博士のメルマ旬報』の
連載原稿がつぎつぎと届く。

嬉しいけど、自分を顧みて焦る。
俺が、まだ書いていない。

TwitterRT @TSUTIYA_ON_LINE(土屋敏男さん)
水道橋博士のメルマ旬報第2回原稿。
結局前回半分以上寝ぼけて書いたものを
校正でグジグジ直してしまう。
でもとにかく一回最後まで何にせよ
書いているのはいい事だな。
それをいじれば良い、はだいぶ気が楽だ。
今やっている編集もとにかく最後まで行ってしまおうと
改めて思うが今日は寝る。

----------------------------
TwitterRT @sakaiw99(酒井若菜さん)
今回のメルマ旬報は向田邦子さんのこと
右手に向田さんの本
リモコン踏んだら向田邦子さんの特集
わわわ

----------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
朝から、水道橋博士メルマ旬報の原稿の校了作業。
明日の締め切りに合わせ、
わかりづらい箇所を大幅に補足していく。
悪いなぁと思いながらも手が止まらない。
プロの書き手さんや有名文化人に対抗するには
『熱』しかない。
次回の「はかせのスキマ」をお楽しみに!
これだけ言えばサボらないと言いきかせる

----------------------------
TwitterRT @Gota_NonaReeves(西寺郷太くん)
「水道橋博士のメルマ旬報」。
現在執筆中の「小説」、「噂のメロディ・メイカー」。
80年代エピック、ワム!
担当沼田さんの指示を受け
正確なニュアンスに書き直す作業、
続行中。
とてもやりがいがあり楽しい。
このパートはまさに
80年代ロック&ポップの歴史的資料だと思う。

----------------------------

16時、半蔵門の東宝東和へ。
『ワールズ・エンド』字幕付きの試写。
2回目。


しかし、先刻聞かされたバッドニュースをひきずり、
頭のなかにまるで内容が入ってこない。
「やられたらやりかえす!」
が木霊する。

移動、下北沢の『B&B』へ。


19時より、
「タモリ論・完全決着ライブ
〜樋口毅宏vs小嶋研一+中山涙+X」

ボクは、ゲストの「X」として、
サプライズで途中参加。

小嶋研一さんは初めて会ったが、
業界暴露本の編集者とのこと。

ボクのことや師匠、先輩のことも、
随分、酷いことを書いている。

しかし顔と名前を出して、
書いた本人が目の前に現れるのなら
ボクは何も問題ない。

昔の自分だったら、
即座に殴りかかっているが、
今は、むしろ「ほ〜そうですか」
ちゃんと現れてエライ!潔い。
という気分になる。

喫茶店で、出番ギリギリまで、
原カントくんと出演者での打ち合わせ。

樋口毅宏さんと中山涙さんが、
些細な段取りで揉めている。

しかも擦り合わせないまま、
そのまま本番に行こうとする。

挑発しあって、
プロレス的なアングルで対決する――
という認識のはずだが……
見切り発車では、
客前でミニコントなど出来るわけがない。

「中山さんって自分からR-1に出たりしてましたよね?」
と思わず口を挟む。

「あれは原稿を読むネタだったから出来たんですよ」
と中山さん。

何故だ?
不思議でしょうがない。

『高田笑学校』で、
お約束でありながら、
お約束に見えないもの、
アングル的な仕掛けを客席に作るのに
苦労したばかりなので、
凄く不可解なのだ。

お笑いの実践と理論がこれほど乖離しているとは……。
書くひとと、演るひとは、
全く別ものと実感する。

それもこれも仕事が違うからと言うだけで、
何も悪いわけではない。
おふたりとも優れた文章家だ。

だから、レスラーや芸人に扮すること無く、
客席も秀でた文章を書く、
「書き手」の話が聞きたいと思うのだが……。

いざ本番。
トークショーのお客さんは優しい。
基本は感覚が身内だからだ。
最初の前提条件で興味を持っているから、
聴いてくれる。
しかし予想通りのズンドコになる。

普通にトークショーでいいと判断して、
サプライズゲストのXとして、途中から登場。

主役の3人を差し置いて、
長々とひとりで喋ってしまう。

これも内心、悪いな、と思いつつ。


しかし、こんなひとり語りは、
テレビのバラエティではありえない。

テレビの発言権は常に空中戦だ。
制空権を巡って、
司会者が管制塔ながら、
芸人同士が常に牽制して争っている。

鈍感なフリをして前に出るもの。
聞き上手に徹するもの、
こぼれ球拾い専門のもの、
それぞれが役割を演じる。
そして笑いの強い奴が制する。

イベント終了後、
客席にいらっしゃった、
作家の白石一文ご夫妻と初対面。
樋口毅宏さんの師匠だ。
アル北郷の憧れの作家だ。


『水道橋博士のメルマ旬報』についてのご意見。
「あれ、毎回、読むの大変だね。
もっと目次にとんだり、
読んだ場所で栞がはさめたりすると良いのだけど……」と。
「先生、あれはEpub変換で読んでいただかないと
無理なんです」
「どうやるの?」と。
先生にiPhoneの「iBOOKS」に並べられた、
『水道橋博士のメルマ旬報』の表紙一覧をお見せする。
「なんでこれ先に言ってくれないの?
快適だよ!読める!読める!」
「このページの中ほどにある
ビデオ映像を見て頂ければ、
手順通りに簡単にePub(電子書籍に)変換できます」とご説明。

【YouTube】
超簡単にePub形式で読む方法/「水道橋博士のメルマ旬報」
http://www.youtube.com/watch?v=Y_9Nyqwsgqw


ボクだって、
もし『水道橋博士のメルマ旬報』をやらなかったら、
ePub(電子書籍)という文字を見ただけで、
「俺には関係ないわ!」となるから、
その心境はよくわかる。

だからこそ、
説明VTRをYouTubeにアップしているのだが……
「うーん、そこまでは行かないから」と。

確かに、いまだにこの壁は破れない。

改めて、その壁の認識を新たにする。
ここにメールマガジンで活字を読むための
壁がある。
物凄く勉強になった。


終了後、
レジの片隅でミニサイン会。
様々な人との出会い。
その全ては覚えきれないだろう。

タモさん、逸話を収集。

TwitterRT @devo801(小嶋研一さん)
『タモリ論』完全決着、終了しました。
独特のフラありまくりの愛されキャラ中山さん。
元上司ながら、
今や気鋭の作家さんであるところの樋口さん。
そして、 天下無双の水道橋博士さん。
そんな方々に混ざった無名のゲーセワ本編集者。
恥知らずな選択をしないよりも、
した人生のほうが面白いんだと思います

----------------------------
TwitterRT @KimuSuhan(新潮社・金寿煥さん)
B&Bでの「タモリ論」イベント。
いろんな意味で衝撃だった中山涙さんだが、
「樋口さんはずるい!他の人では書けないし、
書いたとしても刊行できない」は担当編集者的にも正解。
『さらば雑司ヶ谷』があったからこそ、
小説家だからこそできた、あの形の「タモリ論」。
それを受けて水道橋博士が、
記憶のズレが禍根を残す。
だからこそ自分は当事者に
直接何度も直当てして事実に寄せていく、
という話。その態度と小説家との対比。
さらに、その記憶のズレを何が何でも糾さなくてもいい、
それもまたよし!
というのも凄い。
「行動で韻を踏む」の意味が腹にストンと落ちた。

----------------------------
TwitterRT @tenmariya
下北沢B&Bから帰宅。
おしゃれすぎて20年前の下北しかしらなかったから
アウェー感しかなったけど、
お土産三つ持って行って正解だった。
こしぎちゃく目崎さん、学君、原カントくんを確認できたのは、
水道橋博士メルマ旬報ファンとしてはたまらなかった。

(博士のコメント)↑タモモリカップビールをありがとうございました。
いろいろな謎が解けました。
----------------------------
TwitterRT @Androidmokadach
樋口毅宏 VS 中山涙・小島研一・X
『タモリ論〜完全決着〜』
驚いた、驚いた
詳細不明のXは水道橋博士
登場から終わりまで引き込まれ、聴き惚れた
職業とはいえお見事。
足を向けて寝れないとおっしゃっていた師匠
白石一文先生にもお目にかかれ最高の夜☆
勝者は水道橋博士!

----------------------------



下北沢の居酒屋で打ち上げ。

樋口毅宏さん、中山涙さん、小嶋研一さん、
原カントくん、新潮社・金さん、松田Aさん、
文春・目崎さん、
鯨井くん、木村綾子、碇本くんと。

深夜25時まで、大いに喋る。

それぞれに。

主に「腰痛と言う名の樹海」論を
語っていたような。

本日、『週刊文春』が発売。
「週刊藝人春秋」(連載18 藤圭子)の反響、
ありがたくリツイート。

TwitterRT @manaview(碇本学くん)
毎週木曜パブロフの犬な『週刊藝人春秋』を。
急遽内容差し替えたのかな。
同世代の宇多田ヒカルの登場を
ほぼリアルタイムで見ていたけど
母親の藤圭子さん世代はさらに驚きだったんだな。


----------------------------
TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家)
時代と云う人生を生きる運命でもあったかのような
その壮絶さは、
何も濾過される事なく娘に受け継がれ、
ヒカリのある時代を作った。
ヒカリある所には影もあった。
影があるからより明るくも見えるのか。
週刊藝人春秋は藤圭子さん。
江口寿史先生の描く女性は神の域。

----------------------------
TwitterRT @walk0213
週刊藝人春秋拝読!母の人生をなぞる娘。
「漫画を読み耽る」光景にドキっとしました。
石坂さんの晩年は江口画伯のイラストにより更に複雑な想いに。
私、博士と同級ですが、
子どもの頃はこんなに綺麗な方だと判りませんでした。

----------------------------
TwitterRT @acperience313
週刊藝人春秋・藤圭子。いつもの藝人さん話かと思い、
ページをペラペラめくっていたら、このタイトルに驚いた。
今回は「藝人春秋」ではなく、
博士の語る「きずな」という本に対する「本業」だった気がする。

----------------------------
TwitterRT @mochitarou75
『週間藝人春秋』藤圭子さんのお話だけど、
駄洒落を重ねる変化球ではなく、
豪速球な内容はズシリと響きますね。

----------------------------
TwitterRT @Dusty_Dirty
今週の週刊藝人春秋は震えた。
藤圭子と石坂まさをの関係、
そして博士お得意の『星座』のレトリック。
これ単行本化するんなら10冊、買って友達に配る。

----------------------------
TwitterRT @TOKEIWOTOMETE
水道橋博士の芸人春秋にて藤圭子さん。
夢は夜ひらくに聞き入った博士自身の引きこもり期から、
石坂まさをの著作から見た藤母子。
盲目の母から娘を預り
大歌手に育てあげた男の終末に触れた締めが静かな感動。

----------------------------
TwitterRT @robot_tetsu
水道橋博士の芸人春秋にて藤圭子さん。
夢は夜ひらくに聞き入った博士自身の引きこもり期から、
石坂まさをの著作から見た藤母子。
盲目の母から娘を預り大歌手に育てあげた男の
終末に触れた締めが静かな感動。

----------------------------
TwitterRT @kazuogu0519
週刊藝人春秋。藤圭子の回。
まったく触れる機会のなかった人。
ヒカルの母で夜ヒラク人位の認識。
ただ、読むに連れ、漠然と宇多田ヒカルから感じていた
儚なさ(若くは危うさ)の根っ子に触れた気がする。
活動休止する際、語った『人間活動に専念するため』
の言葉も今は重い。

----------------------------
TwitterRT @bunbun0919
週刊藝人春秋は、亡くなった藤圭子さん。
石坂まさをさんの著書、彼との因縁を描いており、引き込まれる。
ただ、「石坂まさを」と「石坂」の両記述は意図があるのかな。
「を」が助詞と混同されやすいこともあり、
初出をフルネームで書けば、あとは名字で良い気も…。

(博士のコメント)↑なるほど。ちょっと気になっていた。
----------------------------
TwitterRT @Matswitter3624
週刊文春週刊藝人春秋読了。
藤圭子と宇多田ヒカルと、ある男について。
水道橋博士は名人の域。
江口寿史のイラストレーションもすばらしい。

----------------------------
TwitterRT @sujimben
週刊藝人春秋。藤圭子さんの回。
今まで宇多田ヒカルの母親としか認知していなかったが、
歌手として大成功を収めていた過去があったとは!
彼女についてもっと知りたくなったので
「私は現在を歌う〜藤圭子6月の風景〜」を見る。
武田さんの意地悪な質問に
東北訛りで上手くスリ抜ける様子が可愛らしい。

----------------------------
TwitterRT @kisihun
藤圭子の逝去を機にDVD「田原総一朗の遺言」
30数年前にインタビューした
藤圭子のドキュメンタリーを観る。
石坂まさをが電話出演し、
藤圭子と宇多田ヒカルの運命の符合を語る。
そして今週の「週刊藝人春秋」
様々なメディアで語られる藤圭子像を一蹴する、
正確無比なドラマと真実を描いている。

----------------------------
TwitterRT @kisihun
DVD「田原総一朗の遺言」やっとTSUTAYAレンタルで。
「藤圭子」原一男夫人・武田美由紀さんがインタビュアー、
危険な突破力、いや図々しさに舌を巻く。
石坂まさをの証言による、母親の売り込みから大ブレイク、
結婚、離婚、休業に至る、母娘の道のりの一致に唖然とする。

----------------------------
TwitterRT @kaymiyazaki
「週刊藝人春秋」拝読、
藤圭子を「生粋の藝人」と書いておられましたが、
俺もそう思っておりました。今回、読後に鳥肌立ちました。
藤圭子の物語はまるで因果ものの講談のようです。
頭の中に彼女のざらりとした歌声が響きます。

----------------------------
TwitterRT @katukoji
いま発売の文春、水道橋博士の「週刊藝人春秋」は藤圭子。
見開き1ページに凝縮された名文に心震える。もう一回読み返そ。

----------------------------
TwitterRT @nasushalom
週刊藝人春秋(藤圭子)は笑いなしのガチだと感じましたが、
読んで損した感じは全くありません。こういうのも悪くないですね。

----------------------------

(博士のコメント)↑『きずな』が復刊されることが決定しました。

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る