『藝人春秋』特設サイト




2月16日 月曜日
 

10時、事務所の近くの赤坂ガーデンシティへ。
ディー・ディー・エス株式会社の
『FIDO Alliance』日本上陸記者発表会。
 
平たく言えば、
ネットのパスワードを辞めて、
生体認証システムを普及させようという趣旨の
記者会見イベント。
 
多くの取材陣に囲まれながら、
トークショーのパートに出演。
吉木りささん、ご一緒。
 

 
 
司会者に聞かれるままに、
ネット環境における
Twitterでスパムの動画をリンクして、
乗っ取り被害にあった時の話やら、
「パスワード」にまつわる面倒くさい話を、
実体験を含めていろいろと話す。
 
終了後、フォトセッション。
 

 
 
芸能メディア向けの個別取材では、
下世話なことを聞かれることも……。
 
あまりの誘導尋問に一瞬、ムッとするが、
この大喜利にベスト回答できない
オレの技量が下手なのだ。
 
記者会見場の控室には、
他のトークセッションに出演する、
要人と思われる貫禄ある外国人がズラリと。
「元米国大統領サイバーセキュリティ特別補佐官」とか、
それぞれの肩書が大物すぎて、興味深い。

ハワード・A・シュミット博士とは、
同じ博士として(こっちは偽だけど)、
ツーショット写真を撮りたかったな〜。
 

夕方、子どもたちを連れて、
和食ファミレス『さと』へ。
個室で、子どもたち、ギリギリまで宿題。
その後は、食べ放題メニューを頬張る。
 

帰宅後、
60分、7キロ、エアロバイク。
汗ビショビショに。
 
本日の記者会見が、
早くもネットニュースになっていた。

 
夜、草刈正雄氏の御長男が転落死――の報。
『ズットズレテルズ』のメンバーとして、
認識していたが……。


 
 
先日は、秋吉久美子さんのお子さんの訃報もあった。
子供の不慮の死は、親は、さぞや辛いことだろう。
 
 
《 高1男子逮捕 2メートル8センチの空気銃「ランチャー」手作り 》
《 エジプト、リビアのイスラム国拠点空爆 キリスト教徒殺害の報復 》
《 草刈正雄の長男が転落死 柵の一部握り…自殺の可能性否定 》

 
 

 
2月17日 火曜日
 

SPIDERで、
昨晩放送のフジテレビ『ムチャブリ!スタンパー!!』、
タイムシフト視聴。

ボクが推薦した、
とみこはんの「猫まみれはんこ」が完成、
番組で紹介されていた。
 
消しゴム版画家による
「LINEスタンプ」ということで、
文字などの細部も全てが手作りのハンコ。
手間ひまかけられた作品になっている。

LINEクリエーターズマーケットで販売されるようだ。
売れますように。


 
 
ぐずついた天候の中、
近所の開放プールへ。
館内、ほぼ借りきり状態。
 
時間切れで、
水泳(クロール)800mに終わる。
 

夜、女子プロレスラー・安川惡斗の
ドキュメンタリー映画『がむしゃら』
(3/28〜渋谷シアター・イメージフォーラム他で公開)、視聴。
 
最近の女子プロ事情に通じていないので、
全く予備知識ないまま、見入る。
 
新たなら女子プロ少女伝説。
女子プロレスという
「終着の浜辺」のリングに執着する
「輝きたいの」熱があった。
 

 
TwitterRT @kotobukitsukasa(コトブキツカサくん)
死のうと思っていた女の子がプロレスを通して生きたいと願う。
観ていてちょっと熱くなりました!

 
↑予想以上、想定外に良かったですね。
----------------------------
 
 
《 西川農相側に砂糖業界が100万円寄付「違法性ないが返金した」 》
《 東北で震度4 岩手沿岸で津波観測、久慈港で20センチ 》
《 プロスノーボーダー岡本圭司さん、脊髄損傷を告白「下半身動かない」 》
《 ラグビー元日本代表主将・箕内拓郎が目の負傷により現役引退 》

 
 
 
2月18日 水曜日
 

昼、鱈の黒酢あんかけ定食。

内覧試聴用などの大量のDVDの整理。
 

本日も雨の中、
近所の小学校の開放プールへ。
 
1.6キロ、55分。
かなりの長距離。
昨日の復讐ができた。
 

映画版『永遠の0』視聴。
特撮の迫力はテレビドラマと段違い。
 

 
 
我が家の長男のために、
家庭教師さんが来宅。
 
終了後、家族で食事。
 

長男と些細な事で口論。
彼も、もう思春期なり。
 

夜、ベッドに同衾を誘い、笑って仲直りする。
ネットにある浅草キッドの
『テレビ演芸』の10週勝ち抜きを一緒に見る。
 

TBSラジオ『不毛な議論』、
スペシャルウィークのゲスト・東野幸治回、
生放送聴きながら……就寝。
 
 
《 八王子スーパー射殺事件に新局面 10年前死亡男性と指紋酷似 》
《 週刊朝日が橋下市長に和解金「精神的苦痛与えたこと深くおわび」 》
《 30億円競馬の外れ馬券裁判 弁論開かないまま「経費」確定へ 》
《 新垣氏、本人名義で初CD 佐村河内氏に「聴いてほしい。心の中で」 》
《 シーナさん通夜に2000人 鮎川誠、愛妻へ涙雨の「ロック葬」 》

 
 
 
2月19日 木曜日
 

9時起床。
 

倉庫部屋へ。
ストレッチ、タバタ式トレーニングを3セット。
汗を最低限かく。
 

今夜の生放送に備えて、
資料読み。
 

20時半、六本木ヒルズへ。
 
J-WAVE『JAM THE WORLD』生出演。
ナビゲーター:竹田圭吾さん。
 
番組のテーマが「お金」だったからなのか、
ボクの肩書が前フリで
・起業家から政治家まで、いろんなジャンルの「お金持ち」をよく知る男
・かつて株取引で、たった5日間で6千万円をチャラにした男
・年収1千万円以上の人がターゲット!伝説のテレビ深夜番組の司会者
 
などという大仰なことになっていて焦る。
 

ナビゲーターの竹田圭吾さんとは初対面。
昨年、ご病気をされて、ずいぶんと痩身に。
 
慶大卒の『ニューズウィーク日本版』の元編集長から、
「博士さん、これから熱くなりそうな予感の注目業界はなんでしょう?」
って聞かれても(オレが答えていいのかよ!?)
と思いながらも、
一応、「うーん葬儀業界ですかね?」などと。
 
その後は、『水道橋博士のメルマ旬報』の話も。
 
『藝人春秋』の続篇も期待される。
なんとかしたい気持ちは山々。


 
 
《 海自カップル護衛艦でわいせつ…「お互い同意」も上官にバレた 》
《 田母神氏スタッフ3000万円流用…赤坂クラブ豪遊 刑事告訴も 》
《 関根勤 尿路結石でK―1会見欠席 「ZIP!」生出演後に腹痛 》
《 菊川怜「とくダネ!」途中退席 急性胃腸炎…20日は出演へ 》

 
 
 
2月20日 金曜日
 

一昨日、Twitterで
「プロレスキャノンボール2014も見たいなぁ!」
とつぶやいていたら、
マッスル坂井さんのご厚意でDVD入手。

さっそく
プロレスキャノンボール2014』視聴。

プロレスという呪文に吸い寄せられる人々の狂騒劇。
プロレスが日本各地に浸透し、
人の個人史と心証に広がっているのを再確認。
 
東京から東北までの距離、
新潟から東京までの距離、
「距離が人を夢見させる」のだ。
 
そして、この映画が、
才人・マッスル坂井監督傑作デビュー作となった。


 
 TwitterRT @abulasumasi(マッスル坂井さん)
御視聴ありがとうございました。
感想もうれしかったです。
今も僕が住む「新潟」と「東京」は
実際の距離330キロよりも長く、遠いです。

----------------------------
 
 
番組台本チェック。
下準備。

 
19時、半蔵門・MXテレビ入り。
 
21時、『バラいろダンディ』生放送。
 
出演:島田洋七師匠、湯山玲子、
関谷亜矢子、ダイアナ・エクストラバガンザ、ご一緒。
 
オープニング
「清原のベンツ 1380万円でヤフオク出品」などの
最新トピックスにコメント。
 
メインの映画コーナーは
ゲスト講師に高橋ヨシキさんを迎えて、
「映画の憧れキャラ」というテーマ。
 
「いつの時代も憧れの的となるキャラクターは、
 マッチョとボイン!」――とヨシキさん。
 
出演者各自のチョイス含む、
新旧の傑作・名作・迷作を織り交ぜた、
ラインナップ(計20作品)を紹介。
 
「ファイト・クラブ」(1999年)
「チャップリンの番頭」(1916年)
「マイラ」(1970年)
「ヘアスプレー」(1988年)
「プラダを着た悪魔」(2006年)
「ロストボーイ」(1987年)
「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」(2015年)
「類人猿ターザン」(1932年)
「お熱いのがお好き」(1959年)
「ティファニーで朝食を」(1961年)
「泥棒成金」(1955年)
「鳥」(1963年)
「インビジブル」(2000年)
「ギルダ」(1946年)
「イヴの総て」(1950年)
「グッドフェローズ」(1990年)
「ブルーベルベット」(1986年)
「デスペラード」(1995年)
「マッドマックス2」(1981年)
「マーズ・アタック!」(1996年)
 
憧れキャラなのに、
スーパーヒーローが一人も出てこない!
ところも、この番組っぽくてイイ。
 

出番前、ふとしたきっかけで、
ヨシキさんとチャップリンの話。
 
「なんだかチャップリンって、人間愛の象徴みたいになってますけど、
 当時のロリコンぶりって、シャレにならないレベルっていうか、
 今だったら多分、大問題になりますよね?」

「いや、当時もロリコンで裁判になってますよ」

「エーッ、そうなんですか?」

「その時の裁判で『フェラチオ』って単語(ラテン語)が、
 出てきたんですよね、 
 んで、アメリカ人の間で(なんの意味だ?)って話題になって、
 ある意味、フェラチオを世間に広めたのは、
 チャップリンだとも言われていますよ!」

「ヨシキさん、それ本番でも言ってくださいよ!(笑)」

などと楽屋話。
 

 
 

帰宅後、
春日太一著
『役者は一日にしてならず』(小学館)。読了。
 
毎月のように新刊ラッシュの春日太一。
しかも、どれもが質量を伴う渾身作。
 
事前に頂いていたゲラを読んでいたら、
単行本の発売が追いついてしまった。
 
しかし、この本も一日にしてならず。
どころか水面下の準備は果てしない必殺仕事人、
『週刊ポスト』の連載を、加筆修正。
 
しかし、この本、ページを繰るたびに、
金言、名言が続出。

しかし、この箴言は役者の世界だけではない、
普遍的プロフェッショナル論として各分野にも通用する。

「何時か息子たちにも読ませたい本」
我が家の殿堂入り。
 

 
 
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
ありがとうございます!まさに渾身の一冊です!!

----------------------------
 
 
《 ダッカ事件釈放から38年 日本赤軍・城崎容疑者を逮捕 》
《 “ハリポタ”効果!USJの14年度入場者数 過去最多を更新 》
《 スポーツ庁法案を決定 20年東京五輪準備で10月発足 》
《 田代まさしさんブログで出所報告 リハビリの日々…復帰へ意欲も 》
《 スキマスイッチ 公式HPで謝罪…料理店への苦言でツイッター炎上 》

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る