『藝人春秋』特設サイト




3月1日  土曜日

9時起床。

3月なのに、まだ冬が続く。
身は凍る。されどショーは続く。


午前中、
いとうせいこうさんが出演している
WOWOWの生放送を見ながら、
スズキ秘書運転で、スタジオへ向かう。


13時半、江東区のWOWOW入り。

「WOWOW無料放送デー」11時間特番。

ジュニアが総合司会なのだが、
裏番組の事情あり、
急遽、ボクが2コーナーを司会することに。

しかも、1コーナー目のゲストが、
最終的に決まらず、急遽、
ボクが『メルマ旬報』プレゼンすることに。


松村邦洋くん、レイザーラモンRG、
と一緒に編集室で、
「メルマ旬報フェス」の映像チェック。


15時過ぎ、生放送スタート。

久々にお会いする内田恭子さん、
松村くん、RG、ご一緒。

バックの黒人のエアーバンドに
迎え入れられ入場。
全員、役者さんとのこと。

短い時間なので、
博士のエンタメ術として、
日本最大規模のメルマガ・メルマ旬報を紹介。
及び『メルマ旬報』フェスの話で終了。


生放送中に、
「博士のエンタメ極意を一言でいうと?」
と即興で回答を求められたRG……。

「白髪の人は 発言に重み増しがち!」

 

終了後、空き時間を利用して、
楽屋で打ち合わせ。

来週、地元倉敷で収録する、
NHK「ようこそ先輩 課外授業」の
ロケを想定しながら。


16時半、このあと共演する、
内田裕也さんがWOWOWに到着の報を受け、
岡崎Pに連れられ楽屋へご挨拶。

恐る恐る。

プライベートでは何度か面識はあるのだが、
番組で共演するのは初めて。

以前、『週刊藝人春秋』の記述で、
Twitterでクレームがついていたからだ。

昨年8月11日の裕也さんのツイート。

↓Twitter↓
----------------------------
水道橋博士君、
北野武氏の弟子と思ってシンバシーを持っているが、
何でも書けばいいってもんじゃない!
勝さんが松田美由紀嬢に数百万円!?『ボルボ』
俺だって言いたいことはある。
男は言っていいこと!悪いこと!CHOICEが必要だ!
ROCK'N ROLLは地下鉄に乗っている!!

----------------------------

あまりに意味不明であった。
何に怒っているのかわからない。

しかし、ここは土下座覚悟で楽屋へ入ると、
「オウッ!
 毎週、文春、読んでるよ。最高だな!
 君が文才あるとは知らなかった」

「いえ、一度、お叱りを受けまして……」

「いや、あれは勝さんのこと
 思い出して、俺も映画作りで、色々会ったの。
 それで怒ってたんだよ!
 キミにじゃないよ!」

と言われ、ホッとする。

殿がよくTBSで使っている、
裕也さんの人形についても、
大らかに笑い飛ばしていらした。


本番、裕也さんコーナーだが、
じっくりお話聞くには、
あまりに時間が短すぎる。

しかも、WOWOW、
釣りバカ日誌の一挙上映の番宣が続く。
「今日は釣りバカとロックバカの共演ですね」
と思わず口にする。

笑ってくれた。ホッ。

ビートルズとストーンズの話を。

「ビートルズの初来日の時、
 武道館で前座したんですよね?」

「前座じゃないよ。共演したんだよ!」

またしくじりそう。

でも、終始やさしく、
ピースフルで素晴らしかった。



19時半、帰宅。

明日に向けて体力温存。

 

3月2日  日曜日


10時半、スズキ秘書運転で、
千代田ビデオスタジオ入り。

NHK『総合診療医ドクターG』収録。

新たに、シーズン5に向けて、
まずはポスター撮影から。
今回は、二人共に探偵風に。

今日も長丁場だ。

一本目:主訴「手がしびれる」

ドクターG:池田正行先生
(高松少年鑑別所・医務課長)
ゲスト:石倉三郎さん、川上麻衣子さん。

池田正行先生の肩書が、
少年鑑別所の医務課長に。

以前から言われていたが、
病は人の体だけではない。
本当に社会の病巣まで
診ている人だ。

石倉さんに『藝人春秋』について、
「お手紙ありがとうございました」と伝言。

ゲストのお二人は、共に酒好きの医者嫌い。

今回、総合診療医の概念に接して、
認識を新たにするところ、
この番組の見どころだ。

 

二本目:主訴「手が震える」  

ドクターG:矢野晴美先生(自治医科大学付属病院)
ゲスト:眞鍋かをりさん、田中健さん。

感染症が専門の倉敷出身の女医さん、
普段は、英語で授業とのこと。

田中健さんも、
ごく最近、膵臓で1ヶ月の入院経験あり。
「そのときもケーマを離さなかったですね」
と赤江くん。

今回の病気、
海外旅行が肝だっただけに、
海外ひとり旅によく行く、
眞鍋ちゃんも興味津津の様子だった。


帰宅後、
長風呂。明日も早い。

 

3月3日  月曜日

6時起床。早い。

ガン太運転で、
雨模様の羽田へ。

羽田空港、ラウンジで、
かき揚げうどんをすする。

JAL便で岡山空港着。
岡山は晴れ。

瀬戸内海放送でメイク。

瀬戸内海放送
報・動・力』ロケ。

テーマ:
「イオンの買い物客を取り込め〜岡山の街を元気に〜」
11月開店し、
年間2千万人の集客を見込む
イオンモールの工事現場へ。

キャスターの多賀公人さん、
女性記者の芳川さんと共に。



県庁通り、西川緑地公園の
歩行者天国の社会実験について、インタビュー。

昼食、串揚げ『山留』で。

表町商店街の中で、
「中之町商店会」理事長の片山進平さん、
「NPOタブララサ」の河上直美さん、
「政策局事業政策課」の赤坂隆さん、
「岡山大学地域総合研究センター」
センター長の三村聡皆さん、
岡大の学生らと討論会。


商店街復興もテーマだが、
ボクに岡山での生活実感が、
無いままなので、
細部にわからないことが多かった。

 

ロケ終了後、
岡山空港、ロビーのマッサージ機で、
執拗に揉みほぐす。

本日開催のたかじんさんの追悼式の模様を
空港のテレビ『みやね屋』で視聴。

羽田空港、ガン太迎え。

帰宅後、
娘にお土産とひな祭りのお祝い。

深夜、
NHKの『ようこそ先輩』収録用の、
アンケート(年表)に書き込み。

小学生相手なので、
性的トラウマ部分は全部省いていく。

 

3月4日  火曜日

7時起床。
子供たちと食卓一緒。

末っ子の算数の暗算を、
一生懸命、娘が教えてあげる様子が、
可愛らしい。

ガン太運転で六本木へ。
道中、
Twitterで、
ビル・ロビンソン先生の訃報知る。
ええーー!

ロビンソン先生が
U.W.F.スネークピットジャパン」の
ヘッドコーチとして来日、
高円寺常駐以来、
何度も個人的にお話をした。

ボクがレスリングのクラスで
コーチを受けることはなかったが、
プライベートでは、家族を含めて、
良き話し相手になった時期もあった。

今月開催予定だった、
「15周年記念パーティー」のために、
来日に向けた準備をしていた、
宮戸優光さんが最も寂しく思うことだろう。


(2000年のスネークピットジャパンの河口湖合宿にて
 ※ちなみに右の男性は、TBSラジオの橋本P)

9時、『Tokyo Boy』ロケ。
「未来につなげ!東京開発プロジェクト!」

六本木、森タワーの
東京大模型の俯瞰図を前に。

元・日テレアナの
脊山麻理子さんの進行。


東京中心部を再現した1/1000スケールの
都市模型を前に、近未来の
東京の都市計画を聞いていく。


この模型は2002年から作り始め
今も頻繁に更新している。

「東京2020計画地図」の著作で、
東京都市計画研究会 顧問
えどがわ環境財団 理事長
東京の都市計画に詳しい
土屋信行さんの解説。

ミニチュアを前にしてゴジラ気分を味わう。
東京は常に変化と膨張を遂げている。


ロケバスへ乗り込み、渋谷へ。

確かに、見落としがちではあるが、
稲荷橋の近辺、渋谷川に水の流れはない。

今後の都市開発で、この川の流れをつくり、
遊歩道、リバーサイドを開発していくとのこと。


移動。
虎ノ門と新橋を結ぶ環状二号線が貫通する、
そのトンネルの上に立つ、
完成前の虎ノ門タワーへ。

52階建て 高さ247mの威容。
上層部から、ホテル、住宅、事務所、
カンファレンス、商業施設を整備する計画。

いまだ建設中の環状2号線トンネルの中へ、
ロケスタッフ一行で潜る。

新橋、汐留へと通じる、
開通直前のトンネルを徒歩で通り抜け、
ロケ終了。


しかし、このロケの間、心ここにあらず、
東京ドームから転がる石の歌声が、
既に聴こえているのだ。


一旦、帰宅。

斎戒沐浴後、
ストーンズTシャツを着こみ、
18時、ガン太運転で東京ドームへ。


今日の日を見据えて、
岡村靖幸さん&近藤さん、
園子温監督、スズキ秘書、
をボクが招待した。

アリーナ席3列5番。

GG席を除けば、
殆ど、かぶりつきの席、
これは西寺郷太くんのおかげ。

本番前に、偶然にも甲本ヒロトと遭遇。

今回、初日にも来ていたはず。

「本当に、毎回、来てるんだね!」

「ストーンズの初日を見た後、
 ニュージーランドで、
 ブルース・スプリングスティーンを2回見て、
 その足で、ここに戻ってきたんだよぉ!」と。

なんというロック中年ライフか。
まさに本人が転がる石だ。


開演時間の18時半を過ぎても、
始まる気配なし。

一緒の席で観るはずの
園監督、岡村さん&近藤さんも
到着が遅れているようで、心配になる。

開演ギリギリに全員と合流。


19時開演。
「ザ・ローリング・ストーンズ 14 ON FIRE ジャパンツアー」

********************************

--セットリスト--
Start Me Up
You Got Me Rocking
It’s Only Rock ‘N’ Roll (But I Like It)
Tumbling Dice
Angie
Doom And Gloom
Silver Train (Fan vote - with Mick Taylor)
Honky Tonk Women
Band Introductions
Slipping Away (with Keith on lead vocals and Mick Taylor joining on guitar)
Happy (with Keith on lead vocals)
Midnight Rambler (with Mick Taylor)
Miss You
Paint It Black
Gimme Shelter
Jumpin’ Jack Flash
Sympathy For The Devil
Brown Sugar

--アンコール--

You Can’t Always Get What You Want
(I Can’t Get No) Satisfaction (with Mick Taylor)

********************************

72歳で踊りまくり、
巨大セットを走りまくる
ミック・ジャガー!

不死身の体力、驚異以外何者でもない。
怪物的だ。

顔は完全に蝋人形の
キース・リチャーズ。

ソロパーツも歌う。
初日よりも「動いている!」
との感想が多かったようだ。

もはや、動いているだけで、
ここまでのありがたさ。
往年のジャイアント馬場だ。

最年少のロン・ウッドですら、66歳だ。
まさにレジェンドを覗き見る。

最後のサティスファクションで大満足。
半生記も前の曲だが、
どこが満足できない、大満足だ。

2時間、立ちっぱなしだったが、
疲労も感じず。

ドームを出たところで、
再び、甲本ヒロトと立ち話。

タクシー移動で広尾へ。

イタリアン『APPIA』で食事会。
この店は、
来日中のミック・ジャガーも訪問とのこと。

赤ワインを飲みながら四方山話。


帰途、同乗した園監督を
ご自宅までお送りして、帰宅。

しばらく岡村靖幸の楽曲を聴きながら就寝。

TwitterRT @guscott12(スズキ秘書)
ストーンズのライブ、開演前のこと。
席を探すハカセ氏の元に、
近くに座っていた帽子と
マスクをした男性が近づいてくる。
ハカセ氏はすぐに気づいて無かったので
「ヒ、ヒロトさんですよ!」と小さく耳打ち。
久々の再会で抱擁する二人を見られて、
すでに大満足。

そしてライブ。
横目にするとあの方が視界に入ってしまうという、
嬉しいんだか勿体ないんだか
ワケが分からない状況だったが、
いざ始まってみればメンバーの演奏、
そして歌声!
魔法にバッチリかかった。
(ミッドナイト・ランブラーの時は横目になったけど)
ストーンズはバケモノってホントだった!

終演後の遊歩道でハカセ氏、
再び声をかけられる。
「水道橋で水道橋博士と会えるとはなぁ〜」
岡村さんとはお互いに気付かず、
接触ナシ。惜しい。
横にいた園監督を紹介、握手。
流れで僕も握手していただく。
ヒロトがデザインした
ストーンズTシャツを着ててよかった!
----------------------------

 

3月5日  水曜日

9時起床。

11時50分、
ガン太運転で、恵比寿のスタジオへ。

12時半から「プロピア」
紙面広告撮影。

メイク、すっかりお馴染みのナオミさん。
ニューヨーク・ドライ・カットを施してもらう。

スタイリストの3人娘も集結。

白髪姿のままの背広姿は、
まるで、北方謙三気分。


衣装やセットを変えながら撮影。



撮影終了後、
雨の中、恵比寿のスタジオから移動。


16時、紀尾井町・文藝春秋へ。
文春・長谷川くん、ライター井上ダイスケくん、
スズキ秘書、合流。

「週刊藝人春秋」読み合わせ。
青山繁晴さん1のみで。

19時、帰宅。

明日も早い、就寝。

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る