『藝人春秋』特設サイト


11月11日  月曜日

7時起床。

昨晩は、
「こんなにハイボール飲む人と思いませんでした」
とブラマヨ吉田くんに言われるほど、
ハイピッチで飲んだが、
予想よりは穏やかな二日酔い。

TwitterRT @dnjbig(ダイノジ大谷くん)
いただいた水道橋博士さんと園子温さんのライブ、
面白すぎ!

TwitterRT @dnjbig(ダイノジ大谷くん)
最高だった!水道橋博士さんと園子温さんのライブ。
すげードキュメントを観た、というより、
今はこれしか用がない。
こういうのが見たかったし、こういうのがやりたい。
ざわざわしてきた!
来年の単独ライブはこれ越えを目指すぞ!

(博士のコメント)↑良かった、「見たくない」と言っていたが、
見てくれたか!
----------------------------

ダイノジ大谷くん、ブラマヨ吉田くんという、
面倒な個性トークライブ2連戦をこなしたご褒美に、
カミさんと映画へ行く。

期間限定の映画
「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」へ。

あの87年に集まろう!
集まるに決まっている。
めずらしく、11時台、板橋のイオンへ。
結構な人出だった。


一昨日まで離婚寸前だったカミさんとふたりで、
久々にイオンシネマ板橋
(旧・ワーナーマイカルシネマズ板橋)へ。
「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」鑑賞。


最高!!!!!!!!!!!!!
行って良かった!!!!!!!!!

『BEATCHILD1987』一番前のかぶりつきで。
1987年の岡村靖幸……
1987年の尾崎豊……
1987年の佐野元春……
1987年へタイムスリップ。

時の流れに身をまかせ豪雨のロックフェスの中、
2時間、号泣&大笑いものです。

最高のDATE!!!!!!!
映画体験超えてる。

この映画は劇場で見逃すと
「まずい」奴だと思っていたので、
その良い意味でも悪い意味でも
当たりぶりに痺れる。

劇場でライター・八木賢太郎夫妻も一緒だった。

帰途、カミさんが、
第一回のフジロックとヒロトの想い出を語りながら。

『BEATCHILD1987』、
(本人は否定しているのが……)
ダイヤモンド☆ユカイさんと
俺は顔面相似形の部分があるので、
往時のレッドウォリアーズすら、
まるで俺が歌っているように見えて、
カミさんと大爆笑してしまった。
無論、超カッコイイんだけど……。

例えば、
この映像に記録されている
尾崎豊も素晴らしすぎるのだが、
劇団ひとりがコントとして演じていると思ってみたら、
そういう風にしか見えなくなる。


TwitterRT @yagi_ken(八木賢太郎くん)
映画『ビートチャイルド』、ようやく観た。
個人的には第一回のフジロックの辛さを
思い出して寒くなったけど、
その両方で異様にはしゃいでるヒロトさんは
恐ろしいロック人間だなと。
そんなヒロトさんの同級生な方と
偶然一緒の回で観れたというのも貴重な体験でした。
----------------------------
TwitterRT @yagi_ken(八木賢太郎くん)
しかし『ビートチャイルド』、
映像そのものは最高に最高だったけど、
センスのない編集だけはどうにかしてほしかった。
曲の切り方がおかしいし、最後の曲はいらねえし。
若い世代のために、
もっと説明クレジットも入れればいいのにと。
辻仁成が佐野元春のサポートしてるとかも説明なしだったし。

(博士のコメント)↑まぁまぁ、良い所を見てればいいんじゃない。
----------------------------
TwitterRT @KoShiangri_La:
最後の親父の言い訳もいらないし、あのナレーションも…。
白井貴子の背中が戦士って!でも素材は最高でした(^◇^;)
----------------------------
TwitterRT @yagi_ken(八木賢太郎くん)
全体的にダサかったですよねぇ。
本番の音を先にBGMとして流すのも意味不明だし。
いい映像なのに、もったいない。
----------------------------
TwitterRT @randy3622
序盤にスタッフとして働いている
六平直政さんには気付きましたか?

(博士のコメント)↑確かにそられしき人!
----------------------------

15時、カミさん運転で帰宅。
すぐにガン太運転で東京駅へ。

のぞみ新幹線移動で、京都へ。
車内で、柳田くんのUstream番組、
『さんまヒストリー』
執筆中のエムカクさんがゲスト。
音源が中途半端なところで切れている。
完全版が欲しい。


『BRUTUS』連載原稿。
タモリカップの話を校正。

京都到着後、ホテルへ移動。
木屋町『めなみ』へ。

TBSのスタッフと食事。
いわゆる京料理の「おばんざい」
(NOT京都人なので使うね)のお店、
薄味で上品。
ボクは大変口に合うなぁ。
美味しかった。

とにかく寝なくては。

明日は、『別冊アサ(秘)ジャーナル』。
明後日は、ABC『キャスト』と
2泊3日旅が始まる。


11月12日  火曜日

5時半、京都のホテル、起床。
寒いが原稿仕事を進める。

ホテルでメーク。

『別冊アサ(秘)ジャーナル』
金のたまごナビ。
「京都伝統工芸大学校篇」

南丹市園部町(なんたんしそのべちょう)へ。
『伝統工芸職人』
の金のたまごを育てる日本で唯一の学校。

このところ、ギャンブルの学校が続き、
今までが早すぎた。
久々にゆっくりのロケ9時スタート。

入口の大階段を登りきり、
案内役・工藤良健、副校長と面会。

京都伝統工芸大学校副校長であり、
陶芸専攻の教授。
京都府出身でサラリーマン経験後、
20歳にして陶芸の道へ。
京都市内で『京焼』を学び、
園部町にて独立、
自身の工房「琉璃(るり)窯」を開き
創作活動を行っている。

学校開校以来、
20年あまり陶芸を学生に指導している。

この学校、敷地も広大で、
東京ドーム24個分を誇る。

○改めて、京都伝統工芸大学校とは?

『伝統工芸』の技術を未来の担い手へ
広く継承するため、
一流の伝統工芸職人が直接、
学生に専門知識・技術の育成・教育を行う学校。

1995年に2年制の専門学校
『京都伝統工芸専門校』として開校。

2007年に高度専門課程
『専攻科(4年制)』を新設、
大卒相等の資格「学士」号取得も可能になるとともに
校名を『京都伝統工芸大学校』に改称した。

現在生徒数は348名。
専攻分野は全9専攻。

(陶芸・木彫刻・仏像彫刻・木工芸・
漆工芸・金属工芸・竹工芸・石彫刻・和紙工芸)
各専攻分野の教授・講師陣は
各工芸会の一流の工芸士たちが
"門外不出""一子相伝"的に
継承されてきた匠の技を
初心者である学生たちに一から指導している。

ちなみにそもそも『伝統工芸』とは、
長年受け継がれた技術や
技が用いられた美術や工芸を示し、
『熟練した技が必要』
『手工業である』
『日常生活で使用される』
『代々長い歴史がある』
の4つの特徴がある。
伝統工芸の『匠の技』というのは通常
職人から弟子に受け継がれるイメージだったが、
この学校は全然違う。

ライフスタイルの西洋化に伴い、
伝統工芸品の売上は減少。

職人たちの経済力も低下した事で
低賃金で弟子入りする
若者も減少してしまい、
徒弟制度は存続が危ぶまれている。
そういう状況を改善するために
この学校が誕生した。

一流の職人から技術を学べる学校は
日本でこの学校だけ。

ちなみに女子学生は
現在は196名全校生徒の
およそ56%が女子学生。
職人を目指す女子学生は意外と多い。

昔は完全な男の世界だったが
今はもう女性がどんどん進出し、
女子学生の活躍の方が、男子より目立つように。

〜などの説明を受けた後、実習へ。


作務衣姿に着替え。

作務衣姿の俺は、もはや永六輔に過ぎない。


【京都伝統工芸大学校のカリキュラム】

全カリキュラムのうち、専門実習が50%。
創作活動に必要なデザイン実習
などを入れると80%が実習。

とにかく、やらせてみる。
さらに平日は朝8時から夜8時まで
休日や長期休暇中も朝9時から夜5時まで、
実習室を開放し
やる気がある者はいくらでも技術を高められる
環境が整っている。

最初は『仏像彫刻』の授業へ。

個人的に「仏師」への関心は、
子供の頃『火の鳥』の「鳳凰編」を読んでからずっとある。
いとう&みうらの「見仏記」以来、
仏像を見ることも好きだ。

十数年前、プライベートで京都の
仏師を訪ねたこともある。
大変、興味深い。

江口さんのお母さんも、
鎌倉彫りが趣味であるとのこと。

教授・仏師は、須藤光照さん。
今年、厚生労働省より「現代の名工」にも認定された
仏像彫刻界の名匠。(仏師が受賞するのは2人目)

その作品は築地・本願寺をはじめ、
埼玉県の善行寺、
秋田県の鳥海寺など、
全国各地のお寺に奉納されており、
さらに京都マンガミュージアムの
『火の鳥オブジェ』なども作っている。
クラスを一つの工房と考え、学生も職人として厳しく指導。

○仏像の種類

『如来』 数ある仏の中で悟りの境地に達した最高位にある。
釈迦如来、阿弥陀如来、大日如来など。
『菩薩』  悟りを求め修行に専念している者、
いわば如来の候補生。
観音菩薩、弥勒菩薩など。
『明王』 人々の前に怒りの形相で現れ
威嚇し屈服させ救済する仏。
不動明王、愛染明王

『天部』  仏教を信仰する人々を、信仰を妨げる外敵から守る
仏法のボディーガード。帝釈天・毘沙門天
『祖師』  各宗派の祖師や仏道に身を投じた実在の僧侶など。
弘法大師、聖徳太子、羅漢

この授業では、一年に一度学生たちと、
共同制作で仏像を作っている。    

2007年に作った『十一面観音像(菩薩)』、
2010年に作った『弁財天(天部)』。



仏像彫刻の共同制作は、
年に一度仏像彫刻の生徒で共同制作を行う。

一昨年は清水寺からの依頼で
陸前高田松原の被災松を使用し
大日如来像を制作・清水寺に奉納され、
大きなニュースとなった。

今年作っている『細川ガラシャ像』、
京都府宮津市からの依頼、
まだ、完成は先だが、
クラスの中央にデンと置かれている。


仏像に関して、
それぞれの宗派で"本尊"が違う。

特に浄土真宗本願寺派は
本尊は同じ阿弥陀如来でも
西本願寺と東本願寺で、
袈裟の着方や台座の形などが違う。

仏教の各宗派の本尊の違いを知れば、
自分が無意識にも信心してきた、像が浮かぶ。
我が家に「大日如来像」が多いのがよくわかる。

『真言宗』大日如来像
『天台宗』阿弥陀如来像
『浄土宗』阿弥陀如来像
『浄土真宗本願寺派』阿弥陀如来像
『浄土真宗大谷派』阿弥陀如来像
『禅宗』釈迦如来像

○仏像彫刻専攻のカリキュラム

1年次は平面の板に、
簡単な模様を彫る地紋彫りから始め、
続いて立体を彫る練習へ。

学生たちはまず安い松を使う。
自分の手をまず彫刻。
基礎技術の仕上げには仏頭に挑戦。
2年次からは自分が選んだ仏像を彫る。

何人かの生徒の作品を見せて頂くが、
これが2年で出来るようになるのかと、驚嘆。
学生の一人であるブータンからの留学生、
ワンチュクさんの作品。
仏像に国柄が出るのだ!

「せっかくだから最後に、
 『細川ガラシャ像』に、
 一ノミ入れて行きますか?」
と言われて、おそるおそるノミを入れる。


赤江くん(玉袋)は、
ガラシャは「明智たまこ」だから、
タマにタマがノミを入れる、
ことになる。

木工芸の教室へ。

内藤政一教授が指導。
木工芸家の父より師事を受け、
家具製作や工芸品の技術を習得。
現在9名しかいない
京指物伝統工芸士に認定されている一人。

小林達也講師
・京都伝統工芸大学校10期生。
卒業後、木工家具の名産
・高山家具の製造会社で勤務。
現在は京都市内で「小林作右衛門木工舎」として独立。

伝統工芸における木工芸品は、
『江戸指物』や『京指物』、『箱根寄木細工』や
『紀州桐箪笥』などがお馴染み。

以前、NHK Eテレ『知っトク地図帳』で、
『箱根寄木細工』は現地で、
念入りに取材したことがあるが、
アレは完全徒弟制度だったなぁ。

○木工芸専攻の特色

木工芸の中でも『京指物』を学んでいる。
京指物の特徴は金釘を一切使わず、
木材に凸凹を作り、
板と板を組み合わせて
結合する技術を使用して制作し、
シンプルで洗練されたデザインである事。

京指物は茶道文化の確立と共に
茶道具として発達。
雅や侘の世界の用具として
公家や貴族に愛用されてきた。

1年次に組み手の基礎を学び、
筆箱、引き出しを制作、
2年次は自由に作品を制作する。
工房には、道具としての鉋が多数置かれてある。


○特色ある鉋

・豆鉋  丸みを帯びた曲線を削りだすための小さな鉋。
・決り鉋 木材に溝を掘るための鉋。
・台直鉋 鉋の鉋台を直すための鉋。

まずは学生の田淵知足君が鉋がけの見本を見せ、
その後、我々も挑戦。
鉋がけの薄さを競い合う。

10ミクロンという数値の勝負。
競技としても面白い。
しかし、当然、老眼の俺には目に見えない。

田淵君制作途中の卒業制作や、
女子学生・宗像優紀さんの作品を見せてもらう。

陶芸教室へ。
学生一人一人に
専用のろくろとオーダーメイドの作業台が与えられ、
全部で200台ほど設備している。

電動ろくろはプロ仕様のモノ。

陶芸専攻の特色
胸芸の中でも『京焼』を学んでいる。
京都ならではの洗練された優美な茶具に代表される、
陶器に上絵付を行う色絵陶器が特徴的。

茶道と共に発展し
他の陶芸より生活用品ではなく、
嗜好品の要素が強い。

学生は1年次に「ろくろ」と「絵付け」という
本来は分業で行われている作業を1週間交代で学ぶ。 
2年次から自由に創作を行っている。

見慣れない道具。
"トンボ"や"ダンゴ"といい、
ろくろを回して整形するときに使用する道具。
"トンボ"は器の直径や深さを測るための道具。
"ダンゴ"は器の曲線を描く際に使用する。

こうした道具はすべて学生たちが
それぞれ作る作品の寸法に合わせて手作りする。
学生は、入学後、まずは土もみから。
我々も、実際に土もみに挑戦するが、
固いし、重いのを痛感。
学生の谷上ひかるさんにお手本を見せてもらう。
学生たちには入学してからの3週間、
朝から晩までずっと土もみ、
今や、軽やかに扱う。

学生の作品を見せてもらう。

食堂へ。
一緒に食事を取る学生4名

★トゥクテン・ワンチュクくん(22)
・ブータン共和国出身、仏像彫刻専攻。
・休日は京都市内のお寺に仏像を見にいったりしている。
・将来は日本の仏像彫刻の技術をブータンで広めたい。
・日本の映画やドラマを良く見る。

★田淵知足くん(20)
・兵庫県出身、木工芸専攻。
・小さい頃からモノ作りが大好きだった。
 趣味はスピーカー制作、中学生の頃から行っている。
・モノ作りの影響は父親から。父は神主。
 父は趣味で管楽器の修理や針金アートを制作している。

★宗像優紀くん(20)
・千葉県出身、木工芸専攻。
・幼少の頃参加した棚作り体験がキッカケでモノ作りに憧れ
・校外では木工芸技術を活かしボランティアを行っている。
 将来は子どもたちに木工芸を教える仕事につきたい。

★谷上ひかるくん(20)
・和歌山県出身、陶芸専攻
・オープンキャンパスに参加して陶芸を学ぶことを決意
・休日は趣味で切り絵に挑戦している


食事後、
ロケバスに乗って施設見学。

図書館横に建築模型が展示されている。
姉妹校になる建築大学校の生徒の作品。

これが素晴らしすぎる。
木工を活かした、建築デザインで、
まるで映画のセット、ミニチュアのよう。





いつまでも見ていられる。
相当、自分が好きな空間だ。

実際に建築の学生がデザインした家具を
木工芸の学生が形にするなど
コラボレーション作品もある。


○姉妹校・建築大学校

京都伝統工芸大学校を運営する
『学校法人二本松学院』が、
同じ敷地内で運営する姉妹校『建築大学校』。

在学中に2級建築士の資格が取得できる
日本で唯一の学校。
姉妹校同士でのコラボレーション作品の制作も行っている。
建築模型を見たところで図書館内へ。

図書館にはおよそ3万冊の書籍があって
制作の参考になる資料がたくさんある。
普段はなかなか見ることが出来ない
文化財の詳細な写真が記載されている。

図書館の閲覧室からの紅葉の借景もマジにうっとりする。
たぶん、俺は此処に住めると思う。

茶室へ。
学生たちは選択授業で『茶道』がある。
『華道』『書道』『茶道』の中から選択させる。

いずれも道具が工芸の世界と結びつきが強いモノで
『道具を作る側』が『道具を使う側』の心を知るため。
中でも『茶道』は伝統工芸と結びつきが強い。

○伝統工芸と茶道

千利休が広めた茶道が発展すると共に
伝統工芸も発展。
特に「京焼」など京都の伝統工芸は
茶道の発展と共に成長。
利休は外来の道具(唐物)を良しとする
茶道界の風潮の中で
「侘びさび」の思想を取り入れた
道具を日本で作らせた。
それにより京都の伝統工芸が発展した。

○にじり口

二尺二寸(約66センチ)四方位の入り口。
武士も商人も誰も身分の差なく、
頭を下げなければ入れない。
茶室に入れば平等であるという意味も込められている。
武士も大切な刀をとらなければにじり口はくぐれず、
にじり口の上には
刀掛という刀を預けておく掛け具がある。
亭主と向かい合って、
畳の縁から目を数えて、
16個目に膝がくるように座わる。
茶道の道具のほとんどは、
畳の目によって配置される場所が決まっている。

○正座と茶道

茶道も当初はあぐらのままであり、
千利休の肖像画もあぐらのまま。
茶室でのもてなしが主流になると、
狭い茶室であぐらはスペースをとり、
何人も座れず正座の座法が採用され
広まっていった。
正座は一気に立ち上がれず、
攻撃する心が無く無抵抗の意味を示す。

学生にお茶を立ててもらって一服頂く。

幼稚園の頃、
母親が花道と茶道の先生をつとめていて、
自宅の茶室で習っていたこと、
懐かしくも、走馬灯のように想い出す。

今、実家のリフォームで次々と値打ちのある茶器が、
発掘されるのは、この茶室があったからだ。
続いては竹工芸専攻の授業へ。

外へ出て、
校内の演習林へ行くと、
竹工芸専攻教授と学生が竹を取っている。

石田正一教授。
父から竹工芸の指導を受け、二代目竹美斎を襲名。
市内で竹工芸竹美斎を運営。
竹の選別から仕上げまで一貫して行う、
京都でも稀少な竹職人。
京の名工に選ばれている。
学校の演習林で、
この竹藪に生えている竹を取って材料する。

実際に、のこぎりで切り落とす。

まさに竹取物語!!
スタジオジブリもびっくりだ。

良い竹の基準は
竹工芸には『真竹』が適する。
さらに生えてきたばかりの若い竹でなく。
3年目ぐらいの竹を選ぶ。

○竹材の基準

竹工芸には『真竹』を使用。
竹は年を重ねるごとに硬く強靭な材質へと変化。
水分が抜けて柔軟性のある3年目の竹が重宝される。

有名なエジソンと日本の竹の話。
世界初の電球に使用したフィラメントは
京都府八幡市のもの。
エジソンはフィラメントに使用する素材を
世界中から探し求め採用。

竹工芸実習室に移動。

そもそも竹工芸にはどのようなモノがあるのか?
竹工芸品は、京都以外では
『大分の別府竹細工』
『奈良の高山竹茶筅』などが有名。
日本の竹製品は非常にレベルが高い。
竹は欧米にはない素材、
日本の竹工芸は東南アジアのモノより緻密で細やか。

ちなみにこの学校では竹を編んで作る『編組』と
そのまま竹を使用する『丸竹加工』両方を指導。

○竹工芸専攻

竹は弾力性が高い割に強度があり、
乾燥や湿気にも強い素材で、
昔から様々な製品に使用されてきた。
1年次に『編組(へんそ)』と
『丸竹加工』の2つの技法を学び、
2年次には自分にあった技法で制作する。
『編組』 
乾燥させた竹の油を抜き、表皮を削り、細割り、
幅と厚みを作品に合わせ、
編み上げてカゴ、バッグなど立体作品を制作。
『丸竹加工』 
竹そのものの素材や造形、肌合いを生かして制作する。
竹筒、花器、竹垣などを制作。

基礎の基礎、
『竹割り』をやってみる。   
学生に竹割りの見本を見せて頂き、
赤江くんが挑戦するが、先端恐怖症のボクには、
トラウマ映像になる。
特に「ヘギる」様子は、自殺行為にしか見えなく。
また「ヘギる」の語感にもハマる。
ヘギれないなぁ。


○金属工芸

続いては、金属工芸専攻の授業。
金属工芸実習室へ入ると、
学生達がカンカン作業している。



中村佳永教授。
京都で200年以上続く
金属工芸工房『竹影堂』代表。
曽祖父が有栖川宮殿下から受け賜った
『竹影堂榮真』を襲名。
最近は金で薬缶を着く作ることが多い。
価格は1000万円から。

海外客からの注文が多い。
手作りでモノを作ることにこだわりを持っている。
伝統工芸の金属工芸とは一体どういったモノが有名か。


京都が一番それ以外だと
『高岡銅器(富山)』
『東京銀器(東京)』などが有名。
金属工芸の素材は『五金』と呼ばれ、
『金・銀・銅・錫・鉄』の5種類が基本。

授業ではこれら五金を使って
『鍛金(たんきん)』
『鋳金(ちゅうきん)』
『彫金(ちょうきん)』
3つの技法を学ぶ。 

○金属工芸専攻

一年次に3つの技法を幅広く学び、
2年次は一つの技法を決めて制作。
『鍛金』 
金属を叩いて成形する技法。
金槌で打ち鍛えることで固く、軽く、腐食に強くなる。
仏教美術品からコップまで幅広く製作される。
『鋳金』 
溶かした金属を型に流し込み、
固まった素地を磨き上げる。
工程が別れ時間もかかるもっとも地道な技法。
茶釜、梵鐘、神鏡などが制作される。
『彫金』 
金属の板に彫刻刀の変わりとなる
"鏨(たがね)"と呼ばれる道具で模様や文字を彫る技法

・金属工芸の素材は『五金』が基本

『金』 
粘りがありもっとも延ばしやすく希少な素材。
富と権力の象徴である。
様々な製品に使用される。

『銀』
金に続いて伸ばしやすく、腐食にとても強い。
金同様に希少価値が高い。様々な製品に使用される。
ちなみにヒ素毒に付けると黒く変色するため、
大名の毒味には銀の箸が使用されていた。

『銅』
歴史上もっとも古い金属、様々な製品に使用される。
腐食に最も強いため、遺跡にて銅製品が発見されやすい。

『錫』 
銀に比べると青みがかかった色で柔らかく弱い。
主に食器に使用される。銅と混ぜると「青銅」という。

『鉄』 
柔らかく活性が強く非常にさびやすい金属。
単体では使用されず「ステンレス」「鋼」などにして使用。
ここにあるオブジェは、
実は1枚の板を叩いて作ったもの。
これは鍛金の中の『槌起(ついき)』という技術。
と言われて、小山田玲香さんが槌起を披露。
我々も槌起に挑戦するが……。

サークル訪問。
再び、木工芸実習室内へ。室内には田淵君ともうひとりのみ。
『削ったろうやない会』のメンバー


○鉋の削り方を研究するサークル「削ったろうやない会」

「削ろう会」という鉋削りの大会に向けて研究している。   
長さ150cmの木材を途中で切れることなく薄く削っていく。
現在の目標はコンスタントに10ミクロンを出すこと。

メンバーは3名。
木工芸2年・西禎恒くん、1年・福田享くん
マイクロメーターを使用してその薄さを計測。
ティッシュなどと比較しつつ質問。
しかし、面白い競技だ。

校門前の〆トーク。
18時ロケ終了。

京都伝統工芸大学篇。
異常に面白かった。

子供の頃、
手塚治虫の『火の鳥』鳳凰編で、
「仏師」の存在を知ってから、
プライベートでも仏師と出会っても、
自分には無理だと思っていた。

その技術が学校で2年である程度、
伝承できることがショックだった。
いつか自分でも仏像を掘ってみたい。

70歳を過ぎたら(仕事をリタイアしたら)
この学校へ入って、仏像を掘ってみたい、
俺をしてそこまで夢想させた。

ロケバス、京都駅まで移動。

帰京する皆と別れて、
新大阪へ向かう。

長いロケで体が冷えきっていた。
京都駅で麺処『あしかり』釜揚げうどん、
これ、当たりだった。

新大阪駅から、
ホテル『リーガロイヤル』へチェックイン。
久々だ。

疲れているから、すんなり眠るはずが……。
完全に睡眠バスに乗り遅れた。
バカか。寝ないのか。

「ハイボール」の飲み過ぎで、体が冷えきる。

夜中に熱い『セブンイレブン』のおでんを求めて
ホテルの外を徘徊。
アホか。

しかも、ルームキーの番号を忘れて締め出しに。
とんだ目に会っている。

25時、もう寝ろ!


11月13日  水曜日

大阪リーガロイヤルホテル起床。

部屋に散らかる雑誌の山を見て、
昨晩は何をやっていたのか?
コンビニでおでん意外も散財している。


朝、今日が誕生日のNマネを誘って、
『なだ万』で蕎麦粥朝食。

贅沢だと思うし縁起物だが、
……やはり美味いわ。


ホテルで、
明日のNHKラジオ第一『すっぴん!』の
ゲスト・萩原朔美さんの資料を読んでいたら、
そのまま時間も意識も、
詩人の血へ持っていかれる。

萩原朔美さんの自叙伝を探して、
『ジュンク堂』に発見。

昨日、聞いた、
伝統工芸の竹細工の竹を割っていく時に使っていた、
「へぎる」という言葉の語源を知りたい。
「端切る」から「へぎる」なのかしら?

TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
竹細工の方が使ってるのなら…
京都ことばの『へつる』(削る)
削り取るという意味じゃないんですか?
「はつる(斫る/削る)」の類似語。剥る、減らす。
あるものから少し削り取ること。
今でも、大皿から食べる分だけ「へつった」
(取り分けた)って使いますよ@s_hakase
----------------------------
TwitterRT @39tatsuo(サンキュータツオ)
ご質問いただいた「へぎる」ですが、
『大辞林』によると「剥ぐ・折ぐ」の(1)の意味で、
「表面を薄く削り取る。はぐ。」で出ていました。
おそらくはこの 「剥ぐ」+「切る」の複合語で
「へぐる」という語になったと考えられます。
杉や檜などの材木を薄くはいだ板を「へぎ板」と。
なので私の提案した「端切る」ではありませんでした。
語源辞典をひもとくと「へぎる」は山口地方、岡山地方と、
東北地方で使用される方言とあるので、
京都で聞いたということは、
山口・岡山がルーツにあるなにかだろうと思います。
長文失礼しました。Wi-Fiあって良かったっす。
----------------------------

大阪の地理が頭に入ってない。

普段は、運転手ガン太の方向音痴ぶりを
いつも叱責する時、
ナビ頼りで頭の中に地図がないからだ。
という癖に。

しかし、大阪は俺も変わらない。
名古屋は歩き倒したので、脳内地図がある。
大阪は頭のなかに地図が、まだない。

リーガロイヤルから地図を片手に、
堂島川を東へ。
北へ折れてジュンク堂書店まで。

巨大ながら、本の並びがイイ本屋だ!
ジュンク堂、文具売り場でNマネ誕プレと
お取り置きの萩原朔美の本を購入。

ここ数日、腰痛不安なし、すっかり歩ける!


ホテルから歩いてABCへ。
ABCラジオ武田和歌子『ぴたっと』へ、
本番ギリギリで飛び込み。

博士半生記年表の青版を進呈。

クレジットに彼女の名前入りなのだが、
この無駄で無意味な行為に、
モチベーションを与えてくれることへの
ボクからの謝意だが、
殊の外喜んでいただけてボクも嬉しい。


TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
ABCラジオ『武田和歌子のピタッと』の
『第5回 博士の半世紀年表』
…年表一コマも進まず(笑)
週刊藝人春秋の『みのもんた』補足トーク。
『サブカル界の演技派・ピエール瀧とリリーフランキー』
の前ふりの前ふり。
次回は11月27日(水)登板予定。
聴きごたえのある回でした。
----------------------------

ABCのビル内を移動。
16時50分、『キャスト』生放送。

キャスター:伊藤史隆アナ。
サブキャスター:塚本麻里絵アナ。
コメンテーター:森永卓郎、三輪記子、ご一緒。

・明石のホームセンタートイレ爆発
・フィリピン台風被害
・みずほ銀行、暴力団融資問題
・減反廃止で"攻めの農業"

【中継ウチきて!】焼き芋が自慢の家
【なんでやねん】消えゆく?「関東煮」
【特集】板宿の模型店 60年の歴史に幕


フィリピンの台風被害の模様、
言葉をなくす。
現地の記者が、ボクのファンとの事だったが、
沈鬱に語るのみ、何時か、笑って話せる日を。

TwitterRT @suzukikantaro (鈴木貫太郎さん)
「キャスト」で話させてもらった、
まにら新聞の鈴木です。
先ほどはありがとうございました。
博士の質問、うまく答えられず、すみませんでした。

(博士のコメント)↑こちらこそ。過酷な地の取材、心中察しします。
何時か楽しい話を!
----------------------------

帰途、新大阪駅でも、きつねうどん。
季節柄、美味すぎる。


大阪ジュンク堂で入手した、
萩原朔美
『劇的な人生こそ真実―私が逢った昭和の異才たち』(新潮社)。

新幹線車中、耽溺。
ボクへの間接的影響がここまであるとは……。
何度か、声をあげる。

間違いなく神棚行き!
何時か、子供にも読ませる。


東京駅の最終便、
タクシー乗り場に並ぶ、
うさぎ共が毎回、疲れきっている。


明日は、NHKラジオ第一『すっぴん!』、
瞬きしたら一週間経っている。

TwitterRT @dnjbig(ダイノジ大谷)
そして本日のオールナイトニッポン #netsu
では最初にこの間の水道橋博士さんとの
トークライブのお話なんかも。
要は自分なりの博士論であり、芸人論であり、
それはすなわち今のグランジと照らし合わせながら
答え合わせしていくって感じです。
まぁだから聞いて欲しいっていう

(博士のコメント)↑聴きました。
面白かった。
----------------------------

11月14日  木曜日

5時起床。
早い。寒い。眠い。
3拍子揃う。

思わず、近所のコンビニへ。

「おでんの具なしでください
 お金は払うから……」と。

7時過ぎ、
ガン太運転で、渋谷・NHK入り。

8時、NHKラジオ第一『すっぴん!』生放送。
アンカー:藤井彩子さん、ご一緒。

FAX募集、メールテーマは「迷ってます・・・」


リクエスト曲は、レキシの
「姫君Shake! feat. 齋藤摩羅衛門」

DJやついいちろうのコンピCD
『YATSUI FESTIVAL!』で知って以来、
この曲はお気に入りだ。

Newsまるかじりは、
NHK室山哲也解説委員から、
「地球温暖化とCOP19」について伺う。

が、『博士の異常な鼎談』時代から、
ボクにとってもテーマのひとつ。
控室から激論。
最後は「イイ質問だったよ!」
とグッドジョブマークの
親指を立てて帰られた。

フードコート
「うまさあふれるミートマジック」は、
料理研究家の小田真規子さんより、
電子レンジで作る「ホイコーロー」
を振る舞っていただく。

まさに、レンジで回す「回鍋肉」、
漢字にすると文字通りだった。
激美味。


9時台後半のボクのミニコーナー、
博士の愛した日常は、
「運転手のお話」だったが、
この日の気分しだいで、
昨日のホテルで迷子……の話から。


10時台のインタビューコーナー、
ゲストに映像作家・演出家の、
萩原朔美さんを迎えて。

詩人、萩原朔太郎の孫にあたり、
寺山修司主宰の「天井桟敷」の
立ち上げメンバーでもある萩原さん。

寺山さんとの濃密な秘蔵エピソードから、
生涯・表現者と語る萩原さんに、
一時間たっぷりインタビュー。

昨日、著書を読み、
ボクの芸人人生にも、
どれほど間接的影響が大きいか痛感した、
萩原朔美先生と一枚。
ご著書には、子供全員の名前宛でサインを頂いた。


12時、生放送終了後、反省会。

帰途、中野サンプラザへ。

「週刊アサヒ芸能」の長寿連載
「アサヒ芸能人」1000回記念で、
赤江くん(玉袋)と対談。

丸21年の連載で千回に到達。

しかし、これは座付き作家の
山本茂の功績なのだ。


帰宅後、
自作えのき氷、玉ねぎ氷ミックスカレー。

流石に疲れ果てたので、
しばし仮眠をとる

その後、久々に長男と卓球。
やや腕が落ちていた。

マッサージ。
風呂で、長男に地理クイズを出しあう。
社会科の話が出来るようになって楽しい。

『水道橋博士のメルマ旬報』の無料公開期間は、
今日で終わり。

ボクの基本的考えは、
今の最新号に課金するだけで
過去は無料でも良いという思考なので
定期的に無料にはなると思う。

ブラマヨ吉田くんともメール交換。

『水道橋博士のメルマ旬報』には、
これだけお笑い界の歴史ものの
本格的連載もあるので
業界人の誰もが興味深いと思う。

実際、多くの同業者が読んでいる。

「週刊藝人春秋」連載28 照英(4)が掲載された、
『週刊文春』が本日発売。



TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家さん)
週刊藝人春秋、照英さん4。
週刊藝人春秋で語られる方が
オーパーツなんじゃないかと思う程、
現在の文明や加工技術や知見では考えられない人ばかりだ。
ピラルクを釣り上げるミラクルは次週なのか。
以前、江口先生が武井壮さんばかり描く事ねぇよ!
とこぼしていたが遂に紙面にまで、来週どうなるのかな。
----------------------------
RT @manaview(碇本学くん)
毎週木曜日のパブロフな犬の
『週刊 藝人春秋』はいつまで続くんだ
照英さん四回目でアマゾンでピラルク釣り、
まだ続くらしい。
マタギとかも経験してそうな気がする照英さん。
----------------------------
RT @kaymiyazaki (宮崎くん)
今週の藝人春秋、芸界フィッシュ・オン拝読。
照英さんは4歳からヘラを始めた
筋金入りの釣り師だったんですね。
開高健、俺は勿論初期オーパは
リアルタイムでは知りませんが、
中高生の頃、月刊プレイボーイでの掲載は、
プレイメイトのグラビアと共に、
それは楽しみの一つでした!
----------------------------
RT @kcomkcom(香川春太郎さん)
【今週の週刊文春】水道橋博士の連載「芸人春秋」。
今回で4週連続「照英」。いったいあと何週続くのか?
やりたい放題。自由すぎる。
でもオモロー!俺は応援します。
----------------------------
RT @matsuhiro1966
水道橋博士の藝人春秋は照英(4)
今回で終わりと思ったら続くとあるので照英シリーズは
続くみたいです。
イラストの江口寿史もいつまで続くのかとあります。
博士は照英版のオーパを書きたいみたいです
----------------------------
RT @ROHIMOTOWAGAO
今週の「週刊藝人春秋」、「照英(4)」!
照英をただ「無邪気な人」と思っていたけど、
飼っているピラニアが共食いして
少なくなっていく過程を語るところなど、
生き残る強さを楽しむ「無邪気さ」は、
心の闇を垣間見た気持ち。
あと「オーパー!」を「なぜ北京原人?あれはウパーか」
と一人ボケてました。
----------------------------
RT @honkisuzu
今週の週刊文春。
(1)「週刊藝人春秋」江口寿史さんのイラストに笑った。
(2)「新・家の履歴書」(新井素子)が興味深い内容。
(3)そこに一緒に載っている桜玉吉さんの漫画が今週もいい!(*'▽')
----------------------------
RT @kazuogu0519
週刊藝人春秋。照英の回(4)
深淵なる照英サーガはアマゾンのピラルク篇へ。
文字通り大河ドラマの様相を呈してきた。
----------------------------
RT @ewac_zack
今週の「週刊藝人春秋」は照英第四弾。
フィッシュ・オンの展開に、
読者もとより、大兄(開高健)も草葉の陰からオーパ!
----------------------------
RT @alt_alcoh
博士、毎週『藝人春秋』ありがとうございます。
照英さんのお話、まだ続くんですね!
江口先生のイラストが、
「そうは言いながらも期待してる」ように見えました
(本当は困っておいでなのかな、
でもそう受け取ってしまいました。)。
----------------------------
RT @tnbk_1977
『週刊藝人春秋』照英(4)
まさか照英が開高健の後継者だったとは!
ピラニアスープ猛烈に食べたい!

----------------------------


松本ハウス
『統合失調症がやってきた』(イースト・プレス)、届く。

増刷(第5刷)から、帯文をボクが書いた。
今までのリリー・フランキーさんの名文も裏帯に。
(もちろんリリーさんにはお伝えして)

こういう作業は新たな読者に届け!
という作り手の真摯な願いです。


TwitterRT @warakoichi(藁谷浩一さん)
『統合失調症がやってきた』が5刷になって、
帯の推薦文が水道橋博士に変わりました(リリーさんの文は裏側に)。
----------------------------
TwitterRT @obatakazu1
新推薦文。硬派。天職に生きる人の言霊。

病は個人的なものだ。
しかし、芸人という病人は
世界を治癒する。
読み、知り、泣き、笑う。
そして生きる。
JINRUIにとって、
これほどの特効薬はないだろう。
(水道橋博士)
----------------------------


11月15日  金曜日

5時起床。

起きる前の夢も実際に起きたことだ。
酔生夢死。
起きているか寝ているのかわからぬままの状態で、
『週刊藝人春秋』3本分を仕上げる。

同じ日を3回に書き分ける趣向。

園子温監督から電話。

「今日は出てもいいですか?」と。
レギュラー出演中の
『ニッポン・ダンディ』金曜日の出欠について。

「いいんじゃない?」
こういう会話が毎回続いている不思議。


倉庫部屋で俺を見つめる、
「仮面舞踏会・ヴェラ・ヘンドリホヴァ」、
絵の出典が全然わからない。
何かわかる人おしえて。


『ダイノジ大谷のANN』、
『行列のできる――』の園子温出演、
『アメトーーク!!』の好感度低い芸人、
などをチェック。

17時、倉庫部屋で、
『BRUTUS』取材。
「だいたい大丈夫だと思える本特集」
インタビュアー・辛島いずみさん。

5冊をあげたが、
喋りだしたらキリがない。

外出時間が来て、
タイムアップ。

TwitterRT @nishinona西野直樹
今夜21時からはMXテレビ&ひかりTV
「ニッポン・ダンディ」金曜日。
今週の特集は「デイヴィッド・リンチ監督」!
難解と言われる作品を理解する鍵になるリンチの映画哲学、
ベーコンやホッパーの絵画的影響、
ノイズ音楽に潜むメッセージ、50年代の描き方など、
高橋ヨシキが水道橋博士らと語る!
----------------------------

19時過ぎ、半蔵門・MXテレビ入り。

21時、『ニッポン・ダンディ』生放送。

出演:関谷亜矢子、ダイアナ・エクストラバガンザ、
サヘル・ローズ、高橋ヨシキ、ご一緒。

そして園子温監督飛び入り出演。

ダンディジャッジのテーマは、
「映画館で何回、見たことがあるか?」

ニュースコーナーは、
「実際に居た変わった名前は?」

映画解釈コーナーは、
高橋ヨシキさんを講師に、
「デイヴィッド・リンチ」特集。

久々の園子温監督と高橋ヨシキさんの、
共演実現で嬉しかった。


帰途、
『セブンイレブン』のオマール海老のスープ。
おでんのコンニャクをまぶして頂く。

スープは濃厚だが、
カロリー数は221キロカロリーなのだとか。


TwitterRT @nonomurax
セブンイレブンのオマール海老のスープ。350円。
うまい。
ホテルレストランの原材料偽装が
ニュースになっているいま、
これは本当にオマール海老(ロブスター)
なのかと一瞬、疑うが、
べつにアメリカザリガニのスープでも、
工場排水などで重金属汚染されていなければ、
美味ければそれでよろしい。
----------------------------
RT @ken_m614
セブンのオマール海老のスープ激ウマですよね。
昨日衝撃をうけました。

(博士のコメント)↑危険!
----------------------------

23時、帰宅。

TwitterRT @kmkm96(大野ケイスケさん)
本日25時05分から新番組
「今知るべきやるべきレコメンド話まとめ」!
今どうしても伝えたい、 
熱く語りたい…様々な「レコメンド話」
(水道橋博士ノーナ西寺中川翔子ホラン千秋鈴木亮平
…各人の熱さと濃さが凄い)を、
さまぁ〜ずの二人がとにかく「聞く」番組です。
フジテレビにて! 是非!
----------------------------
TwitterRT @iijjiji
サシャ・バロン・コーエン、
栄誉ある式典で老女を殺害する
ブラックコントを披露し批難殺到
http://goo.gl/d2ouFg
http://goo.gl/7SPQIM

(博士のコメント)↑今日、さまぁ〜ずの特番で話しているが
本当にやっていることのレベルが凄すぎ!
----------------------------
TwitterRT @TomoMachi(町山智浩さん)
もはや笑えない領域に入りつつあるなあ
----------------------------
TwitterRT @iijjiji
今夜11/15(金)25:05
フジテレビ 『今やるべき知るべきレコメンド話まとめ』
博士が「ブラピよりも稼ぐ知らないと損するハリウッド俳優」

(博士のコメント)↑ボクはコメディアンが世界で一番他に
比類なき職業だと思っていて、
その世界のトップランナーを紹介している。
----------------------------

さまぁ〜ずの番組で、
ボクがサシャ・バロン・コーエンの紹介。

ケンブリッジ大学出身で、
ホモの役が多いが妻子あり、
作品の中で必ず自分のチンポを丸出しにする――。
というところが全カットだった。

総じてサシャ・バロン・コーエンの存在を
理解したくない
という国民的な意志でもあるのかな?



サシャ・バロン・コーエンには、
影響を受けている。

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る