『藝人春秋』特設サイト



11月6日  日曜日

 

5時起床。
今日も朝に忍び込む。

そして、本日はG-DOCTORの長丁場だ。
既に、きしむ俺の腰。もつのかな?
 

先日の『バラいろダンディ』で取り上げた話題について、
なぜか昨晩から、高須克弥先生との論争に突入。

MXテレビの発言を踏まえて、さらに広がる。
 
まず、ボクの意見を書いておく――。
 
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu (高須克弥先生)
throughしないでください。もうひとつ異論、MXテレビは物凄く敏感です。小心が嫌になってスポンサー降りたくらいです。

 
↑throughしません。MXテレビのON AIRはご覧になっていますか?
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu (高須克弥先生)
僕は名古屋ですのでMX見れません。

 
↑おはようございます。先生が当該番組をご覧になられていないようなので、当日の経過を含めてお話させてください。
先生はご承知でしょうが、番組はランキング形式で忌憚のない意見をコメンテーターは求められ、4位で欅坂46の「ナチス風衣装」問題 高須克弥氏は異論「屈しちゃだめ」http://news.livedoor.com/topics/detail/12229267/ 」が取り上げられました。
この話題を安易に取り上げることにも違和感がありました。
高須先生とMXテレビの過去の経緯、番組の関係性もありましょうし、また隣にはデーブ・スペクターもいました。短時間で安易な笑い話で落とすにはセンスティブな問題だと感じました。
今回の「ナチス風衣裳」が運営側の無意識であったことはありえるし、過去、内外の映画やドラマ、アニメ、あるいはアーティストのコスチューム、プロレスのキャラなどで象徴的に引用されてきたことはご承知の通り、圧力に「屈するな」のご意見も見識のひとつです。
しかし、過去はともかく、現代のグローバルなポリティカル・コレクトネスの見識が通る流れのなかで、より目立ち、影響力の高い芸能界の本筋では抗議を受けやすいことも、またひとつの事実であり、実際、秋元康さんも謝罪もされています。
それより、ボクが先生を「間違っている」と申し上げたのは、以前より先生がTwitterに連投し拡散する「ナチス礼賛」(あえて五文字に凝縮します)の趣旨のツイートです。先生の現在の広く人気を集める、ポップな立場からしても検証なく多くの年少者にも伝わっています。
先生は医者、そして僧侶の立場、また教養人のひとりとして、信念を持ち、ご自身の意見など、誤解を恐れず開陳されていることと思いますが、「近代史」をまだ通史としても習わない子供たちにそのような、ご意見のみを広めることはいかがなものかということです。
『ダーリンは70歳』などのご著者も読ませていただていますし、西原漫画も大ファンです。MXテレビのスポンサードから撤回されても局との関係性を消滅させるわけではなく良きアドバイザーであることも承知しております。TVやラジオのスポンサーであることも。先生は権威もお立場もあるだけに、先生が言わずとも周囲が気を回し「高須クリニックとやりあうタレントは今後使えない」と忖度されるような状況にもなりかねません。それでもボクは先生のTwitterの手法には疑問があり「間違っている」と言わせていただきました。
先生とボクのこの論争そのものが悪目立ちして各所に取り上げられ、番組そのものが無くなることすら考えられますので、長く議論することも望んでいません。「わかりあえないことをわかってください」と言うしかないのかもしれません。長文失礼しました。先生もお体ご自愛ください。
少なくとも高須院長は年長の人格者であり数々の事例で賞賛すべき篤志家だと思っているし、頭ごなしの威張りんぼうだとも思っていません。これは百田尚樹先生とは全く違う印象です。
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu(高須克弥先生)
僕はそんな陰険な性格ではありません。自分の正義を正直に表明してるだけです。常に弱者の味方です。間違っていたらすぐに改めます。ご指導下さい。

 
↑こちらこそ。先生。時間を見つけて是非に。
----------------------------
TwitterRT @royterek
一連の騒動の中でも最も醜悪な局面は、高須クリニックの擁護ツィートとRTの嵐ではないか。海外メディアが取り上げるべきはむしろこの点だろう。ガス室否定論を頑なに信じて触れ回っている正真正銘のナチ礼賛者の「著名人」がファッションとイデオロギーは無関係だろなどと平然と擁護してるのだから。
----------------------------
TwitterRT @royterek
というか、この問題は(どこまでがファンなのかはわからないが)高須クリニックのツィートをリツィートしてた人たちのヤバさとつながってるに違いない。高須クリニックのRTされた発言自体は議論の余地があるかもしれぬが、ガス室を否定しナチを文字通り礼讃している人物なだけにシャレになってない。
----------------------------

 

9時半、千代田ビデオスタジオ入り。
 
NHK『総合診療医 ドクターGスペシャル』収録。
 
本番前のメーク室。昨日、東京ドームで見た、
BIGBANGのG-DRAGONが髪の毛を黒くしていた……。
 
オレは、G-DRAGONと同じ誕生日で(8・18)、
しかも「博士」だけに、G-DOCTORの名を勝手に襲名しているので、
即、黒く染めて同化することにする。
 

 
 
収録一本目。
本番前、地震で言えばP波を感じながら、
本揺れがやってきた。
 
楽屋で椅子を動かした際に、
チュルチュルと脊髄になにかが流れ、ギックリ腰に。
 
この本揺れは、何時以来だろうか?
姿勢を変えるたびに声が漏れるほどの激痛。
まさに『腰痛という名の樹海』を彷徨うことに。
 
ここから本番、延々と9時間監禁。
 
座っているのも(姿勢を変えるのが)たいへん辛くて、
うめき声を上げながら……。
途中、スタッフが使っている補助椅子を入れてくれて劇的に助かった。
 
しかし、今日の収録は名作回だった。
3大疾患スペシャルの2話目、3話目。
 

一話目のテーマは「肺がん」
ゲスト:片岡鶴太郎さん、ジュディ・オングさん。
ドクターGは、世界的な名医・岡田守人先生。
 
手術のテクニックは匠の領域、世界のお弟子さんがいる。
 
ゲストのジュディ・オングさんに、合間に、
『しくじり先生』のことを改めてフリ直す。
 
「おぼえているわよー。あれは正月番組だったわねー」
と言いながらも、本番中、
ボクの腰痛を「大丈夫?」と何度も気遣ってくださる。
 
最後、スタジオを去る際に、ジュディさん、
「すっかり忘れてた、今日でもうチャラにしてあげるわ!」と。
 
番組のなかでも、実はもともと医師になりたかったとのことだが、
ジュディ・オングさん、クレバーな解答を連発されていた。
 
鶴太郎さんには、先日お会いした、ご長男の話。
喜んでくださる。
ボクの胸には「のんき」で貰った「肉」のバッチがバッチリと。
改めて、取材に応じてくれるとのこと。
名刺交換を果たす。
 

 
 
岡田先生は、ドクターG初登場だったが、流石に、世界的な名医。
その神の手の手術技術を披露していただくだけでなく、
その高邁な人柄が伝わるトークに名作回と誰しもに思わせた。
 
休憩時間に、先日の検診で「肺炎」の可能性を指摘された、
CT画像を持って先生の楽屋を訪ねる。
 
「今、起きている腰痛も関連痛ではないでしょうか?」とぶつける。
「肺がんとの可能性は低いけど、かならず診断に行くこと」と。
 
----------------------------
TwitterRT @Doctor_Morita(医師・ジャーナリスト・森田豊さん)
医療番組の収録時に病気になるのは、レアケースで症例報告ものです!

 
↑森田先生。肺炎OR肺がん疑惑もありました(笑)いやマジに震え上がりました。
----------------------------
 

2話目のテーマは、「脳卒中」

ゲスト:ハイヒール・リンゴさん、山田五郎さん。
ドクターGはお馴染みの塩尻俊明先生。
 
冒頭から、我が家の例として、
7年間、要介護5のまま逝った父の闘病生活を語る。
 
脳の構造、リハビリの意味。
右脳左脳の機能の違いなどなど、
脳卒中の知っていそうで知らない話が実に興味深い。
 
最後に自らの父親の脳卒中体験を語り、感動。

 
合間、山田五郎さんの楽屋へ。
 
「いとうせいこう年表出来上がりました。五郎さんも出てきます」
「僕は講談社で一緒だったってだけだから……」
「いえ、虎ノ門の『うんちく王』で共演していますよ」
「あれ? 『うんちく王』にせいこう出ていたっけ?」
「司会ですよ。企画もやっています!」
「悪い、ホントに覚えていないわ。上田晋也が司会ってイメージ」
 
山田五郎さん、りんごさんと、コメンテーターのオーバー50組は、
病気話が標準トーク也。
 
腰痛用補助椅子。
NHKで、そのままお借りする。
 

 
 
青息吐息のまま、番組終了後、麻布十番のともちん先生のところへ直行。
剥がし、内臓マッサージを念入りに。
そのたびに絶叫リアクション。
 

 
 
ともちん先生の師匠(ヤワラちゃんのサポート医)の
腰痛理論を改めて聴き込む。
こちらも、きちんと取材をしなければ……。

 
帰宅後、
このシーンを録画で見て家族で大歓喜。
 
「湘南MF 山田直輝が覚醒!豪快に2ゴール奪い勝利の立役者に」
(ゲキサカ)
http://web.gekisaka.jp/photonews/detail/?202441-202441-pn
 
 
ネットの中では、まず高須先生と炎上――。
 
----------------------------
TwitterRT @inahiro0405
私は高須先生とは違う考えですが、間違えてると書いた水道橋博士さんの意見をちゃんと聞きいれようとする対応は賞賛いたします。@katsuyatakasu
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu(高須克弥先生)
そんなこと言ったら水道橋博士が可哀想です。僕はしがらみがあって筋を通せない方をお気の毒に思っています。
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu(高須克弥先生)
デーブ・スペクターさんと僕の考えはほぼ同じです。昔、「デーブと克弥の面白くてごめん」っていうお笑い番組を一緒にやってました。短時間で笑いで落とす名人です。YouTubeで見れるかも。
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu(高須克弥先生)
松本さんも古舘さんも天才だよ。「ダウンタウンなう」も「フルタチさん」も高須クリニック提供だぜ。見てね なう
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu(高須克弥先生)
おほめいただき恐縮です。年長以外は認識が異なります。百田尚樹先生は僕と遊ぶときはとてもおだやかで謙虚にふるまわれます。僕のほうが喧嘩っ早いです。昨夜も僕のTwitter上の言動と影響を心配して下さいました。百田先生のほうが穏健です。

 
↑先生は『殉愛』と『殉愛の真実』はお読みになられましたか?
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu(高須克弥先生)
読んでません。作品は分泌物だと認識しています。進化する人格とは別物です。

 
↑この高須先生の反論は深いなー。何度も反芻して考える。
----------------------------
TwitterRT @miyagino_ohara
(高須先生は)ナチスの衣裳がいいというだけでなく、ナチスそのものを礼賛していますね。人権規定を葬り去ろうという路線が芸能界や医療界にまで覆っているということでしょう。
----------------------------
TwitterRT @ckrmyk0501
最近、水道橋博士よくdisられてるけどさー、マトモだと思うよ、至って普通の事言ってるだけだし、たけしの威を借るって、浅ヤン知らん世代でしょ、オシャレとお笑いのムーブメント起こした番組だよ?しかも今じゃ親になり息子に身長抜かれたとか、微笑ましいし、ええんやん。住みにくいな日本は
----------------------------
TwitterRT @taguone
水道橋博士には『オレの考えは正しいんだ』という傲慢さは無いと思うなぁ。『みんなちがって、みんないい。』とことあるごとに言っているし。どちらかというと、むしろその逆だと思う。考え方とか姿勢とかは。
----------------------------
TwitterRT @26chesterfield
そりゃほとんど地方局しかレギュラーがないんだから水道橋博士も高須克也に噛みつくのに干される覚悟にもなるわな

 
↑残念ながらNHKにもレギュラー番組ありますよ。
----------------------------
TwitterRT @miso_max
水道橋博士が行なっている事は芸の上でも正しい。これを楽しめない人が増えているのは嘆かわしい。歴史認識的にもPC的にも正しい。ただ正しいし事に「正しい」間違えていることに「間違えている」って明言するのが当たり前だって文化的土壌が無いのが問題。特に差別問題とかボヤかすなよ。
----------------------------
TwitterRT @tobikko_dx
水道橋博士は高須克弥を叩くなら彼がナチシンパである事よりもまず高須が仮性包茎に対する不要なコンプレックスを日本中の皮被り男子に蔓延させ小銭稼ぎした件を責めるべき、そして自分がかつて包茎手術をしたのを反省して。

 
↑この話は既に『週刊藝人春秋』で描いています。
----------------------------
TwitterRT @WRHMURAMOTO(村本大輔くん)
水道橋博士と高須院長のTwitterの一連のやりとりを見て思った。本を読んで賢くなるというのは、自分が学んだことを、正義で正しいと思い込みやすい人になるということなのか。コメント欄はせっかく覚えた知識をぶん回して相手を打ちのめそうと必死な人で溢れかえる。これは賢いのか?
----------------------------

 

さらに、ロマン優光の本
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』を巡って、
さらに論争も。
 
「ロマン優光の本を今日2度読みしたが、実によく書けていて特にボクのところは感心したし、我が身に振り返って反省もするのだが、仮に『メルマ旬報』執筆者の柴尾さんの話を実名で書いていたら、只じゃあおかなかった。テメェの被害妄想と当たり屋人生に責任をとってもらうよ」
 
――というオレのツイートから、高須先生と二本立てで大炎上。
 
----------------------------
TwitterRT @takai_nozomi
水道橋博士とか自称オタキングとか町山さんとかの文系なのに体育会系マッチョへの憧れを隠そうとしない人達は何なんだろうと考えた結果梶原一騎を真に受けたかどうかと言う結論に
----------------------------

 
ここで春日太一さんも参戦。論戦拡大!!!
 
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
どうしても分からないことがあります。その場合、ロマンさんに「注意」をされる理由を教えていただけますでしょうか?自身の名前を世間に出して文章を書いている限り「実名」で批判を受けることは至極当然だと思うのですが。

 
↑実際は「実名」を書いていませんね。
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
世間に名前を出して文章を書いている限り、なんらかの批判を受けることは当然。そして批判をする場合に相手を「実名」で指摘することもまた当然。それをして、なぜ「注意する」ということに繋がるのだろうか。そこが凄くモヤモヤするのは自分だけでないので、博士さんに説明していただきたいと思う。
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
博士さんの書かれた、この140字から伝わるニュアンスをそのままに理解して、これを看過してしまうと、「実名を出しての批判」に対する萎縮やタブー視が広がってしまう恐れがある。博士さんは大恩人だけど、こればかりは、ちょっと・・・。おそらく何か別に伝えたいニュアンスがあると思うのですが。
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
「ファシスト的な人たちを批判してきた博士さん自身が(たとえ自身がそう意図していなくとも)ファシスト的だと思われかねない発言をしている危険性」をお伝えしたかったのですが、余計なお世話だったようです。
基本的に人付き合いは是々非々なので、この一件だけでどうこうということはないですが。
----------------------------

 
ボクの返信を並べて――。
 
『春日さん、ロマン優光、どれだけ「当たり屋」なんですか?
そう思いませんか?』と呼びかける。
 
「サブカル」は町山智浩さんが作ったものだ。
その町山智浩さんが今や老害だ……
 
「そうだ!俺が注意してやらねば」
 
↑ボクはその回路に全くなりません。
 
本人に面と向かって言えないことは書きません。
それはただ卑怯だと思うから。
 
「春日さん、10月に面と向かって二人きりで酒抜きで話させて下さいという話はどこへ?ボクが春日さんに連絡を取って会わせて下さい?と頼むべきですか?ボクに直接、面と向かって聞けば良いではないですか?」
 
「えーここからボクですか?相互に誤解していますね。一昨日、タツオが春日さんに連絡します。と言ってましたが……」
 
ここからDMでやりとりに。
 
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
変な野次馬が増えてきたので、博士さんとはDMで直接やりとりしています。本当はオープンの場で博士さんの見解を説明していただいた方がいいとは思うのですが、とてもそんな環境ではなさそうなので。
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
脱力感・・・。

 
↑ええ、DMをあれだけやって…その感想…。アナタだけじゃなくオレも時間をかけてやっているんだよ。
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
「芸人だから」を免罪符的に使われてしまうと、もう話し合いにはならないです・・・

 
↑長くやりとりをして、春日さんの主張がだんだん理解できてきたけど、ボクは春日さんと違って芸人の部分もあるから……というだけの話なのに……。
----------------------------
TwitterRT @TomoMachi (町山智浩さん)
部分ってか、芸人でしょ。@tkasuga1977

 
↑いや、春日さんの主張では「編集長」を名乗るなら「言論人」だ。と。
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
そりゃ、それまでずっと「編集長として」のスタンスでお話になっていたら、急に「僕は芸人だから」ですからね。「さっきのツイート、ファシスト的な脅し文句に解釈されかねない危険性がありますよ」に対する回答がそれでしたので脱力感に襲われた次第。ですので「そのお気持ちは理解できますが、それでも、行き過ぎです。(博士さん当人がそう意図しなくとも)脅し文句のような言い方で相手を封じようとしてしまうのは、結果として博士さんの嫌いな人間たちのやり方そのままです」と何度も・・私がお伝えしたかったのはその一点のみで。「その言い方は、ご自身の意図はどうであれ、脅し文句にしか周囲に伝わらない」と。それに対する最終的な回答が「芸人であるボクからすると、何故?」でした。芸人なら、その言い方で許されるのか、と。・・というのが、私の中での昨夜の流れです。それまで「編集長として」というスタンスでの当該発言の是非を語り合ってきたのに、最後になって「芸人だから」と言われてしまうと、それはもう脱力感しかないです。ここまで二時間の説明は何だったのか、と

 
↑違う。春日さんが言うことはわかってきたけど編集長としては「なるほど」だけど芸人としては「面と向かって言う」は当たり前だから、ひっかかるな。と、思って、でもよく考えたら、ロマン優光は芸人ではないから、ボクの流儀は通用しないかーって話。
----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
なるほど・・・そこの真意は理解できました。でも、あの時のお言葉だと明らかに説明不足でそうは伝わりませんでした。発端になったツイートも同じと思いますが、ニュアンスが意図と異なる表現になっています。そこはお気をつけられた方が・・・。
----------------------------
TwitterRT @minoru12
博士はメルマガ編集長として、執筆者である柴尾英令を守るという考えなのか?だとしたら、百田尚樹を守る見城徹を批判するのは矛盾していないか?

 
↑一理ありますね。でも「守る」も何も百田さんは質問にすら答えていただけないし、ただただ封印、ブロックするだけなのだから……。
----------------------------
 

ボクのポリシーは、もし知り合いで意見の齟齬があるなら、
「会って話をしよう」さらに言えば、
「君の意見には反対だが、君が自分の意見を言う自由は命をかけて守る」がポリシーです。
右でも左でもアンチでもブロックはしません。
聞き耳を立てます。百田尚樹先生とは違います。
 
ここにいよいよ、吉田豪ちゃんも参戦!!!!
 
----------------------------
TwitterRT @WORLDJAPAN(吉田豪ちゃん)
その昔、鈴木庄一という伝説のプロレス記者が「相手の目の前で直接言えない批判は書くべきではない」と言ってたって話があって、一見すごく正論に思えるんですけど、それだと暴力的な相手や圧倒的な権力者に対する批判は相当な根性がないとできなくなっちゃうので、「直接言え」論には懐疑的です。

 
↑あ、もちろん一般論だと思うけど、ボクや相沢くんが暴力的で圧倒的な権力者ではないことは、歴然としてるけど。とりあえず。
----------------------------
TwitterRT @WORLDJAPAN(吉田豪ちゃん)
「『メルマ旬報』執筆者の柴尾さんの話を実名で書いていてたら、只じゃあ置かなかった。テメェの被害妄想と当たり屋人生に責任をとってもらうよ」ってつぶやきの後だと一般論に聞こえなくなっちゃうという問題です!
----------------------------
TwitterRT @WORLDJAPAN(吉田豪ちゃん)
春日さんも書いてましたけど、ネットでの発言に対してネットで質問したら「直接会って話しましょう」になるのは、やっぱり釈然としないですよ。それなら最初から博士もネットで書かずロマン優光に直接言えば良かったのにって話になっちゃいます。
----------------------------
TwitterRT @WORLDJAPAN(吉田豪ちゃん)
いまとなっては知らない人も多そうな、ロマン優光が物書きとして認知されるようになったきっかけ。
http://www.project-max.com/blog/interview/ohnishi1.html
https://twitter.com/WORLDJAPAN/status/794145833776054273/photo/1
----------------------------
TwitterRT @WORLDJAPAN(吉田豪ちゃん)
いまこそロマン優光のデビュー作『音楽家残酷物語』(ひよこ書房)を文庫化すべきなのかも!https://twitter.com/WORLDJAPAN/status/794142486306254849/photo/1
----------------------------
TwitterRT @fOYwjpkZIx2nA9V
吉田豪のTwitter最高だな 、今度は水道橋博士VS春日太一の喧嘩か 仲良く和解なんてしないでくれよな
----------------------------
TwitterRT @hacosi
とうとうミスターパーフェクトと呼ばれだした吉田豪さん。たしかにTwitter上でのしくじりはあまり記憶にないかな。赤江珠緒さん&小林悠アナのコスプレカラオケ写真をアップして、誰かから注意されたのか直ぐに削除した件ぐらいだ。

 
↑他にも、しくじりはあるわ。パーフェクトとはとうてい思えないことが……。
----------------------------
TwitterRT @chris_torys
ちなみに僕は水道橋博士の超ファンです。オールナイトやちんちん電車から入って、加圧トレしてバイオラバー買って、こうじんクリニックでつぼプラセンタもうった。単独ライブにもお兄さん会にも行ってる。浅ヤンではナイナイに面白さで完勝しているのを見て誇らしげな気分になるほど肩入れしていた。
----------------------------
TwitterRT @chris_torys
僕からしたら相沢直なんて新参も新参なわけです。そういう僕が今の変にメルマ旬報の執筆者に肩入れしている博士の現状がおかしいと思うと言ってるわけですよ。百瀬尚樹を批判する立派さと両立してない

 
↑ボクにとって相沢くんは新参ではないのです。10年ほど前から仕事仲間。しかも、裏方として最も労を担ってきた人です。
----------------------------
TwitterRT @hacosi
上杉隆、見城徹、“上杉信者” 安倍首相、高須院長、“ネトウヨ”、春日太一、吉田豪...論争の果てに水道橋博士の肩を叩く者がひとり。それは玉袋筋太郎だった。「小野さん、そっちの活動もイイけどよぉやっぱり二人で漫才やりましょうよ

 
↑むしろ、今「漫才やりましょうよ」はオレが言っているが……。
----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
水道橋博士の8万字年表を確認。降板事件の数日後。「約束をとりつけ、銀座でビートたけしに。原宿で高田文夫と相次いて個人的に面会し、身の振り方を相談。『もっとやるように!』と激励を受け、写真は『想い出トランプ』であるとの認識を受け取る。」そういうことだと思う。
----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
吉田豪さんの「『直接言え』論には懐疑的」っていうのはぼくも同感だけど、水道橋博士と春日太一さんにはもう既に関係性があるわけだから、そもそも違う話だ。そこを一般化するのは他者には不可能だし。今はそんな正論とか一般論が強いのも分かるけど、どんどん世界をつまらなくしていると思う。
----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
水道橋博士が人と人とのあいだでの「しくじり」をどれだけ恐れて畏れているのかとか、「分かり合えないことを分かってください」と口にしながらもそうやって割り切れない人としての無力さとか、そういうの全部年表に入れ込んだはずなのになー。8万字じゃ足りないのかな?
----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
水道橋博士はもうああいう人だから仕方ねえなって感じなんだけど、春日太一みたいな才人を推したなら、ちゃんと最後まで推してくださいよ、しかない。あれだけの人はそうはいない。実際、そうするだろう。その邪魔すんなと思う。絶縁されてもまだ好きだ。ありがたい話だよ、本当に。

 
↑キレてないですよ。お互い斬れないですよ。お互いに敬意は失わないままだと。その後、どうなるかはわからないけど。
----------------------------
TwitterRT @kawaiikwaii
水道橋博士 界隈のガヤガヤ芸人として焼きが回ったとか
人気レースの落伍者だなんて声も上がっている(´-`
キッドは 常に身体を張ってきた訳だし
身体を張る事の本質を魅せてきた芸人だ …
常に最前線で立ち回る足軽のような
プライドは まるであの頃の前田日明のようである。

 
↑「まるであの頃の前田日明」……ってなんて美しい響きだ。
僕は年をとっても、常にそう思っていたいよ。
----------------------------
 

そもそも、このロマン優光の論争の出発点は、
浅草の映画秘宝祭りで登場する時、
ボクと町山さんがディープキスしながら登場するところからだ。
 
それと、追悼とは全く関係ない流れなのに。現場にいないからだな。
とにかく、もう人前で、男同士でディープキスはやめよう。
せめてマナーとして女装はしよう。
 
もろもろ思い出してみれば……
 
昔、ロマンポルシェを
『浅草お兄さん会』のネタバトルに参加させて、
打ち上げで
「新人なんだからもっと皆と溶け込むようにね」と言ったら、
掟ポルシェに
「博士、今更申し上げるのも申し訳ないのですが、
僕ら芸人ではないんですよー」
「そうだったの!」という流れ思い出す。
 
また、昔、ニッポン放送で絶対権威としての坂本龍一さんを、
電気グルーヴと一緒にずっとからかっていたら、
ご本人がゲストに来てくださることになり、
「君たちのラジオは聞いているけど、
 あんまりオイタが過ぎると大人は怒っちゃうよ!」
と灸をすえられたのは良き想い出。
 
ボクが「タタじゃおかない」なんて言うのも、
落語をバカにした殿に、立川談志師匠が激怒して、
呼びつけるというシーンの「パロディ」だけど、
もう時代が違うから誰も気が付かないんだよねー。
当たり前だけど。一人相撲だ。

でも、注目はされている。
まず、皆、本を読めば良いのだ。
 

しかし、連日炎上しているから、
オレもAbemaTVやりたいくらいだなー。
 
『NETで焚き火』
『炎上で暖をとるTV』
『キャンプファイアーTV』
『火に油を注ぐTV』
『燃えよ!ドラゴンTV』などなど。
 
炎上体質の人を集めて、
毎週、阿含の星祭りくらい炎上したいものですね。
 
ネットの炎上は一晩中続くのであったが、
むしろお陰で暖かいという感覚に至った。
 

ギャラリーの方、ご心配なく、お酒を飲みながらツイートしていません。
腰痛対策先生の、ともちん先生より、本日の戒め。
 
以下の教えを守っています。
・禁酒
・肉、炭水化物を食べない
・内臓を持ち上げる&内臓マッサージをする
・皮を引っ張る
・歩くときは、空を見て歩く
・痛くなる前に、皮を引っ張るのと、お腹をマッサージ!
 
これらを守っています。

11月7日  月曜日
 

5時起床。
 
9時、ガン太運転で、TBSへ集合。
楽屋でカンニング竹山くんとすれ違う。
 
放送禁止LIVE期間、終わりで喉がガラガラだが、
なんとも言えない達成感のある顔だった。
 
竹山くんの今回の単独LIVEの感想、
詳細について書きたい気持ちもがあるがツイート禁止なのだ。
 
「博士!おっしゃっていた『メルマ旬報』のいとうせいこう特集、
 例のところ読みました!!」と。
 

腰痛、ほとんど、歩くことも出来ない体調だが、
朝から「腰痛補助椅子」を持って廻る。
 

メイク後、移動。
上野の『東京藝術大学』へ。
 
TBS『別冊アサ秘ジャーナル』
金のたまごナビ〜東京藝術大学2016〜
 
満を持して、藝大特集、第二弾
東京藝大を訪問するのは2回目だ。
 
「ご無沙汰してます!」
校門前にて、専門員の四ツ釜さんと再会。
 
現在、東京藝大の個性豊かな学生を取材した本、
『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』と、
今大ベストセラーになっている。

丁度、ボクも読んでいるところだった。
 

 
四ツ釜さん、相変わらず、噺家を彷彿する名調子と笑顔。
普段は藝大の事務をつとめるそうで、
美術、音楽両方の学部を把握する唯一の人物、
藝大の生き字引なのだ。

【東京藝術大学とは?】

・明治20年に岡倉天心らによって作られた東京美術学校。
・明治15年に作られた東京音楽学校を包括する機関として
 昭和24年に設立。日本唯一の国立総合芸術大学であり、
 全国からエリートたちが集まる、国内最高峰の芸術大学、
 東京藝術大学に入るのは難関中の難関。
・全国各地から志望者が集り、油画や日本画は毎年20倍ほどの超高倍率。
・入試は実技試験が3日にわたり 演奏やデッサンが行われる。
・現役で入学するのはほぼ20%、3〜4浪は当たり前とも。

オープニング後、着替え。
ベレー帽&エプロン姿に変身。
 


絵画棟前の美術学部・絵画棟へ。

【絵画科・日本画専攻】
・1学年25名、藝大で最も高い倍率の学科の一つ (昨年は17.3倍)
・藝大の前身、東京美術学校設立当時からある歴史ある学科
・横山大観、平山郁夫ら錚々たる日本画家を輩出!

案内の齊藤先生と挨拶。

洋画と違う最大のポイントは『岩絵の具』という顔料やにかわを使って、
和紙に絵を描くところにある。

・作品の特徴…陰影がない、色が淡いなど
・奈良〜平安時代にかけて、中国や朝鮮半島から「唐絵」が入ってきた。
 それに日本的な主題などをとりいれるようになったのが「日本画」のルーツ。
・明治になり西洋画が入るようになり「日本画」という名称がついた。
・画材が高価であったり、額装などに手間がかかる分、
 値段も高いが料亭などにニーズが多い。


隣のアトリエへ入り、助手の方と挨拶。

・蔡力維くん
 入試倍率33倍の中国の名門芸術校、中国美術学院を卒業後、
 藝大大学院に。メンズヌード作品が得意。
 

 
・板垣夏樹さん
 145×180の大作に挑戦中。
 絵本製作にも取り組んでいる。
 動物の絵が得意で、上野動物園にしょっちゅう出没。

 
教室に残された、生徒さんたちの自画像が実に良い味だった。
ポートレイトおたくとして、思わず、皆、写真を残した。
 




 
みんな、素晴らしい!!

このタッチを参考にして、
『水道橋博士のメルマ旬報』で原田専門家と一緒にやっている
Tシャツ連載に活かしたい。


移動、彫刻棟へ。

1学年4〜5名、石や金属など他の彫刻に比べ、
自由度の高い作品を作る事が出来る。
作業中の学生さん達に話をきく。

【彫刻科・木彫刻専攻】

・額賀苑子さん。
 前回、2年前は学生だったが、現在は助手。

・純浦彩さん。
 15万円の木材を使って大作「天女」製作中。
 バイト先である日暮里のかき氷店の内装、外装も担当。
 


・北山翔一くん
 風景作品を得意としており、現在は巨大な山を製作中。
 彫像で「山」という感覚が面白い。
 

 
その他、展示の作品も、どれを見ても才能そのものではないか。

これゴム製ではないのだ。木彫のイルカ!!鯱?
 

金属彫像をしていた男子学生が、
長身で雰囲気があり、
伊勢谷友介のようにカッコイイ。

オレならスカウトするなー。
 



移動。
中央棟内・地下一階へ。

【文化財保存学】

・大学院から学ぶ、絵画や工芸品などの保存、
 修復を技術的、科学的に研究する専攻。

・全国各地から修復の依頼を受け、実習を兼ねて引き受けている。
 関東のとあるお寺の不動明王の修復中。

・文化財保存学の薮内佐斗司教授に話をきく


大浦食堂で、昼食。

今回、ご一緒する学生は、
同じ高校から同時に現役合格した1年生トリオ。



 
・高野実紅さん。
 絵画科油画専攻1年 モデル担当。
 油画の腕をいかして自らスマホのカバーなどを作成

・古山詞穂さん
 音楽担当 音楽環境創造科1年。
 イベント用楽曲の作曲などを既に手がけている。
 
・畠田薫平くん
 デザイン科1年。海で漂流してきたものを収集。
 標識などを取り込んだ、オリジナルガチャガチャを作成している。

その出来栄え、大いに気に入る。
大量に購入。

(後々、尾崎世界観さんにプレゼントした)

本日2回目の衣装チェンジ。
ケープ姿に変身。

海外の著名な音楽家を招いた特別授業があるホール内へ。

【音楽学部・作曲科】

・各学年15名、藝大音楽学部で最高の難関とも言われる学科。
 基本的には先生と学生の1対1で楽譜と向かいあい、
 年に1曲ペースでオーケストラ作品を作曲。

小鍛冶邦隆先生に挨拶。
院生が作った曲を器楽科の学生に演奏してもらい、
世界的な作曲家、フィリップ・マヌリ氏に講評してもらう授業。

作曲科の学部生に話をきく。

・善養寺彩代さん
 邦楽家の両親をもつが、作曲に楽しみを見いだし、
 邦楽の要素も取り入れた作曲を行う。
 カラオケ好きで声楽科と間違えられる程の腕前。

・青木聡汰くん
 小学3年の頃から作曲をするように。
 品川にある空き缶専門店で一斗缶を集め、
 一斗缶を取り入れた音楽も製作。
 音楽以外にも、短編小説や詩の創作にも取り組んでおり、
 詩のコンクールで入賞するほど。

・大脇滉平くん
 将来は新たな音楽理論の教科書を作りたいという学生。
 とてつもない声域の広さの持ち主。
 あみだくじの研究、早口言葉、切り紙、ぺンシルバルーンなど、
 趣味が多彩。
 
彼がマジシャンのふじいあきらにそっくりで、
そのくだりが面白かった。

3人共に天才レベル。
会話も飛びすぎて宇宙人3人のように感じる。
インタビューしていても、奇妙な言葉の広がりをして実に面白かった!




続いて、音楽棟内へ。

【指揮科】

レッスン室内へ指揮科山下一史先生に挨拶。
毎年若干名の募集しかなく合格者がいない年もある超少数精鋭の学科。

山下先生のトーク力が抜群。
質問事項で、老練の指揮者を
ジャイアント馬場の伝統芸などに例えてみたが
全面肯定されて驚く。

個人的に馴染みのある指揮者の名前で、
「カラヤン」の名前をあげると、山下先生の恩師であったり偶然が重なる。

実技レッスンは2週に1回ほど、
プロの指揮者から 教育を受ける。

「指揮者の仕事というのは、私たちの認識だと、
 オーケストラのリズムや強弱を 指示する……というぐらい」

「それだけではなく、作曲者の心情などをくみ取り、
 アレンジなども考えなくてはならない。
 そのため、全パートの全楽譜も把握しなくてはならない」

舞台でいうところの「演出家」の役割、
指揮者はプロとしてやっているのは100名程度などなど、面白話だらけ。
ノーカット版が欲しいほど。

実際に学生が指揮をする、ピアノ2台を4人で演奏。
ウァイオリン、フルートといった各楽器のパートをそれぞれ担当し、
ピアノで弾く。

ベートーベン運命を楽譜に。
我々3人が、順に指揮に挑戦。



「簡単にできるだろう!」と思って挑戦したが、
これがびっくりするほど出来ない……。
完璧にタクトを振れたと思っていても、音が乱れる。

江口さんが上手だった。赤江くんも乱れる。

しかし、初めてやってみたのだが、これは、ものすごく奥が深く面白い。

学生が指揮をとったバージョンをみるが、
確かに、ここには調和、そして技術がある。
コントでしか見たことがなかったが、
オーケストラの指揮とはこれほど面白いものだったのか!

明日、改めて、横浜キャンパスでもうワンコーナーあるのだが……
エンディング収録。


今日の東京藝大のロケが驚くほど面白かったのだが、
帰途、車中のテレビで、今日話していた若者たちが、
番組出演していたのにも驚いた。



ぎっくり腰2日目。

ロケ終了後、麻布十番の腰痛治療院へ直行。
「その間に絶対ニコ生の原稿を書いて下さい!」
とNマネに厳命されたので、本腰でやらなければ。



麻布十番で連日のぎっくり、BIG BANGを起こした、
腰痛マッサージ。あまりの痛さに絶叫。

 
帰宅後、
なんとか『ニコ生』の大統領特番用の原稿を入稿。
なんとか、間に合ったのかな?

昨日からネットで続くロマン優光の本についての騒動を、
一日中ロケしながらも頭の片隅で考える。

今も汚い言葉遣いで罵る人たちに屈せられたようになるのは、
「そうではない」と言い切るが、
ボクの応対では攻撃誘発性を煽ることになるのもわかる。
そこで、ボクの振る舞いを案じる方もいることも……。

ネットの言葉遣いにガッカリしているボクが、意図があっても、
「只じゃあ置かない。
 テメェの被害妄想と当たり屋人生に責任をとってもらうよ!」
では、確かに通用しないだろう。

Twitterの場が適切なのかどうかもわからないが、
上記の言説部分、ロマン優光氏に撤回して謝罪します。
それでも、どこかで話せる日を!

掟ポルシェに対して、相変わらず芸人の年下の後輩扱いして、
何時も馬鹿話をするので、ロマン優光に対しても
同じような感覚になっている。
どこかで「ロマンなら、オレの言うことわかるだろ?」と。

しかし、同門以外の人、特に他ジャンルの人へのネットの言葉遣いには、
今後は気をつけようと思う。

----------------------------
TwitterRT @tkasuga1977(春日太一さん)
よかったです。 私としてはこれで本件には何もないです
----------------------------
TwitterRT @FesNatsu
水道橋博士が炎上すればするほど売上に直結する気がするw


↑ボクは片棒を担ぐわけではないけど、まず本は売れた方が良いと思っていますから、それはそれで良いと思います。
----------------------------
TwitterRT @daikokux
ボクには水道橋博士の行動は一貫しているように見えますよ。
浅草キッドはニヒリズムと呑気さを両立させていて好きなんです。
人物を見いだす着眼点も良い意味でイヤらしくて。
----------------------------


今日は、終日炎上中なので、温かいわけだが、
腰痛以外は意気軒昂なので心配しないで欲しい。

――と心配してくださる方に。



11月8日  火曜日

4時半起床。
どうしても目が覚めてしまう。

腰のことを考えれば、まだ眠るべきなのだが、
仕事をこなしてしまおう。

『藝人春秋2』の設計図を書き終える。
ふー。やっと全体像が自分でも見えた。
とりあえずこれを文春に提出しよう。


家族で朝食を囲む。
SPIDERで土曜日放送の『有吉反省会』を再生。

そして、Twitterで話題になっていた、
井手らっきょさんの長男ROOKさんのテレビ出演。
SPIDERでタイムシフト視聴。

井手らっきょ親子のその交流ぶりに笑い泣き。
娘さんの結婚式も全裸衣裳で。
我が家のハジメちゃんこと、小2の末っ子が
「パパ、質問があるんだけど、これは犯罪にはならないの?」
と真面目に聞いてくる。

今日も昨日に続き、東京藝術大学の取材。

出発前SPIDERで、
昨日放送のTBS『好きか嫌いか言う時間』藝大特集をチェック。

ガン太運転で、横浜馬車道キャンパスへ向かう。

行きがけの車中のテレビ。
TBS『ビビット』で「マウンティング女史」特集。

「マウンティングって言葉を知っていますか?」
スタジオの男性陣、ほとんどが知らない。
ボクも、この2年くらいで知ったし使うようになったのだ。

VTRを見て、スタジオの千原ジュニアが、
「こんなの男の世界にはあらへん!芸人の世界はひとりもおらんよ!」
と言うのは本当にごもっともだ。

芸人には、まずこういう概念が無いのだ。


TBS『別冊アサ秘ジャーナル』
金のたまごナビ〜東京藝術大学2016・横浜編〜

 
かつて「頭山」でアカデミー・アニメーション賞の候補になった、
山村浩二先生に挨拶。

【大学院映像研究科・アニメーション専攻】

・1931年からあるアカデミー賞短編アニメ賞。
 長い歴史を持つこの部門で日本人がノミネートされたのは、
 まだ4名のみ(2015年度現在)。
 その一つが山村浩二先生の「頭山」2002年ノミネート。
 (ちなみに、あとの3名は加藤久仁夫「つみきのいえ」2008年受賞。
 森田修平「九十九」2013年ノミネート。
 堤大介「ダム・キーパー」2014年ノミネート。)

・2005年映画専攻を設立、後にメディア専攻
 アニメーション専攻が設置される。
 馬車道のほか、万国橋、元町中華街にもキャンパスがある。

北野武監督も映画専攻の1〜6期まで受け持っていた。
壁にはサインもある。 
 

 
終了後、シアターへ移動。
 
学生が一人ずつ登場、3人の横に学生が座り、
オリジナルの短編アニメーション作品を鑑賞。
 

 
・井上幸次郎くん
 修士2年。作品名「Daaree」、落語が題材。
 

 
 
・宮島 龍太郎くん
 修士2年。作品名「RADIO WAVE」
 白黒の筆画で繊細、そしてアニメで電波を表現。
 頭の回転が早い、喋りも上手い。
 

 
・オ・ユンジェさん
 修士2年。韓国出身。作品名「Sounds Over Seas」
 オさんは、配色が現代美術のようで絶妙。
  

3作品とも度肝を抜かれるレベル。
凄まじい才能が画面に迸っていて感動。

特に落語の噺をテーマは、立川談慶さんや吉笑さんに、
筆による白黒映像や韓国留学女性作品は、
とみこはんや、キンコン西野くんに見て欲しいと思うのだった。

海沿いの埠頭、万国橋へ移動。

3階アニメーション専攻のフロアに。

【アニメーション専攻・制作現場】

・2008年設置、藝大で最も新しい学科

・世界各地の映画祭で学校単位で賞をとるなど、
 世界トップクラスのレベルを誇る。
 1学年20名、一人ずつ専用の制作デスクが与えられる。


黒布が貼られ、仕切られていて簡易的な撮影スタジオになっている。
先生のデスク、初期アニメの実験を再現。

なるほど、過去から現在までアニメーションの歴史、
最前線を俯瞰で捉えたような気持ちになる一日。


横浜でロケ終了。

横浜みなとみらい駅で、昼食。
惣菜買い物。御土産も。
 

 
帰途、千駄ヶ谷の『総合診療医ドクターG』の制作会社
「ホームルーム」へ立ち寄り、
お借りした腰痛椅子を感謝とともに返却。

16時帰宅。

「パパ、毎日、朝から寒そうだからマフラー編んであげる!」
と娘に言われた。



これには悶絶死しそうになったが、
出来上がったものがあまりに小さかった……。
しばし、豆しば用の座布団にする。



スタッフに返却した、
腰痛椅子「MTG Style Athlete」を早速Amazon購入、届く。

腰痛が姿勢を変えられないほど最悪のときには、
確実に「有効」が実感できる。

明日の「大統領選番組」の仕込み。



経過報告。
ギックリ腰3日目。まだ背骨が歪んだまま。

しかし、ギックリ腰とは何かの仮説への考察を深める。
毎日、大変なのだが、準備中の『腰痛と言う名の樹海』
のためには実に良かった。



昨日からのネットの続き。

----------------------------
TwitterRT @WORLDJAPAN (吉田豪ちゃん)
浅草キッドのコンビ仲がギクシャクしてきたのは、玉さんが「浅草キッド対爆笑問題」を仕掛けて、博士がその流れに乗らなかったのがきっかけだと認識してるんですけど、ボクはやっぱり「浅草キッド対爆笑問題」が観たかった

↑取材不足。最終的にボクは『やろう!』と乗っていますよ。僕か赤江くん(玉袋)に聞いてもらえばわかるのに。
----------------------------
TwitterRT @WORLDJAPAN (吉田豪ちゃん)
博士からも玉さんからも爆笑・太田さんからも太田光代社長からも話を聞いてたから、当事者以外ではかなり事情がわかってるつもりだったんですけど、それでも取材不足ってことなら精進します!
----------------------------
TwitterRT @otremix
吉田豪の本性を一言でぶった切る水道橋博士のこれはまさに同田貫の切れ味「一言。取材不足。」は今年の名言大賞にしていいレベル


↑一言。これボク自身に関するある一点の事実関係の話なので、それ以外の吉田豪は他の追随を許さないレベルです。
----------------------------

2013年3月5日の記述にあります。
http://www.asakusakid.com/diary/1303-jou.html

その中身について聞いてもらえれば、当然答えます。
この日以降、ボクは黙っていますが、
あの日、コンビ間で意志確認しました。
ちなみに、この時、ボクは降りていません。
蒸し返したいのではない、正確を期したいだけです。
DMMの太田光インタビューでは、このあたりの期日がメチャクチャ。

----------------------------
TwitterRT @WORLDJAPAN (吉田豪ちゃん)
爆笑問題VS浅草キッド ついに水道橋博士が沈黙を破る 怒りのツイート
http://miyearnzzlabo.com/archives/14153
----------------------------



夜、ニコニコ動画で公開している、
ドナルド・トランプのドキュメンタリー
『トランプ:人気ビジネスマンの裏の顔』をチェック。
再チェックを兼ねて。

http://nico.ms/lv280571286?ref=sharetw

面白すぎる。
まるで『ダークナイト』の実写だ。

----------------------------
TwitterRT @ragia913
NY市議会議長のパーティに出席する80年代のトランプは「アイアコッカ以上に有名で、知名度はエルビス・プレスリー並み」と伝えるドキュメンタリーにゾッとする。
----------------------------


【気になったツイート】

----------------------------
TwitterRT @yakannabe(なべやかん)
昨日は高田先生と松本明子さんにラジオビバリー昼ズでお世話になりました。母、笹るみ子に関し先生がお話ししてくれありがたかったです。11月12日の25周年イベントの告知、そして、水道橋博士さんの某女性との熱愛疑惑も話しました。熱愛疑惑の水道橋さん、25周年イベントに出演してくれます
https://pic.twitter.com/oaXb9Ou0Su
----------------------------



11月9日  水曜日


5時起床。

大統領選挙番組準備だ。勉強、勉強。


9時半、ドワンゴ半蔵門スタジオ入り。

町山さんが本番前にWEBで「精神年齢測定」
https://www.arealme.com/mental/ja/ をやっていたので、
ボクもやってみた。「あなたの精神年齢は37歳」

今回、ボクと町山智浩さんがニコニコ生放送を一緒にやる理由、
経緯はこちらに書いた。

「史上最低の大統領選」を史上最高の環境で見よ!
ニコニコドキュメンタリー総力特集「アメリカ大統領選挙」の魅力
http://originalnews.nico/2966

指定のスタジオに到着するが、
本番5分前なのに、見事に誰もいないし、誰も呼びにこない
――というカオス状態のまま出演。


10時、ニコニコ生放送『アメリカ大統領選挙 開票特番』出演。

司会:堀潤さん
出演:冷泉彰彦さん、ご一緒。
スカイプ出演:町山智浩さん、津山恵子さん、津田大介さん。

町山さんのNYリポートなど、スタジオから見守る。
現地の人達に英語の突撃インタビューするさまが、可愛すぎる。

その後、右翼の巣窟へ突入。

「町山智浩さん登場!!」」
「町山智浩さん、最後の姿になるかも!」
「町山智浩さん、大丈夫か!!」
「町山智浩さん、ニコ生、ギリギリなことやっているよ」
などとツィートしながら。

----------------------------
TwitterRT @RAM_RIDER(RAM RIDERさん)
町山さんのアメリカ大統領選挙のリポート、往年の「進め!電波少年」を観ているようだった。町ちゃん気をつけて〜。
----------------------------
TwitterRT @binbinstory
ニコ生の中継、トランプ支持者の集会で町山さんに「私はクリントン支持者です」と言わせる水道橋博士。
----------------------------
TwitterRT @harukanata23
水道橋博士がニコ生で底まで逝って委員会における主役【たかじん】不在論をコメントしていたが、超重要な指摘。
----------------------------
TwitterRT @jeorge_jp
水道橋博士のやしきたかじん不在時の番組の在り方への苦言は誠に正しい。ほんとこれ。こういう風に物事を見る事が出来る人が本当に頭が良いって事。
----------------------------
TwitterRT @talkloungetalk
町山智浩のニコ生神がかり的な面白さ!トランプ支持の右翼集会!ネトウヨみたいな連中の集まりかと思いきや反グローバリズムの意思を持つクレーバーな保守の人って感じだった。マリファナの副流煙でハイになりながらのインタビューってのもすごいなぁ!
----------------------------
TwitterRT @yonbili
以前 町山氏はラジオで「ボクが選挙予想を日本のマスコミにすると逆の展開になるんですよ(笑)」と 水道橋博士や知り合い達は 町山氏を選挙のある意味展開予想の逆神と呼んでると言ってました
----------------------------
TwitterRT @SORAWORKS
水道橋博士がトランプ支持派のマリファナ漂よう溜まり場的な現地のbarで町山さんにヒラリー支持派だって言ってみて!って言う無茶ぶり。それ本当に言っちゃう町山さんの無茶ぶり。そんなニコ生ならしっかりハラハラさせてもらった。
----------------------------
TwitterRT @hacosi
水道橋博士「サブカル老害おじさん二人組です」町山智浩「この辺りはマリファナの香りがいっぱいでシラフじゃいられませんよ!」同じ大統領選レポートなのに昨日の報ステとはまるで別人の町山さん(笑)
https://pic.twitter.com/eaq682vHWO
----------------------------


町山智浩さんと「サブカル老害おじさん」タッグ共演、
しかも最悪のシナリオ…歴史的なトランプ大統領誕生の瞬間に、
立ち会いそうなところでタイムアップ。

今日のニコ生の大統領選SPは、
神回なので再放送で見られるようにして欲しいなー。

「堀潤が司会なら大船に乗ったよう」と事前に言っていたが、
堀潤、10分前にスタジオ入りして、あれだけ自在の司会ができるのだから、
今後、堀潤への評価も更に高まるだろう。

放送の合間、堀潤さんと雑談。

「12日に宮台真司先生と村本くんのAbemaの番組に出るんです。宮台真司と村本大輔はほぼ同じ顔で同じ高速で話せる人なのに、初対面みたいです」

「それは見てみたい!」

「前回、村本くんは町山さんを『偏った人』と言い切った位だから、彼は『わからない人』だけど、ちゃんと『知りたい人』でもある。そういう人は貴重ですよね!」などと。


KADOKAWAの小林さんが楽屋訪問に。

新刊『はかせのはなし』(KADOKAWA)が誕生!!!
我が子の出産に立ち会った気分。

 

新刊『はかせのはなし』の誕生祝いだ。

KADOKAWA小林さんと共に。
表紙・挿絵のとみこはんへサプライズ手渡し。
一輪の花を添えて。
 

 
喫茶店で、我が子「はかせのはなし」を囲みながら、雑談。

「ニコ生に出演しながら、汚い言葉遣いの書き込みを読んで、
トランプが大統領になる世界を考えたら絶望的気分になるよ」とオレ。

「もう、水道橋さんは毎日、カワイイはなしだけを書けばいいじゃないですか?」
と、とみこはん。

----------------------------
TwitterRT @tomikohan(とみこはん)
◆本日、水道橋博士新刊「はかせのはなし」の見本が生まれたので助産師&編集者のKADOKAWAの小林さんと会う。するとサプライズで博士ママがお花を持って登場。泣くわ。私は文章の隣に消しゴムはんこを彫りました。11/17発売です。


----------------------------

帰途、週刊文春、新潮をフラゲ。

かなり衝撃的なスクープありだが、
しかし、大統領選の絶望に比べればなぁ……。

----------------------------
TwitterRT @WRHMURAMOTO(村本大輔くん)
少ない情報で、わからない未来を勝手にネガティヴな想像で決めつけて、ちょっと賢いっぽい人たちによる知らない人への不安煽りタイムも終わりか。どうせ10年後、今日のことはなかったかのように、無、でコーラ片手にハンバーガー食ってるよ。

↑君は伝える側だよ。
----------------------------
TwitterRT @WRHMURAMOTO (村本大輔くん)
それはワイドナショーでてもバイキングでもアベマプライムでても、根本のスタンスは同じ。それは伝えてるうちに入らない。というなら、呼ばなくて結構だと思ってます。違いますかね…わかりません。土曜日それも教えてください。
----------------------------
TwitterRT @WRHMURAMOTO (村本大輔くん)
あと僕がいま無理やりそれを伝えても人に伝えられたことを伝えるので、その受け売りの情報を僕の解釈で伝えることになるので、自信はありません。自信をもってわからないことを話せません。それは僕ではなく大統領が行動で伝えてくれます。でもそれを言い当ててまわりに行動させることは僕には不可能
----------------------------
TwitterRT @WRHMURAMOTO (村本大輔くん)
なので伝えてます。今回のことでそんなに危機を感じていない僕のいま一番感じてることを、正直に、僕の言葉で僕のTwitterで。
----------------------------
TwitterRT @takedasatetsu(武田砂鉄さん)
多くのロックミュージシャンが反トランプを訴える中で、トランプ支持を表明してきたのがキッド・ロック(画像は朝日新聞より)。
https://pic.twitter.com/x3pgxIcmzp
----------------------------
TwitterRT @DrTomabechi(苫米地英人)
今後日本メディアは、予想外のトランプ勝利の論調でまことしやかに解説が続くのだろうね。予想が的はずれだったのは日本のメディアなのに。的はずれ有識者に解説させても無意味だけど。アメリカメディアが反トランプだったのは三大ネットワークを含む大手メディアがウォール街企業だから
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu(高須克弥先生)
トランプ、大統領に当選したとたんに紳士になった。たいしたもんだ。


↑先生。本当にこんな方法で良いのですかね?
----------------------------
TwitterRT @katsuyatakasu(高須克弥先生)
良いのです。選挙前に紳士のふりして当たり障りのないこと言って媚びる政治家や当選してから正体表す下品な政治家は大嫌いです。トランプは立派だと思います。
----------------------------
TwitterRT @nikkeibusiness(日経ビジネスオンライン)
今こそ読みたい特集「もしトランプが大統領になったら…」――「もしトラ」か
今さらながら、マイケル・ムーアのこの主張が胸に刺さるな…
>ドナルド・トランプが大統領になる5つの理由を教えよう
http://www.huffingtonpost.jp/michael-moore/5-reasons-why-trump-will-win_b_11254142.html  @HuffPostJapanさんから
----------------------------
TwitterRT @miyadai(宮台真司さん)
2ヶ月近く前から公言してきております。RT @lugworm: 宮台トランプ支持だったのか
----------------------------
【神保哲生×宮台真司×渡辺靖】米大統領選候補トランプの「正義」とアメリカの「病巣」(1/4) - サイゾーpremiumhttp://ow.ly/NzJR100ov5C
----------------------------


帰宅後、
『はかせのはなし』の刷り上がり見本を一番先に読ませたい人。
娘の文(ふみ)に手渡す。
 

 
「おお!!凄い!!胸にI(ハート)パピーってパパのことじゃん!」
とオレ、大興奮。

「水を刺すつもりはないけど……パパ、PUPPIESは子犬のことだから……」
とカミさん。


明日は『水道橋博士のメルマ旬報』(Vol.101)の配信日で、
届いている原稿を読みきれていないし、
もう干されるだろうと思っていた『バイキング』にも出演依頼がある……。
そして……

----------------------------
TwitterRT @creephyp(クリープハイプ公式)
本日は「熱闘世界観」10回表東京 @ ZEPP TOKYOです!物販先行販売は16:00から行います!先行販売中はチケットをお持ちでない方もご購入いただけますのでよろしくお願いします! /スタッフ
https://twitter.com/creephyp/status/796212129338572800/photo/1
----------------------------

今日一日でオレの世界観、
「博士世界観」が変わるような体験をしているから、
激しく腰痛だけど「尾崎世界観」を見なければならないだろ!

ボクが大嫌いなトランプ大統領誕生寸前、
世界は新秩序に入ったけど、
博士世界観は、
しかし、その前にトランプ大統領登場で変わった、
博士世界観を修正するために「クリープハイプ」LIVE観戦を決行!

お台場まで、尾崎世界観を見に行くのだ。
ガン太運転でお台場へ。
 


クリープハイプ、屋外でTシャツ買っているうちに開演時間。

既にメンバー紹介中「……2番・長谷川カオナシ」
とアナウンスされている時に、マスクを覆った女性に
「博士……」と呼ばれる。

誰だからわからずポカンとしていると、
やおらマスクを取って「清水ミチコです」と。
ホントのカオナシだった。

『世界新秩序』になった日にクリープハイプ『熱闘世界観』。

腰痛専用椅子を持参。
 



「今日は僕の誕生日です!」で始まったクリープハイプ。

事前に誕生日のことなど知らないで、
LIVE会場で「今日は僕の誕生日です」と言われるのは、
11月5日東京ドームのBIGBANGのTOP、
11月9日 ZEPP TOKYOの尾崎世界観と2回連続だ。

TOPの時はファンがサプライズでプラカードを掲げ、
尾崎くんの時は会場、HAPPY BIRTHDAYの合唱に多幸感に溢れた。

初めて生で見る、クリープハイプ。
演奏の重厚なのに感心。あっという間の疾走感。

ラッパーのチプルソさんのパート。
カッコよかったなー。

終演後、事務所の後輩・マッハ豪速球と原田専門家さんと共に。(&坂巻も)
 

 
 
お言葉に甘えて、楽屋訪問。
 


トランプ大統領の誕生日と、
ボクの新刊『はかせのはなし』(KADOKAWA)の刷り上がりの、
誕生日が重なって苦々しく思っていたら、LIVEで尾崎世界観の第一声が、
「今日は僕の誕生日です!」だった。

我が子の誕生日に花を添えられた。
 



楽屋挨拶で、尾崎世界観に、
「トランプ大統領の誕生日とかぶりましたって言わなかったね?」
と言ったら「え、全然知りませんでした……」という世界観!

----------------------------
TwitterRT @creephyp
「熱闘世界観」 @ ZEPP TOKYO終了! 東京ワンマン2daysありがとうございます! チプルソさんもありがとうございました!
https://twitter.com/creephyp/status/796704398080557057/photo/1


↑クリープハイプも素晴らしいし、チプルソさんもファンになりました!
----------------------------

その後、東中野の「BAR バレンタイン」へ。
ハードコアチョコレートのMUNE君らと旧交を温めつつ、
原田専門家、Tシャツ・ビジネスマンへの道、計画を遂行。
 


コンバットRECの監督作を準備中という日販のふたりに出会い、
そこへ「あっちゃん」の監督も駆けつける。

MUNE君の奥様、大沼えりさんは妊娠中、
お腹をさすってあげる。
 


【気になったツイート】

----------------------------
TwitterRT @kaede06
韓流BIGBANG・G-DRAGONと小松菜奈の連続密会 | スクープ速報 - 週刊文春WEBhttp://shukan.bunshun.jp/articles/-/6760
----------------------------
TwitterRT @inahiro0405
たかじんファンなので不在中のことは知らないが、利用されやすい。他人に自分の意見を押しつけないし、政治面では社会への影響を考えて中立な立場でいて橋下氏の援護もしてない。


↑最後の一行は違う。最後は擁護発言をはっきりしました。
----------------------------
TwitterRT @jeorge_jp
水道橋博士のやしきたかじん不在時の番組の在り方への苦言は誠に正しい。こういう風に物事を見る事が出来る人が本当に頭が良いって事。
----------------------------
TwitterRT @narionario
昨晩は少しのお時間でしたが、ありがとうございました! DVD早急に送ってもらいますので、また改めて


↑是非、見せていただきます。もちろん、ご存知でしょうが、ヒロトがニューロティカをテレビ取り上げた話とかすれば良かったな〜などと思いつつ。
----------------------------
TwitterRT @ame_rika
昨晩、水道橋博士にお腹触っていただいた\(^ω^)/


↑うちのカミさんが長男を妊娠中、秋田でターザン山本さんに撫でられたのが良き想い出です。ナマハゲか!って(笑)(あと島田裕巳著『映画は父を殺すためにある』ですね)
----------------------------



11月10日   木曜日


午前3時20分起床。

ウツラウツラ拾い寝繰り返しながら、日記の整理。
TwitterのRTを整理するだけで14万字もあるんだもの……
果てしないわ。

フラカンの「深夜高速」「感情7号線」を聴きながら。

radikoで、ニッポン放送
『ラジオビバリー昼ズ』の11月7日、なべやかんゲスト回、聴く。

オレの熱愛疑惑のあかんやつを語っているではないか?
しかし、これ全く反響はないのだが……。

やきそばかおるさんを筆頭に、
『水道橋博士のメルマ旬報』でさんざん伝えているのに、
radikoのタイムフリー機能、初めて使ったわ。


『週刊読書人』11月4日号の武田砂鉄さんとの対談。
ボクの最近の発言でも一番踏み込んでいる。
手に入るのは今日までかしら。
 

 
『東京新聞』通販生活について。
記事化を含めて至極真っ当だと思う。
 

 
ニコニコ動画で観られる、
『トランプ:人気ビジネスマンの裏の顔』――。
http://originalnews.nico/us_election2016

25年前の1991年に制作されたがトランプによって放送を差し止められ、
お蔵入りとなっていたドキュメンタリー。日本初公開だ。

歴史を振り返り他人は何者かわかる記録を!圧倒的に興味深い!
まだニコニコ動画で見られる。

----------------------------
TwitterRT @tsuda(津田大介さん)
マイケル・ムーアが書いた7月の記事。ほぼ全て予測が当たっているように見える。 / ドナルド・トランプが大統領になる5つの理由を教えよう
http://buff.ly/2eCv7gn @nenbutsunomatsu


↑納得する。ため息と共に……。
----------------------------


10時半、お台場・フジテレビ入り。

11時55分、『バイキング』生放送。

MC:坂上忍さん、榎並大二郎アナ、
出演:フットボールアワー、薬丸裕英さん、
横澤夏子さん、REINAさん、ご一緒。

ゲスト:ダレノガレ明美さん、木村太郎さん、
品田英雄さん(日経エンタテインメント編集委員)、
あべかすみさん(芸能リポーター)、清原博さん(弁護士)
若林史江さん(タレント・株式トレーダー)、ご一緒。

今日は、ボクの提言はないから、安心していたのだが……。

----------------------------
【深堀り!ニュースの顔】
・米大統領選 トランプ氏が逆転勝利 木村太郎が今後を予想
・メディア昨今の自粛傾向 過剰すぎる?
【今日だけ言わせて!私の提言!!】
・ダレノガレ明美の新提言
「結婚予想報道は全面禁止!!」国民投票の結果 賛成 22% 反対 78%
「整形を疑う人には罰金刑!」国民投票の結果 賛成 21% 反対 79%

----------------------------
水道橋博士、トランプ氏巡る株急落で大損? 株式トレーダーの若林史江も「痛すぎ…」 : スポーツ報知http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161110-OHT1T50098.html @SportsHochiさんから
----------------------------
水道橋博士がバイキング生放送で年内の公約に
「SMAPの解散阻止!」と明言。Twitterで明らかになるその真意
http://smartjohnnys.com/smap/viking-suidoubashihakase/
----------------------------

帰宅後、カミさん娘と一緒に外出のため、
久々に末っ子を任される。一緒にファミレスへ。

小2の末っ子は、でクイズマニアなので、
「パパぁ、問題です。アンティグア・バーブーダの首都は?……」
などとクイズ無限地獄へ持ち込まれる。
 

 
帰途、本屋さん、靴屋さんで、
なんでも買っても良いルールのショッピン・goo!
 

 
大人買い。

人生初「シンゴー!」について想いを馳せた。
それと、今日届いた『文藝春秋』本誌が読みどころだらけ!
石原慎太郎の手記も、都議会のドンのノンフィクションも。
 


----------------------------
TwitterRT @gentosha_edu (幻冬舎 エデュケーション局)
なんと!水道橋博士さんのツイッターに『京大・東田式 頭がよくなる漢字ゲーム』がチラ見え!!嬉しい。


↑小2末っ子とゲームしましたが面白かったです!
----------------------------


夜、我が家のスズキ秘書が、
恒例の英国旅行から一週間ぶりに帰宅。

その前に、代行運転手のガン太くんは、この一週間の
臨時代行「ハカセ−・ドライバー」を卒業。
ガン太には、芸人の世界の仕組みについて……教えたくなった。
日常も面白いことにする、に徹した期間であった。


スズキ秘書主催、英国土産タイム。

末っ子は大好きなユーロ2016グッズに狂気乱舞。
ちびっ子ハウスを訪問したタイガーマスクのようで心温まる。
 

 
末っ子には、ユーロのチーム各種。
 

 
長男には、サッカー・スコットランド代表のレアものを。
 

 
娘には鍵付きの日記帳。
 

 
そして、僕にはタブロイド紙。
その他にもたくさん御土産。ありがとう。

22時半、『水道橋博士のメルマ旬報』最新号(め組101号)
無事発行!!!

 

毎回、『水道橋博士のメルマ旬報』
全原稿を発行する前にチェック、短評を入れているが、
今回は超多忙で目を通すことができなかった。

これから発行後に読者と同じ目で読むことに。

萩原正人の連載「死ぬ前に翔べ」は、
ボクのリクエストによる新路線だ。
お笑い界のリビング・デッド、ハギの腎臓移植を巡って、
爆笑問題と浅草キッドの間にある物語。

実はこの原稿を貰った日に、太田光のご母堂が亡くなられ、
このタイトルとの共振ぶりに、
なかなか原稿を開くことが出来なかった。

----------------------------
TwitterRT @yuukirock0416(ユウキロック)
1992年芸人を志し、2014年長きに渡る活動に終止符を打った。「芸人」。その「生き方」。「面白さ」。「悲しさ」。「水道橋博士のメルマ旬報」での連載を再構成し大幅な加筆を加えた。ユウキロック著書「芸人迷子」12月初旬発売決定!


↑ホントに嬉しい!
----------------------------

10日間終了。

しかし、今までで最も長い日記になった。

毎日炎上しているからだ。
いや焚き火に当っているからだ。

そろそろ、ネットの世界との二重奏も考え直さねば。

まだまだ、リアルでやりたいことはあるのだから。

2011年 12年

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る