『藝人春秋』特設サイト



1月11日  日曜日
 
 

午前中、
『サンジャポ』、『ワイドナショー』視聴。
いつもの日曜日に戻る。
 

高井戸の『美しの湯』へ。
プールで、45分1.2キロの水泳。
これは頑張った。
 

SPIDERで、
TBS『チーム有吉』、
テレ東『山田孝之の東京都北区赤羽』(第一話)、
タイムシフト視聴。
 
『チーム有吉』は、
藤井健太郎Dの悪ノリぶり。
『山田孝之の東京都北区赤羽』は、
松江哲朗監督、山下敦弘監督の
やりすぎが伝わって微笑ましい。
 
オモテウラで実に実験的な番組2本だ。

 
NHKの『SONGS』は、「中森明菜 歌姫復活」
紅白出演の裏側で、
こんなドキュメンタリーを撮っていたとは。
 

写真集『たまきはる』(神藏美子/リトル・モア)
読了。
 

 
 
**************

私生活を赤裸々に綴った前作の
写真集『たまもの』から12 年、
神藏美子の新作『たまきはる』が1月16日に刊行されます。
また、その写真集のなかから「父の死」をテーマにした作品を
展示する展覧会『たまきはる- 父の死』が、
1月25 日まで恵比寿のNADiff GALLERY にて開催中です。
写真集と展覧会から見えてくるものとは……。
 
『たまきはる』は、写真集と呼ぶには
ボリュームがありすぎる厚さの全232 ページ。
表紙には、神藏美子の夫で、
『写真時代』や『パチンコ必勝ガイド』で一世を風靡した編集者、
末井昭の横顔の写真。末井の耳には十字架のピアスが見え、
横長の白い帯に赤い文字で書かれた言葉は
「神さまがいるとしたら、ここ」。
表紙をめくると、雨に濡れた葉、窓ガラス越しに見上げるネコ、
バドミントンに興じる末井昭……と7枚の写真が続き、
その次のページには余白たっぷりのスペースに
下記の文章が記されています。
 
「神さまは、いるの」と、なぎちゃんに聞かれた。
「うん、神さまは、いるよ」
「わたしのこと見ているの?」
「うん、見ているよ」
「『神さまは、感謝するものに、より多くの恵みを与える』
って聖書に書いてあるよ」
 
左ページには、どこか悲しそうな表情で
口に手をあてるクリエイターの野田凪の写真。
ここまでで、11 ページ。そのあとはもう、
ページをめくる手が止まりません。
 
銀杏BOYZ のライブで涙ぐむ青年。
搬送先の病院で横たわる父親。昔の家族写真。
末井昭との日常。障害者プロレスのがっちゃん。
試写室の田中小実昌。イエスの方舟の千石剛賢。
『パチプロ日記』の田山幸憲。そして寺山修司。
写真と文章がシンクロし、父とは、夫とは、家族とは、
友達とは、神とは、といった問いかけが続きます。
 
230 ページに書かれた最後の6行にはしびれました。
「パパ、愛してる」の一文で写真集は終わります。
この言葉を紡ぐために、前作から
12 年の月日が必要だったのかもしれません。
 
最初から最後まで、写真と文章の並べ方が絶妙だと思っていたら、
奥付に「本文レイアウト」として、末井昭の名前。
なるほど、嫉妬したくなるほど構成がうまいわけです。(Pen 編集部)
 
**************

 
宗教的な趣さえ漂わせる写真集。
写真に吸い込まれ、
添えられた文字を神々しく読み込んでしまう。
 

 
テレビ朝日『劇的ビフォーアフター』
(立川談志が愛した旧邸〜完結編)
 
桜の大木を残した、見事なリフォームだが、
しかし、立川流は一本にまとまるのかしら?
 
 
RT @m_kac(エムカクさん)
『なるみ・岡村の過ぎるTV』(朝日放送)で、月二回配信されるメルマガ『水道橋博士のメルマ旬報』で連載中の「明石家さんまヒストリー」の話題を出していただきました!これからも一所懸命調べて、書き続けていきます!


 
----------------------------
 
 
《 フランス紙風刺画転載…独新聞社が放火される けが人はなし 》
《 東京でも「私はシャルリ」フランス語学校で400人追悼集会 》
《 大相撲・遠藤 初対決のライバル・逸ノ城を一蹴、白星発進 》

 
 

 
1月12日  月曜日 成人の日

 
本日は成人式。
 
オレ自身は、20歳の時、
東京で一人やさぐれていたなぁ。
成人式には当然、出席すらしなかった。
何も思い入れもないよ。
 

昨日に引き続き、
高井戸『美しの湯』へ。
 
水泳。
1.5キロ。50分。
やれば出来るではないか、オレ。
 
今年は、一年で、
のべ100キロは水泳すると目標にする。
多賀さんのアドバイスが刺激になった。
 

テレ朝『TVタックル!』
(18歳はオトナか?コドモか?徹底討論SP)。
 
最後にゲストの18歳の俳優さんの
「若い子たちってみんな怖いものがないんだと思います!」
という発言を、殿がたしなめるところがキモだった。
 
「なぜかというと、あなた達は(番組の)ゲストだけど、
 わたし達は(番組の)主催者側なの。
 これがもし俺の弟子になってみな、
 半殺しの目に遭うよ!」
 
いかにも殿らしい締めの言葉であった。
18歳、震え上がっていたなぁ。
 
 
《 「テロに抗議」デモ仏史上最大370万人 イスラム教徒も参加 》
《 サッカーアジア杯・日本代表がパレスチナに4―0圧勝 》
《 高校サッカー・星稜が前橋育英を破り、創部48年目で悲願の初優勝 》
《 「6才のボクが、大人になるまで」作品賞など3冠 ゴールデングローブ賞 》

 
 

 
1月13日  火曜日

 
12時、スマートハウジング豊洲フレックスへ。
 
フリーペーパー取材。
旭化成のヘーベルハウスの「二世帯住宅」見学。
 

 
 
ヘーベルハウスには元々、好感がある。
ダンカンさん宅の新居は、
ボクが推奨した二世帯住宅のヘーベルハウスだ。
 
1階〜3階まである、
モデルハウスを説明してもらいながら、
新素材の進化、行き届いたバリアフリー、
二世帯や夫婦、子供への細やかな配慮に、
「オレんちに足りないものだらけ!」とガク然。
 
我が家は築15年……。
オレが独身時代に建てた注文建築なので、
若気の至りだらけ、
どうしても、女性や老人目線が欠けている。
 
今回、住まいの集合知のデザインの反映について、
いろいろ考えさせられた。
 

今日の取材、
聞き手がメルマ旬報執筆者の
「やきそばかおる」さんであった。
一緒に仕事をするのは初めて。
 
至って真面目な取材だったが、
いつも奇天烈な原稿を書いてもらっているので、
ちょっと不思議な感じがした。


 
 
TwitterRT @yakisoba_kaoru(やきそばかおるさん)
年甲斐もなく、ちょっと緊張してしまいました。すみません。


↑いやいや、嬉しいような誇らしいような気分ですよ(笑)
----------------------------


終了後、
そのままモデルハウスで、
フジ深夜『ムチャブリ!スタンパー!!』
コメント撮り。
 
ボクが出演した以前の回で、振っていた、
消しゴム版画家で、浅草キッドの元マネージャー
とみこはんのLINEスタンプが完成。
 
猫ベースのスタンプ42種、
使い勝手が考えられていて可愛らしい。
これは大いに推薦したい。

 
マクドナルドの不祥事を聞いているうちに、
帰途、なぜか逆にマックが食べたくなる。
 
ジャンクフードでも食べたい時に食べる!
ま、一年に一回くらいだ。

 
NHK『クローズアップ現代』(ヘイトスピーチ)
ようやくNHKでも本格的にとりあげてくれた。
 

加藤シゲアキくんの小説
『ピンクとグレー』映画化の報。
めちゃ楽しみ。
 
 
《 銃撃の仏週刊紙 次号風刺画載せ300万部大増刷、反発懸念も 》
《 Cロナウド 2年連続3度目バロンドール リーガ&欧州CL得点王 》
《 芸能プロ会長の石井光三さん死去 83歳 ラサール石井ら所属 》
《 NEWS加藤シゲアキ処女作「ピンクとグレー」が映画化、監督は行定氏 》

 
 
 

1月14日  水曜日

 


のぞみ新幹線で大阪へ。

 
16時58分、ABC『キャスト』生放送。

キャスター:伊藤史隆アナ、塚本麻里衣アナ。
ゲストコメンテーター:森永卓郎さん、松尾翠さん、ご一緒。
 
・おばちゃんたちの大戦争 質流れ市開幕!
・「都構想」国のお墨付きへ 市民の素朴な疑問
・無断看板議員「全額返す」と断言したはずが…
 
【フォーカス】家庭の不用品 無料で譲ります
【中継ウチきて!】有馬温泉 炭酸ソーダ専門店
【エール117】舞子高校OGの防災「ドボジョ」
【なんでやねん】
・しゃぶしゃぶ鍋があの形なの?
・糸こんにゃくがこんなに長いの?
・ラーメンの鍋に卵がこびりつくの?
 
などにコメント。

 
東京にいると、鈍感になるが、
5月17日の大阪都構想の住民投票が、
いかに後戻りの出来ないものなのか、
その重大性に理解できたが、
にしても、橋下市長、よくあの死に体から、
ここまで盛り返したものだ。

 
ホリエモンの最新刊
『我が闘争』(幻冬舎)、読了。


 
 
角川春樹も「我が闘争」というタイトル
の本を書いたが……。確かに相応しいタイトルだ。

 
TENGA』の贈り物、届く。
10周年記念のプレミアム仕様。
 
超うれしい、毎年恒例のお年賀(おテンガ)だよ!


 
 
 
《 アルカイダ系武装組織 フランス週刊紙銃撃事件で犯行声明 》
《 道路標識の矢印ぐにゃり 「アートの目的」でシール貼った女逮捕 》
《 葛西臨海水族園でマグロ大量死 2カ月半で159→30匹に激減 》
《 アギーレ監督八百長の告発受理…マルカ紙報道、アジア杯へ影響必至 》

 
 

 
1月15日  金曜日
 

雨模様、冷たい雨だ。
気温も沈んでいる。
でも、今日は朝から気持ちは高ぶっている。
 
自主トレ。

「♪始めるよ
 準備はいいかい?
 やらかすぜ
 そいつが可能性
 悲しむより踊りまくって
 奇跡の日々を始めようぜ!」

BGMは、サンボマスターの
「ミラクルをキミとおこしたいんです」だ。

 
夜、銀座へ。

毎年、盆暮れ恒例の殿との食事会だが、
年末年始の殿のスケジュール多忙につき、
ようやく本日、開催。

2015年初の社長会――。
浅草キッド(社長)が、
ビートたけしという芸人さんを囲んで、
最高級のお寿司をつまみながら、四方山話。
 
タイの国民的英雄、
ウドム・テーパーニットの話。
まだ47歳だが、
俳優兼アーティスト兼コメディアンで成功した、
「タイのビートたけし」みたいな人がいるらしい。
 
西島秀俊さんの話、
ボクシングの話、
そして……
立川談春著『赤めだか』がTBSでドラマ化、
主演が二宮和也くんで、
談志師匠役を殿が演じることになった(!)
話などなど。

殿に、今年のスケジュールをお聞きし、たまげる。
3日後に68歳になろうという方とは思えないなぁ
 
高級車に乗り込む殿に、
いつものように、ポチ袋を手渡す。
これを続けられよう、
この一年を頑張ろう。
 

帰宅後、
サザンオールスターズ桑田佳祐さんの、
謝罪文を目にする。
 
残念というか、
桑田佳祐ほどの偉人を同じ土俵に入れるなよ。
 
 
《 商品につまようじ刺す、犯罪動画投稿19歳少年に逮捕状 》
《 芥川賞に小野正嗣さん、直木賞に西加奈子さん決まる 》
《 日本サッカー協会・アジア杯後のアギーレ監督解任へ 》
《 サザン桑田 年越しライブの演出謝罪「充分な配慮足りず深く反省」 》
《 国生さゆり元夫、保険金詐取容疑で逮捕状 高級車傷つける 》

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る