『藝人春秋』特設サイト


3月21日  火曜日
 
午前3時起床。
よっしゃ、仕事、背負ってやろう!

ちなみに3月21日は、「ランドセルの日」なのだそうだ。
 
朝から原稿仕事。

『水道橋博士のムラっとビンビンテレビ』書籍化版の、
カンパニー松尾×しみけん×水道橋博士、対談校正入稿。

送られてきたゲラは文藝春秋から初校。

これはドッキリではないな……。
しかしマジか……確かにOKしたけど……。
本当に本になるのか?
 


 
明日に、『メルマ旬報』の増刊号を出せるように、
水道橋博士Life年表(1962〜2017)15万字版を加筆。
 
3・26のLIVEで入場者全員プレゼントするバージョンから、
さらに改訂版にするつもり。
しかし、これ、新書、何冊分の分量になるのだろうか……。
 

 
午後、東京スポーツ購入。
殿の近況がわかる恒例企画「たけし大放言」
 
たけし軍団の芸名話で、
ついに「ダイオウイカ夫」が「やくみつゆ」に改名したのだ。
立川流の新芸名も紹介されていた。
 
しかし、今まで知らなかったが、
まだ、たけし軍団的には、
ベッキーに対抗して「ボッキー」(女子限定)、
さらに「猿股軍司」があることを新聞辞令で知った。
 

 
『週刊金曜日』のバックナンバー、
昨年11月11日号。特集「演劇の力」を入手。
 

 
『劇団燐光群主催のアウトサイダー・坂手洋二が問い続ける、
社会性と戦争に対するデリカシー』
書き手は木村元彦だ。
 
『オシムの言葉』で有名な木村さんだが、
2006年には、AERAの「現代の肖像」でボクも長期密着取材されたことがある。
つまり、坂手さんにも、書き手にも興味がある。
 

 
この中学の一年先輩・坂手洋二さんの記事を見ていたら、
隣の記事の写真に目が止まる……。
平田オリザさんの写真。
 

 
昨日、高松空港からの最終便で、
ボクの一つ後ろの席にいた老紳士が
「平田オリザ氏」ではないかと思って……
ネットで調べたら、やはり昨日に、
四国学院大学でシンポジウムに出席されていた。
 
これは「間違いない!」だろう。
 
雨降りの1日。
散歩もできないので、サウナだけ。WithTと。
 
---------------------------
TwitterRT @rinkogun(燐光群)
『くじらの墓標』は1993年に初演し全国ツアー。
98年コンプリシテのリロ・バウア、クライヴ・メンデスら
出演によるロンドン・ゲートシアター版、
NYのラママ実験劇場版等、様々に上演・出版されています。

---------------------------
 
18時半、吉祥寺シアターへ。
 
Nマネではなく、中川マネージャーが出迎え。
スズキ秘書は忘れ物で引き返す。
 
19時、燐光群『くじらの墓標 2017』観劇。
 
2時間、ついていけるかな?
と思っていたが杞憂だった。
実に知的でスリリングな面白い芝居だった。
 

 
---------------------------
『くじらの墓標 2017』 
【作・演出】坂手洋二
【照明】竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
【出演】
中山マリ、鴨川てんし、都築香弥子、川中健次郎、猪熊恒和、HiRO、大西孝洋、樋尾麻衣子、杉山英之、武山尚史、山村秀勝、田中結佳、宗像祥子、塩尻成花
【解説】
『くじらの墓標』は1993年初演。翌年、全国ツアー。1998年、ロンドン・ゲート・シアターのレパートリーとして、コンプリシテのリロ・バウア、クライヴ・メンデスらの出演により上演される。1999年ニューヨークのラ・ママ実験劇場等、世界各地のプロダクションで上演、出版される。初演から24年を経て、世界の注目を集めた燐光群初期代表作、再登場。
【レビュー】
冷徹な現実と幻想が織りなす魅力的な社会劇(扇田昭彦)
劇作家・坂手洋二が率いる気鋭の劇団「燐光群」は、現代の社会問題やマイノリティーの人々を素材にした硬派の劇を送り出してきた。
彼らの新作「くじらの墓標」は、廃業に追いこまれた鯨捕りの漁民たちのその後を、重層的な手法で描いている。東京湾沿いの倉庫が舞台。そこに勤める青年イッカク (大西孝洋)は、捕鯨で生きてきた一族の子孫で、交通事故の後遺症をかかえている。そこに故郷の叔母(中山マリ)や、海難事故で死んだと思われていた五人の兄たち(川中健次郎、猪熊恒和ら)が現れて、意外な真実を浮かび上がらせる。
抑え気味の演技、飾り気のないせりふの中から、捕鯨問題の現在が見えてくる。解体する家族の光景がそれに重なる。だが、この劇にはリアリズムを超えたさらに別の伏流があり、それがせりあがる後半、舞台は異様な悪夢のような光に照らし出される。見慣れた倉庫が不意に荒れた大海原に変わる、まさに演劇だからこそ可能な展開が見事だ。主張を抑え冷徹な現実と幻想を交錯させるこの「社会劇」は、魅力的である。
(朝日新聞 93年1月11日 抜粋)
---------------------------
 
観劇の際、ボクは、必ずこの一節を想い出す。
つまり、芝居には驚くべき力がある。という意味だ。
そして、人生が変わるほどの衝撃を受ける、
という事態が怖かった。
 
【太田省吾「劇の希望」より】
---------------------------
ある主婦が<何もない毎日だ>と言った。
人間は皆何かしているはずなのに、何もないとは
おかしいじゃないか。
人の人生とはドラマチックなことがないといけないらしい。
そう思わせるほど劇には“不厚い力”がある。
どうやって劇の目から逃れるか、が大切である。
---------------------------

 

『くじらの墓標』は文句なく面白かった。
劇場が倉庫に見えて、まだ船底にも見えた。
照明は真暗闇の奥まで、
何かがあるかのように見えていた。
 
戯曲を読んでみよう。
演技は、各々の俳優のテクニックだらけだし。
 
そして劇の野太さに殺られてしまう。
 
2時間で、ここまでクジラについて考えたことはない。
小技のひとつだが、歯磨きの大切さを思い知る。
 
終演後、客席からそのまま壇上へ。
坂手さんとふたりでアフタートーク。
 

 
何故、ここで話しているのか?
ふたりの出会いから語らねば。
中学時代の文集の「操禄」を見せて、
客席に語りかける。
 
ほぼ、その話しで終わってしまった。
 
トーク終了後のロビーで、
中学の先輩である照明の竹林さん、
そして、岡大付属中学の先輩の
医大の先生とのお話。
映画『ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る』の
監督・八木景子さんも紹介して頂く。
 
---------------------------
燐光群のお芝居の後で【水道橋博士とのアフタートーク 】
http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/167113d8d49aaae4916d83969ffa211e
---------------------------
TwitterRT @hanamomokoharu
一応スタッフなので、でも遠慮がちに最後に1枚だけお願いしました!
せっかく40年ぶりの愛が実ってお会いできたお2人、
これからは、ぜひちょくちょく会って愛を深めてください!
本日のアフタートークゲスト水道橋博士さん大変盛り上がりました!
燐光群『くじらの墓標 2017』


---------------------------
TwitterRT @sujimben
燐光群『くじらの墓標 2017』@吉祥寺シアター。くじらの生態について詳しくなれる舞台。お肉を焼く場面があり、会場全体がイイ匂いに包まれるので空腹時での観劇はキツい。作・演出を手掛けた坂手洋二さんと浅草キッドの水道橋博士さんのアフタートークがあり、中学時代の話を聴くことが出来た。


---------------------------
TwitterRT @bluebirdland
吉祥寺シアターで、燐光群の『くじらの墓標2017』(坂手洋二作・演出)の上演後、劇作家と水道橋博士のアフタートークを聞く。ふたりは岡山大学教育学部附属中学校の先輩と後輩。総武線が遅れたため、開演時間に間に合わず、もう一度見せてもらうことになった。
---------------------------
TwitterRT @gumazou
燐光群『くじらの墓標 2017』虚実綯交ぜの終盤は「戦慄」としか表現のしようがない。得体の知れないなにかに圧迫されていく感覚。恐怖、不安、困惑、不快…言葉にならない戦慄が走る。稀有な演劇体験。終演時、笑うでも泣くでもなく、唯々震えが来た。これも演劇だ。
---------------------------
TwitterRT @t2tatsumi
金曜は劇団燐光群が約四半世紀ぶりに再演した坂手洋二作品「くじらの墓標」プレビューを観劇。若手の宗像祥子がヒロイン、初演時には末っ子役の大西孝洋が長男役など変化はあるが、虚実混濁する独特な展開には、まさにメルヴィル「白鯨」の遺伝子を感じる。3・11以後の現在だからこそ必見である。

---------------------------
 
打ち上げにも誘われたが、遠慮した。
また、お会いすることになるだろう。
 
22時過ぎ、
毎週火曜日は、RAM RIDER&マツモトさんのネットラジオ
『オーディオギャラクシー』(http://audiogalaxy.jp/ )をリアルタイムで聴く。
 
募集テーマ「好きな企業、愛着のあるブランド」に合わせて、
オレも、せっせとメール投稿。
 
---------------------------
ワンバンコ!2017年に80年代ノリの水道橋博士ョーー!
「好きな企業、愛着のあるブランド」で考えてみたんだけど、そうねー。80年代の原宿で流行ったタレントショップには愛着はあるわねー。私も「元気が出るショップ」の店員をやっていたこともあるんだけど、当時は、タレントは皆、原宿に店を出していたのね。松本伊代の「ピンクバス」とかマーシーの店「MARCYズ」とか、山田邦子の「クーニーズ」とか、コロッケと美川憲一と森口博子のジョイントの店とかね。お茶だらけの加藤茶の店とか。所ジョージも和田アキ子や片岡鶴太郎の店もあった。そうそう丹波哲郎の「大霊界」とかね。
今でこそ振り返ると、なんで、そんな店があるのだろうと思うけど、今は吉田豪の倉庫にしかないようなグッズが一杯だったわ。それでも、当時から、果たして客がいるのか、不思議だったのは、島崎俊郎の「俊郎商店」ね。いったい誰が買っていたのかしら?「アダモちゃん、ペイ!」グッズとか、そもそも、あれって欲しい人がいたのかしら。いまだに持っている人がいるのかな?あの店、最短で潰れたね。そんな島崎俊郎さんが日本テレビの『電波少年』の後番組で鳴り物入りで「雲と波と少年と」という番組で屋久島に移住した途端に、番組が打ち切りになったのも今は笑える想い出だわ。じゃあね。RAM ちゃん、出囃子ありがとうね。3・26日に東洋館で待っているわ。
♪それではお別れしましょー!!バイバイバイバイ、バイバイバイバイ!ご機嫌うるわしゅう!(ヒップアップ風にって言っても、松本さんも知らないよね)
---------------------------
 

番組ラストに読んでもらったのを確認して、一安心。就寝。
良し!明日も今日に勝つ!
 

【気になった記事&ツイート】
---------------------------
TVタレントとクラウドファンディングの相性が最悪すぎる理由 :
キングコング 西野
http://lineblog.me/nishino/archives/9267903.html
---------------------------
TwitterRT @ibiru(文春・目崎さん)
映画秘宝最新号より。「大怪獣モノ」(河崎実監督)にコメントをよせる、みうらじゅん、町山智浩、水道橋博士、泉麻人の各氏https://www.instagram.com/p/BR4pVIslIqI/
---------------------------
TwitterRT @mainichi(毎日新聞)
訃報:米富豪D・ロックフェラーさん死去 101歳http://bit.ly/2mNHSto
---------------------------
TwitterRT @torakare(荻上チキさん)
石原慎太郎氏がかつて障害者に対する差別的発言を行っていたからといって、彼の障害に「因果応報」的な非難を行わないように注意(一部で見かけた)。そうやって障害をレッテルとして使う態度が差別を助長するし、障害が前近代的で宿命論的な自己責任論になってしまう。

---------------------------
 
《 韓国・朴前大統領が検察に出頭。収賄など13の容疑で取り調べ 》
《 森友学園に補助金返還書類送付 5600万円の返還命ずる 》
《 定員大幅超過の認定こども園。保育士は「遅刻で罰金1万円」 》
《 松本伊代、早見優の無断で線路立ち入りは起訴猶予。反省を考慮 》
《 俳優・山本裕典が解雇される…相次ぐ女性トラブル このまま引退も… 》

 
 


3月22日  水曜日
 
5時起床。
今日が大事だ!明日ではない!(ボブ・ディラン)

 
午前10時より、作家の相沢直くん来宅。
3・26『水道橋博士トークショウ ザ☆フランス座 1』打ち合わせ。
 

 
13時まで。

WBCの準決勝、米国戦も忘れて没頭。

気がつけば野球がもう佳境だ。
TBSのWBC生中継、
敗退を見届けることになってしまった。


午後、早売りの『文春』、『新潮』をフラゲ。
 


 
両誌を手に長男と『広州市場』へ。
 

 
明日の証人喚問の前に、
大好物の炭水化物と化物記事にお腹一杯。
 

 
食べすぎた。
グルタミン酸ナトリウム症候群か。しばし倒れる。
 
仮眠後、
3・26の『ザ☆フランス座』ライブ向けて、
延々とネット版の水道橋博士Life年表を再チェック。
ぶっ通しで長時間かかる。
 
しかし、改めて自分のついての勉強になった。
そういえば、中学時代の同級生で、
歴史家の久保田正志くんが、
ボクの年表をチェックして、お手紙をくれた。
 

 
毎日、毎日、自分の部屋で、旅先で、
移動中にも原稿を書き続けている。
 
本の原稿、日記の原稿、年表の原稿、
週刊誌の連載原稿、浅草ファイトの原稿……
気が触れている。
 
寝よう、眠りから覚めたら書こう。

 
【気になった記事&ツイート】
---------------------------
伊賀大介は浅草キッドの『キッドのもと』をセルフ・ルポルタージュの傑作と称す
(Book Bang)https://www.bookbang.jp/review/article/528063

 
↑これはありがたい。
---------------------------
TwitterRT @alkitago(アル北郷)
先日殿と攻殻機動隊の話題から、ブレードランナーの話になり、原作を「電気ウナギは羊の夢を見るのか?」って殿にお伝えして、なんか違うと思って後で調べたら「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」だった。殿が間違ったままどこかで喋ったら僕嫌だな。
---------------------------
TwitterRT @u5u(てれびのスキマ)
「(北野さんが)自身で個展を開いてたりして、改めて絵を描く自分としてピカソのすごさを感じた、と。あまり今まで語ったことないから、この際、全部しゃべってみたいと(言っていた)」/[北野武]「日曜美術館」42年目で初出演 ピカソの魅力
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/22/277/
---------------------------
TwitterRT @zabutonT(馬場憲一さん)
今コレよコレ!遂に『水道橋博士のメルマ旬報』vol.114から連載スタートした 相沢直氏の〈高田文夫年表『ギョロメ伝』〉!すっげ面白い。何たって高田センセー本人も期待してるもん。博士さんサンキュー!相沢さんガンバー!皆さんメルマ旬報を購読しませう。

---------------------------
 
《 WBC、侍JAPAN準決勝で米に敗退。決勝はアメリカ対プエルトリコ 》
《 松井大阪府知事 財務省を改めて批判「府に責任押し付けている」 》
《 天皇陛下「退位」有識者会議再開。退位後の呼称や待遇など検討 》
《 ブラジルの食肉偽装問題、日本が一部鶏肉の輸入停止 》

 
 

3月23日  木曜日
 
6時起床。
 
「人間が生きていく上に大事なことは、
 朝は希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝と共に眠る。
 この気持ちだと思ってます」 by.Taro Aso
 

映画『ムーンライト』鑑賞。
 
映画は暗闇の中を光で語られるストーリーだ。
人生に黒色はない。
闇夜さえ月は必ず光っている。

全ての人間は個性で彩られ自ら発色している。
観客は、まるで自分が登場人物のひとりであるかのように、
スクリーンの色彩に溶けていく。
 

 
今夜、映画『ケンとカズ』が、
新宿ピカデリーで一夜限りの限定上映がある。
 
実は今年のアカデミー賞を受賞した『ムーンライト』は、
ストーリー的に相似形だ。

そして『ムーンライト』の素晴らしさは無論強調しつつ、
出来栄えは『ケンとカズ』も遜色ないことを書いておきたい。

嘘だと思うなら…確認して欲しい。
 

 
---------------------------
TwitterRT @shojihiroshi711(小路紘史監督)
新宿ピカデリー19時より。僕とキャスト登壇あります。水道橋博士さんのコメント引用させて頂きます。「この題材で、この設定で、どれだけ出来るのか?あえて、そこを選んでいるとしか思えない。テレビの極北。監督、スタッフ、キャストの若き魂は映画の力を試している」https://twitter.com/kentokazu_movie/status/844118138987794433
---------------------------
菊地成孔の『ケンとカズ』評:浦安のジュリアス・シーザー
『ケンとカズ』を律する、震えるようなリアルの質について
http://realsound.jp/movie/2016/08/post-2410.html

---------------------------
 
お昼前、
小学校終業式を終え、下の子ふたりが帰宅。

持ち帰ってきた成績表を渡される。
ボクは、長男の時から出席日数の確認のみでOK!
 
子どもたちとカミさんと一緒に、BUNGOでランチへ。
 


 
その後、
「パパ、『おかしのまちおか』へ連れて行ったらモテるよ!」
とのカミさんからの助言通りに行動。
 
確かに使い甲斐がありモテる。
オリンピックで買い物。
 

 
帰宅後、証人喚問に釘付け。


16時半、座高円寺のアンリ・ファーブルへ。
『週刊朝日』取材。

はなわの楽曲「お義父さん」についてコメント。
 
そのまま居残り、『EX大衆』取材。
 

 
オールナイトニッポン2部特集。
1992年の電気グルーヴと浅草キッドの話。
聞き手は編集部の栗田さんと……
茂田浩司さん、川野将一さんという、
『メルマ旬報』執筆者だったので俄然、盛り上がる。

 
18時、自宅地下室に、
Nマネ、相沢直、原田専門家、マッハスピード豪速球が集まる。
 

 
3・26の『ザ☆フランス座1』の進行打ち合わせ。

舞台の進行、映像、音源など、段取りの確認作業だが、
ついついガン太いじりで、時間が押してしまう。
 


 
22時、NHKでやっていた、
『阿修羅 1300年の新事実』、
最新の科学調査と専門家の推理。古館さんも出演。

興味深く、目が止まる。
 

24時、『水道橋博士のメルマ旬報』増刊号が無事発射!

昨日、半日かけてチェックした、
「水道橋博士Life年表」(15万字バージョン)は、
相沢直くんの集大成の一つでもある。

原カントくんは、
「博士さんの年表……あの文字量は、
ガラケーでは受け取れない規模なので、配信方法を考えます!」
と言っていたが、2通に分けて、ちゃんと届いた。

やっているボクと相沢くんもどうかしているのだが、
それをOKする原カントくんもどうかしている!
 

 
---------------------------
TwitterRT @bin_ikeda
いきなり「水道橋博士のメルマ旬報」臨時増刊が到着。内容は相沢直さんによる「水道橋博士のLife年表 増補版」。最高に狂っていて最高に面白い。昨日、誰にでも忘れようにも忘れられないタイムラインがある(その一方で忘れたふりをする者も多い)と痛感しただけにこの年表のベクトル、驚嘆する。

---------------------------
 
【気になった記事&ツイート】
---------------------------
森友学園:首相夫人がフェイスブック掲載したコメント全文 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170324/k00/00m/040/133000c
---------------------------
TwitterRT @asahicom
デビッド・ボウイの回顧展で、横尾忠則さんが感じた「本能的なもの」とは。
http://www.asahi.com/articles/ASK3H4KF2K3HUCLV003.html
---------------------------
TwitterRT @sencha_man
「リン魂」で検索したら、こんなのが……あっ、浅草キッドだ。「PRIDE.1」速報号にコメントが出ていた人たちって、この番組のロケだったのね。"リングの魂 PRIDE1
https://youtu.be/g6gBYYe5YZ8

 
↑これ次回に書き足さなきゃ。
---------------------------
TwitterRT @theminthouse
【4/2まで】中野SF DEPT. B1 ギャラリーにて開催中のトーキョーピクセルPOP UP SHOPに先週末水道橋博士さんが遊びに来てくれました!ファンなので嬉しい!週末夕方からは大図レジ打っています。ご来店お待ちしております。
http://oozu.jp/news/tokyo-pixel-pop-up-shop-in-meteor-2017-spring-summer-collection/

---------------------------
 
《 籠池氏、証人喚問「首相夫人から100万円」国有地払い下げで3議員の名前 》
《 昭恵夫人沈黙破った!FBで金銭否定 喚問4時間後に応戦 》
《 ロンドンで43人死傷の国会議事堂テロ、ISILが犯行声明。当局は8人を拘束 》
《 サッカーW杯アジア最終予選、UAE撃破で本戦出場に前進 》
《 WBC日米対決の視聴率、平日午前に「20.5%」。決勝はアメリカが勝利! 》

 
 

3月24日  金曜日
 
5時半、起床。

眠いなー。いや起きるんだ!

春休みに入った子どもたち。
映画「ドラえもん」を見に行く前に、
朝、懐かしの「ダイヤモンドゲーム」をやっていた。
オレも加わって対決。
 


 
10時半、茅場町のスタジオへ。

BSTwellV『メルマ旬報.TV』収録。

原カントくん、ご一緒。

シンデレラエキスプレスのナベちゃん(渡辺裕薫)、
この日、三本目のゲストだが、
「一本目から見学させてもろていいですか?」と早々と現場に。

一本目ゲスト:コラアゲンはいごうまん。
新ネタ『宇宙人』
 

 
最後にボクからのリクエストで、
岡山の伝説のホームレス「爆弾さん」と、
炊き出しで「高橋さん」に間違えられた話をしてもらう。
 

 
二本目ゲスト:スージー鈴木さん。

連載が書籍化された『1984年の歌謡曲』の話、
大澤誉志幸への再評価など。

大澤さんのライブを見に行きたくなったなぁ〜。
 

 
三本目ゲスト:シンプレのナベちゃん。

1991年に「ABCラジオパラダイス」で共演していたときの思い出話、
オレたちだけの『ブローク・バック・マウンテン』話などなど。
 

 
収録後、
シンプレのナベちゃんを誘って築地へ。
 

 
行き交うお店の方々と軽く挨拶しながら、ぶらりと歩く。

「博士さん、よお来はるんですか?」
「ううん。3回目!」

お寿司『築地青空三代目』へ。
 


 
お寿司と芸論と大笑い。
 

 
15時、帰宅後すぐに、
フジ「ビートたけしの私が嫉妬したスゴい人」のアンケート書き。
 
倉庫で発掘した、
『殿セレクション』(殿が選曲した好きな曲)のカセットテープを聴きながら。

今から20年以上も前の選曲だから興味深い。
 

 
夕方、高円寺散歩。

アレックスゲットだぜ!収穫あり!!
 


 
18時45分、半蔵門・MXテレビ入り。

楽屋にテレ東の田島さんが来訪。
テレビ東京「モーニングチャージ」打上げ用のVTRを収録。
 
21時、『バラいろダンディ』生放送。

出演:島田洋七師匠、関谷亜矢子さん、
湯山玲子さん、佐竹雅昭さん、ダイアナ・エクストラバガンザさん、ご一緒。

ゲストは、デーブ・スペクター!

ニュースラングのコーナー
1位:彼女が別れてくれない うんち投げる
2位:ハッカー iCloudを人質に1億円要求
3位:一晩寝かせたカレーは危険?!
4位:千原ジュニア 鈴木奈々が恐い
5位:オヤジが腐るのは同じ会社で働くから
6位:山本裕典 クビの決定打は副業?
7位:フィフィ「日本は女尊男卑」の国
8位:子供が英語だけを使う施設 英語村
9位:テレ東に流れる芸能人達
……などの話題にコメント。
 

 
デーブの衣装は野球のユニフォーム。
よくみたら往年の阪急ブレーブス。
しかも背番号は、福本の7番。
 
ボクも縦縞の28番が欲しいなぁ〜博士の愛した数式として。
 

 
【気になった記事&ツイート】
---------------------------
「籠池氏、率直に語っていると感じた」 元検事の見方は:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK3R5GMBK3RUTIL043.html
---------------------------
「蟻の一穴」広がる疑念、財務省が守るのは…籠池氏喚問:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK3R5R7ZK3RPTIL03W.html
---------------------------
TwitterRT @gendai_biz(現代ビジネス)
『罪の声』作者の塩田武士さんが、本作の誕生秘話、
水道橋博士や角田龍平弁護士らとの出会い、
そして久米宏さんら有名パーソナリティの番組出演の経緯などを明かしています。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51252
---------------------------
TwitterRT @dankeitatekawa(立川談慶さん)
「談志居眠り裁判事件」の被告である飯田市にお住まいのKさんに電話インタビュー。貴重な話を聞けた。天才は弟子のみならずファンをも嵐に巻き込みその人生を変えてしまう。木下さんも談志の著書から入った「文の人」だとお察しする。次回の「メルマ旬報」に書きます。ご期待ください。
---------------------------
TwitterRT @mma_the_orange
井上学(U.W.F.スネークピットジャパン)が老獪でねちっこい寝技を存分に披露。
梶川はどうにもこうにも抜け出せず試合終了。井上らしさを感じた一戦。
http://blog.livedoor.jp/suck_me_disco/archives/52041434.html

---------------------------
 
《 自民、昭恵夫人のメール公開も喚問は拒否=民進要求に「必要ない」 》
《 稀勢の里にアクシデント…初黒星 日馬富士との横綱対決で左肩負傷か 》
《 高校野球・早実逆転勝ちで2回戦へ。清宮は4打数1安打 》
《 将棋界にニュースター誕生!14歳・藤井四段がデビュー10連勝 》
《 極楽とんぼ山本 復帰後初レギュラー、4月スタート 大阪の土曜深夜ラジオ 》



3月25日  土曜日
 
6時起床。
 
昨日は禁酒に成功。
腎臓いたわる気概で。

脳検査やMRI、血液検査などは良好だったけど、
尿検査が引っ掛かった。小便だけに。

うむ。水を飲むのを薦められたり、飲みすぎるなと言われたり。
生活習慣をどう改めれば良いのかしら?
 

 
とにかく、このままだと折角、梅春一門に入ったのに、
義太夫さん、ホーキングの一門に入れられるかも。
 


 
午前中、『お笑いナタリー』に掲載される、
ハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』、
ビートたけしマニアとしての映画感想インタビュー原稿の校正。

これは我ながら面白いな。
 
リビングへ。
 

 
実家から送ってもらったお抹茶。
 

 
娘、末っ子とダイヤモンドゲームをやりながら(連敗)、
娘・文に文先生の文を言って聞かせる。
 

 
春休みに入った子どもたちと野球。
 

 
高円寺散歩、腎臓を意識しながら歩く。
ローストビーフとロールキャベツ、焼き鳥、きなこパン買いながら。
ラ・ラ・ランド喫茶にて。
 

 
松戸のスーパースター・ラッシャー板前さん、バッチリ!!
 

 
明日のLIVE『ザ☆フランス座』に向けて、
『浅草ファイト』を復刊させることにした。
 

 
毎回、高い完成度で編纂していたものだ。
一時、スズキ秘書は、この原稿のためにノイローゼになったとか。
 

 
このおかげで、文体模写が好きになった。
 

 
これは、かつて我々が主宰していたお笑いライブ
「浅草お兄さん会」の煽り用として会場配布していた機関紙で、
『週刊ファイト』のパロディ紙だった。

今、ネットの時代にこのニーズがあるのか?
正直言って全く無い。

ひとりの読者のために書く。

確かに今、ニーズはないのだろうが、
数分考えて、古本を取り出し、引用したり、
こういうパスティーシュを
アレンジするのは大好きだなのだろう。
 


 
会場プレゼントには、Life年表もあるし、
もうサービスは十分過ぎるだろうと思うが、
もっと、客をもてなしたいと思うのは芸人の性だ。
 

 
ジェーン・スーの
『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎)を読みながら、
カミさんが女子として見る「老けフェアリー」(妖精)についての、
関連妄想が実に面白かった。

カミさん曰く、不本意なのだが……、
中1長男の部屋の掃除をどうしてもしてしまうらしい、
その時は自分をティンカー・ベル(妖精)と思い込む。
 
ある日、息子に「ママ、俺の部屋入った?」と言われた時、
咄嗟に「あれは妖精よ!」と答えたら、
「ああ、シンデレラのな!」
と子はフェアリーゴッドマザー認識だった。
 

 
【気になった記事&ツイート】
---------------------------
TwitterRT @shiraku666(立川志らく師匠)
4月14日テレビ東京のたけしのニホンノミカタに出演。
本日収録をすませた。たけしさんとたくさんお喋りをさせて頂いた。
びっくりしたのが収録中たけしさんはずっとギャグを言い続けていた事。
ブラックなギャグの連発。面白いのなんの。過激すぎて殆どがカット。
我々が憧れたビートたけし健在だった

---------------------------
 
《 格安旅行会社「てるみくらぶ」 航空券の発券トラブル相次ぐ 》
《 松井府知事 安倍首相をヤリ玉「油を注いでいる」「忖度を認めるべき」 》
《 稀勢2敗 前日左肩負傷も強行出場を直訴「最後までやりたい」 》

2011年 12年
          前回 次回

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る