『藝人春秋』特設サイト



4月1日  金曜日

 
 
7時起床。
 
4月1日。新年度。

エイプリルフール、4月バカ、
相変わらず年中バカだが、
今年のバカは、気合を入れて久々にバカ大爆発と行こう。
スイッチ、入れなきゃ。
 

朝から『水道橋博士のメルマ旬報』の編集長業務。
 
長く陰の編集長、原カントくんにお任せだったので、
本格的な連絡業務を久しぶりに。
 
執筆者の連載は、原稿も休載自由にしていたが、
新年度より、なるべくなら休載はしないようにしよう、
もし休載するなら何かしら理由だけでも書こう、
という断固たる曖昧な決意で望むことに。
 
『メルマ旬報』関連で各方面に電話、メール、DMを。
45人もいるので、編集長業務の実感あり。
 
新連載も続々と予定しているし、
近々、岡村靖幸さんとの対談も復活せねば。
 

テレ東『モーニングチャージ!』特番で紹介、
「これは絶対に試してみます!」と宣言した、
エアウィーヴ「四季布団〜和庄〜」が到着。
子供たちも大喜び。
 
ボクと同時期に導入を決めた、
岡村ちゃんとも寝心地比較をやろう。
 

 
 
15時半、渋谷ユーロライブへ。
 
森達也監督の15年ぶりの新作映画『FAKE』試写。
 
上映前に配給会社より、
ラスト12分のネタバレ厳禁を言い渡される。
 

 
 
ゴーストライター騒動の佐村河内守を2年間、
密着、追いかけたドキュメンタリーだ。
 
噂通りの傑作!!!!
終盤には映画の神様が降りてきている。
 
しかも、この虚実の皮膜を行き交う感覚。
エイプリルフール、
この日を選んで見に行って良かった。
 
映画館を出たところで中森明夫さんと遭遇。
 
「いや大傑作だったねー」と。
「これ4月1日に見てよかったですね!」
「いや全くだよ!」などと。
 

 
 
『FAKE』の一般公開は6月4日。
見た人は絶対、喋りたくなるので、
そこまで情報遮断、情報漏れなく、
見て欲しいな。
 
ボクが今もドキュメントが好きなのは、
森達也監督のオウム真理教を描いた、
『A』『A2』の影響も強い。
その後、監督が15年も新作が撮れないのは残念だった。
 
2002年には『キネマ旬報』で対談したり、
その後も、もろもろのイベントをご一緒してきたが、
そのたびに、映画が撮れない話を、
監督と交わすのが定番であり、2年前には、
「ドキュメンタリーを撮っても、
ノンフィクションを書いても食えないから、
大学教授になっちゃったよ……」
と言われたのは、聞いていて寂しくなった。
 
それだけに今回の新作、
森達也監督の復活ぶり、
しかも、聞きしに勝る大傑作ぶりは、嬉しいかぎり。
 
単純な、映画ではない。
観客は、どこまで本当なのか、はたまた演出なのか、
まるでミステリーのようにわからない。
 
コピーを書いた。
 
 「ドキュメンタリーは嘘をつく」を描いた、
 森達也監督が佐村河内守という
 稀代のFAKEを題材に虚実の皮膜を描いたドキュメンタリー。
 圧倒的なカタルシスと共に映画は終わるが、
 どこまでが嘘で、どこまでが実なのか。
 この映画の話は尽きることがないだろう。超大傑作。

 

TwitterRT @a_i_jp(中森明夫さん)
森達也監督『FAKE』の試写へ。佐村河内守氏をめぐるドキュメンタリー。感動しました! これエイプリルフールに観て本当によかったな〜。ショーンKさんにも、ぜひ観てほしい! 水道橋博士、重松清さんともバッタリ…歓談。この映画の話をしたら尽きないですよ、ほんと!
----------------------------
TwitterRT @sasakiatsushi(佐々木敦さん)
森達也監督『FAKE』試写。既報の通り佐村河内守を撮った作品。上映前に配給会社からネタバレ自粛要請があり、僕もこのラストの扱いは通常の劇映画のネ タバレ禁とは意味が違うと思ったので何も書かない。だが言えることは、これは不信にかんする映画であり、それ以上に信じることにかんする映画だ。
----------------------------
TwitterRT @hoshinot(星野智幸さん)
森達也さんが佐村河内守さんを撮った新作ドキュメンタリー映画『FAKE』の試写を見た。すごい! 見た人は、これを信じるか試されるが、それを超えて素晴らしい。現実というのは、人間の心でできている。だから現実とはフィクションでもあるのだ。そのこ との繊細さ、複雑さ、愛おしさが詰まってる。
----------------------------
TwitterRT @yusukemonma(門間雄介さん)
映画「FAKE」試写。佐村河内守氏に密着した森達也監督のドキュメンタリーは、驚くべき起承転結をなすエモーショナルな一作。感動作と言っていい。根底 にあるのはテレビ・雑誌報道に対する「何かおかしい」という訝りや憤り。誰かが撮らなければならなかった意義深い作品だと思う。6月公開。
----------------------------
TwitterRT @aritayoshifu(有田芳生さん)
森達也さん久しぶりの映像作品「FAKE」を見ました。ゴーストライター疑惑の佐村河内守さんが取材対象のドキュメンタリー。最後の12分は明かすなというのはそのとおり。ざわざわと言いたいことがすべての観客にあることだろう。ひとこと。みんなおかしいんじゃないかな。
----------------------------
TwitterRT @tsuda(津田大介さん)
孤高のドキュメンタリー作家・森達也さんの新作。テーマは「事件」後の佐村河内守。初号試写見たけど凄まじい傑作だった。皆見るべし。 / 映画『FAKE』公式サイト
http://npx.me/Yitc/Biex#NewsPicks
----------------------------
TwitterRT @shiraishikouji(白石晃士監督)
森達也監督の「Fake」をエイプリルフールに試写という粋な仕掛けに、やらなきゃいけないことはたくさんあるけど、つい見に行ってしまった。とにかく人間臭い!久々にあんなに映画に没入した。あと、無言の表情の雄弁さ。めちゃくちゃ面白かった。
----------------------------
TwitterRT @MoriTatsuyaInfo(森達也情報室)
本日の朝日新聞朝刊、高橋源一郎さんの論壇時評で森達也の『FAKE』がとりあげられています。「そもそも、真実などなく、わたしたちはみんな『FAKE』(にせもの)に踊らされているのかもしれない」(抜粋)----ぜひ紙面で全文をどうぞ!
http://www.asahi.com/articles/DA3S12286357.html?ref=nmail
----------------------------
TwitterRT @MoriTatsuyaInfo(森達也情報室)
森の新作映画『FAKE』試写を観てくださった方々のご感想いろいろ。
まずは報知新聞社文化社会部の甲斐記者の記事。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160323-OHT1T50043.html

----------------------------
 

19時、半蔵門・MXテレビ入り。
 

打ち合わせ。
 
湯山玲子さんが再び金曜レギュラーに。
さっそく本番前、森達也監督『FAKE』の話を。
 
湯山さんは、クラシックに精通しているので、
佐村河内事件について、かなり鋭い見立て。
思わず、結末から全部を言いたくなる……。
嗚呼、今『FAKE』を見終えた人と喋りたい。
 

番組を離れる作家の細田マサシくんと打ち合わせ。
『水道橋博士のメルマ旬報』の新連載について。
これは大型ノンフェクション作品になる予定。
 
ある程度、原稿が溜まってから、連載に持って行きたい。
いまだ無名ではあるが、ボクは大いに買っている。
 

21時、『バラいろダンディ』生放送。

出演:島田洋七師匠、関谷亜矢子さん、
佐竹雅昭さん、湯山玲子さん、
ダイアナ・エクストラバガンザさん、ご一緒。
ゲストは板野友美さん。
 
板野友美さんとは最初で最後の共演になることだろうな。
 

 
板野さん主演映画の紹介後、
いつものようにニュースランキングのコーナーへ。
 
5位までいったところでタイムアップ。

9位 「私はオバサン」20代女性に自称BBAが増えているワケ
8位 新入社員が最も嫌う「乳首透け」
7位 「全盛期の都電」再び 60年超の老朽車両を大改修
6位 古舘氏ラスト「報ステ」高視聴率15・2%!今年最高で有終の美
5位 教員が薄毛からかい?Tシャツ贈る 元同僚「いじめだ」
4位 事情通に聞いた「芸能人と街中で遭遇するコツ」5つ
3位 紀香の結婚受け陣内智則に「おめでとう」祝福ツイート殺到
2位 オナラのせいで傷害事件発生、犯人扱いされたと勘違いの男が激怒
1位 ホリエモンがニューハーフにハマっていることが判明!
 
番組で4年間も一緒だった中村Dも、最後の回とのこと。
春は別れの季節だ。
 
4月から再び金曜担当になる作家の小早川くん、
新ディレクターの岡田くんと打ち合わせ。
 

帰宅後も、
ドキュメンタリー映画『FAKE』の衝撃、余韻に浸る。
 
登場する外国人ジャーナリストは、
この映画のキーパーソンだが、
その通訳をしている人が、カミさんの親友の旦那さんで、
ボクもよく知っているデヴィだった。
 
他にも、フジテレビのプロデューサーも知人。
 

ちなみに、プチ鹿島も、
同時刻、階違いの試写室で『FAKE』を観ていた様子。
 
鹿島とDMでやりとり。
いろいろな推測を言い合う。
 
『FAKE』は、新日本プロレスの1999年、
1・4 東京ドーム 小川直也×橋本真也級の余韻がある。
試合後、その虚実の皮膜を巡って論議が止まらないほど、
謎を引き摺る。
 
森達也監督の『FAKE』は、
原一男監督の『ゆきゆきて、神軍』以来のドキュメンタリー映画で、
興行的大ヒットを果たすかもしれない、
それだけの潜在能力があるなぁ。
 

深夜、エアウィーヴ初夜なので、
緊張して眠れない……。
 

 
 
ちゃんと抱かれたいのだが、
なかなか同衾する決意がつかず、
遅くまでパソコン仕事を。
 
 
《 JAL システムトラブルで松井氏出席入社式のキャッチボール中止 》
《 寺内容疑者 中学時代から少女誘拐願望 地図アプリで朝霞に決める 》
《 脱皮のダイオウグソクムシ死ぬ 国内初確認後、鳥羽水族館 》
《 DeNA、日本ハムがサヨナラ勝ち 巨人は2日連続の延長制す 》
《 四代目猫八さん死去…進行胃がんも「仕事全うしたい」と入院拒否 》
《 藤井フミヤの長男弘輝さん フジTVアナウンサーに 》

 
 
 
4月2日  土曜日

 

7時起床。

一度も起きることなくグッスリ眠れた。
ありがとう、エアウィーヴ!
 

早起きして、
『水道橋博士のメルマ旬報』
の全執筆者の紹介文を更新中。

やってもやっても終わらない。
だって45人もいるのだもの。
 
結局、ほぼ全員の執筆者と連絡をとり意志確認を。
 
連絡がとれないので、
熊本の坂口恭平さんの妻・フーさんともお話、ほぼ初めて。
 
その後、連絡のついた園監督や坂口恭平さんと、
久々に会話を交わす。
いやーもろもろ懐かしかったなぁ。
 

一通り目処が立ったところで、
SPIDERで、『金スマ』(石原慎太郎「天才」特集)、
タイムシフト視聴。
 
田中角栄、石原慎太郎の昔のVTRが多くて見応えあり、
実に面白かった。
再三、石原慎太郎さんが不機嫌になるところも、
映像に残っていて不穏なムードになるところもイイ。
 
今、偏屈が増している石原慎太郎を扱うのは大変だ。
猛烈に会いたくなってきた。

 
午後、ウォーキング&プールへ。

今年最長。
22m×75=1650m泳ぐ。
 
水中ウォークマン最強なり。
スズキ秘書が録っていた、
伊集院の深夜の馬鹿力、聴きながら。
4ヶ月くらい前のものだが面白い。
 

帰宅後も、『メルマ旬報』編集長業務。
 
連載陣、ひとりひとりに、一年分の電話や、
メールを書いたような仕事量だった。
 
こんな作業を月二回、当たり前のようにやっていた
編集部の原カントくんには、ホント、頭がさがるわ。
 
執筆者の労を報いるためにも、
『メルマ旬報』、これからも口コミ作戦など、
やれること全てを動員して、広めていかなければ。
 
 
《 神戸山口組系の車に高速並走車銃撃 対立抗争事件か 》
《 民進岡田代表 地方遊説開始「良識の声を上げてほしい」 》
《 辺野古で逮捕の芥川賞作家 釈放後訴え「声上げ続ける」 》
《 ロッテ細谷 パ・タイ3戦連続三塁打 右打者ではG長嶋以来56年ぶり 》
《 中邑 WWEデビュー!得意技ボマイェで白星飾る 》

 
 
 
4月3日  日曜日

 

7時起床。
 
今日も、グッスリ眠れた。
いや眠れすぎたと言っても過言ではないかもしれん。
エアウィーヴ効果か。
 
このあとの現場、
『総合診療医ドクターG』の長丁場だが、
グッドコンディションで挑めそう。
 

11時、皇居の乾通り一般公開の余波で大混雑。
渋滞に巻き込まれながらも、
千代田ビデオスタジオへ。
 
NHK『総合診療医ドクターG』収録。

一本目:主訴「ずっと、しびれている」

ドクターG:徳田安春先生(地域医療機能推進機構)
ゲスト:虻川美穂子さん、松尾貴史さん、
研修医の皆さん、ご一緒。
 
合間に松尾貴史さんと諸々積もるお話し。
カレーの話やら、老眼の話やら、
ボクよりちょっと年上、先輩の松尾さん、
改めて、いろいろ聞きたいことがあるなぁ。
 
いとうせいこうさんと並ぶ先輩。
 
松尾さんから、いろんなことを聞いて、
「エーーッ!?」って思わず声を上げる。
 

二本目:主訴「ジカ熱かもしれない」

ドクターG:忽那賢志先生(国立国際医療研究センター病院)
ゲスト:江川達也さん、優木まおみさん。
研修医の皆さん、ご一緒。
 
優木まおみちゃん、
彼女の新人時代はよくご一緒していたが、久々の共演。
すっかり、一児の母。
 
今回は、病名はジカ熱と最初に病名先行、
「本物は誰だ」式の新趣向。
次々と新事実が明かされ、実に興味深い内容に。
 
この番組、まだまだ、新パターンが出来そう。
 

帰宅後も、
『メルマ旬報』編集長業務。
 
次号(Vol.83)、4月10日配信に向けて、
高橋ヨシキさんから、一年ぶりに原稿を頂く。
俄然、アガる!!
新たなタイトルと共に!
 
新学期からの刷新企画として……
樋口毅宏さんには、
「『ボブ・グリーンの父親日記』のようなものを連載して欲しい!」
とお願いしたのだが、既に翌月から大手と契約済みとのこと。
う〜ん、早く手を付ければ良かった。
 
そして、土屋敏男さんには自伝をお願いした。
『1989年のテレビっ子』を読むと、90年代前後の、
日テレ・土屋敏男の活躍が描破されていて実にカッコいい。
テレビ史に残すために改めて……と。
しかし、送られてきた原稿を読んでビックリ!
あら?ライフビデオ社長の肩書が変わっている!
 
さらに、元・日テレの吉川圭三さんの原稿も
既に頂いているのだが、
これもまた激オモロのさんまさんとの想い出話。
春日太一本の魅力もそうだが
ボクは裏方さんの話が好きなんだな。
 
 
《 神奈川県最古の木造校舎 相模原市立青根小が全焼 》
《 テニス・錦織 マスターズ初制覇ならず…世界1位ジョコビッチに完敗 》
《 フィギュア・浅田真央 今季自己最高200・30点で7位 来季も現役続行へ 》
《 宇多田ヒカルが音楽活動再開 朝ドラで新曲主題歌初披露へ 》
《 漫画家の望月三起也さん死去 77歳 「ワイルド7」がヒット 》
 
 
 
4月4日  月曜日

 

5時半、起床。
 
6時40分から、テレ東『モーニングチャージ!』を
リアルタイム視聴。
 
『チャージ730!』から、
リニューアル後の生放送一発目。
 
開始時間が繰り上がったが、
中身は凝縮、25分で駆け抜けるようなスピード感。
3ネタ&商品知識なら、前日仕込みできそうだ!
 
コメンテーターの高田延彦さん、
同い年、53歳ながら、早朝から気合十分。
 
視聴率的には苦戦中の番組だが、
時間帯も変わって今季は大橋アナを盛り立てたいなぁ。
 

9時、我が家に兄の娘、つまり姪っ子、マホちゃん来宅。
20歳を迎え、すっかり女子大生だ。
子供たちも久々の面会で嬉しそう。

本日より、一泊二日、一緒に倉敷へ帰郷するのだ。


総勢6人で羽田空港へ。

車中、ボクが選曲してDJ、
大音量で流し、皆で歌いながら。

「もうウルサイ!」とカミさんに叱られる、いつものパターン。


JAL便で岡山へ。

久々の空路で、長女、末っ子は緊張気味。

岡山空港に無事到着。




下電バスに乗り込み、倉敷駅へ。

昼食、倉敷名物『ふるいち』のぶっかけうどん。
これが、子供たちに大好評。




実家へ。
甥っ子のダイキくんも合流。
従兄弟同士は直ぐに溶けこみ、遊びだす。

お墓参り。
近くのお寺の境内に見事な一本桜。




『水道橋博士のメルマ旬報』の表紙写真を撮影。
そして、子供たちの写真を何枚も。




老いを感じるのは、
後、何度、花見が出来るか想い馳せる瞬間だ。

お墓へ。




施設に居る母のお見舞いへ。
一時期は寝たきりで、ボケも進んで心配していたが、
今回は元気そうで何より。
子供たちと交流する様子が何より。

83歳と53歳のツーショット。




子供たちを連れて美観地区観光。
ここでも桜が綺麗だ。




実家へ。




離れが改装していて、気分はすっかり新築。

囲炉裏の部屋も出来ていた。




甥っ子は高1で麻雀に夢中、
ボクも20年ぶりに卓を囲むが、
我が家の子供たちはまだルールがわからぬよう。
トランプ大会、五目並べに。
意外にも、アキラが強く、2敗を喫する。

夕食、手巻寿司大会。
瀬戸内の魚の美味いこと。
特にノドクロが美味し!!




布団を並べて雑魚寝。
自宅では5人一緒に布団を並べて寝ることはない。
夜更かしして、トランプの大富豪、
ボクも飲酒ですっかり興奮して、
子供たちへ聴かせるDJが終わらず。


《 ベビーカー挟み電車が100メートル走行 東京メトロ九段下駅 》
《 新宿に日本一のバスターミナル「バスタ」開業。39都府県結ぶ 》
《 NHK「あさが来た」。平均視聴率23.5%で今世紀最高を記録 》
《 日テレ 年度視聴率 2年連続3冠 強さ変わらず 》
《 昼の激戦区はTBS「ひるおび!」4年連続で年度視聴率1位 》
《 「μ’s」新田恵海 所属事務所がAV出演疑惑を否定 》




4月5日  火曜日



実家、6時起床。

『モーニングチャージ』を旅先で。
光浦靖子さんの回。
25分番組なので、大橋アナと
「化粧時間の方が長い」には笑った。


カミさんと一緒に歩いて駅前の銀行へ。
長く休眠したままの口座を解約手続き。


実家の写真を取る。
何時、見納めになるのかな。







従兄弟同士は名残惜しそう、さらば実家よ!

兄送り倉敷駅。
三井アウトレットで買い物。
チームに別れて買い物。

珍しくボクはアキラと一緒。
「瞬足」を買ってあげる。


山陽本線、岡山へ。

NHK岡山支局勤務であった堀潤氏、
大推薦の奉還町の『福寿司』へ。

わら丼(鰆丼)、特上握り、
鰆、ママカリ、ヒラメなどの瀬戸内の定番の他に
ヒラの握り……美味!!

黄ニラの味噌汁も。




板場の大将が、
「NHKの『すっぴん!』聴いてました!」と感激してくださる。
こちらも嬉しい気分に。

フミが自分用に買った、帽子をアキラにかぶせて
「カワイイ!」を連発。行き交う人にも。
それを嫌がるアキラ。




バスで岡山空港へ。
待ち時間、此処の食堂でボクのお薦め
「津山ホルモンうどん」を食す。




JAL便戻り。
ずっと窓から外を見続け、
雲が彩る絶景に子供が見惚れていた。
飛行機から外を眺めることなんて、
もうボクには滅多に無いものな。




羽田空港、スズキ秘書の迎えが遅れて、
フードコートで食事。
いったい、一日、何食食べているのだ?


帰途、
車中オレ選曲、尾崎豊を流しながら帰宅。

明日は早いし、早めに就寝。


《 金子議員、出産後初の本会議出席「妻としておわび」夫の不倫辞職陳謝 》
《 タクシー初乗り400円台へ。東京都心、1メーターの距離縮め来春にも 》
《 東京五輪また火種。期間中、神宮球場使用中止を要請。プロ野球はどこで 》
《 フェンシング 太田雄貴が4大会連続五輪切符 代表4人を発表 》
《 ソフトB和田 7回2失点10奪三振も日本復帰初勝利ならず 》

2011年 12年


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る