『藝人春秋』特設サイト




3月11日  火曜日


7時、ホテル起床。

この日は、丁度、3・11より3年目だ。


『課外授業 ようこそ先輩』
ロケ2日目

8時迎えで老松小学校へ。

教室を借りきり、
今回授業する6年い組以外の
他のクラスの6年生と懇談会。

質疑応答。
もはや、「たけし軍団」も知らない。
40歳の世代差は大きいなぁ。


6年い組で2日目の授業。

昨日、宿題として、
家で書いてきてもらった、
親御さんの書き込みを眺める。

その一つ一つの書き込みが素晴らしい。


その後、この年表に、
グループに分かれて、
友達同志の想い出を書き込んで貰う。

年表回収し、給食後、
体育館にクラス全員の年表を並べる。
その数、書き込み、壮観。


それをまず俺が見比べ、
子供たち相互に鑑賞。

授業の目的は「承認」だ。
皆、違ってみんな良いのだ。


収録終わりに、
子供たちから、
この2日の授業に対して、
感謝の文集を頂く。

不意打ちだったが、
文章を読んで逆に俺のほうが
「承認」を頂く感。

企画段階から長い仕事であったが、
深く報われた気持ちに。


明日に向けて、岡山駅中でラーメン食して、
大阪前乗り。
常宿にチェックイン。

 


3月12日  水曜日

8時、ホテル起床。

昼、ホテル内で、
ひとりで煮込みハンバーグ。

『いいとも』のエガちゃんが、
13年ぶりに出演しているのを偶然見る。


15時、徒歩でABCラジオ入り

武田和歌子のぴたっと。』生放送
パーソナリティー:
武田和歌子さん、井之上チャルさん、ご一緒。


毎回、意味不明なことをやっているのだが……。

TwitterRT @michio_now
3月12日ABC「武田和歌子のぴたっと」
水道橋博士「年表12」
老松小で年表/高田笑学校/ガラパゴス漫才
ツービート襲名/浅草キッド造反/早稲田アドリブ受験
慶応塾長「ここは学問の場」/爆問・田中と殴り合い
5月5日「下北沢男の子まつりSP」
高田「やんちゃをし続けるのが男の子」
----------------------------


終了後、局内を移動。

16時50分、
ABC『キャスト』生放送。

出演:伊藤史隆アナ、
森永卓郎、三輪弁護士、ご一緒。

・一気に暖かく…花粉大量飛散
・マレーシア機不明 深まる謎
・ベア妥結
・生駒市の斬新採用チラシ

【フォーカス】amazonのヒミツ
【中継ウチきて!】階段屋根に住む家
【特集】女性新人白バイ隊員の旅立ち
【なんでやねん】プロ野球選手名鑑に…?

などにコメント。


新大阪駅、十三『やまもと』の
ねぎ焼き、豚玉。

東京駅からガン太迎えで帰宅。
3泊4日の遠征終了。

 

3月13日  木曜日


6時起床。

ガン太運転で、渋谷・NHK入り。


8時、NHKラジオ第一『すっぴん!』生放送。
アンカー:藤井彩子さん、ご一緒。

おたよりテーマは
「書いています!」

ボクからのリクエスト曲は、
ザ・ブルーハーツの「ラブレター」


Newsまるかじりのコーナーは、
NHK解説委員の安達宜正さんによる、
「内閣改造発言の狙いは?」について。

フードコートでは、
料理研究家の小田真規子さんに、
豚バラ料理を振る舞っていただく。


ボクのミニコーナー・博士の愛した日常は、
「年表作り」について、

先日の『ようこそ先輩』ロケも絡めてトーク。


10時台のインタビューコーナーは、
ゲストに鈴木おさむを迎えて。
事前収録だったので、後日談など交えながら。


4時間の生放送終了後、
打ち合わせ&反省会。

一旦帰宅後、仮眠。



16時、春の嵐の中、
再び、ガン太運転で、
新橋のスタジオへ。

メ〜テレ『哲人の告白』Ma録り。
#099 松尾たいこさん(イラストレーター)
#100 岩崎恭子さん(スイミングアドバイザー)

♯100を終えて、
とりあえずナレーション卒業。

スタッフより数々の勿体無い記念品を頂き、
感無量。


『コンタクトカフェC』の時から、
心相通じていたスタッフだったので、
また何時か、何か一緒に仕事するだろうという
予感とともに散会。

『哲人の告白』
100人分を一冊にまとめた特製本。


福井利佐さんの「つばめの切り絵」
早速、リビングに額装しよう。


帰途、ガン太と、
新中野の『やるき』でカレー。


本日、「週刊文春」の発売日。

ボクの連載「週刊藝人春秋」44
青山繁晴(1)への感想を、
ありがたくリツイート。


TwitterRT @manaview(碇本学くん)
『週刊 藝人春秋』 は青山繁晴さん(1)
青山さん本業以外も凄いのだが
その過剰さに博士さんは
惹かれてしまう気質&書き残したいのだろう。
柳田國男のいう神隠しに
逢いやすい気質みたいなイメージ。
博士さんも充分すぎる以上に過剰だが。
----------------------------
TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家さん)
文春の週刊藝人春秋、青山繁晴さん。
能ある鷹は爪を隠すを地で行くかのようなお方!
上げられている肩書きだけでも片手じゃ足りないし。
これ程つづきの気になる締め方もない!来週も楽しみ。
----------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
「 週刊藝人春秋」
ついには青山繁晴さんが登場。
第1話に出てきた
”橋下徹”の出直し大阪市長選(3月23日投開票)
に向けて…これまで散りばめられて来た伏線が
まるでオセロをひっくり返す如く回収されて(第1部が完)
----------------------------
TwitterRT @kaymiyazaki(宮崎くん)
藝人春秋拝読。青山繁晴さん、
収録後に出演者、博士のマネージャーから付き人、
客席全員と握手するとは!
それは視聴者には伺い知れない事、感激しました。
放送でも、彼は慎重に言葉を選びますが、
保身の為ではなく、
己の責任でより的確に伝える為である事が伺えます。
----------------------------
TwitterRT @s_uemura
水道橋博士のコラム
『週刊藝人春秋』は青山繁晴さん。
博士が言う「青山さんだけはガチ!」
はその通りですね(^_^)v
江口寿史の青山さんのイラストも良いしぜひ一読を。
----------------------------
TwitterRT @acperience313
週刊藝人春秋・
この方と博士の降板騒動後のラジオで
経歴を知ったが、まさにガチ。
ガチ相撲があったら
草野仁さんと戦って欲しいと思ったくらいガチ。
序章に違いない。
もっと仰天エピソードが綴られるに違いない。
「皆さーん!いっしょにかんがえましょー!」
就寝前イヤホンで聞くと逆に寝れない。
----------------------------
TwitterRT @massy1959
週刊藝人春秋は全てにおいて過剰でガチでマジな
青山繁晴さんの登場。
この人はやはり真摯に紳士なのであった。
ブラウン管やスピーカー越しの姿もさることながら
ベールに包まれた私生活も
何やら博士の好きそうな匂いが。
連載終盤に来て最高峰への登頂を
目指す博士と伴走するつもりで来週を待とう。
----------------------------
TwitterRT @keibahouihan
水道橋博士の「週刊藝人春秋」は青山繁晴。
オスマン・サンコンの視力が
かつて6.0あったという一文があるけど、
サンコンさん、たしか長い日本での生活で
いまは視力0.9だかだったはず。
っつーか、視力ガタ落ちじゃねーか!
----------------------------
TwitterRT @acperience313
「2014/03/13 ザ・ボイス 青山繁晴」
http://youtu.be/1j_Ka5EcyPU
早速週刊藝人春秋の件に触れている。
何回にわたるかわからないが、
発売日と放送日が重なっているのでしばらく楽しみ。
----------------------------
TwitterRT @mkbktm
週刊文春、清原ネタの続報なかった。
博士の藝人春秋は青山繁晴の1回目。
NOマネー降板の事情も気になるし、
時折垣間見えるぶっとんだ素性や武勇伝もすごそう。
----------------------------
TwitterRT @tnbk_1977
『週刊藝人春秋』青山繁晴(1)
これこれ!こういう普段
テレビ観てるだけではわからない
”まだ見ぬ強豪”の素性に迫るルポが
醍醐味なんだよなー。
この連載で好きになった人も多いし、
青山さんも魅力あるなー。
最後の展開!続きが気になるっ!
----------------------------
TwitterRT @mhcko
水道橋博士『藝人春秋』
「あ、さすが博士…ニヤリ」
数年前から気になっていたのだ。
地頭の良さそうな顔と自信のある語り口、
コメント以外は終始穏やかな表情、
肩書き見てもサッパリ何屋か分からない人…面白い!
…55周年記念号をどうぞ( ̄∇ ̄)
----------------------------
TwitterRT @pearljapan
今週号の文春に掲載されてる、週刊藝人春秋、
テーマが青山繁晴さんだw しかも(つづく)だって
青山さんだけはガチ!
----------------------------
TwitterRT @Alveolar_Ridge
水道橋博士『藝人春秋』読了。
ついに青山さん登場。
10年前なら、宮路社長や草野さんみたいに
仕掛けたんだろうなぁ。
でも青山さんはキッドの思うようには
ならなかっただろうけどw
二人のファンとして、連載楽しみにしています。
----------------------------
TwitterRT @kazuogu0519
週刊藝人春秋。青山繁晴の回(1)。
危機管理のスペシャリストは
自分の危機管理は一切しないガチな方。
場に合わせた発言をしないが故に言葉は良く響く。
ある番組でなぜ自分をよく見せようとしないのか?
との問いに対する答え。
「よく見せても100年後には土に還っているでしょ」
----------------------------
TwitterRT @ust_yokohama
#voice1242 で言っていた
水道橋博士の藝人春秋を読むため、
普段は手を出さない週刊文春を買ってみた。
『青山繁晴(1)』8Gを戦闘機で体験した男。
是非100回はテーマに取り上げて欲しいデスね。
----------------------------
TwitterRT @terrykamo
藝人春秋『青山繁晴』読了。
博士の筆が今週も冴える。
憂国の士・青山氏、雄国の志を抱き
舌鋒鋭く切り込むリアルガチな論客、
メディア露出は西高東低、
関東住民には中々その勇姿が見られないのが残念。
そんな青山氏が現在同行秘書を募集している。
興味深 http://www.dokken.co.jp/recruit/general_affairs.php
----------------------------
TwitterRT @beanq0916
週刊文春2014年3月20日 55周年記念号 最新号 -
週刊文春WEB  
水道橋博士さんの藝人春秋の青山繁晴さん編は面白い!
----------------------------
TwitterRT @mewkosan
毎週楽しみな 週刊藝人春秋。
『青山繁晴 (1)』"青山さんだけはガチ"
皆んなに握手してしまうなどサービス精神旺盛な紳士。
博士の好奇心をくすぐるまだみぬ強豪…
最後の電話の件…一体何なの??気になるーーっ!
----------------------------
TwitterRT @sen___chen
水道橋博士の週刊藝人春秋。
・・その日を境にしての降板
・・壁の薄い隣の楽屋から漏れ聞こえる会話も
・・って博士自身とメチャ被るやん
・・公安って免許証 ヤっちゃったの??(笑)
・・続きが気になる。
雛壇芸人やめて日本海潜って
メタン・ハイドレートを横取るつもりだろうか??
それはないか(笑)
----------------------------
TwitterRT @crossover_wata6
偽ベートーベン騒ぎはもちろんのこと、
STAP細胞おねえさんの件ももうお腹いっぱいに。
そんななか、水道橋博士が描く
青山繁晴氏の文章が面白い。
この人を6年ほど前に知ってから
断続的に注目してきたが、全く飽きない。
たぶん私はこういうアツい人が基本的に大好き。
自分がアツくなれないからか。
----------------------------

 

3月14日  金曜日

9時起床。

TwitterRT @yoneoman
可能な限りの内容で配信です。
関係者の皆様御協力有難うございました!
〜史上最大級のメールマガジン
「水道橋博士のメルマ旬報」初イベント!!
「メルマ旬報festival!」
無料動画サイトW流にて配信!+ http://prt.to/1fVcEul

----------------------------

WOWOWのWEBコンテンツ「W流」で、
『メルマ旬報フェス』がオンエアになった模様。

オオトリの岡村ちゃんのところ、
映像がなかったりで、
要所、要所、細切れになるが……。
スタッフの皆さんには、心から御苦労様だ。



スズキ秘書運転、
19時、半蔵門・MXテレビ入り。

TwitterRT @nishinona(西野直樹さん)
MXテレビ&ひかりTV『ニッポン・ダンディ』金曜日。
テーマは「人を喰った映画」!
なぜホラー系映画には、
人を喰うカニバリズム描写が多いのか?
その秘密を研究し
「タブー、格差社会、コメディ、ゾンビ、恋愛、モンド映画」
等の切り口で高橋ヨシキ、水道橋博士、園子温らが語ります

----------------------------

21時、『ニッポン・ダンディ』生放送。

出演:園子温、高橋ヨシキ、関谷亜矢子、
サヘル・ローズ、ダイアナ・エクストラバガンザ、ご一緒。


ダンディジャッジは、
「あなたは“特別な物”を食べた事がありますか?」

ニュースコーナーは、
・老舗映画館(吉祥寺バウスシアター)閉館
・園監督が見た被災地について。

映画解釈コーナーのテーマは
「人を喰った映画」

『進撃の巨人』のような巨人が、
人を食べるものではない。
人が人を食べる映画の特集だ。

まさに人を喰った企画だった。

 

3月15日  土曜日

9時起床。

映画
それでも夜は明ける』(公開中)、




そして、
アクト・オブ・キリング』(4/12〜公開)、視聴。


どちらも人類史の中の暗部であり陰鬱なり。

「オマエには地獄でも俺には天国なんだよ!」
などという台詞の現実に耳も目も塞ぎたくなる。

だからこそ、今、他人事でなく、
見なければらない映画だ。



午後、近所の開放プールへ。
水中ウォーキング。

カミさんと長男、
サッカー部の懇親会へ。

娘と末っ子と留守番。

 

夜、前田日明との共演した
BS朝日『極上空間』を視聴。

当然のことながら、
ロケは長時間廻したが、
ON AIRの会話は一部だ。

前田日明が子供の話を、
柔和な目で語っているところだけでも、
幸せな気分になる。

TwitterRT @iijjiji
3/15(土)22:59 BS朝日
『極上空間』“前田日明×水道橋博士”
格闘王が語るアントニオ猪木との出会い
〜引退興行の裏側まで秘話満載!
http://goo.gl/z01GHK
----------------------------
TwitterRT @Mrpaleshelter
前田日明と水道橋博士、
10年ほど前にサムライTVで対談した時は
前田が葉巻吸いながら
かなりのピリピリ感を発していたのに、
今回のドライブ対談は、ほんと優しい顔してたし
博士の話をすごく丁寧に聞いているかんじだった。
にしてもやっぱり人間的魅力、すごいな。
----------------------------

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る