『藝人春秋』特設サイト


12月6日  金曜日

3時半起床。
ほとんど寝ていない。

そのまま、
お迎えのタクシーに乗りTBSへ。

控室で、今日の項目の説明。
前日まで知らないNEWSもたくさん。


5時半、TBS『朝ズバ』生放送。

アナウンサー:
井上貴博、吉田明世、高畑百合子、
小林悠、美馬怜子、岡安弥生。
出演:与良正男、パトリック・ハーラン、吉川美代子、

ボクは、ゲストアンカー役で出演。

文字通りの長丁場。

よりによって、この日が参院で、
特定秘密保護法案採決の日に当たる。


各党政治家との緊急討論会もあった。

出演:中谷元(自民党)、松原仁(民主党)、
片山虎之助(日本維新の会)、
浅尾慶一郎(みんなの党)

これだけのメンバーでやるのか。

もはや中途半端な立ち位置で
やっても仕方がない。

正直、政治に巻き込まれるのは、
懲り懲りだ。
しかし、中途半端にこなすのも
それも、また後悔するだけだ。

本番直前、息を整え、
キッチリやる。
決意と覚悟。


腹をくくって、出番を務めたが、
ああだ、こうだの
反響、書き込みも増えるだろう。
もう仕方ない。

討論中、何度も中谷元氏と目が合う。

秘密保護法推進側はただ一人。
袋叩きなのだから、
申し訳ない気持ちにもなるが、
仕方ない。


本番中にネルソン・マンデラ死去の報。
いろいろと感想が去来する。
幾つか、番組の反響……。

TwitterRT @kirakira6621
朝ズバ、今日のアンカーの水道橋博士が
登場した途端、
井上貴博アナに向かって
「みのさんじゃないんですね?」
「次男じゃないんですね?」
----------------------------
TwitterRT @nattorihei
朝ズバ。水道橋博士、素晴らしい問題提起。
「民主主義が終わった日。
自由民主党っていう名前はなんなの?」
8時またぎに各党の議員と博士が対談。
----------------------------
TwitterRT @syamolamp
「なにが自由民主党だ!
どこに自由がある?。
どこに民主主義がある?。
これだけ民意の反発を受けながらの強行採決、
国民をなめきっている。」水道橋博士、
朝ズバ出演中。
----------------------------
TwitterRT @higu_take(樋口毅宏さん)
水道橋博士
「猪瀬さんも長年ジャーナリストをやっていた人が
紙袋に五千万円入れて、
その姿を情けないと思わないのですかね」
「(中谷元防衛庁長官に)
これだけ非難されているのに
秘密保護法を通そうとするなんて
無神経すぎますよ!」
----------------------------
TwitterRT @jcast_news J-CASTニュース
朝ズバッ!で水道橋博士、自民に「無神経!」 
TBS、秘密保護法案「反対」鮮明に
http://dlvr.it/4SJ99y
----------------------------
TwitterRT @iijjiji
TBS朝ズバッ!5:55頃水道橋博士
『みの(もんた)さんじゃないんですね?』
TBSアナウンサーが面倒臭さそうに
『乾いた笑いしか沸かないんですけど』
それを受けた水道橋博士
『(貴方はみのもんたの)次男じゃないですね?』



----------------------------
TwitterRT @hibitan
朝ズバッみのさんいなくなって、
代わりにアンカー制度が導入されて、
ラサール石井・大和田獏・
やくみつる・桂文珍まで確認したけど、
昨日は水道橋博士だったのか。
この中から次の朝番組の司会者が
決まるのかなと思ったり。
----------------------------
TwitterRT @s300pmu3
モーニングショーは、
欧米ですら”報道”とは見なされない。
コメディアンのアンカーはナンセンス。
@jcast_news

(博士のコメント)↑ボクもその通りだと思います。
----------------------------

本番の合間、
パトリック・ハーランと卓球話。

彼は芸能界卓球王の一角だ。
何時か、お手合わせしたい。



クタクタになって、
帰宅後、流石に仮眠。
2時間。


起床後、
『水道橋博士のメルマ旬報』
のホリエモンとの対談、
最終回校正。おもしろい。



MXテレビ『ニッポン・ダンディ』金曜日
高橋ヨシキさんが急遽、
出演キャンセルで、
代打ゲストが岩佐真悠子さんに。

岩佐真悠子主演の映画『受難』を視聴。

姫野カオルコさんの原作。
20年以上前に、
一晩、飲んだ、姫野さんを想い出す。


娘と末っ子が歯列矯正を開始。
ボクは、経験がない。

「パパ、見て見て!」
と娘が口の中から取り出す。
嬌声って、
こんなに可愛い仕様になっているのか。


17時半、赤坂の事務所へ。

テレ朝、ビートたけし新春特番打ち合わせ。
毎年恒例の企画だが、
企画が、すっかり討論番組へ。

「いかがなものか」のアンケート提出。



終了後、移動。

19時、半蔵門・MXテレビ入り。

TwitterRT @nishinona(西野直樹さん)
今夜21時からはMXテレビ&ひかりTV
「ニッポン・ダンディ」金曜日。
今週の特集は明日公開の映画「受難」で
ダメ女を演じた女優・岩佐真悠子を迎えて
「映画のダメな女」を徹底トーク!
水道橋博士、ダイアナ・エクストラバガンザ、
橋本マナミらのダメ女映画紹介に
高橋ヨシキの解説も!

----------------------------

 

21時、『ニッポン・ダンディ』生放送。

出演:関谷亜矢子、ダイアナ・エクストラバガンザ、
代打バーディ:橋本マナミ、
ゲスト:岩佐真悠子、ご一緒。

ダンディジャッジ。
「あなたの周りに“ダメな女”はいますか?」

岩佐さんの捌けた、
ダメ女っぷり=男らしさが印象的。


TwitterRT @LgaimArk2
【ニッポン・ダンディ】
OP、レギュラーの園子温、高橋ヨシキが不在。
ニッポン・ダンディという番組なのに
関谷アナ、岩佐真悠子、
ダイアナ・エクストラバ ガンザ、水道橋博士と
男が博士しかいない自由ぶりに追い打ちで
博士「MX凄いですね、
今、植毛のコマーシャルした後、
かまやつさん出てきた」
----------------------------
TwitterRT @iijjiji
水道橋博士の『ニッポン・ダンディ』より
高橋ヨシキの部屋行ってみたい!!!


----------------------------

 

12月7日  土曜日

深夜2時起床。
目が覚めた。

もう何時に寝て、
何時に起きているのかわからない。
もう少し寝なくては……。

6時再起床。

8時過ぎ、赤羽の
『味の素ナショナルトレーニングセンター』へ。


月一、レギュラーをつとめている、
KSB瀬戸内放送『報・動・力』ロケ。

「わが街から東京五輪にメダリストを!」

出演:多賀英人アナ。
ゲスト:森末慎二さん(体操)、
植田辰哉さん(バレーボール)御一緒。


この施設には3度目の来訪。
ゲストと一緒に、この巨大施設を廻る。

バレーコートで、
数十年ぶりのバレーボールに興じる。
楽しい。
ママさんバレーに参加したい、
と思うほど。


垂直跳びの計測。
これも懐かしい。
小学校の頃は、クラス1だった。

ここまで跳べる。
記録は低調だが、
腰がずいぶん良くなった。

バランスボールの使い方を、
教えてもらう。


森末さん。
トランポリンでデモンストレーション。


周りが止めるが、
ボクも思わずトランポリンに乗ってしまう。
懐かしい! 
幼稚園時代を想い出す。


新体操の選手が、まるで妖精のよう。

ボクも床に挑戦。
子供の頃は、得意だった。
今は、もう只のお爺さんのリハビリ。






予定外で女子レスリングの練習場を見学。
福田会長のご好意。


ここでは、垣根を超えた交流がある。
なんと、
中国・韓国・日本の代表が共同キャンプ中!!
スポーツならなしえる。

ここで、急遽、
吉田沙保里、伊調馨、浜口京子、
そして栄和人コーチをインタビュー。

生きる伝説たちに、
恐れ多くて口聞けなかった。

カミさんの実家が大府で営む
お店の料理屋の方へ、
よくいらっしゃるので、
吉田選手と栄コーチには、何時か、
お会いすると思っていたが……
不意に機会が訪れた。

「お義父さんとは、
スーパー銭湯でよく会うんです」
と栄コーチと談笑。


帰途、ガン太と一緒に
環七沿いで、噂の新店、
『徳島ラーメンJAC』へ。

濃厚。
いや、濃厚すぎるだろう。


TwitterRT @aritayoshifu(有田芳生さん)
ネルソン・マンデラに捧ぐ
http://huff.to/1f297qF
モハメド・アリが
この賛辞を公表したのは11月26日。
マンデラ元大統領の生前だ。
「大義のための忍耐」という言葉が、
いま深く響いてくる。
----------------------------

ネルソン・マンデラの訃報は、
朝ズバの本番中にもたらされた。

ボクはビートたけし原理主義者だが、
我が家に最も高く掲げられる真の偉人。
モハメッド・アリ。

文字通り「アリ・ザ・グレーテスト」だ。

そのアリがマンデラをこう語った。
ネルソン・マンデラに捧ぐ
http://ln.is/huff.to/7won
一言で要約すれば……。

「やられてもやりかえさない」偉大さ。


TwitterRT @kokkai_live(国会実況 国会中継)
投票総数212、賛成130、反対82で
特定秘密保護法は可決し、成立しました。
同法附則第1条により
「公布後1年以内の政令で定める日に施行」。
----------------------------
RT @nhk_news (NHKニュース)
特定秘密
「国際的基準を大きく下回り日本にとって後退」
http://nhk.jp/N4An5ivy #nhk_news
----------------------------
RT @anokoro_no(柳田光司くん) 
内閣官房審議官の鈴木良之が
「秘密保護法案の解釈上、
新聞・出版等の関係者以外の者が、
何万人も来場者があるブログにて
時事評論をすることは処罰対象となる」
と明言。
…例えば、『たかじんのそこまで言って委員会』
は大丈夫なのだろうか?(笑)
あの番組の影響ってバカほど大きいのに。
----------------------------
RT @ganaha22
特定秘密保護法が成立してしまいました。
「これからどうするべきか」
について自分の考えを書きました。
「祭りの後にするべきことについて〜大切なこと3つ」
です。
よろしければお読み下さい。
http://okadakenji.blogspot.jp 
長いやり取りはFBのフィード講読で願います。

(博士のコメント)↑密かに、大事なこと。
----------------------------


秘密保護法成立の日。
『朝ズバ』のアンカーをつとめていた。

今後も、ずっと想い出すだろう。
後悔しないことを祈る。



早売りの『週刊現代』入手。

松田賢弥署名の安倍総理の妻独占インタビュー
「夫への『違和感』を告白!」、
ワケガワカラナイ記事だが、
これはいち早く
「特定秘密」に認定したほうが良い(笑)

TwitterRT @takapon_jp:(堀江貴文さん)
なんと、神足裕司さんが
ゼロのサイン会に来てくださった。
彼の新刊、一度死んでみましたが。
を持ってきて下さった!
リハビリ頑張って欲しいね!



Twitter RT @kohtari:(神足裕司さん)
思い切っていってよかった
----------------------------

 

18時、新宿の文壇バー『風花』へ。
神足裕司『一度、死んでみましたが』(集英社)
出版記念パーティ。

出版人が数多く出席。
入り口脇に神足さん。

家族に支えられ、
車椅子に座わり。
まだ語れない様子だが祝杯を交わす。

その姿に、ひたすら、
同じく言葉を失った、
生前の父を思い出していた。


神足裕司さんと
『博士も知らないニッポンのウラ』で、
初めて対談した時、
『SPA!』連載の「これは事件だ!」の
全バックナンバーを読んだ。

凄惨な現場にいち早く足を運び、
その場の空気を伝える。
読んでいて、正直、狂いそうになった。

「よくこれを週刊ペースで出来ますね?
 タフすぎるんじゃないですか?」
と問うたら、
「でも離人症になるよ!」
と言われた。

それが最初の会話だった。

昨日は語らないコータリンに
旧友が集まっていた。
旧知の出版関係者多数。
小島慶子さん、中森明夫さん、
遅れて吉田豪ちゃん。

カウンターに根を下ろした中森さん、
「この間、慎太郎と対談したよ!」とのこと。

ふたりは初対面のはずだ。
坪内祐三氏も『en-taxi』で初対談。

老境の今、慎太郎氏は、
次々と人と会っているのだな。

結局、神足さんは言葉を発せず。
じっと会の様子を見守っていた。


神足裕司さんを見送り、
お店のカウンターに居残り。
坪内祐三さんフラリと来店。

侃々諤々。一触即発。
豪ちゃん、「SPA!」編集部も仲介。

一度は、坪内さんが河岸を変えるため、
出て行ったが、
再び『風花』へ舞い戻る。

サシで飲もう、
と言われ、もう一軒。
『猫目』へ。

深夜2時、
泥酔状態の坪内さんを、
三茶までお送りする。

ロングロングドリンク。

TwitterRT @kohtari(神足裕司さん)
記者会見で使います昨日はありがとう

(博士のコメント)↑共に酒が飲めて良かったです。
コータリさんの分まで喧嘩しておきました。
----------------------------
TwitterRT @fwd_yutaro(神足祐太郎さん)
水道橋博士さん、吉田豪さんと。
父、『一度、死んでみましたが』
出版記念パーティーにて。




Twitter RT @kohtari:(神足裕司さん)
会えてよかったありがとう
Twitter RT @WORLDJAPAN(吉田豪)
昨日は水道橋博士が
「風花で喧嘩する」
という神足イズムを継承してましたよ!
----------------------------
Twitter RT @smoritoshi
風花?猫目?
/吉田豪が語る 神足裕司出版記念パーティーの
水道橋博士の暴れっぷり
http://miyearnzzlabo.com/archives/16899


(博士のコメント)↑両方。
----------------------------

 

12月8日  日曜日

8時起床。

体中が猛烈に痛い。

意識が晴れていくに連れ、最初は、
「あー昨日、結局酔ってやったんだなぁ」
と思ったが、
その前にトレーニングセンターで、
バレーと新体操とトランポリンを
やったからだと気がついた。


午前、倉庫部屋。

長男と卓球。

ついに卓球台が
家庭用から試合用のフルサイズに。

タケシへのクリスマスプレゼント。
前倒しで。

卓球台とButterflyの新ラケット。

新しい台とラケットで、
有頂天のタケシ。
それでも容赦せず2連勝。
子ども泣き出す。

そういうものだ。


NHK『ようこそ先輩』の過去回、
林真理子篇を視聴。

妄想力の授業を経て6年生が、
「10年後のシンデレラ」
という小説を書く。

一緒に見ていた、タケシが、
「オレも、ものがたりを書こう!」
とペンと紙を取り出した。

凄いな。子供力。


13時、ひどい二日酔いと
全身筋肉痛を抱え、
三田のスタジオへ。

NHK『課外授業ようこそ先輩』
打ち合わせ。
15年も番組は続いているのか。

何をやるのか?
前向きに話し合い、タイムアップ。

ディレクターに
『藝人春秋』の感想、熱い思いを打ち明けられ、
恥ずかしいが、嬉しいことだ。



14時、同じスタジオで、
CBC『FEVER まとめ〜2013ナイショ話SP』
収録。

MC:デニス。
アシスタント:吉岡直子(CBC)
まとメン:東スポ・種井一司さん、
B級食ライター・柳生九兵衛、ご一緒。


ほぼ全員が相互に初対面という番組。
座組から見ても、
ボクは誰よりも喋るべきだ、
とは思ったが……。

30分番組なのに、
しかもテレビで何故、
この話をチョイスしているのか?
延々と話しながら何故に?
と、何度もエアーポケットにはまりながらも。

しかし、よくあることだ。
そういうものだ。

打ち合わせの時からスタッフより、
何故か『アナル舐め占い』のネタを話すよう、
リクエストされていたが、
最後の最後、もう流石に
「テレビでアナルは舐めなくても……」
と自粛した(笑)


今回の番組、
吉本の4年目の若手・デニスが初MC。

『いいとも』など今、
売り出し中とのことだが、
ボクは顔も名前も知らなかった。

言われて、気がついたが、
武井壮の新宿ロフトのトークライブ
(ボクは飛び入り)で、楽屋が一緒だった。

すっかり忘れていた。

吉本の馬群から
新人は抜け出すことすら難しい。
彼らの初司会と聞いて、
俄然、手抜きなく過剰に喋った。

彼らの芸歴で記憶に残るほどに。

「あの時の水道橋博士は……」
と語られるように語った。



帰宅後、
Twitterの雑音に対して雑文。

Twitterに疑問を呈する人も増えたが……。
TwitterはTLを見ていると、
ため息も愚痴も聞こえてくる。
その声に耳を傾けるのも、
見ず知らずの下衆な話に共感するのも、
嫌いではない。

会えない人や故人の名言や、
時代を超えて残る言葉も、
本を読まなくても敢えて流れるように、
フォローを増やして、
時間のあるかぎりは読んでいる。
他人に向けてではない、
自分に向けて。

140文字のフレーズを
下衆に書いても面白いが、
美しく描いているものは心地よい。
まるで詩の朗読のようにすら、
聞こえる時もある。

いまさらTwitterを、
バカ発見機だとか、
人間喪失やら、
現実逃避だとか、
他人に「卒業すべし!」
と諭すものでもなく、
自分の日々のBGMのように、
流れていれば良いのでは……。

繋がりやら共感やら承認を求めて
やっていない人も多いよ。

自分が他人を追求するには
「武器に成る」
と薦めて、
自分が追求されはじめたら、
「全てTwitterが悪い!」
と言い出すのはどうだろう?

嫌なら、誰かを巻き込むことなく、
静かに自分がフェードアウトすれば
良いではないか?




12月9日  月曜日

6時起床。

7時半、ガン太運転でNHKへ。

8時15分、NHK『あさイチ』生放送。

MC:井ノ原快彦、有働由美子アナ、
出演:室井佑月、ご一緒。
ゲスト・鶴田真由。

・女のニュース「ノロウイルス」
・特集「家と家族を放火から守る!」
・ピカピカ☆日本「世界に響け!
 すこっぷ三味線(五所川原市)」
・解決!ゴハン
 「絶品!簡単!オニオングラタンスープ」

火事の原因の一位は、
長い間、放火なのだ。

他人の心の問題に対し、
どういう風に防御する?
消防学校へ「アサ秘ジャーナル」取材で、
一日入校したことが有り、
その時の授業でも聞いた話が、
今日の特集に反映し、
今日も実に勉強になった。

生放送終了後、
番宣でいらっしゃった、
ゲストの鶴田真由さんに挨拶。

一ヶ月に渡る、ミクロネシアの旅。
を紹介してくれた。

「甲板で一夜を過ごしながら
 月が眩しくて眠れないの」と鶴田さん。

それを聞くだけで、
心底、見たい、体験したい、
と思ってしまう。

ボクにも、何時か、
そんな風景が見えるのだろうか?


その後、楽屋に原カント君を招いて、
来年1月25日開催の
『水道橋博士のメルマ旬報FES!』
の初めての打ち合わせ。

6時間の長丁場、1000人以上の集客。
現段階で30人以上の出演者も決定、
もろもろと構想を指示。

全体像をイメージしながら……。
今回、作家に指名した、
宇野コーヘーくんや、
その他もろもろと直電。


一旦帰宅。


14時半、TBS入り。

15時、TBSラジオ『たまむすび』生出演。
パーソナリティー:
赤江珠緒、カンニング竹山、ご一緒。

小田嶋隆さんの
「週刊ニッポンの空気」のコーナーにゲスト出演。

小田嶋さんと会うのは2度目だ。

控室で和やかに打ち合わせだが、
活字上、小田嶋さんを知ってから久しい。

95年頃のビートたけしへの言説も記憶に残る。

本番、
流石に小田嶋さんも、
生ぬるいことを振ってこない、
控室だけのオフレコだと、
思っていた話も水を向けてくる。

水ではないホットな熱湯を向けてくる。

ボクも真正面から、それを受けて、
本人の前で、言葉で打ち返す。
生放送なので、そのまま流れる。

でも全ては水に流れる。



TwitterRT @iijjiji
【公式音源】
赤江珠緒&カンニング竹山の『たまむすび』
http://goo.gl/Q5ZgE1

----------------------------


ラジオ終了後、
赤坂のTBSから新橋のスタジオへ。

メ〜テレ『哲人の告白』
ナレーション収録3本。

・小林宏之(航空評論家)「いつだって今が旬」
・江辺香織(プロビリヤード選手)「ネバーギブアップ」
・金美齢(評論家)「一生、美しく齢を重ねる」

打ち上げまでの待ち時間、
『広報 東京都』連載、送稿。

仕事に追われる。
師走だなぁ。



終了後、
銀座の『ファーム ゲンテン』へ。
『哲人の告白』忘年会。

打ち上げでないと、
訪れることもない高級店。



末席に運転手・ガン太も同席。
あさイチ!から始まり、
長い一日だった。

一年を労う。

当然、このまま、
2次会へのムードもあるが、
明日も早い。

しかも長時間のロケだ。

とにかく、帰ろう。
と、道を急ぐ。

ガン太の運転、
気がつけば、車は国会前へ。

道順がそもそも間違っている。

「何処へ行ってんだ?
 国会へ突入する気か?
 相変わらず、キミは道を覚えないね〜」
「……」
「とにかく、今は早く帰りたいんだ」
やや、苛ついて話す。

そこへ
ウーーー
パトカーのサイレン。

「どうした?」
「車線変更違反したみたいです」
「……」

そういえば昨日、
運転手・ガン太が、

「知り合いに聞いたんですけど……。
 交通違反は芸能人だと特に厳しいらしいですね。
 見逃したり、
 例外を作ってはならないらしいんですよ」

「そう。君は知らないと思うけど、
 オレ、芸人になる前は、
 違反キップを巡って、よく警察と揉めた。
 簡単には、言うこと、聞かなかった。
 当時は千代丸健二
 『違法ポリスと渡り合う方』
 なんて本も熟読していたし、
 そもそもバイトが、
 バイクで配達の仕事だったから、
 切符切られるのは死活問題だったからね」

「今後…気を付けます」

などと話したばかり。

その、昨日の今日だ。
「オマエは、何か持っているな!」

違反切符を切られながら一言。

「明日も君の運転?」
「ボク、これから京都へ行きます」
「京都!?」
「LIVE用の映像を撮りに行きます」
「新幹線?」
「いえ、車で……」
「誰が運転するの?」
「ボクと相棒と宇野くんで交互に」
「徹夜で?」
「はい!」
「とにかく、気をつけろ!」


22時半、帰宅。

とにかく、寝ろ!

 

12月10日  火曜日

3時半起床。
もろもろと原稿。

まだ眠りたい!
二度寝。

6時起床。

スズキ秘書運転で、
日本体育大学の世田谷キャンパスへ。

『別冊アサ(秘)ジャーナル』
「金のたまごナビ日本体育大学篇」
ロケ収録。


教育棟入り口で前フリ。
案内役の大束忠司先生にご挨拶。

先生は1978年生まれの35歳だが、
社会体育学科准教授。
現男子バドミントン部監督、
現役時代は輝かしい戦歴を残す。

日本体育大学は、
1891年に、
国民体育の振興・強靭な肉体を持つ
兵士の養成を目的とした
「日本体育会」を前身として設立。

トップアスリートの養成のみならず
指導者やトレーナーの育成を目的としている。

1学年約1300名、総数6000名の学生が
世田谷と横浜・健志台で学ぶ。
うち女性が3分の1。

卒業後の進路は、
およそ93%が就職、
そのうち3割は教員の道へ。

また全体の11%が公務員試験を目指し、
体育大らしく警察官・消防官・自衛官の道へ
進む学生も多い。

学生の8割は
体育系の部活やサークルに所属し、
さらに授業でも体育の必修科目が多いので、
全員人並み以上に体を動かしている。



我々も日体大ジャージ着替えて
スポーツ棟内へ移動

★スポーツ棟
 2012年に建て替えが完了、
 5階建ての建物の中メインアリーナをはじめ、
 体育館が16個にプールやジムなど
 体育系の施設がまとまっている。

トレーニングセンター、相撲場、レスリング場、
多目的プールなど各種スポーツ施設が揃う。

1階の資料コーナー。
廊下には、
オリンピック選手の写真がズラリと。


日体大関係者でこれまでに獲得したメダルは、
計118個!もある。
これは日本メダル数の4分の1。

授業の約4割は体育課目
必修課目や選択課目があり、
様々な競技を体験する
入り口には、
SF映画に出てくるような、
CUBEキューブが有ある。


部活紹介用のシステム。

76あるそれぞれの部活の情報が入った
キューブを台に置くと、
各部活の紹介を画面で見ることができる。
3階へ移動。

ずらりと並ぶトレーニングマシンを見学
マッチョな学生を発見し、話を聞く。


模擬体育の授業へ。

ここ10年ほどで注目されるようになった、
教育実習の前に行う学生が
先生役と生徒役に分かれて行う授業。

人前で話す事はもちろん、
時間配分、授業中の巡視、
注意の仕方、
遅刻した生徒への対応などにも
ポイントが置かれる。

体育の嫌いな生徒にも
楽しめるようなプログラムを
考える事が最も重要なポイント。

生徒役の学生に混じり、
先生役の学生の進行のもと体育の授業を体験
テーマは中学生向けの
「野球をやったことがない生徒でも楽しめる野球」
体験後、グループ毎に悪かったと思う点を話し合う。


この授業に我々も参加。

実際に、カキーンバットを使って、
レベルスイング。
そして、ミニ野球。
これが楽しいこと、この上ない。
夢中になる。


今回、紹介した未来のメダリスト候補
金の卵の生徒たち。

・倉林巧和くん
 体育学部体育学科4年 自転車競技部所属。
 トラックレース中距離ナショナル強化育成選手。
 全日本学生選手権ポイントレース2連覇中。
 赤江くん(玉袋)と競輪話に花咲く。

・田崎勝史くん
 体育学部体育学科4年 トランポリン競技部所属
 今年の全日本インカレ個人優勝。
 トランポリン選手の筋トレもここまでやるのか!

・藤井桜子さん
 体育学部体育学科3年、
 日本バレーボール協会ビーチバレー強化選手。
 リオ五輪有力候補の逸材。
 今年まで2年間アメリカに留学、
 日本人初のリーグMVP獲得。
 ルックスも可愛らしいので、
 スターになるだろう。


移動。
世田谷キャンパスのグラウンドへ。

学生による日体大名物、「エッサッサ」を見学。
寒空の中、男子有志が踊りを披露。


大正10年代から続く日体大の伝統応援スタイル。
1年次の新入生特別活動という授業で
全員習得する。

「静」と「動」、集合離散の美、
獅子が月に向かって吠える
などという意味合いの要素が
取り入れられている。


続いて、女子による『荏原体育』見学。



雨のため足元が悪く、
しかも寒い中、申し訳なかったが。

勇壮。
一糸乱れぬ、団体芸。

たけし軍団でも、採用すれば良かった。


★学生食堂
 500人収容の世田谷キャンパス唯一の食堂。
 体育大らしくメガから揚げ丼、
 メガカレーなど高カロリーのメニューが並ぶ。


しかし、我々には食べきれない。
選手のお話を聞く。


テーピング実習へ。
テーピングを授業として学び、
トレーナーの基礎スキルを取得。

もちろんアスリートにとっても
テーピングができることは重要。
トレーナーを目指す学生は年々増加、
人気の授業となっている。

テーピング室では
日本最古である学生トレーナー集団、
トレーナー研究会が各部活のトレーナーとして
対応している。

桜井規子助教が、教示。
日体大卒、
女子7人制ラグビーユース日本代表の
トレーナーを勤める。

基礎中の基礎、足首のテーピング方法を教えてもらう
江口→玉袋に施術  学生→博士に施術
最後に腰のストレッチ法も教えてもらうが、
なんだか、得した気分。

「保険証忘れたんですが、いいですか?」



ロケの合間、休み時間。

卓球選手から初めて王子サーブを受ける。
凄い!!! 体感。


中国人コーチからアドバイス、
卓球に開眼した気分に。

懸案だった、
NAGASAWA vs 小林のお手合わせも実現。
試合はしなかったが、
相互スタイルが違うんだな。


ロケの合間、
映画『愛の渦』にコメント送稿。


休憩時間後、ロケ再開。

中央測定室へ。

アスリートの体型、
パフォーマンスの高精度での分析のため
最新設備を導入し、
スポーツ医・科学の面で研究を行う場所。 

【ファントム・ミロ】
 1秒間に1200コマ撮影できるハイスピードカメラ
 フォームの分析などに使用。

【フォースプレート】
 短距離走でスタート時の力のかかり方や
 速度の波長を測る事ができる。


この機械を使って、
測定されながら20メートル走。

ボクも挑戦する。

「歳なんだからコケる」と言われたが、
案の定、本気で走ると足がもつれて、
華々しくコケた。
壮絶にコケた。

最後はスローモーションだった。
もはやマンガのようだった。


部活見学へ。

日体大は朝9時から午後4時までが授業で、
午後4時過ぎから9時までが、
部活動の時間に充てられる。

部活と言っても、
昨年は27チームが全国大会優勝の実績。


女子ビーチバレー部へ。
合間にバレーを少しやってみるが、
やはり面白い。

トランポリン部へ。
部屋へ入れば、とにかく天井が高い!
それにトランポリン自体、デカい。

部員男子9名、女子3名
今年は全日本学生選手権個人優勝や
大学対抗2位など
全国トップクラスの成績を誇る。

部員たちの練習風景を見学。
もちろん「やらされる」流れだ。

当然のことながら、
マネージャーは気が気でない。
腰痛の件もある。
しかし、ボクは、むしろ、やりたい。

翔びたい。



安全装置を使って、宙返り。
『ガープの世界』の心境。

アイム・フライング!!フライング!
もっと、やりたかった。


田崎選手の演技を間近で見学!

小型カメラを持ってもらい
高さを撮ってもらう。
超絶技の連続。



相撲部へ。

部員34名
全国大学選抜大会団体優勝や
国体優勝の学生横綱もいる
現役幕内力士では
嘉風関、妙義龍関、千代大龍関がOB。

齋藤一雄監督を見て、
赤江くん(玉袋)が、
「勝ち抜き腕相撲に出てましたよね!」と。

エマニエル・ヤーブローとも、
世界大会で戦っていた。

「菊田早苗が高校の後輩で、
 もし若かったら、総合もやりたかったです」
とのこと。

学生横綱の中村大輝さん、
一ノ瀬康平さんを紹介受ける。

「大相撲でも絶対、勝負できます」
と監督。

初めて、相撲の稽古を観たが、
稽古の厳しさ、
当たりの強さに衝撃を受ける。
目を背けたくなるほど。

驚いた!

相撲最強論。
多々、耳にするが、
頷けるものがある。

相撲学校まで通った、
百瀬博教さんに想いを馳せる。

生前、格闘家に囲まれても、
全く動じなかったが、
あの巨体で、
本格的に相撲の稽古をしていれば、
それはそうだろう。

一緒にちゃんこをご馳走になる。
実に美味い。
男社会の縮図でもある。


新体操部へ。

先ほどの柔道部の猛者を見たばかり、
同じ人間にはとても思えない妖精たち。

シドニー五輪団体5位、
アテネ個人18位、日本選手権6連覇の
村田由香里助教が指導。

2011年に創部したばかりの新星で
徐々に成績を上げてきている注目の部活。

新体操部の基礎練習、ストレッチを見学。
3人も道具を使ってみる。
クラブ(バトン)、リボン、ボール。

新体操部の演目を見せてもらうが、
目が点になった。
自分でやってみたら、これが、どれほど、
超絶演技なのか、実感出来た。 

最後にエッサッサをやって締め。


20時、12時間に及ぶ、
長い長いロケ終了。

赤羽のナショナルトレーニングに続いて、
実演多数。

トランポリンもやったが、
俺、大丈夫なのか腰?と思いつつも。


明日は大阪の日。
久々の新大阪サロンも開催する。

このところロケで連日全身筋肉痛。
病院で貰うロキソニンテープでぐるぐる巻きの日々、
毎日、ミイラとして生活している。

(日曜日の楽屋で撮影)

 

帰宅後、
『水道橋博士のメルマ旬報』最新号、
Vol.27の発行を確認。

そして、来年1月25日の、
『水道橋博士のメルマ旬報 festival!』
メルマガ会員の優先チケット販売、
本日スタート。

岡村靖幸さんの参加が発表になった!

TwitterRT @harakantokukett(原カントくん)
1/25『メルマ旬報fes!』★追加出演者を発表します。
岡村靖幸 / 渡辺祐 / 樋口毅宏 竹内義和 /
谷川貞治 / 茂田浩司 / 杉江松恋 / 柴尾英令
九龍ジョー/ てれびのスキマ / 柳田光司
碇本学 / やきそばかおる/
マッハスピード豪速球ガン太 /
木村綾子 / モーリー ロバートソン/松原隆一郎
/ 荒井カオル / 相沢直 / 川野将一
土屋敏男(以上、敬称略順不同)。

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る