『藝人春秋』特設サイト



9月1日  火曜日


 
9時起床。

子どもたち新学期。
「いってきまーす!」の大声3連発。
夏休みを経て登校を嫌がる様子もなく、
声も明るく健気なものだ。
 
親は注意深く聞き分ける。
一方、地獄の夏休みの疲労困憊を終え、
カミさんはホッとした様子。
 

正午まで「Netflix」ギリギリまで見続ける。


13時、下北沢・株式会社ナターシャへ。
お笑いナタリー」の編集部で取材。
ここで取材を受けるのは初めて。
 

 
 
ナタリーといえば、
映画『モテキ』の舞台として登場しているが、
あれは、セットなのだろう。

いよいよ、9月2日に上陸する
「Netflix」についての取材。
聞き手は編集長の遠藤敏文さん。
 
たぶん、最初にインタビューされたのは、
2008年の『splash!!』創刊号だ。
 
Netflix3作品を駆け足で視聴した感想を伝える。
 

 
 
終了後、スズキ秘書と一緒に、
向かいの「フラッシュ・ディスク・ランチ」へ。
 
サンボマスターの山口くんが
贔屓にしているレコード店とのこと。
 

帰途、中野へ。
腰痛対策のAK治療を受ける。
「しばらく通いなさい!」と。
 
中野新橋のモスバーガーで、
菜摘&ソイパティ。
 

帰宅後、
高円寺〜阿佐ヶ谷をウォーキング。
1時間。
 
道端で偶然、スズキ秘書と出会う。
なぜか、かなり驚いている。
 
「いやー、さっき山本KIDを見かけたばかりだったんで」
 
高円寺で浅草キッドと山本キッドがニアミスしてたのか。
惜しいなあ。
 

夜、園子温とSEALDsが出てた、
DOMMUNE配信、視聴。
SEALDsのメンバーの顔と名前が一致する。
まだ初々しい若者じゃないか。
顔も名前も公表し、意見するのは立派なもの。
 

ついに五輪エンブレム撤回の報道――。

例え、このデザインにパクリがなかったとしても、
ここまで騒動になったら、
本来のエンブレムの機能を果たさない。
このポスターや意匠を見るたびに、
心に浮かぶモヤモヤ感が拭えない。
これは引き返す他あるまい。
 
 
《 佐野氏デザインの五輪エンブレム使用中止、見直し決定! 》
《 五輪エンブレム撤回…新国立に続き、また無駄金 被害数億円か 》
《 漁船6隻転覆で4人死亡、2人不明 突風が原因か 長崎・山口沖 》
《 USJ、ハリポタ効果で8月入場者数更新 単月でも過去2番目 》
《 まさか・・・錦織圭が全米オープン初戦敗退!格下相手に逆転負け 》

 
 

9月2日  水曜日

 

早朝3時半、起床!

6時半、テレビ東京入り。
打ち合わせ。
 
7時半、『チャージ730!』生放送。

MC:大橋未歩アナ、林克征アナ。
出演:佐々木紀彦さん(東洋経済オンライン編集長)、ご一緒。

・五輪エンブレム 佐野氏デザインの使用中止を正式決定
・自民党総裁選 野田聖子前総務会長、立候補に向け準備
・新生スカイマーク 新体制発表に地方空港が期待
・映像配信世界最大手「Netflix」 日本でのサービス開始
などの話題に、コメント。
 

帰宅後、
仮眠しようにも寝付けず、
ウトウト、ゴロゴロと。
 

午後、ウォーキング一万歩。
小学校プール1000mスイム。
 

夜、NHK Eテレ『100分de名著』、
ゲスト:ピース又吉、高橋源一郎、観る。

太宰治『斜陽』
シリーズ第1回 「母」という名の呪縛――。

母娘の呪縛関係は今日的なテーマだと思っていたが、
既に遠い昔に太宰が描いていたのだな〜。

高橋源一郎さんの解説、素晴らしい。
全3話分も楽しみ。
 
 
《 酒類CM「ごくごく」やめます 起用タレント年齢も引き上げ 》
《 日経平均、500円を超える乱高下。一時1万8000円を割り込む 》
《 埼玉・文理佐藤学園の女性学園長、修学旅行費1000万円を私的流用 》
《 白鵬所属部屋の熊ケ谷親方 傷害容疑で逮捕 金属バットで付け人に暴行 》

 
 
 
9月3日  木曜日

 

13時、渋谷ユーロスペースへ。
 
映画『野火

原作の大岡昇平の小説は
松岡正剛が絶賛しているのを『遊』で知り、
高校生の頃に読んだ。
 
レイテ島の戦いで、
食料が尽き、飢餓に陥り、
互いに殺し合い、
人食となる日本兵の話しだった。
 
主人公の主観で書かれているため、
戦場体験を脳内に置き換え、
子供心にも戦争への嫌悪感を植え付けられた。
 
塚本晋也監督が、長年の構想を経て、
私財を投げ打って制作に乗り出したという本作。
 
SNSでも大きな話題になっている。
 
都内でも単館公開のため満席。
夏休みを過ぎて、
ようやく見られるようになった。
 
87分の上映だが、
わずか70年の時を経て、
灼熱のジャングルの地獄を
東京の冷房の効いた映画館で体験出来る、
その「映画内地獄」でしかない、
幸せを噛みしめる。
 
強烈な残虐描写も、全て映画として必然だ。
 

 
 
帰宅後、
Amazonでようやく入手した、
山田ルイ53世『ヒキコモリ漂流記』(マガジンハウス)、
一気読み。
 
ボクも思春期に同じような体験があるので、
共感しないではいられない。
ヒキコマレル。
 
この本の妙味は、
青春時代に陥った闇のトンネルを振り返りながらも、
ありがちな人間賛歌にしていないところ。
 
今も著者の人間不信、人間音痴の根が深く、
棘が刺さったままの漂流が続いているように、
描いているのが秀逸。
流れ着いたところが、たまたま「お笑い」だった。
この「お笑い」でも、長く漂流が続く。
なにやら、空恐ろしい気分にもなる。
 

 
 
 
《 預金口座に番号適用。改正マイナンバー法が成立 》
《 勤務中に公用車で不倫相手と密会。大阪府警が警部ら2人を処分 》
《 難民男児遺体漂着の映像に衝撃広がる トルコ・リゾート地の海岸 》
《 ハリルJ、カンボジアに3-0W杯予選初勝利も、決定機逃す展開に反省 》
《 初代スポーツ庁長官に鈴木大地氏 40代政府組織トップは異例 》

 
 
 
9月4日  金曜日

 

午前中、
番組の事前アンケート、
資料整理して回答、提出。
 

午後、ウォーキング中に雷鳴が。
あっという間に、ゲリラ豪雨。
立ち往生。
 
なんとかタクシーを拾って、
温水プールへ。

1000m泳いで、
外に出てみたら、すっかり晴れていた。
 

帰宅後、SPIDERで、
『ミヤネ屋』(安部総理、生出演)をチェック。
 
首相は、この後、
『そこまで言って委員会』に出演とのこと。
にしてもメディアを選んでいるなぁ。
 
出発ギリギリまで、
ニュースのチェック。
 

19時、半蔵門・MXテレビ入り。
打ち合わせ。
 
21時、『バラいろダンディ』生放送。
出演:島田洋七師匠、関谷亜矢子、
立花胡桃、ダイアナ・エクストラバガンザ、ご一緒。
 
ゲストはお二人の美女、
池田エライザさん、高橋メアリージュンさん。
「みんな!エスパーだよ!」ミニ特集。
 
スタジオで、オレ、
モデル出身のお二人の横に並んで……、
その佇まいの違いっぷりは、
もう笑うしかないほど。
 
いやー、あんな風に生まれたら、
人生バラ色だろうなぁ。
 

 
 
帰途、事務所に送られてきた、
ザ・クロマニヨンズのニューシングル
『エルビス(仮)』をカーステレオで、
聴きながら帰宅。
 

 
 
 
《 東京都、一転エンブレム入りグッズ使用中止 訴訟への影響考慮 》
《 昨年度の医療費、40兆円超え確実。12年連続で過去最高額更新へ 》
《 密航ボート沈没…シリア難民3歳男児の遺体映像、世界に波紋 》
《 米大統領選。トランプ氏「共和党外から出馬せず」、誓約書に署名 》

 
 
 
9月5日  土曜日

 

午後、ウォーキングからプールへ。
今日も順調に1000m。
 

夜、長男・タケシから
「スシローに行きたい!」とリクエスト。
 
模試の結果が良かったから、
褒美が欲しいのだとか。
 
高円寺在住だと、
その選択肢はないのだが、
どうやら朝の情報番組で、「スシロー」特集を見たらしい。
 
「パパ、お願い! ちゃんと言うこと聞くから」
と懇願するので、
「パパのオススメするテレビ番組を
ちゃんと最後まで観るならいいよ」
という条件付きでOK。

家族で、練馬の「スシロー」へ。
 
しかし、到着してみたら大行列で、
75分待ち……。
 
諦めて家に戻る途中、
寿司チェーン『銚子丸』を発見。
 
「ここでもいいか?」
「もう、お寿司ならなんでもいいよ!」
「パパより、沢山食えよ!」
「うん!!」
 
満腹帰宅。
 
「タケシ、パパは約束守ったから、
 お前もパパがすすめるテレビ観ろよ!」
「なんのテレビ番組に?」
「NHKの映像の世紀!! デジタルリマスター版」
「はぁーっ? なにそれ意味ワカンナイ」
「日本の近代史の勉強になるぞ」
「歴史なら塾でサンザンやってるよ……」
 
その流れで、
日米安保と集団的自衛権について、
タケシにお話し。
 
しかし、話はいつの間にか、
子供たち(兄・妹・弟)間の仲の悪さについて。
その原因と解決法の模索を。
 
ちょっかい出しされたときに、
それぞれが同盟を結び、
対抗策をとることで均衡を保つことが決定。
 
 
《 五輪ポスター、ネットオークション出品か「とてもレア」の紹介 》
《 女子バスケット、リオ五輪切符獲得!資格停止の制裁乗り越え3大会ぶり 》
《 野球U18日本、キューバに9―0圧勝!8連勝で米国との決勝へ弾み 》
《 吉澤ひとみ婚約発表、元「モー娘。」結婚経験者は14人目に 》

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る