『藝人春秋』特設サイト




2月11日  水曜日


 
昼、東京駅へ。

のぞみ新幹線移動で大阪へ。
 

16時56分、ABC『キャスト』生放送。

キャスター:
伊藤史隆アナ、塚本麻里衣アナ。
 
ゲストコメンテーター:
森永卓郎さん、松尾翠さん、ご一緒。
 
・祝日の観光地で…車突っ込み炎上し運転手死亡
・“春間近”寒さ一転暖かく…でも週末は?
・奈良で宿が足りない!閑散期でも観光客増加
・小5殺害 刃物から血液反応…凶器はククリナイフ

【フォーカス】飛び込み界の新星 世界へ跳ぶ!
【中継ウチきて!】和歌山みなべ梅まつり
【特集】古民家保育園 なぜ休園?
【なんでやねん】ボウリングの球が重すぎる


東京-大阪の往復車中、
坂口恭平の新刊
『ズームイン、服!』(マガジンハウス)を読み耽る。
 
ボクも総理の鬱中、一章を代打で書いているのだ。
 

 
 
帰宅したら、
ちょうど、『DOMMUNE』に坂口恭平が。

「『徘徊タクシー』第26回日本ファンタジーノベル大賞
受賞記念パーティー」ということで、
遅くまで、DJと演奏をしていた。
 
本日、カミさんの誕生日。
 
しかしカミさんは病床、
子どもたちを隔離し就寝。
 
いい事ばかりはありゃしない。
 
 
《 無人機で攻撃か 「イスラム国」幹部ら8人殺害を確認 》
《 日本バスケット協会・bj、川淵案は「私見」 来季は従来通り開催意向 》
《 辰吉次男・寿以輝、4月デビュー決定!バンタム級岩谷と対戦へ 》
《 中村うさぎ氏「5時に夢中」降板…美保純の芸歴に触れる発言が発端 》
《 谷原章介「アタック25」3代目司会 40周年新たなスタート 》
 
 

 
2月12日  木曜日
 
番組台本チェック。
下準備。
 
ウォーキング&1km水泳。
 
『藝人春秋』文庫版に、解説文を頂く。
一読、素晴らしい!
 
ロマン優光の新書
『日本人の99.9%はバカ』(コアマガジン)、読了。
 

 
 
ロマン優光は論理的だ。
百田氏の分析が、冷徹。
 
小林よしのり
『ゴーマニズム宣言SPECIAL 新戦争論1』(幻冬舎)、読む。
このシリーズは長く読み継いでいる。
 

 
 
テレ東『永遠の0』ドラマ版、第一話 視聴。
原作も映画も観ていないので、
もろもろ、発見あり。
 

ニッポン放送で、
『マキタスポーツのオールナイトニッポン』が実現。

 
昨日に引き続き、カミさん隔離。
子どもたちと風呂。
 
読売テレビの清水健アナの若奥さまの訃報、
29歳の奥さんは、
ボクもお世話になった大阪のスタイリストさんだ……。
合掌。
 
 
《 韓国ナッツリターン事件・令嬢に懲役1年。執行猶予つかず 》
《 渋谷区長「多様性が活力生む」、同性パートナー条例案を発表 》
《 最後の「トワイライト」切符即完売→即ネット出品100万円超 》
《 女子サッカー・なでしこ、MF澤穂希 W杯前哨戦代表メンバーから漏れる 》
《 NHK「マッサン」自己最高更新24・6%!“直訴出演”北大路効果? 》
《 読売テレビ・清水アナの妻、夫人が乳がんのため死去 》
 

 
 

2月13日  金曜日
 

10時起床。
ひとりで定食屋へ。
 

資料整理。

 
19時、半蔵門・MXテレビ入り。

21時、『バラいろダンディ』生放送。

出演:島田洋七師匠、湯山玲子、
関谷亜矢子、ダイアナ・エクストラバガンザ、ご一緒。

オープニングのニュースランキング、
「プエルトリコで太った子供の親に罰金案」
など話題にコメント。
 
特集は「音楽映画」。

講師に高橋ヨシキさんをお迎えして、
音楽映画の変遷などレクチャーして頂く。

「映画音楽は、
 映画初期のサイレント映画の時代からあった。
 当時は、映画館にピアノや雷の音とか
 爆発の音とかが出せる特殊なオルガンがあって
 効果音を鳴らしながら演奏するという方法が取られていた。
 そして大規模な作品になると映画館に、
 オーケストラピットがありオーケストラを入れて
 演奏しながら観るというスタイルがあった。
 有名な例が1927年公開の『メトロポリス』。
 ベルリンでプレミアをやった時に、
 劇場で演奏したスコアが残っていて、
 今のDVDには、それを再び、
 フルオーケストラで演奏した音楽が入っている。
 1986年公開の『トップガン』以降、
 音楽映画、サントラの概念が変わった。
 トップガンは流行りの歌をいっぱい集めてきて、
 ヒットソングでサントラをつくってしまった。
 これにより映画はヒットし、
 サントラも飛ぶように売れたが
 逆に言うと、シーンの内容とあまり関係なく、
 ヒット曲をぶち込んでおけばいいんだという、
 イージーな姿勢がみられるようになった」
  
――とヨシキさん。
 

出演者もそれぞれに、
映画音楽のマイ・ベストを選出
 
ボクはニーノ・ロータ作曲の
『ゴッドファーザー 愛のテーマ』を紹介。

日本では、
あの「♪パパラパパパラパラパララ〜」が
暴走族のクラクションに使われているほど浸透しているが、
米国でもクラクションに楽曲が使われているのか?
出番前にヨシキさんに訊ねたところ……

「いやー、ゴッドファーザーは聞いたことないけど、
 アメリカ国歌(星条旗)のクラクションは聞いたことありますね」
などと。

結局、音楽映画の特集なのに、
ジョン・ウィリアムズの楽曲が、ひとつも流れず!
ってところが、オモシロイ。

ホントのところは、
今回に限らず、映像を流したくても、
許可が下りなかったり、
使用料など難しい面が多々あるようだが、
なかなかの好企画だった。
 

ちょうど今日は、
“13日の金曜日”だったが……
映画音楽って言うより、
「キキキ……マママ……」の効果音だもんな。
選ばなくてよかった。
 
 
《 巨乳軍団で一時代…「イエローキャブ」が自己破産申請準備 》
《 フェイスブックに新機能 死後アカウント管理「相続人」指定 》
《 新制度を活用!ラグビー7人制日本代表に豪州代表経験ヒーナンが参加 》

 
 
 
2月14日  土曜日

 

バレンタインデー。
娘に手作りチョコをもらう。

 
朝から、資料読み。

 
午後、お台場・フジテレビ入り。
 
バレンタインデーを、
三又又三、ターザン山本!と一緒に過ごすとは……。
 

 
 
CSフジテレビONE
『千原ジュニアのニッポン格闘技復興委員会』収録。(2/21放送予定)

#3 「2・28巌流島」トーナメント直前大予想

MC:千原ジュニア、山崎夕貴アナ。
旭道山、平直行、山本千尋、高阪剛、
所英男、大槻ケンヂ、三又又三、
ターザン山本、タケト、ご一緒。
 

 
 
Staging tournament Ver.15.2.28 “公開検証”

<トーナメント>対戦カード

マーカス・レロ・アウレリオ(カポエイラ/ブラジル)
vsアブドゥーラ・ニャン(セネガル相撲/セネガル)

星風(相撲/モンゴル)
vs和久憲三(アメフト/日本)

ミノワマン(プロレス/日本)
vsウーラーハン(散打/中国)

ブライアン・ドゥウェス(キック/オランダ)
vsカーメン・ゲオルギエフ(コンバットサンボ/ブルガリア)

<スーパーファイト>

渡辺一久(ボクシング/日本)
vsグゥオ・チェン(少林拳/中国)

山岸正史(太極拳/日本)
vs岩丸祐太郎(空手/日本)
 

 
 
巌流島」の煽り番組であるが故に、
トーナメントの山形の勝敗を、
ああでもないこうでもないと真剣に予想、
有識者と語り合うと、俄然、盛り上がる。
これこそが格闘技観戦の助走であった。
 

出番前、Bコースのタケトくんと、
高円寺トーク。
 
楽屋で三又又三と長話。

R-1ぐらんぷりの決勝ステージ出られず、
落ち込んでいるかとおもいきや、
「博士ぇ〜、んぁ〜出てよかったよぉ!!」と。
ポジティブさに感心。
 

大槻ケンヂとは、久しぶりの共演。
調べたら、2012年8月にゲストで来てもらった
『80年代伝説』の収録以来だから、2年半ぶりだ。
やっぱり、アノ話を。
 
TwitterRT@tarzany(ターザン山本!)
ぎゃおおおおおおおおお、水道橋博士と大槻ケンジさんだああああ!



 
 
 
帰宅後、
「シーナ&ロケッツ」のシーナさんの訃報。
ユー・メイ・ドリーム。
 

カミさんの友達が現状を慮って差し入れ。
カミさんの一言に猛省。
 
テレ東ドラマ版『永遠の0』2日目。
 
愛飲する
黒糖本格焼酎 甚松』で深酒。
 

 
 
 
《 3・14開業 北陸新幹線指定席発売、かがやき一番列車は25秒完売 》
《 「シーナ&ロケッツ」のシーナさん死去。61歳 鮎川誠の妻 》
《 8・6秒バズーカー 史上最速殿堂ライブ1分で完売 》
 

 


2月15日  日曜日

 

昨晩は飲み過ぎた。
久々に二日酔い。

 
日曜日なのに長男は、
一日中、塾へ。
そういえば、昨日も行っていた。
受験とは大変な道のりなのだな。

風邪のカミさん、ノドを痛めて辛そう。

 
家族と共に、中野サンプラザへ。

末っ子・アキラ、幼稚園児として最後の発表会。
運動会で披露した組み体操を再び。
 
去年の運動会は仕事で行けなかっただけに、
感慨ひとしお。
 

 
 
帰宅後、
SPIDERでタイムシフト視聴。
 
テレ東『山田孝之の東京都北区赤羽』
第6話、吉井和哉が登場。

 
フジテレビ『オモクリ監督』
マキタスポーツがゲストに。
殿がついに短編発表。

 
テレ東ドラマ『永遠の0』、
第3夜、最終話。
いろいろと感想を持つ。
映画版と見比べてみよう。

 
テレ朝『劇的ビフォーアフター』
「極細狭小リフォーム2時間SP」
 
「電車サイズの家」は、
番組史上もっとも狭いという、
間口が扉3枚分の長屋をリフォーム。
 
この狭量の家に、
女だけ4人で新生活をスタートする、
家族の肖像に打たれる。
 
“オランダの赤鬼”
ウィリアム・ルスカ氏が死去の報――。
 
柳澤健『1976年のアントニオ猪木』を
本棚から取り出す。
 
ルスカの章を、再読しながら追悼。
 
 
《 所沢市長に“NO”学校のエアコン設置に住民投票賛成多数 》
《 デンマーク 連続銃撃で2人死亡、容疑者は射殺… 》
《 「森三中」の大島が妊娠6カ月 昨年5月からの“妊活”実った 》
《 ルスカ氏が死去 五輪柔道唯一の同一大会2階級制覇 猪木とも対戦 》

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る