『藝人春秋』特設サイト



2014年 1月1日  元旦

9時起床。
『アートホテルズ大森』

此処は何処だ?
昨日は何をやっていたのだ?

目が覚めれば全身筋肉痛、
記憶を取り戻しながら……。

昨晩のCOUNTDOWN JAPAN、
乱舞狂乱の余韻に浸る。

しかし、もう2014年だ。

朝は家族でバイキング朝食。

11時、ホテルをチェックアウト、
スズキ秘書運転で、
羽田空港へ移動。

やり終えたが、
最大の懸念は腰痛。

最悪の事態も予想していたが、
全身筋肉痛は
思ったより悪化しなかった。

事前のテーピングと、
VENEXのリカバリーウェアの効果が、
あったのだろう。


スズキ秘書の見送りで、
13時15分、
JAL便(777-200)で沖縄へ。

羽田空港のロビーの待ち時間、
マッサージ椅子を独占。

100円玉を際限なく流し込み、
揉み続ける。

機内、タケシと隣席。
カミさんは3人がけ。

毎回、家族旅行の移動は、
手を焼いていた。

特に機内は、
もし幼児が駄々をこねたら……
と不安と道連れ。

しかし、末っ子のアキラも、
今日で5歳だ。

子供たち、
すっかり、手がかからなくなった。
隔世の感。

子どもたちの機内持ち込み手荷物。
なんで、こんなものが要るのだ?


機内で
遠山正道『成功することに決めた』(新潮文庫)
を読書。

社会人として実にまっとうであり、
大切なことが書いてある。

『スープストック』も一日して成らず。
僕の周囲の人に配りたいほど。


 

17時、沖縄のホテルへチェックイン。

タクシーの運転手さんも
「那覇の正月が、
 ここまで晴天なのは珍しいんです」と。
ココロ晴れ晴れ。


ホテルの和食料理屋で食事。

「ぼく、誕生日なんだよぉ!」
と店員さんにアキラが無邪気に言う台詞に、
お店がケーキを用意してくださる。

改めて、元旦生まれの末っ子、
アキラの誕生を祝う。


TwitterRT @_happybirthday(今日が誕生日の有名人)
1月1日が誕生日の著名人:
人見絹枝、J・Dサリンジャー、加藤一二三、
尾崎紀世彦、沢田亜矢子、高田渡、
高橋源一郎、村上ポンタ秀一、
夢枕獏、大友康 平、役所広司、しりあがり寿、
中森明夫、塚本晋也、ジミー大西、増田明美、
尾田栄一郎、庄司智春、堂本光一、
箕輪はるか、小林恵美、ソンミン
----------------------------
TwitterRT @REDSPRESS(レッズプレス!)
[REDSインタビュー]
新春対談、水道橋博士×山田直輝(その1) 掲載。
http://www.redspress.jp/index/reds_interview/ARTICLE1/2014010100002
『レッズプレス!!』会員にはサイン色紙プレゼントも!


----------------------------

 

1月2日  木曜日

9時起床。晴天。

ホテルのバルコニーからの
景色も素晴らし。


カミさん運転で、
沖縄レンタカードライブ。

トヨタのレンタカー店。
大混雑。

改めて、
沖縄のレンタカー率の高さを実感。

2010年にウイルス性髄膜炎で
入院以降、
手先に麻痺が残るので、
運転をやめた。

本当は運転したい気も残っている。

元旦だから、
4年ぶりにボクが運転しようか?
と迷うが、
もしも……子供を乗せたままと思うと
やはり運転出来ない。

どうせなら、ひとりの時にしよう。

末っ子のリクエストで、
美ら海水族館を目指す。

カーステレオに、
ブルートゥースに接続。
普段、やっていないので戸惑う。

「ダイノジの曲をかけて!」
と子供たちリクエスト。

いまだに大晦日の、
余韻復讐にひたる。
あっという間にiPhoneの電池を消費。

渋滞&充電にイライラ。

陸路3時間半、
ボクは道中、DJ担当。

海岸沿いをドライブしながらAKB合唱。
大晦日のお祭り気分を再現。


AKB48の恋チュンに興味薄で、
「気持ち悪い」と言っていた小4のタケシが
最も歌詞を諳んじている。

「なんか、これイイ曲なのかも……」と。
不思議そう。
子供の脳が羨ましい。

今やボクの脳は容量が一杯。
憧れは子供の脳だ。


途中、完全にiPhone5の充電切れ。
しかも持参したモバイルバッテリーは、
ホテルに置き忘れたまま。

結局、コンビニで、
リチウムチャージャー購入。

でもすぐに電池切れになるので、
そのためだけの充電器も購入。
新年から馬鹿か、俺!


6年ぶりとなる『美ら海水族館』。
懐かしい。


『美ら海水族館』は2回目。


ここのジンベエザメの迫力は世界一。
興奮度MAXへ。


しかし、ここ数日の疲労のため、
俺にはじっくり見る体力がない。
子供たちは満足そう。

水族館を出た所で、
襲いくるような落陽に包まれる。


美ら海水族館から
国道58号線の帰路。

『琉球薬膳料理ぬちぐすい』で、
ベーシックな沖縄らしい食事。


お土産にウコンたっぷりの、
『やんばるスパイス』気に入り購入。
往復8時間運転のカミさん、
ごくろうさん!

 

1月3日  金曜日

沖縄3日目。

温泉浴3度目念入りに体をケア。
とにかく体を何とかしなければ……。

チェックアウト。

アウトレットモール『あしびなー』へ。

「パパは『かいたいや』(買いたい屋)
 だから、皆さん好きなもの買いなさい!」
と皆に宣言。

「一度も買ったことない」
とカミさんとヴィヴィアン・ウエストウッドへ。

昼食、ソーキそば。


レンタカー返却。
那覇空港へ。
JAL便で帰途につく。

4日ぶりに帰宅。
東京の寒さを実感。

大晦日からテレビも見ていない。
新聞も読んでいない。

これから新春気分に。
ダイノジの
爆笑ヒットパレードの漫才。

あの大晦日の熱狂の夜の後、
朝から出演しているのだ。
エライなあ。

大晦日の深夜に放送された、
『久保みねヒャダ明けましてこじらせナイト 寿スペシャル』
SPIDERでタイムシフト視聴。

岡村ちゃんを一瞬、確認。




寺坂直毅さんの影響下に、
NHK「紅白歌合戦」、
完全視聴を試みる。

しかし、明日中に、
『水道橋博士のメルマ旬報』
の日記を書き終えなければ……。

それにしても、
大晦日から、
いまだ「DJダイノジ」で流れた曲が、
音が鳴りやまない。

幕間からのスズキ秘書の撮った映像を見て、
感慨に耽る。

51歳にして14歳にしてもらった。

改めて、ダイノジのふたり、
そして、ふたりを支えるスタッフ、
一生、嫌いにならないな。

 

1月4日  土曜日

9時起床。

『水道橋博士のメルマ旬報』の日記連載
『博士の異常な日常』、
4万字超えをぶっ通しで書き上げる。

誰に用がある、この量を!
と相変わらず思いながら。

昼、マッハスピード豪速球(ガン太、坂巻)が来宅。
ガン太と、かかりつけ医で薬。

沖縄で買った、
『やんばるスパイス』で、
カシミールカレーの2食を作成。

卓球初打ち。
11−4で王座防衛。


NHK『紅白歌合戦』
後半戦をマッハと一緒に。
20歳の世代差を感じながら。

『あまちゃん』157話の大晦日版に
素直に感服。

隣のマッハの二人は、
「ドラマ見たことないですけど、
 なんか凄いですね」と。

そこにも、へぇー!と驚く。

しかし、泉谷しげる、
差し歯が抜けたままの顔と
怒声に殺られた。

TwitterRT @u5u(てれびのスキマくん)
泉谷「(会場に来られるような)
恵まれたやつらじゃなくて、
テレビの前で苦しんでいる人のために
歌いたかったんだ!」
/泉谷 今度は観客にキレた
「手拍子はやめろ!」
紅白は「二度と出るもんか!」
(スポニチアネックス) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140101-00000062-spnannex-ent
----------------------------


娘、末っ子を連れて、眼鏡屋へ。
老眼鏡を、またふたつ。
老眼度数(ディオプトリー)+2.0に。

だんだんと、より見えなくなっている。

100均買い物ゲーム。

家族で鍋と、
末っ子の誕生日のケーキを囲む。

 

1月5日  日曜日

6時起床。

そろそろ通常運行。
朝の原稿書きを始める。


ナオミさん、来訪散髪。
家族と共に。
ニューヨーク・ドライ・カットのお爺ちゃん。


家族で焼き肉へ。


『週刊藝人春秋』の原稿書き。
大瀧詠一邸、来訪の逸話。
当時の録音テープを聴き比べる。

大瀧詠一さんは残した、
活字の記録も膨大だ。
僕の部屋にある
資料読みだけで一日が終わる。

この膨大な分母、
僕は分子ですらないな。

大滝詠一さんのことを、
ずっと思いを馳せていた。


スタローン×シュワちゃんの
新作映画『大脱出』視聴。

中2向け大味大作映画だが……。


映画『ヌイグルマーZ』視聴。

舞台は高円寺だ。

しょこたんは悶々とした
思春期を送った本人自身にしか思えない。
それは、俺も同じだ。

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る