『藝人春秋』特設サイト



10月16日  金曜日


 
雨降り。
外出を諦めて、倉庫部屋へ。
 
コンビニで買ったDVD付ムック本
『体幹・体軸バランストレーニング』を真似しながら、
ストレッチ。
 
50分でも、身体がほぐれるのを実感できる。
しかし、毎日、やらなくては……。
 

 
 
15時、倉庫部屋へ。
 
NHK BSプレミアム
にっぽん百名山スペシャル』打ち合わせ。
 
今回、司会を務めるわけだが、
スタッフさんから資料用に、深田久弥の本を頂く。
お名前も経歴も今まで全く知らなかった。
 

 
 
夕方、ニュース番組で、
住宅全焼火災の映像、
我が家のよく知る知人宅と知る。
なんという悲劇だ--------。
胸が痛む。
家族中が喪に服し、落ち込む。


 
19時、半蔵門・MXテレビ入り。
 
21時、『バラいろダンディ』生放送。
出演:島田洋七師匠、関谷亜矢子、
佐竹雅昭、立花胡桃、
ダイアナ・エクストラバガンザ、ご一緒。
 
ゲストは、島田洋八師匠!
 
今や洋八師匠は伊豆大島に移住。
「あの人は今」の常連だが、
しかし、今夜は一夜限りのB&B再結成!
 
我々のような漫才ブーム直撃世代には、
お二人が揃うだけで神々しい。
 
いつものゲスト席ではなく、
洋七師匠の横に立って頂き、
コンビとして、たっぷりとボケ・ツッコミ。
 
お二人、今でも実に仲が良く、微笑ましい。
 
しかし、洋八師匠、すっかり好々爺に。
体型は当時のままだが、頭髪は真っ白で、
ピノキオのゼペットじいさん、あるいは、
玉手箱を開けた浦島太郎のよう。
 
打ち合わせの時から、常に物腰が柔らかく、
まさにダンディだった。
 

 
 
《 横浜の傾斜マンション。全棟建て替え前提に三井側と住民が協議 》
《 橋下氏が「維新の党は朝鮮労働党日本支部」とツイッターで批判 》
《 黒縁眼鏡がトレードマーク、人気落語家の橘家圓蔵さん(81)が死去 》
《 エイベックス、JASRAC離脱…著作権管理は系列会社で 》

 
 
 
10月17日  土曜日

 

11時、東京駅へ。
 
のぞみ新幹線移動で、名古屋へ。
 
テレビ愛知
情報バラエティ 土曜コロシアム』撮って出し収録。

MC:石原良純、堀潤、春香クリスティーン。
出演:フィフィ、ケビン・クローン、
中村逸郎、周来友、須田慎一郎、ご一緒。
 
ケビン・クローンとは久し振りの共演。
 
今回のテーマは、
「信用出来ない国ランキングベスト20」
 

 
 
やはり生対応なので一時間はあっという間、
最後のロールで話す時間がない。
結局、後半ベスト3に物議の時間がなかった。
 
相変わらず堀潤さんは優秀。
全ての人に話を振り、耳を傾ける。
 
とんぼ返りで東京へ。
 
東京駅地下街でお買い物。
ニューバランスの靴を購入。
ジャストサイズ。

 
19時、麻布十番のマッサージへ。
ともちん先生に肉剥がしで、ほぐしてもらう。
 
「今日は、普段よりコンディションはいいですね」
ともちん先生から及第点を。
 
昨日の体幹ストレッチが功を奏したのかも。
 

 
 
帰宅後、
SPIDERで、テレ東のボクシング中継
「河野公平×亀田興毅」戦、タイムシフト試聴。
 
煽り番組で、河野公平の新妻が、
みなみらんぼうさんの長女と知った。
俄然、ボクも応援。
 
結果的に、この試合が亀田興毅の引退試合に。
海外試合なので日本のボクシング界から追放されていた、
亀田父がセコンドに久々に登場。
しかし、相変わらずの罵声ぶり……。
 
勝って、亀田家の失地回復にはならなかった。
 
引退後の人生の方が長い。
リングを降りた亀田興毅はナイスガイだ。
幸多かれと思う。
 
 
《 旭化成、くい打ち請負った全国3千棟調査へ データ改ざん問題で 》
《 馳氏の献金問題 受領時のチェック「違法性の認識なかった」 》
《 ボクシング河野公平 判定でV2!亀田興毅はプロ2敗目で引退表明 》
《 ヤクルト14年ぶり7度目の日本S進出!巨人・原監督は退任へ 》
《 サッカー清水 J創設23年目の屈辱…初のJ2降格も田坂監督は続投へ 》
《 金本氏 阪神監督就任要請を受諾 再建へ「燃えています!」 》

 
 
 
10月18日  日曜日

 

快晴の日曜日。
 
絶好の行楽日和なのだが、
今日は一日スタジオに監禁!
 
11時、科学技技術館
千代田ビデオスタジオ入り。
 
NHK『総合診療医ドクターG』収録。
 
一本目:主訴「転びやすい」
ドクターG:徳田安春先生(地域医療機能推進機構)
ゲスト:大久保佳代子さん、山田五郎さん、
研修医の皆さん、ご一緒。
 
メーク室で、
フジ『27時間テレビ』で走った、
大久保さんの88キロマラソン話。

 
二本目:主訴「足が攣る」
ドクターG:津田篤太郎 先生(日本医科大学附属病院)
ゲスト:おのののかさん、ブラザートムさん、ご一緒。
 
ブラザートムさんの容姿が
NHKにはありえない黒海坊主姿。
 
いつも、嚥下障害や腰痛予防など、
アドバイスをしてくれる津田先生だが、
スタジオでお会いするのは久し振り。
 
本日も粘りに粘った長丁場。
スタジオから外へ出たら、
すっかり陽が落ちていた。
 
 
《 横浜・傾斜マンション 未確認くい24本、19日から調査 》
《 岩城法相と高市総務相が靖国参拝 第3次改造内閣初の閣僚参拝 》
《 藤井聡太さん 13歳2カ月で最年少三段!中学生プロ棋士目指す 》
《 ラグビーW杯・オーストラリア劇的逆転ベスト4!史上初 南半球勢4強独占 》

 
 
 
10月19日  月曜日

 

朝、子供たちがなかなか学校に行かずに
部屋でテレビを見ている。
 
どうやら、先週の土曜日に登校した分の、
振替休日のよう。
もはや意味がわからん。
 

長男のタケシが、
珍しく自主的に、屋根裏部屋を大掃除。
なんでも勉強部屋&寝室したいとのこと。
 
「パパ、FMラジオっていいね!」
 
ポータブルラジオをいじり、
J−WAVE聴きながらウキウキしている。
 
おお、たけしのラジオデビューだ。
オレにもそんな年頃があったな……
少し感慨深い。
 
オレのラジオデビューは、
ロイ・ジェームスの「不二家歌謡ベストテン」だったな。

 
15時、新宿アイランドタワー内の会議室へ。
 
酒井若菜さんの対談&エッセイ本
『酒井若菜と◯人の男たち(仮)』収録用に対談。
 
『水道橋博士のメルマ旬報』の女神(ミューズ)と、
編集長の関係だが、
長く、文を通じて、心を寄せているだけで、
面と向かって話をするのは初めて。
お互いアガりまくる。
 
あっという間の2時間半。
 

 
 
事務所経由で受け取った
クロマニヨンズの新譜
『JUNGLE 9』聴きながら、帰宅。
 

 
 
《 安保法成立から1ヶ月。渋谷駅前ではSEALDsらが集会 》
《 携帯料金の引き下げ。総務省で有識者会議の初会合 》
《 「ビール・発泡酒・第3のビール」税額一本化、来年度は見送り 》
《 DeNA新監督にラミレス氏!阪神は金本氏!巨人は… 》
《 またまた金持ち!?紗栄子、資産2千億「ゾゾタウン」社長と熱愛報道 》
《 神田うの宅から1320万円相当窃盗 元ベビーシッターに猶予刑 》

 
 
 
10月20日  火曜日

 

フィットネスクラブへ。
1キロ水泳。
及び筋トレ。
 

江口寿史先生の画集
『KING OF POP』、ついに購入。
 

 
 
「今まで出た画集は、全部捨てちゃって」
と宣言するほどの集大成。
 
江口先生、最高!
 
ボクの連載『週刊藝人春秋』用に描かれた挿絵も、
一部、掲載されていた。
こんな人と一緒に仕事が出来たなんて……
改めて畏れ多いわ。
 
新鮮だったのは、
生島ヒロシさんイラスト……っていうか、
これ、オレも初めて見る未発表のカットだよ!
 

 
 
岡村靖幸さんの新刊
『岡村靖幸 結婚への道』(マガジンハウス)、届く。

TVBrosに続いて、『GINZA』連載の単行本化。
 連載中から読んではいたが、改めて通読。

“結婚”をワンテーマに、
天才ラブソング作家が、錚々たるメンバーと対談。
堂々巡りが続きながらも、結婚の深淵まで覗きこむ。

ある意味、これは天下の奇書ではないか。
 

 
 
映画『の・ようなもの のようなもの』視聴。(2016年1月公開)
原案・森田芳光、監督・杉山泰一
 
この映画は感慨深い。
 
34年前の1981年、
『の・ようなもの』を見るため東京に出向いた。
 
ノーパン映画(パンシーンが無い)という手法に驚いた。
ストーリーも駆け出しの落語家のスケッチ。
ボクも10代で何者かになろうとしながら、なりきれない、
青春の逡巡の気分がシンクロした。
 
後に、主人公・志ん魚(伊藤克信)と、
兄弟子・志ん米(尾藤イサオ)の関係性は、
日大芸術学部の落語研究会の先輩・後輩であった、
高田文夫と森田芳光をモチーフとしていると聞いて、
さらに驚いた。
 
その続編が34年ぶりに。
ストーリーはそのまま落語界を引き継いでいる。
前作の主役・伊藤克信が、
“デンジャラスK”川田利明のような風貌で出演。
 
森田芳光映画の馴染みのメンバーが次々と現れる。
 
そして、前作と同じく、
尾藤イサオのエンディング曲が流れた時、
深い余韻に浸った。
 

 
 
《 TPP、関税撤廃率95%。政府対策本部が関税交渉の全容を公表 》
《 所有地に犬の糞110トンを捨てた疑いで元ブリーダー男を逮捕 》
《 高木復興相、下着ドロ報道を否定…皮肉「パンツ大臣」で全国区に 》
《 巨人の次期監督、"プリンス"高橋由伸で一本化。「原野球継承」合致 》
《 「週刊将棋」休刊へ。日本で唯一の将棋専門新聞、32年の歴史に幕 》
《 「氷バケツ支援」忘れぬように…ヒュー・ジャックマン1年遅れの挑戦 》

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る