『藝人春秋』特設サイト



8月1日  月曜日
 
6時半起床。
 
日課にしている、
テレ東『モーニングチャージ!』の告知を忘れるという失態。
 
しかも、昨日が締め切りの『クイックジャパン』原稿も、
まだ手付かず状態。もしかしたら落とすかも……。
 
「2ヶ月休んで書きます。ちょっと難しいなーと思って……」
 
と、件の大谷くんのツイートをパロディにしたところで出勤時間に。
 
 
8時半、スズキ秘書運転で、三鷹へ。

『メルマ旬報』のTシャツ無料プレゼント連載スタート記念――。
【レアTシャツ発掘シリーズ】
「キラー・コワルスキー」Tシャツを着用。


 
 
コワルスキーといえば、
「耳そぎ事件」が有名だが、
その体型は、全盛期の猪木が憧れていたフォルムであったとか。

 
国立天文台三鷹キャンパス到着。
 
TBS『別冊アサ秘ジャーナル』
金のたまごナビ〜三鷹の国立天文台〜ロケ収録。

夏休み特別編として、
国立天文台『N・A・O・J』に初訪問。

全体案内役の「天文情報センター」
広報室長の山岡均さん(51歳)とご挨拶。

童話に出てきそうな恰幅。
 

 
 
臼田・佐藤さん(45歳)を案内係として紹介していただく。
あえて旧姓を残した苗字に。

----------------------------

【国立天文台】
 
・星や宇宙を観測し研究を行う日本の天文学のナショナルセンター。
 敷地面積は約10万坪もある(東京ドーム約7個分)

・1888年(明治21年)に国が前身の東京天文台を設立し、
 文部科学省の管轄を経て2004年に法人化。
 実に120年以上も天文学の研究をしている。
 明治時代から国を上げて宇宙の謎を研究していた。

・三鷹キャンパス以外にも数々の観測所があり、
 代表的なのは岩手・長野・岡山・石垣島、
 海外だとハワイやチリにも観測所がある。


----------------------------
 
今回は天文学者の方達に、
たくさんお話を伺っていこうということで、
随時、プロフィールを見ながら、
「宇宙との出会い」や「好きな映画」や
「宇宙人はいるか」などの話を聞いていく。
 

 
 
移動。

『4D2Uドームシアター』へ。
http://www.nao.ac.jp/news/topics/2015/20150317-4d2u.html
直径10mの全天周ドームスクリーンが覆う。
 
ここは、天体や天文現象の迫力ある映像空間が楽しめる
国立天文台が誇る施設。

星空や宇宙を観るという点ではプラネタリウム。
しかし、この「4D2U」は、
空間3次元+時間1次元の4次元で、
宇宙空間を表現している。

地球から宇宙の果てまで自由に移動可能!
つまり宇宙旅行が、三鷹で体感できるのだとか。
 

IMAXシアターやドームスクリーン好きには、
たまらない映像体験になる。
ボクとしても、大・大・大好物だ。
 
3Dのメガネを着用し着席。
 
最初に、地球から見える星座を観望!
8月現在の星座の様子。
正面左には天の川も見える!
 

 
----------------------------

【宇宙の構造とは何か?】

天文台が開発した宇宙ビューワ『Mitaka』を用いて
地球から飛び立ち、月⇒太陽系⇒近くの恒星⇒銀河系、
観測されている宇宙の果てまでを4次元的に移動できる
見えている星は、最新の観測データや、
理論研究に基づいて再現されている。
約1万光年までやってくる遠くの星は、
まとまってモヤのように見える。
「天の川」は星の集合体で数千億個の星の集団である、
銀河系を内側から見たもの。
宇宙の果ては138億光年と言われている。
現在見えている100億光年先の宇宙は、
その100億光年前の姿を見ていることになる――。


----------------------------
 
宇宙の果てまで行ったら、そこから地球へ一直線。
そして今度『地球から宇宙の果てまで一気に移動!
『土星』に立ち寄る。
 
土星の環は、実は無数の氷の粒子、
半径は10万kmもあるが、厚みはわずか数10mしかない。
 
さらに土星の遊覧飛行を映像で体感!
 

 
 
「月の形成(誕生)」、「月の遊覧飛行」、「天の川銀河の誕生」
の映像を解説交えながら堪能。
昨年にソフトを一新されたという超先端の最新映像の数々。
鳥肌が立つほどの宇宙擬似体験。
 
これは、過去に「最高!」と何度も書いてきた、
大阪の天保台のIMAXシアターで体験した
『HUBBLE 3D ―ハッブル宇宙望遠鏡』を超えている!
 
これだけの映像体験可能な、
『4D2Uドームシアター』は一般の方も観られる。
毎月2回定例公開をしている。
事前申し込み制で定員は160名。
しかも、料金は無料!!
https://prc.nao.ac.jp/4d2u/
 
宇宙の構造を習ったところで、
ここからさらに具体的に宇宙の謎に迫っていく。
 
光赤外研究部の松岡さん(35歳)の解説で進行。
『ブラックホール』について、
イメージ図をドームシアターに写しながら、
ブラックホールはどうしたら出来るのか?
構造・特徴(強い重力のために光も脱出不可能)など、
説明していただく。
ブラックホールとは、
重力崩壊を起こした星の成れの果てなのだな。
 
『タイムマシーン』の可能性については、
「ワームホール」という時空のある一点から
別の離れた一点へと直結する。
トンネルのような抜け道について言及を。
その後、天の川銀河の『ブラックホール』を体感。
 
『4D2U』を使って、
実際に天の川銀河の中心に行ってみると、
ブラックホールの周りの星は、
それに近づくと公転の速度が速くなっているのが分かる。
重力が重ければ重いほど時間は遅くなるのだ。
 
空間が歪んで見える「重力レンズ」という現象のレクチャー。
これらのスペースランデブーや時間旅行の実感が、
まるで自分が星になったかのように体験できた。
 
その後は、
「天文シミュレーションプロジェクト」の滝脇さん(36歳)の進行、
解説していただく。

天文シミュレーションプロジェクトとは、
天文学の観測データを京コンピューターや。
天文台のアテルイなどのスパコンに入力し、
それを映像化していくという研究機関。
 
物理法則から映像化、
「超新星爆発」の再現に成功したという。
 
大質量の星は、
その一生の最期に大爆発を起こすと考えられており、
この爆発は「超新星爆発」と呼ばれるそうだ。
 
その爆発、
これまでどのようなメカニズムで起きるのか、
解明されていなかったが、
『4D2U』で、我々も拝見できるようになった。
 
まるで、その場にいるかのように爆発が向かってくる……。
これにも度肝を抜かれた!!
宇宙の仕組みを分かりやすく教えてくれるのも、
国立天文台ならでは。
 
宇宙といえば、「JAXA」が真っ先に思いつくが、
JAXAとの違いは、大気圏の外かどうかで、
国立天文台は地上から観測しているそうだ。
 
いやはや、とにかく最高!!!!!!!!!!!!!!
 
『4D2U』は、
オレのフェイバリット映像体験に一発で殿堂入りした。
 
しかし、その横で暗闇から寝息が聞こえてきたのは閉口したが(笑)
 
研究員の皆さんとの会話も楽しい。
宇宙人の可能性などを、こんなに研究レベル語られることはない。
かつてSFを読んでいた少年時代に戻った。
 
世代にもよるが、ボクの年は皆、少年時代にSF体験があり、
「幼年期の終わり」を筆頭に一連の名作作品を読んでいる。
そのセンス・オブ・ワンダーが一気に蘇った。
 
移動。
『天文台歴史館』へ。
 

 
 
館内のセンターに巨大な望遠鏡が。
 
これは65cmの赤道儀式屈折望遠鏡で、
1998年まで研究観測に使われていたそうだ。
とにかくフォルムがロマンチックで見惚れてしまう。
 

 

 
 
プロジェクト室へ。
太陽天体プラズマ研究部の鳥海さん(30歳)とご挨拶。
 

 
 
【ひので科学プロジェクト】

軌道太陽天文台『ひので』衛星による
「太陽の観測」と「データ解析」を行っている鳥海さん。
 
太陽の観測は、人類にとって生活に直結している、
とても大事な研究。
 
黒点、フレア、コロナ……など太陽の構造をレクチャー。
直径は139万2000kmで地球の約109倍!
量は地球のなんと約33万倍とのこと。
 
太陽の寿命は100億年と言われており、
残りは約50億年以上で、
太陽の最後は膨張し、太陽が巨大化!
水星、金星も飲み込まれ、無くなるのだ。
 
その時、地球は現在の軌道から外側にはじき飛ばされて、
助かるかもしれないが、生命は存在していない。
海が蒸発し、大気も吹き飛んでいるから――。

太陽のフレアが地球に多大な影響を与えるから、
ずっと太陽を監視しなくてはいけない。
黒点を観測しフレアを予測し、地球はその対策をしているのだ。
鳥海さん、太陽に残された謎を説明していただく。

----------------------------

(1)太陽フレア問題
巨大な爆発現象で、オーロラの原因になるなど、
地球に多大な影響を与える。
フレアの発生する仕組みは解明されていない。
 
(2)太陽ダイナモ問題
太陽黒点の数やフレアの発生数は11年周期で増減を繰り返している。
 
(3)コロナ加熱問題
太陽中心は約1500万度!
そこから離れるにつれて温度は下がり、
太陽表面では6000度になる。
しかしさらに外側のコロナでは、
なぜか再び加熱100万度まで上昇!

 
----------------------------

ボクは太陽黒点と自然環境、
地球温暖化現象の連動を質問したが、
やはり、まだ学術的にはなんとも言えない様子であった。
 
ボク自身、
「地球温暖化詐欺」などの説に傾倒した時期もあったなぁ〜。
 
移動、地球外生命を探求する、
『アストロバイオロジーセンター』へ。
新しい研究機関『アストロバイオロジーセンター』は、
太陽系外惑星に『第2の地球』を探求している所。
アストロバイオロジーセンターの成田さん(35歳)が登場。
 

----------------------------

【アストロバイオロジー】

日本語に直訳すると宇宙生物学、あるいは宇宙生命科学。
研究の目的は、生命が住居可能な惑星を探して、
生命住居の可能性を探ること。
太陽系外惑星に第2の地球を探し
そこに生命が存在するのか?という事を調べている。
宇宙人の定義を巡って、しばし論議。
生命とは何か?ウイルスを生命と呼ぶのか?などなど。

 
----------------------------

その後は、
国立天文台が誇る「すばる望遠鏡」という
世界最大級の高性能な望遠鏡を紹介。
我々、ハワイの夜空を天体観測に挑戦。
 

 
「すばる望遠鏡」自体はハワイ島のマウナ・ケア山頂にあるが、
国立天文台ハワイ観測所では、現在も観測が行われている。

実は三鷹キャンパスには、
すばる望遠鏡を遠隔で指示するリモート観測室があり、
ちょうどこの後、研究者が実際に観測を行うということで、見学。     

国立天文台の臼田教授(48歳)を紹介、
模型を見ながら『すばる望遠鏡』について解説していただく。

可視光線、近赤外線を観測。
口経は8.2mと単一鏡としては世界最大級。
天体からの微弱な光を集める光学赤外線望遠鏡。
ガリレオが最初に作った望遠鏡の約10万倍の集光力。
宇宙の「ハッブル望遠鏡(口径2.4m)」よりも、
広い視野なのだとか。
 
ハワイ観測所の様子&すばる望遠鏡のVTR
標高4200mのマウナ・ケア山頂に建設。
世界11カ国が運用する13の観測施設のひとつ。
 
とにかく星がキレイ!
流れ星や人工衛星が肉眼で見ることが可能。
すばる望遠鏡の費用は、なんと約400億円!!!
 
そう言えば、このすばる望遠鏡のあるマウナ・ケアは、
作家の小林くんが、新婚旅行に行っていた場所だ。
今回、絶対、オレも行きたくなった。
家族でハワイへ行くことの最大のモチベーションになった。
 
リモート観測室へ。
ハワイの様子がこちらのモニターへ映り込む。
金髪の助手の方をイジってしまう。
 

 
 
別室へ移動。
 
次世代超大型望遠鏡 『TMT』 
入口の『TMT』の模型を見ながら解説していただく。
 
口径30mの超巨大な望遠鏡で、
直径1.4mの六角形の鏡部分を、
492枚組み合わせて大きな鏡を作る計画が進行中。
2027年度に開始予定。
建設費用は約1500億円!!
 

 
 
すばる望遠鏡の10倍も多くの光を集めることが可能で、
宇宙で最初に誕生した星と銀河の観測が期待される。
 
さらに移動。
南米チリにある電波望遠鏡 『アルマ望遠鏡』へ。

さきほどの『TMT』や『すばる望遠鏡』は、
「可視光」というタイプ。

夜、星の光を集めて観測を行う望遠鏡。
実は、それとは全くタイプの異なるものもある。 
 
チリ観測所所属のチームを紹介していただく。

『アルマ望遠鏡』という『電波望遠鏡』
電波望遠鏡の特徴を、模型を見ながら解説。

一般的に知られる星の明かりを見る「光望遠鏡」に対し、
星の間に浮かんでいるクモから出る様々な電波を受信し、
解析することで星の観測を実現する望遠鏡。

「可視光」と「電波」の比較画像、
アルマ望遠鏡の現地の動画を拝見。

チリ観測所は2012年4月に発足し、
日本・台湾・韓国・北米・欧州およびチリの国際協力によって、
標高5000mのアタカマ砂漠で運用しているそうだ。

口径12mおよび7mの合計66台のパラボラを組み合わせることで、
ミリ波やサブミリ波という波長の短い電波を観測。
 
チリは理想的な観測条件を備えた、
地球上で究極な場所!
 

 
 
惑星誕生領域の映像を拝見!!
そして、なんと日本にも、電波望遠鏡はあるのだ!!
 
実は、長野県に野辺山宇宙電波観測所という場所があり、
そちらに45mの巨大電波望遠鏡が設置されている。

 
 
これは是非、見たい!!!
ということで、詳細は、明日のロケに持ち越し。
 
改めて、とにかく圧倒的大興奮のロケだった――。


三鷹の国立天文台の4D2Uドームシアター、
(4次元デジテル宇宙プロジェクト)の映像は、
一般公開もされているし、
ネットでも、3D体験は出来るので是非見て欲しい。

しかし、この劇場で、
『水道橋博士のメルマ旬報』仲間の、
IMAXシアターマニア、柴尾英令さんや斉藤守彦さん、
なにより、我らが「スター」そのものの岡村靖幸さん、
そして、かつて大阪・天保山のIMAXシアターの
『HUBBLE 3D - ハッブル宇宙望遠鏡』上映に、
ボクのTwitter呼びかけで詰めかけた、
方々に見せてあげたい。

実は、新刊『はかせのはなし』のために、
IMAXシアターのスクリーンの本来的なものとか、
都内プラネタリウム事情などはもろもろ取材していたのだが、
今日の映像体験は、人生のなかでも指折りの衝撃だった。

『メルマ旬報』で貸し切り試写会をやろうかと思うほど。

宇宙や天文や星座やSFの概念を、
今日ほどロマンチックにかつ立体的、
そして魅力的に伝えられたことは無かった。
 
こういうことがあるから
年老いてもロケには積極的に行くべきなのだと痛感した。

ボクの世代は皆、基礎教養としてのSFがあるので、
宇宙に懐かしい郷愁すら感じた。

----------------------------
RT @baoh(柴尾英令さん)
2010年10月に日帰り単独行で大阪に行った時のことを思い出します。天保山のIMAXシアターはあと数年がんばってくれたら、日本でも大画面映画がきちんと商業として成立する時代になったと思うと、せつないです。
----------------------------

 


17時半で終了。
 
次のロケ地、長野へバス移動。
あいにくの天候で、
夜に予定されていた天体観測は中止に。
それでも取れ高は十分すぎる。


長野へ向かう途中、『萌木の村』のレストラン『ロック』へ。

店に入った途端、既視感あり。
以前に同じ番組のロケの合間に訪れていた。
 
調べてみたら、2011年の8月18日のボクの誕生日に
この番組のスタッフから家庭用プラネタリウムを貰ったのだ。
なんという偶然だろう。星座の概念そのものだ。
 
この偶然に感慨深くビールも料理も全て美味い。
 

 
 

移動の間、いまだネットで燃え広がる、
ダイノジ大谷問題に以下のコメント――。
 
----------------------------
RT @nikkansports
ダイノジ大谷ノブ彦、水道橋博士に生放送で謝罪
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1687866.html
 
↑筒井康隆の名作「俺に関する噂」の時代。
我についてのニュースをネットで知る。
----------------------------

 
『水道橋博士のメルマ旬報』は、
創刊時から、執筆者に締め切りを催促せず、
休載自由の方針で運営してきた。

しかし今年の4月からその方針を改め、
「執筆者は近況報告程度でも原稿を入れてください」
と何度も連絡してきた。

実際53大連載のうち休載する人はいなかった。
執筆者全員とのホットラインも確保していた。

なのに、ボクに直接連絡をとることなく、
Twitter発表で「2ヶ月休載」を宣言する、
同業者(芸人)の後輩のやっていることがわからなくなった。

ボクが怒っているわけでもなく、
彼には「ボク以外の他の媒体でどうぞ」というだけの意味だ。
 
今、芸界でも、そういう遠慮のない、ゲスを開き直る、
礼儀知らずの“芸風”が「売り」になる風潮もあるが……。
 
それはそれで吉本のNSCのような、
スクールヒエラルキーを打破したい〜
というような関係性と、ボクが言うのは別なのだ。
 
古くからある厳密な師弟関係、上下関係を経ている、
ボクの方面では、そういう「ごっこ」もダメということだ。
昔々、石野卓球に、
対談をすっぽかされた時もこういう事態になった。
君らの世界ではそういう行為がカリスマ振る舞いとして通用しても、
ボクらの世界では通用しない=という意味で我々は激昂した。
 
それでもピエール瀧が謝罪して、
我々と一緒に巣鴨のピンサロに行き、
その姿を誌面に晒すことが和解条件だった。
 
それは実行された。
 
しかも、もう仲直りして、今は何のわだかまりもない。

こういうことを晒すと、
「水面下でやればいいことを、なぜTwitterで公開するのか?」
との批判を受ける。

しかし――。
そもそもSNSを利用する人は全て自意識が壊れている。
1997年からブログをやっているボクもかねがね自問自答を重ねてきた。
だからこそ、そこは重々承知の上だ。

なぜ、個人の日記を公開したり、
直接電話をすれば済むのに、
他者に対する「お礼」や「伝言」をネットで書く必要がある?
それは非公開の当事者間のメールで十分だろう。
 
それなのに、blogや、SNSを通すのは、
皆、「自分ファンクラブ」の「会長」として、
自分で会報を記して配っているようなものなのだ。

ボクは自分もネット民の一員であることを意識して、
ネット世論を形成する立場も自覚している。

Twitterが出来てからは、
Twitterに日常を忘れぬよう日記をメモ書きとして使っている。
それも世界公開のメモ書きを!
(何故、メモを世界に公開する?)
blogやSNSをやれば賛否両論も当然のこと。
 
存在そのものがネットより大きなメディアである、
たけし・さんま・タモリ級はそんなことをやる必要もない。
 
しかし、そこまではいかない、
そこそこの人はネットを通じて、
誰もがしょせんは自己宣伝活動をしている。

このやり方が嫌い、鼻につく人は、
それで関心を持たなくてもいいじゃない。

そもそも不愉快になるなら、
読まなければ良いのだから、

他人のblogなどを読んで文句を付ける人も、
また何かが壊れている。
 

ボクは『水道橋博士のメルマ旬報』は、
執筆陣の量もクオリティ・質からも自信があり、
全国の活字中毒者の会員「最低1万人」目標として、
読者に届くよう編集長として振舞っているので、
どんなネットの炎上騒ぎも、
どのみち「メルマ旬報」が話題になれば、それで良いのだ。
 
芸人の水道橋博士と、
編集長の水道橋博士は意識も自覚も違う。

自分が創刊した雑誌を、多くの人に知ってもらって、
ひとりでも多くの読者に読まれるように振る舞うのみ。
 
例え騒動になっても、
文を「編み」最終的には「売る」仕事である
これは「編集者」として当然のことでしょう。

世間で何も話題にならず、
仲間内で褒め合う「文」は同人誌で充分。
 
まず『メルマ旬報』はそこを目指していない。
 
テレビは世間と直結しているが、
それとは別に『水道橋博士のメルマ旬報』は、
活字中毒者に「文」が反響し、
「文」の反応を互いに確かめ合い、
それが一時のひまつぶし、読者同士の話題になることが目標だ。
 
と長々と書きながら、 
……ボクが移動中、書くはずの〆切がまずくなった。

締め切りは英語でDeadline。
不本意にも締め切りを巡って、
ダイノジ大谷くんをDEADに追い込んでしまったが、
今度はボクの番が迫っている。
 
揺れるロケバスのなかでは原稿書きは限界。
ノートのバッテリーもなくなった。
しかも、現地の電波は弱いようだ。ヤバい。
 
Deadlineはライター業に皆平等に迫る。
宿舎に到着。
風呂に入り、腰痛体操も消化した。
 
明日はスケジュールが緩い。
明日の朝が決戦、Deadlineだ。
『クイックジャパン』への寄稿、
「いとうせいこうとは何者か」を必ず書かなければ。
 
あれだけの人を2000字でまとめるのは困難。
 
明日の朝へ課題、持ち越し。
 

《 都知事選勝利の小池氏が会見。議会と連携模索する姿勢 》
《 自民党・幹事長に二階総務会長を起用へ。安倍総理と会談 》
《 山本美憂 総合格闘技デビューへ!息子アーセンと異例の母子参戦 》
《 高島礼子離婚届提出 高知被告のダブルの裏切りに決断 》
 

 
 
8月2日  火曜日


 
早朝4時30分、ホテル起床。
肌寒し。
 

早起きして『クイックジャパン』の、
「いとうせいこう」特集の原稿をクイックで書く。
 
なんとか目処はついた。


ほぼ書き終えたところで、ホッとして朝食へ。

瀬川さんの隣、制作陣とくつろいで朝からお喋り。

毎回、『別冊アサ秘ジャーナル』ロケは早朝からだが、
こんなにのんびりスケジュールは久々だ。

赤江くん(玉袋)一行は、
昨晩、風呂から、朝までチンチロリンや、
ポケモンGOで大騒ぎだったよう。
 

昼、ロケ再開――。
 
作家の小林くんは、別の場所へ移動し、
BBQの準備へ。


三鷹キャンパスから車で約3時間、
長野県野辺山。
ここは標高が1350mと東京よりも断然高い。
 

『国立天文館』長野県野辺山の宇宙電波観測所に到着。
 
予報は雨だったが、
しかも奇跡的に晴れ間が!
 

 
 
ミリ波干渉計の前で。
 
オレ、偶然にも、
『2001年宇宙の旅・キューブリック』Tシャツ。
 

 
 
あの大きな電波望遠鏡の位置を、
随時変えるために使用するゲージの広い線路。
 
これは、タモリさんに見せてあげたいなぁ。
日本にこれより広いゲージってあるのかしら?
 

 
 
野辺山の研究員・衣笠さんを紹介していただく。 
 
ここには、『電波ヘリオグラフ』といい、
太陽の画像を撮る電波望遠鏡がなんと84台もある。
 

 
 
そして、後ろには、巨大電波望遠鏡。
アンテナの直径が45mもある世界最大級の電波望遠鏡!
 

 
 
1982年完成、世界最大級の電波望遠鏡。

その巨躯の荘厳さ、機能美にしばしうっとり。
電波望遠鏡を使って研究をしている鳥居さんから、
レクチャーを。

主反射鏡(パラボラ部分)で、宇宙から来た電波をキャッチ。
その弱い電波をパラボラの性質を利用して副反射鏡に集める。
そこから鏡で反射させて受信機まで電波を導く!
 
パラボラが白色なのは、
太陽の熱で反射鏡が歪まないように、白にしているそうだ。
(白は太陽の熱を吸収しにくいので)

現在はメンテナンス期間中。

ボクと江口さんは、
ヘルメット着用して電波望遠鏡の3階部分へ。

可動部分の説明や、見晴らし、主反射鏡の大きさに驚く。
 

 
 
観測室へ移動。

こちらでは受信機で、
宇宙から来た電波を電気信号に変えることで、
電波の強さや広がりを、
グラフや画像にして見ることができる。

電波望遠鏡で撮った、
「天の川銀河」「オリオン星雲」などの画像を見せていただく。

電波望遠鏡を用いた、
天の川の広域・詳細な分子雲地図の作成と、
それを用いた巨大星の誕生メカニズムを研究している。
 

 
 
エンディング収録。

とにかく、番組史上に残るロケとして、
大絶賛を繰り返して終了。
 

東京へ戻る帰途、
川辺のキャンプ地に立ち寄る。

小林くん達が準備した、
『別冊アサ秘ジャーナル』15周年のBBQ大会。
 
豊かな緑と澄んだ空気、好天に恵まれ、
まるで天使たちのシーンが流れるような時間。

キャスト、スタッフ一体となって皆、笑顔で食事。
 

 
 
途中、皆を集め、
作家の小林くんの大演説あり。
 
今や、製作体制が変わっている。

15年も続く長寿番組だが、
何時、番組が終わっても不思議ではない。
 
番組の継続というのは、
こういう舵取り、一致団結がないと無理なのだ
〜というような内容。
 

しかし、時間が進むに連れて、最後は皆、泥酔。
地獄絵図へ……。
 
川へ突き落とし、
パンツを脱いで大乱痴気騒ぎへ。
 

ボクは一歩離れて観覧。

今回は、今月一杯で仕事を終える、
スタイリストのユリちゃんの送別会も兼ねていた。
 
ユリちゃんも、こんなバカ騒ぎは、
もう人生で何度も経験しないだろうな。
 

記念写真も使えるのは、これが限界。
 

 
 
帰途、ロケバスで江口ともみさんから、
劇的なエピソードを聞く。
 
音楽をやっていた甥っ子さんが、
ニューヨークで、2人組エレクトロポップユニット
『ラヴ・スプレッド』を結成、
このたび、逆輸入バンドとして『フジロック』登場、
その雄姿を客席から見たとの話。
 

 
 
「日本に暮らしていた中学時代のたった2年、
 親は反対したけど、金髪を黒髪にして、
 真面目にギターやるなら買ってあげると約束し、
 それを守った良太……」

そんな瞬間が訪れたら……。
その心境を慮って思わずウルウルしてしまう。

『ラヴ・スプレッド』というバンド、覚えておこう。
 

 
 
江口ともみさんのblog。これは泣ける。
http://ameblo.jp/momirobi/day-20160723.html
 

車中、クイックジャパンの原稿
「いとうせいこうとは何者か」なんとか書き上げる。

今回の綱渡りは、
「自分で自分を褒めてあげたい」
 

帰宅後、
子供たち&地獄の夏合宿帰りの長男にも、
国立天文館の魅力を力説。
 

先日、7/31のニコ生「都知事選2016 開票特番」
投票終わったので言いたい事を言う生放送

http://live.nicovideo.jp/watch/lv270727927


遅ればせながら視聴。

この番組の前回については、
ボクが「ポリタス」に原稿を寄せた。
大変、反響を呼んだ。
 
東浩紀さんの
「水道橋博士は逃げたんだよ!」の発言には?だ。
 
最後に猪瀬さんが、
「今度は水道橋博士を呼んでやろう」と提案。
 
猪瀬さんが、ボクの進言以降、
高圧的だった話し方を改めていることが如実にわかる。
 
 
《 小池新都知事初登庁 いきなり森氏けん制!リオで“直接対決”も 》
《 石原伸晃会長辞任へ ドンら都連執行部が総退陣も 》
《 甲子園・大分 女子マネージャー、ユニ姿でグラウンド入りも“退場” 》
《 シン・ゴジラ好調!シリーズ29作の累計観客動員数1億人突破 》



8月3日  水曜日
 


5時起床。
 
5時45分、神谷町・テレビ東京入り。
 
6時40分、『モーニングチャージ!』生放送。

MC:大橋未歩アナ、林克征アナ。
出演:森井じゅんさん、ご一緒。

・VTR企画「アスリート品質を家庭に」
・ニュース「名古屋めし続々東京進出」
・特集「見直される理髪店の魅力」
・ランキング「行ってみたいお祭り」
などにコメント。
 
森井じゅんさんは、この番組で初めてお会いしたが、
ボクの推薦映画、
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』を見に行ったり、
お手紙くださったり、ちゃんとしている方だなー。
 

『メルマ旬報』のTシャツ無料プレゼント連載スタート記念――。

【レアTシャツ発掘シリーズ〜】楽屋でモンスター・ファクトリー出身、
『キングコング・バンディ』Tシャツ@バンバンビガロで一枚。
 

 
 
早朝の生放送終了後、一旦、帰宅。

子供たちと朝食を囲む。
連日ロケで、夏休みなのに、
遊んであげる暇もない‥‥。
 
「パパ、見てーおねぇちゃんに追いついた!」

末っ子が公文のクリスタルを見せてくれた。

姉・フミがそうだったように、
成績優秀者に送られるクリスタルのご褒美が欲しくて、
黙々と頑張っていた。
そして一年をかけてノルマを達成。
 
「公文で苦悶」とか、散々からかってスマン。

公文よ!
子供たちの勉強を見てくれてありがとう。
 

 
 

10時半、東京駅へ。

のぞみ新幹線移動で名古屋へ。

CBCの『ゴゴスマ』生放送へ。

小池百合子の都知事戦勝利によって、
猪瀬直樹が語る東京都のガン問題が、
ようやく地上波でも解禁された。
 
『ゴゴスマ』も、
既に昨日から都議会のタブーへ踏み込んでいる。
 
----------------------------
RT @inosenaoki(猪瀬直樹さん)
「都議会のドン内田とは? 先ほどのラジオ、アップされました。堀潤×猪瀬直樹https://www.youtube.com/watch?v=YKodakmt1s0&feature=share
 
↑30分だけで今の問題点がわかるから、これは聞いておくともろもろ理解が早い。
----------------------------

 
名古屋、CBC到着。
渡辺祐リスペクトTシャツで。
 

 
 
東京からの中継で、猪瀬さんも登場とのこと。
楽しみだ。
 
13時55分、CBC『ゴゴスマ』生放送。

MC:石井亮次アナ。
アシスタント:古川枝里子アナ。
出演:松本明子、ニッチェ、石塚元章論説室長、ご一緒。
 
----------------------------
RT @cbc_gogo(ゴゴスマ公式)
・小池氏迎えたのはたった2人でわずか30秒
・小池氏とバチバチ!都議会のドンについて元知事猪瀬氏生出演で語る
・都議会の闇について水道橋博士も参戦で本日は荒れる?
・お騒がせニュースをお騒がせのあの2人が振り返る
----------------------------

 
今日の生放送に漂った緊張感。
 
スタジオの我々には猪瀬さんの姿は見えるが、
西麻布にいる猪瀬さんには、
モニターが見えないまま音声のみの生出演。

司会もスタッフもゲストも、
この「小池の乱」の仕掛け人の元都知事が何を言うのか、
どこまで言うのか手探り状態。
 
もろもろの中継混乱も起きて面白かったーー!

ボクも猪瀬さんと直接対決ムードに煽られた。
(ボクと猪瀬さんの対決要因は無いのだが)
ポリタスで指摘した、
大阪市の顧問や、公民権停止に関する疑問は直撃した。
 
ネットの反響を読んでも、
この問題に関して、ちゃんと「見えている」人は少ないなー。
 
----------------------------
RT @inosenaoki(猪瀬直樹さん)
地上波のあり方が問題だね。TBSの昼オビはどっちもどっちというような変な中立性を強調していた。その番組のあとの1時55分からの名古屋発のゴゴスマに西麻布からナマ中継出演したら、不自然なCMが連発され
http://npx.me/rGUd/od5c #NewsPicks
----------------------------
RT @wasabi_san
石井アナのゲストに対する無礼な言葉遣いはなんとかならんものかと。
 
↑石井アナは背が高いですが腰の低い方ですよ。CBCのゴゴスマのスタッフは皆、バスケ部かと思うほど、背が高いので自然と上から目線です(笑)。が、皆、ちゃんとしていて礼は尽くしているひとたちです。
----------------------------

 

帰途、新幹線で、
『吉田豪の空手バカ一代〜地上最強の人生インタビュー集』
(白夜書房)読み耽る。

本来は、締め切り間近の
つかこうへい鼎談の原稿チェックをすべきだが、
この本、面白すぎる!

初出で読んでないものが多々あって、ヒィヒィして困っている。

極真幻想に浸りつつも、
なぜか大谷=大仁田説を考える自分がいて、
なかなか先に進まない。

それにしても、装丁カッコよすぎる!!
 


 
 
19時、帰宅。

菅Pから絵本を頂く。
 

 
 
『ゲームの中に入っちゃった』(さく・かんつよし え・まつもとニーナ)
末っ子に読んであげていると、長男と娘も集まってきた。

長男は、中1なのにゲームという響きに寄ってくる。
まだ子どもだな――。
 

 
 
小2の末っ子とお風呂。

「パパ、マンザイで誰がいちばんおもしろいと思う?」
と不意に聞かれる。
「あ、あさくさキッドとたけしさん以外ね」とも。
「パパが一番笑うのは『千鳥』だな……」
と言うとニッコリして、
「パパ………クセがすごいぃ!」
 

21時、
『水道橋博士のメルマ旬報 臨時増刊号』旬組、配信!
https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=s_hakase
 

 
 
予告もしていなかったので、
発信直後からネットでは大反響。
今までの『メルマ旬報』のなかでも、
ここまでの反響は初めてのことだ。

----------------------------
RT @harakantokukett(原カントくん)
『水道橋博士のメルマ旬報』臨時増刊号を発射しました。ダイノジ大谷さんの釈明文に加え、モーリー・ロバートソンさんの緊急寄稿、松原隆一郎先生の「小池百合子さんについて」他。そして表紙は何故かダイノジ大地さんが流れ弾登板!
----------------------------
RT @ryuimatsu (松原隆一郎先生)
水道橋博士主宰の「メルマ旬報」臨時増刊号に小池百合子新都知事につき所感を述べよという注文をいただいたので、さっそく2時間で12枚ほど書いた。明後日には配信される模様。無電柱化一派から見た都知事選の光景です。
 
↑無事発行できました。ありがとうございました。
----------------------------
RT @gjmorley(モーリー・ロバートソン)
今回は3段ロケット式です。「週刊文春」本誌の記事、文春ウェブに掲載された全文、さらに特別編を追加執筆した水道橋博士の「メルマ旬報」版を是非読み比べてみてください。文字数が増えるにつれて筆者の性格が違って見えるかもしれません。
 
↑モーリーさん。無事、臨時増刊号発行出来ました。ありがとうございます。「旬」号のキッカケを作っていただきました。ボイスも素晴らしいです。
----------------------------
RT @osm69
メルマ旬報臨時増刊号。旬号な超特急の表紙デザイン依頼と送られてきた写真。そりゃテンション上がる。上がる。
 
↑突然に急な対応、ありがとうございました。
----------------------------
 


今回の増刊号の反応で、
春日太一さんのリアクションの厳しさにちょっと驚く。
 
しかし、この人はボクの引き出しのなかでは「文士」枠。

100年後にも残る「文」の超傑作を既に世に残している作家は、
その後、何をどう偏向しようと良いと思う。
しかも、それだけに自分に課すハードルの高いのだから。

春日太一著『あかんやつら』(文春文庫)の解説を書くのに、
ボクもどれほど「文士」に対して襟を正し真剣に向き合ったか。
「気楽」に「文」を書き飛ばすのは、全く違うものだから。

 
そういう真剣を忍ばせている人と向かい合う意識が、
違うのだろうなー。
 
そして、ダイノジ大谷くん――。
 
自身のラジオ番組で、
「怒った先輩のなだめ方」のメッセージテーマで、
トークするのは構わない。
 
でも、引っかかったのは、この発言……。
 
----------------------------
RT @chisato1975
「ファイヤーやめろよ。ファイヤー大谷。前言ってた通りだね。今度は大仁田だっつって。アントニオ猪木さんが出て。邪道で俺たち勝とう。DJダイノジは邪道だ。やっぱ大仁田さんだよ俺好きなの」「炎上(Enjoyの音で)!怒られるわ」
----------------------------

 
もしボクが「YOUは大仁田だ!」と褒められたとしたら、
それはどれだけ侮蔑だと思うだろうか? 

ましてや、「I am 大仁田!」と自己肯定的に名乗るとしたら、
それはどれだけプロレス裏面史を知らないところでの発言か。

ボクはレスラーではないのだが、今回の件で、
大仁田に対する猪木や長州の気持ちがわかってきた。

 
読者のツイートより、
「ケツは紙では無く、メルマガで拭かせる時代」
というのは上手いなぁ。
 

臨時増刊「旬」号を無事発刊してホッとしていたら、
今日は、次号「め」組(10日配信)の締め切り日だった。

ボクの日記連載はほぼ手つかず状態。

執筆者の皆さんに、
ピリピリさせて申し訳ないなぁと思いつつ届いた原稿を先読み。
 
『メルマ旬報』の新連載・立川談慶さん
『アマデウスの噺〜立川流の天才論』入稿。

タイトルも執筆者もボクの指名だったので、
例外的にボクのイメージに合うまで書き直してもらったが、
これは面白い!
初めて読む人でも、立川流の「本書く派」の魅力が、
横溢する連載になると思う。

 
【気になった、ツイート】

----------------------------
RT @WORLDJAPAN(吉田豪ちゃん)
ダイノジ大谷さんに「ちゃんと謝れ!」とか本気で怒ってる人が多いみたいなんですけど、反省して水道橋博士にちゃんと謝ったら大谷さんじゃないし、反省し て音楽なりプロレスなりの情報精度を高めても大谷さんじゃないし、大谷さんはいまのままのアレな感じでいるほうが絶対面白いとボクは思ってます。
----------------------------

 
 
《 第3次安倍再改造内閣が発足 丸川五輪相、山本農相 初入閣は8人 》
《 蓮舫氏が民進党代表選出馬へ 岡田氏後継、野党共闘路線継承か 》
《 北朝鮮ミサイル 日本のEEZ内に初落下、約1000キロ飛行 》
《 ゆうこりん夫と不倫報道の馬越幸子「今回の件で」事務所が契約解除 》
 

 
 
8月4日  木曜日

 

5時起床。
 
テレ東『モーニングチャージ』視聴後、
朝から3時間半、ぶっ通しで、原稿。

新潮社『波』に掲載した、
長谷川康夫×樋口毅宏×水道橋博士
『つかこうへい正伝』を巡る鼎談。

6千字の紙面版から1万7千字無制限WEBバージョンへ。

疲れたーー!!けど、これは絶対おもしろい。
こういう風に残したら風化することなく後世に残ると思う。


 
10日発行の『水道橋博士のメルマ旬報』(Vol.92)
原稿届く。編集長として先読み。
 
サンボマスター山口くんの連載「ある日何処かで」は、
「4月某日、最悪の日々から、いろいろうまくいきたいなぁと思えた表参道の夜〜キミを待とう。僕は言葉が溢れる。キミに捧げたくてたまんない。だから キミを待ってる〜」で始まる……。
 

11時、お台場のホテルへ。
 
フジテレビ『FUJIYAMA FIGHT CLUB』収録。

出演:高田延彦、ケンドーコバヤシ、おのののか、朝比奈彩、
相棒(玉袋筋太郎)、バッファロー吾郎A先生、
アルコアンドピース平子、ご一緒。

一本目ゲスト:山本美憂選手。

レスリングから総合格闘技へ、
RIZINデビューへの意気込みなど語っていただく。

山本美憂さん、しかも今日が42歳の誕生日とのこと。

僕らとの初めての出会いも、2000年の木口道場だから長い。
あのときは、テレ東の格闘コロシアムのレポーターとして、
美人姉妹レスラーとして追っかけていた。
あれから16年か――。

 
二本目ゲスト:バルト選手。

無差別級トーナメント
「FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016」
開幕戦で藤田和之との対戦が決まったバルト選手。

事務所(オフィス北野)の後輩でもあるが、
オレは今日が初対面。

ちゃんと丁寧に挨拶を交わす。

事務所的には、超売れっ子で、
一気に番付をあげてスピード出世。
もう既に大関クラスだ。

格闘家としての実力は未知数。
潜在能力は申し分ない。
試合展開が予測できないところが、幻想を生む。

 
FFC、この番組は高田延彦さん座長で、
ケンコバ廻しの座組がしっかり出来ているので、
あ・うんの呼吸でトントンと進んで気持ちイイ。

収録前にメーク室で高田延彦さんとふたり話し込む。

この収録後に夏休み入りとのこと。
今回の旅行の意義を聞きシミジミと語り合う。
 
名古屋で3年間、番組共演して以来、
すっかり同じ歳で育児の悩みとか健康を相談しあう仲に。

お互いのポジションで男同士の気遣いを交わせられる。
まさか、高田延彦さんとこれほど懇意になるとは……。

ケンドーコバヤシとは、
先日の『すべらない話』(古舘伊知郎さん登場回)の話題を。

なんでも、番組の打ち上げで、
古館さんがさらに詳細に「熊本旅館破壊事件」を描写したらしい。

オレたちの話を横で聞きながら高田延彦さん、
「僕もそこ(熊本)にいたけどね。
まだ古舘さんの話は見ていないんだよ」
とニッコリ。

うわー、高田さんの話も聞きてぇー!

 
楽屋で、出来たてホヤホヤ、
まだ2冊しかない『キッドのもと』(ちくま文庫)を手渡される。

本は子どもだが、文庫はさらに産み直した子どもだ。
すでに愛おしい。
帯もいとうせいこうさん。

解説は宮藤官九郎。いや、この文庫も最強じゃない?
8月8日発売。
 

 
 
タイトルの横、1ページ目に、
「企画協力 井上ダイスケ」とクレジット。

もともと、この本を連載時から立ち上げた、
裏方ながら最大の功労者がちゃんと文字で報われて嬉しい。
 

 
 
『メルマ旬報』のTシャツ無料プレゼント連載スタート記念――。

【レアTシャツ発掘シリーズ〜松永光弘vsレザーフェイス】
93年5月5日のW☆INGの小田原大会。
釘板デスマッチ。

細部までカッコいい。
 

 

 
 
ボクのTwitterのタイムラインで、
映画『ケンとカズ』の絶賛ツイートが相次ぐ。

この映画をボクが観たのは、
自主上映時代に長谷川和彦監督が絶賛評をチラシに添えていたから。

その時は、絶賛コピーは、まだ長谷川監督おひとりだけだったが、
その後、多くの著名人の賞賛へと広がっていった。

現在上映中だが、嬉しい限り。
 

 
----------------------------
RT @shojihiroshi711 (小路紘史監督)
ゴジさんには飲み屋で偶然遭遇してBlu-rayお渡出来たんです。凄く良くして下さいました。
 
↑えええええーーーー!!!それは知らなかったです。新事実。
もともと広島繋がりでお知り合いかと。
ちなみに説明すると小路さんとは『ケンとカズ』の監督です!
----------------------------

 

今週末から、ボクがミニ旅行で大阪遠征するため、
長男の誕生日(8月8日)祝いを前倒し。

外食することに。
 
しかし、中1になった長男とは、
一緒に行動する機会が少なくなった。

今日も、友達と渋谷へ行っていたそうだ。

「初めて渋谷のスクランブル交差点に行ったわ。
尾崎のスクランブル・ロックンロールが頭で鳴ってたわ」と。

嗚呼、中央線育ち……。
 

夜、家族で、世田谷区野沢の『東京豚道』へ。

今日、昼間に高田延彦さんと話しをしていたら、
「行きたい」が止まらなくなった。
 

 
 
店内には忌野清志郎の絵が。
 
これは、高田延彦の引退試合に贈られたものだ。
これは、もう一枚撮らずにいられない!
 

 
 
料理が出てくるまで、
末っ子が主導で「地理問題クイズ」合戦。
歴史につづいて、今は地理にはまっている。
 

 
 
『豚道』――。
相変わらずの文句なしのハイスコア!
 

 
 
メインの豚しゃぶから、
サイドメニューまで全てが美味い。
 

 
 
行き帰りの車中は、長男のDJ。

親は流行りが聴けるし、
妹、弟には「兄が聴いてた曲」をきっかけに、
音楽との出会いになって良い。
 
オレとタケシの会話。

「オマエそろそろドラムを始めろよ!
 何年、寝かしっぱなしなんだよ!」

「いやだ!」

「じゃあ、誕生日に2個目のドラムセット買うぞ!」

「なんで?」

「4年前に、ドラムすこ(ドラ息子)だから、買ってあげただろ。
 それに加えて二代目の韻を踏みたいから。
 パパの二代目のドラムすことして、
 無意味にドラムセット2台持っているイイだろ」

「……」


22時、作家の宇野コーヘーくんが来宅。

尾崎世界観と共に手がけた、
クリープハイプの『鬼』の初回限定盤DVDを届けてくれる。

これは楽しみ!




さらに、『WANIMA』のCDも。

先日の大谷くんとWANIMAの番組も、
宇野くんが作家に入っていたのか!

知らなかったが、宇野くん、
モロモロとキーマンなのだなー。




《 東京五輪の追加種目決定 野球・ソフトなど5競技18種目満場一致 》
《 「ドラえもん」は子供に悪影響…パキスタンで放送禁止要求 》
《 「さんまのまんま」9月でレギュラー放送終了 30周年を区切りに 》
《 妻夫木聡とマイコが結婚へ「共に年を重ねていきたい」 》




8月5日  金曜日



6時起床。
フルチャージ完了。


日課のテレ東『モーニングチャージ!』視聴後、
原稿書き。


今日中に『メルマ旬報』の連載「博士の異常な日常」を
入稿しなければ、編集長としての沽券にかかわる。

執筆者に字数削減を呼びかけているのだが、
オレの日記、文字数が11万字を超えていた。

2万5千字に削る作業に没頭。


その過程でCBC『ドリームマッチ』誠さんとの共演、
番組への反響を全カットしたが、
誰かサイキッカーの想いをネットにまとめておいて欲しいなぁ。

----------------------------
RT @gozzipjp
水道橋博士、「やくみつる」とポケモンGOを巡る論争を反省!?「笑いを取りに行ったら炎上しちゃった」と説明!http://dlvr.it/LyTDTv

↑これは今回の騒ぎを丁寧に、経過を説明していますね。
----------------------------
RT @togetter_jp
@id_hovenさんの「ダイノジ大谷さんが水道橋博士主宰のメルマガ休載を勝手に発表したことによる反響。」に注目中!じわじわきてるよっ!
↑よくまとまっていますね。騒動の経緯がよくわかる。
----------------------------



そして、ある意味、今もっとも全精力を挙げている、
『水道橋博士のムラっとビンビン』へのリンクも密にすることに。

今、53歳のオレの唯一の冠番組。胸を張りたい。
http://www2.myjcom.jp/special/tv/adult/murabin/




7月17日放送の読売テレビ
『八方・陣内・方正の黄金列伝!』♯51テリー伊藤回。

ビデオで取材協力しているので同録を視聴。
素晴らしい!

このところテリーさんの振り返り番組が多くて、
ボクは何度もV取材出ているが、
これは定番だけでなく一歩踏み込んでいた。

きっちり取材して、ノンフィクション作品として、
「ビートたけしと闘った男」という題で新書を書きたくなった。



クリープハイプのシングル『鬼』の
初回限定盤に収録されているDVD
「尾崎世界観脱退〜そして、尾崎はいなくなる〜」視聴。

いやはや贔屓目ないで素晴らしい!!
このバンドが、いかにお笑いよりの世界観なのかよくわかる。
http://ro69.jp/news/detail/146306




マッスル坂井にマッハスピード豪速球の幕間のVTRを
激賞されていたが、こちらもハイレベル。

いや、しかし、俄然、
このDVDで尾崎くんと一緒に上映会を開きたいほどだ。


昼、思いつくことが多く、各所に架電&LINE。

清水ミチコさん、茂田浩司さん、
宇野コーヘーくん、尾崎世界観さん、
谷川貞治さんに連絡を入れる。

すべて、メルマ旬報案件だが、
それぞれに要件が違うので編集長も大変なのだ。


いとうせいこうさん×宇多丸さんの
『読売新聞』対談のノーカットバージョンがWEB公開されていた。

いとうせいこう年表班としては俄然注目。

当然、編集は入っているのだろうが、
正確を期していて早稲田大学法学部卒テイストで素晴らしい。

町山智浩さんも早稲田法学部卒業だから、
皆、基礎のところで勉強しているなぁ〜と思う。
(大学での勉強がゼロのニセ博士として)

せいこうさんの年表をつけていてわかるのだが、
年齢もフィールドも違うが、
いとうせいこうさんと坂口恭平総理は、
「文」の深いところで共振していて初対面から意気投合している。


【私は今でも『アフリカの印象』の世界から抜け出せない。
通常の小説がどこか暑苦しく、
内面への信仰で成立していることに耐えられないのである。
天才ルーセルは私の読書を変えてしまった。
そして、今後もとりついて離れないだろう。】

(いとうせいこう)


----------------------------
RT @seikoito(いとうせいこうさん)
確かに。そして、もうすぐルーセル『アフリカの印象』新訳本で交差したりします。
----------------------------
RT @zhtsss(坂口恭平さん)
せいこうさん、ありがとうございました!ぼくが鬱で苦しんでいるときに読んでいたのが、あのルーセルデュシャン謎解きサイトだったからです。せいこうさんのことほとんど知らずにルーセル、デュシャン、四次元を調べていて出会いました。命の恩人なんです。
----------------------------
RT @seikoito(いとうせいこうさん)
『55ノート』は俺自身読み直すのがこわいほど、鬱状態のままで世界の秘密を解こうと思って日々じっと書いてたからね。坂口に届いてよかったよ。つい先日、ちょっとだけページをのぞきました。
----------------------------
RT @zhtsss(坂口恭平さん)
ぼくにとってはカフカの日記と2666とおなじくらいの威力を持ってますよ。それだけは自信をもって言えます。それによってぼくが生き延びたんですから、たくさんの人を救うと思いますよ。出版されるべきです。
----------------------------



16時、赤坂の事務所へ。
出来立てほやほやの『キッドのもと』(ちくま文庫)、
書店用の100冊サイン入れ。


明日からの大阪遠征にも、
大量持参するつもりだったが、
著者買い取りは間に合わず。残念。


『メルマ旬報』のTシャツ無料プレゼント連載スタート記念――。
【レアTシャツ発掘シリーズ〜博士の異常な愛情=Dr.ストレンジラブ】




終了後、
半蔵門にMXテレビに移動。

ちょうど、『5時に夢中!』の生放送、
ゲストに及川眠子さんが。
入りを早めて楽屋訪問へ。

実は、『殉愛問題』のさなか、
及川眠子さんの名誉回復のため、
助っ人に名乗りを上げたことがあるのだ。

同時代人なら誰もが知る、
1989年Wink「淋しい熱帯魚」で、レコード大賞、
1994年やしきたかじん「東京」で、全日本有線放送大賞に輝き、
1995年に「残酷な天使のテーゼ」が大ヒット、
超有名非売名作詞家の及川眠子さんと、
初対面のご挨拶。



----------------------------
RT @oikawaneko(及川眠子さん)
やっとお会いできた水道橋博士氏と、記念のツーショット。
----------------------------



本番前、前田日明さんから電話。
直立不動に。

前田さん自ら滑舌を意識して喋っているところに、キュンキュンくる。

すぐに伊賀大介くんに連絡。


さらに、『メルマ旬報』で、
「格闘技を創った男〜プロモーター野口修評伝〜」を連載している、
作家の細田マサシくんが、楽屋訪問に。

ホッとするような朗報を持ちこんでくれて、
しばし四方山話と百瀬博教伝話。

明日のWESTチーム勢揃いの、
アワーズルームにも、ひとりで参戦とのこと。


21時、『バラいろダンディ』生放送。

出演:島田洋七師匠、関谷亜矢子、
佐竹雅昭、湯山玲子、
ダイアナ・エクストラバガンザ、ご一緒。

ゲストは、山本寛斎さん!

「いつもピンクがお揃いの林家ペーパー師匠夫妻と一緒に」
のつもりで撮影。




同じピンクでここまでオシャレ度が違うものなのか。

ジャッジ:芸能人の離婚会見は必要だと思いますか?
9位:平子理沙の美魔女っぷり世界に轟く!
8位:小池百合子都知事がロックオン 森喜朗氏は「生け贄」にされる?
7位:石田純一「妻が妊娠中の不貞はルール違反」発言に批判殺到
6位:映画「シン・ゴジラが踏み潰した 集団的自衛権の欺瞞と現実」
5位:“障害者&感動”に疑問符 24時間テレビに喧嘩を売ったNHK
4位:東京五輪の新種目が「野球」「ソフトボール」「空手」などに決定
3位:ロボットがポケモンGOをプレイ。研究所から脱けて遊びだした?!
2位:57万人が自首。フィリピン新大統領の麻薬撲滅対策
1位:野グソが原因で山火事!1人死亡

山本寛斎(72歳)さんが、
俳優の伊勢谷友介さんの、
33歳年上のお兄さん(異母兄弟)だったことは驚く。

「寛斎さんのお父さんは女好きで5回も離婚されてるんですよね?」
「いやもっと多いでしょう!」
という返しを含めて、
寛斎さんのお父さんに興味が湧くわ。


日テレの『元気が出るテレビ』の「元気」は、
山本寛斎さんの「元気主義」から来ていて、
テリー伊藤さんが「お断り」を入れて頂いた、
というエピソードを披露していただく。

ボクは常々、
「東京五輪の開幕の演出はテリー伊藤さんが良い」
と言っているのだが、
そのテリー伊藤さんは山本寛斎さんを推薦しているのだ。

しかも本人にそれを当てると満更でもない様子。




生放送では、取り上げなかった、
民進党代表選に蓮舫さん出馬決定の話題。

「富士山から飛び降りるくらいの覚悟で行きます」とのこと。

しかし、丸川珠代も石井苗子もテレビで、
殿(たけしさん)の隣にいた女性は皆、
女の山を上り詰めた感。唯一、飛び降りてしまったのは、
岡本夏生ではなかろうか……」

とTwitterに書いたら、石井苗子さんから反応があった。


23時帰宅。


家族は、マキタスポーツ宅で、おかみさん会。

表で夫たちが、対立したり、いがみ合っていても、
カミさん同志は交流がある。

今日は家族でお呼ばれしていた、
マキタ家のホームパーティー。

ダイノジ大谷の奥さん、息子さんも常連。
どうやら、大谷くんも後から合流するらしい。

ネットを見ていると、今日はフェスで、

----------------------------
RT @dearainbow
HOT STAGEのIDOL CLUB NIGHT LEGEND始まった。ダイノジ大谷「どうも水道橋博士です」
からのブーイングがリアルな音量だった。 #TIF2016
----------------------------

という出来事があったらしい。

まさか、カミさんを迎えに行って、
そこにオレが居たら、驚くであろう。


即、実行する。

案の定、オレの顔を見て驚いていたが、
しばし、今回の件の落とし所、話しているうちに、
最終的には睨み合いが始まる。




明日から、夏休み第一弾に突入、
関西へと遠征。

分刻みのスケジュールで各所へと行動するつもり。
楽しみだ。


【気になったツイート】

----------------------------
RT @yuichisasahara(笹原雄一氏)
もう終わった事だから、今更いうのも卑怯だけど、水道橋博士は、上西議員を笹原の思うように動かすのはどうなのか(端折ったけど)みたいな事ツイートして た。比例復活とはいえ上西は現在2期目の代議士。支援者や資金管理団体があるのに、俺の思うように動かせるわけがないじゃん。素人。

↑お騒がせ国会議員の「上西小百合さん」の秘書である「笹原雄一」様。自称「卑怯」で「悪質」を名乗る方が国会議員の秘書であることも問題ですが、ご自身 のテレビ出演のご希望も、世間的知名度もないし、あの『ゴゴスマ』のスタッフですら「?」の様子だったので諦めていただいた方が良いと思います。
----------------------------
RT @zhtsss(坂口恭平総理)
今日の絵



↑素晴らしい絵!!
以前にボクは坂口恭平の絵を買っている。しかも、購入価格は、円ではなく、
坂口という単位。今回は、何坂口?
----------------------------
RT @zhtsss(坂口恭平総理)
買ってください笑

↑娘の幼児期の絵『パパのほんだな』こういうテーストが好きです。





----------------------------
RT @harakantokukett (原カントくん)
憧れの『新潮』で"コドモの文藝春秋"こと『水道橋博士のメルマ旬報』について書かせていただきました。明日発売メルマ旬報がもっと拡まりますように。



↑ペンネームも?!石川直樹『地上に星座を作る』の横!
----------------------------
RT @TakeuchiRadio(竹内義和先生)
なんだか、明日の土曜のアワーズルームは大変なことになりそう。水道橋博士が率いる「メルマ旬報West」のメンバーが大挙やってまいります。おそらく壇上には8人くらいあがるのではと思います。客席にも関係者がいることでしょう。
----------------------------



《 五輪メイン会場付近で強盗死亡 渋滞の車の窓割り襲撃も銃が暴発 》
《 蓮舫氏 民進代表選出馬表明「富士山から飛び降りる」 》
《 自民都連執行部5人辞任了承 都知事選に敗れた責任を取って 》
《 五輪サッカー日本 守備崩壊で黒星発進 7時間前到着のナイジェリアに5失点 》
《 TOKIO山口 異例の離婚会見「自分が未熟だった」3年前から離婚話、4月別居 》

2011年 12年

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る