『藝人春秋』特設サイト

 

5月6日  土曜日

5時起床。

「人生は意義ある悲劇だ。それで美しいのだ。生き甲斐がある」(岡本太郎)




今朝の『東京新聞』の朝刊、
中川淳一郎さんの記事に、へぇー、と。



オレ、家族と観光中にわずかな待ち時間、
行列のなかでもスマホを見てしまって、
SNSでRTを繰り返していた。

この時期は依存度が高まるなーって思っていたが、
ニュース不足で逆にヒット数も下がるものなのだなー。


10年に一度の『映画秘宝、オールタイム・ベスト10』発売に!





---------------------------
TwitterRT @beautifultanabe(映画『イノセント15』)
水道橋博士さまにオールタイム・ベスト10に入れて頂きました!!イノセント15は新世代の『キッズ・リターン』ベスト・ガールに小川紗良さん。
---------------------------
TwitterRT @grfft_ogawasara(小川紗良さん)
わー!恐れ多い。ありがとうございます、博士!
---------------------------
TwitterRT @shojihiroshi711(映画『ケンとカズ』小路紘史監督)
ほんっとうに光栄です!

---------------------------

朝から3日ぶり、『藝人春秋2』上下巻推敲。
旅日記やらネタやら。

3時間で集中力切れる。

しばし、末っ子と戯れ合う。
とにかく外出、運動すべし!

午後、中野へ散歩。
いつものウォーキングコースで、
博多華丸、ケンドーコバヤシに出会う。



どうやら、食フェス『グルメ芸人祭 俺のとっておき大集合!!』というイベント。

レイザーラモンRG(本物)の、
「あるある言いたい」も聴けて得した気分。
フェスでの不特定多数に向けて、
お笑いネタの受け方も実に参考になる。



その後は、ジムのプールで、
水中ウォーキング、100分。

4・28大阪・アワーズルームで行われた、
角田弁護士と竹内義和先生の『妄言自由人』、
イベント音源を水中ウォークマンで聴きながら。

笑いがこらえきれず、ひとり爆笑。
完全にプールに出没する、変なオジサンに思われる。
丸井下のピーコックで家族にお土産。
早めに就寝。


【気になった記事】
---------------------------
TwitterRT @kyodo_official(共同通信公式)
マラソンで2時間突破逃す − 世界記録には認定されず
https://this.kiji.is/233520986618642437?c=39550187727945729

---------------------------

《 フランス大統領選決選投票 親欧州連合のマクロン氏が優勢 》
《 カーブミラー破壊男を逮捕 立川市近隣で同様被害80件 》
《 球団史上初!阪神 9点差ひっくり返し4連勝で単独首位 》



5月7日  日曜日

5時半起床。

「いつか」なんて絶対ない。 
 いつかあるものなら 今、絶対あるんだ。
 今ないものは 将来にも絶対にない」TARO



日刊スポーツに、
「東貴博『サークル気分で来て』主宰の笑塾5期生募集」の記事が。



なるほど!
東MAXが主宰のお笑い養成所『笑塾』って無料なのか!!

---------------------------
TwitterRT @Mansatsuotoko(東貴博くん)
そうなんです(^^)


↑これは良いことですね!演芸への道、放送作家の道にも。
---------------------------


モルモット吉田『映画評論・入門!』(洋泉社)。



モルモット吉田さん恐るべし。

密かに自分だけだろうと個人的にコツコツと掘っていったものが、
既にキッチリと掘り当てられていた!
しかも面白い!!



---------------------------
TwitterRT @molmot (モルモット吉田さん)
5/9発売『映画評論・入門!』、淀川長治さんの部分は佐野さんを、北野武監督の映画論争パートは水道橋博士さんが読んだら何と言うかなと頭に思い浮かべていたので、反応いただいて嬉しいです。


↑ずっと気になっていることでした!
---------------------------


今日、殿と石坂浩二さんの番組!!



週刊ポスト、現代も『やすらぎの郷』特集。

『藝人春秋』連載原稿に刺激される。




ボクが鑑定団に出演した時の懐かしのツー・ショット。




11時半、渋谷・NHK入り。

NHK『どうなった!?あのジケン』収録。(5/13放送予定)

MC:水道橋博士、キャスター:千葉美乃梨アナ。
ゲスト:菊川怜さん、羽田圭介さん、
アンガールズ田中くん、神田順教授、ご一緒。

NHKで初めての単独司会。
個人的に実に興味深い内容。



NHKで12年前のあの事件にタイムスリップ。



「耐震強度偽装事件」を振り返る。

菊川怜さんが東大工学部建築学科で卒論テーマが
「遺伝的アルゴリズムを適用したコンクリートの要求性能型の調合設計に関する研究」なのは有名だが、

アンガールズ田中君が広島大学の建築コースで構造を学んだことは意外。
本人が建物として、構造がグラグラだもの。

菊川怜さんは神田順先生の教え子。
大学以来の楽屋の再会シーンも廻しておけば良かったと思うほど。



流石のNHK。
セットの奥行きも見事だったなー!



千葉アナにおまかせで、
まとめの台詞を用意していなかった。
少し反省。

楽屋で、スタイリストのメグちゃんに、京都土産
「MOLESKINEのスターウォーズコラボノートのストームトルーパー」
をプレゼントしたら・・・
なんとメグちゃんの今日の靴が偶然!

それだけでアガるね!



帰途、末っ子アキラを中野でピックアップ、
18時半、帰宅。

AbemaTV1周年記念企画「亀田興毅に勝ったら1000万」をチェック。

事前VTRでさんざん煽り、
いざ試合がはじまったところで、
サーバがダウンするというズンドコっぷり。

がっかりしていたら、すぐにYouTubeに切り替えて放送されていた。
侮れない展開。

対戦相手の一人、ユーチューバーのジョー、
オレは初めてその存在を知ったが、
中2長男は、すでに認識済みであった。

結局、AbemaTV最後まで見てしまう。
(その後の調べでは視聴数1420万突破。AbemaTV史上最高を記録したようだ)

でも明日もabemaすら負けない。


【気になった記事&ツイート】
---------------------------
【立川談志】仰天!立川流とんでも事件簿【弟子】
https://www.youtube.com/watch?v=wlO8Q8w-Mns&feature=share
---------------------------
TwitterRT @realsound_m
映画プロデューサー・奥山和由が語る深作欣二、北野武、そして日本映画の現在
http://realsound.jp/movie/2017/05/post-4981.html

---------------------------

《 仏大統領にマクロン氏 最年少39歳、極右ルペン氏大差で破る 》
《 ゲスの極み乙女。川谷、ワイドナショー出演 不倫騒動の心境告白 》 
《 映画監督の坂野義光氏死去、86歳 「ゴジラ対ヘドラ」 》
《 興毅氏ボクシング企画 視聴者殺到でAbema TVアクセス障害 》



5月8日  月曜日

6時起床。

「勉強するから、何をしたいか分かる。
 勉強しないから、何をしたいか分からない」(ビートたけし)



『藝人春秋2』上下巻の推敲、ラストスパート、
文春の連載『週刊藝人春秋Diaryストック書きも出発ギリギリまで。


11時、羽田空港着。

ANA便で高知竜馬空港へ。

ロケバス移動。
桂浜を抜けて、徐々に凄い景観になっていく。




ロケバスの中で、
10日発行『水道橋博士のメルマ旬報』(Vol.119)の連載原稿をチェック。

【原稿確認】
てれびのスキマさんの連載「芸人ミステリーズ」は「極楽とんぼ」編、前編。今、ようやくコンビ活動が再開されたふたりの結成時からの歴史を追う。ボクの周囲にもファンが多いし男受けする「物語」が多いふたりだが、ボクが知らない秘話も多々あった。



【原稿確認】
女優・小川紗良さんの連載「凛とした女の子になりたくて」は2回目、「先生」と題した小文。人生でこの時期にしか書けない随想。添えられたイラストも実にカワイらしい!!



【原稿確認】
コラアゲンはいごうまんの連載「僕の細道」は、全て実話の穴掘り大会出場のはなし。単行本、もっと読まれて欲しい。



【原稿確認】
吉川圭三の連載「メディア都市伝説」は、吉川さんが企画・プロデュースの日テレ・日曜20時放送の「特命リサーチ200X」(1996年〜2002年)が「謎の円盤UFO」に触発された番組であることの告白。もろもろと驚きと納得。



【原稿確認】
谷川貞治さんの連載「巌流島からの手紙」は、「何故、無差別級なのか?」。5・6巌流島開催前のプロデューサーのマッチメークの意図と決意を語っている。



【原稿確認】
サンボマスター山口隆くんの連載「ある日何処かで〜僕の創作ノート〜」は、新譜『YES』を携えてのお話。嗚呼、早く聞きたい!!




ロケバスで高知県須崎市へ。

到着した場所は、「スカイベイゴルフクラブ」というゴルフ場だった。


TBS『別冊アサ(秘)ジャーナル』ロケ収録。
「金のたまごナビ〜明徳義塾中学・高等学校」

このゴルフ場、あまりにも絶景なのに、しばし見惚れてしまった。



オープニング撮影。
全員、ゴルフウェアに着替える。



明徳義塾中学・高等学校といえば、
スポーツ全般、大相撲ファンの世界では超有名!!

相撲の琴奨菊、栃煌山に元横綱・朝青龍、
ゴルフの松山英樹選手も明徳出身なのだ。
案内人の中屋さん、ゴルフカートに乗って登場。

【明徳義塾中学・高等学校】

・1973年に開校、中高一貫教育を行う私立の学校。
・「寮制度」での教育が念頭に置かれ、全体の9割の生徒が寮生活を送り、
 残り1割が県内からの通学生。
・ゴルフ、相撲、女子卓球、野球など多くの部活動で、
全国トップクラスの成績を収め、卒業生もトッププロとして活躍。 
中屋慎二さんは、高知県出身。
高知の地方局で報道記者・カメラマンとして勤務のち、
明徳義塾中学・高等学校で入試広報部に所属、広報活動を担当とのこと。

【スカイベイゴルフクラブ】

・松山英樹や、横峯さくらなど数々のプロゴルファーが育った場所。
 雄大で美しい海と青い空、
 横浪半島の景観を楽しみプレーできる人気のゴルフ場。
・明徳義塾OBのオーナーの計らいでゴルフ部練習場所に。
 松山英樹も日本に帰国した際は、度々練習に訪れる。

ちなみに松山選手は、いま世界ランキング4位で、
去年の獲得賞金は国内外合わせて9億円を超え!!

スカイベイゴルフクラブ1番ホールで、河平部長に挨拶。

【部活訪問(1) ゴルフ部】

・1983年に創部、全員が全国制覇を目標に掲げ、
 昨年、中学団体で日本一を達成。これまで50名近いプロゴルファーを輩出。
 河平英克部長は、 明徳義塾中学・高等学校 卒業(平成13年)。
 名古屋商科大学卒業後、プロテストに合格され、
 平成25年より母校のコーチに就任し、後輩の指導にあたっている。
 明徳ゴルフ部の強さの秘密は『環境』。
 太平洋から吹いてくる強い潮風、複雑な地形に作られた狭いコースの影響で、
 『難攻不落のシーサイド』と呼ばれるらしい。
 このゴルフ場で練習することが、生徒の実力を大きく伸ばす!
 ゴルフは、失敗に失敗を重ねて上達していくスポーツだからこそ、
 日本で一番OBが出ると言われる難易度の高いコースで、
 失敗を、繰り返して生徒のレベルが上がるのだそうだ。

校内にも、全天候型の打撃練習場や、
グリーン、人口グリーンなど完備している。

ここで、『松山2世』とも言われる生徒、
岡田晃平くん(高1)に話を聞く。



岡田くんは、高知県出身、中学から明徳義塾に進学。
昨年、日本ジュニアゴルフ選手権(12〜14歳の部)優勝。

彼は爽やかなルックス、ひと目で好感を持った。
さらに、岡田くんの後輩・中学3年生の福住くんと、
江口さんと1番ホール、パー4で対決することに。

ああやってグリーンを廻るのはテレビでは見るが、
ボク的には初めてだった。



予想通り、江口さんは敗退、罰ゲームのチューを。



江口さんのバッグ。
デザインとしてみてもカッコいい!


終了後、15分ほど移動して学校へ。

モミモミ大変身!ジャージに着替え。



ゴルフ場は、見事なオーシャンビューだったが、
学校の方は、四方を山に囲まれて、
横波半島というリアス式の入り組んだ地形が特徴的。

山の谷に学校が作られ、敷地は東京ドーム27個分なのだとか。
ちなみに、開校当初の1期生は入学するときに、
船に乗らないとたどり着かなかったらしい。


【明徳義塾中学・高等学校】

・校内には救急車を配備、バス、
 さらに学内にガソリンスタンド、ATMまで完備。
 明徳は、道徳の教育『徳育教育』で、
 1年365日、生徒だけでなく先生も一緒になって学ぶ学校。
 授業や部活だけでなく、朝から夜まで、
 家族と同じような形で生活を送るのが特色。
 大事な教育方針の一つが『師弟同行』。 
・明徳義塾は、先生が生徒と共に修行を積む学校。
 だから教員採用の条件の一つとして、
 学校の敷地内に住む事になっているそうだ。
 先生の中には、お子さんが明徳の敷地内で産まれて、
 公立の小学校に通って、中学高校は明徳に通ってという生徒さんも数多い。
 創設者でもある先代の校長の言葉
 「我々は【明徳村】の住民である」
 それぐらい、教員と生徒の関係性が濃い学校。
 
【明徳義塾の特徴(1) 寮生活】

・起床は6時30分、6時50分から朝礼・体操
 19時30分夕礼、22時30分消灯。
 自由時間は22時〜22時30分の30分間だけ。
・無断外出、携帯電話の使用、異性交遊の禁止。
・ほとんどの教員が学校の敷地内で生活している。

【明徳義塾の特徴(2) 国際交流】

・『世界平和を築くためには国際交流をすることが大切だ』
 と考えた学校の理念もあって、
 現在、世界13の国と地域から留学生を受け入れており、
 全生徒のおよそ4割が留学生!
 卒業した留学生の多くは大学に進学し、
 卒業後も日本で生活を続ける生徒もいれば、
 学んだ日本語を活かして貿易の仕事をしたり、
 日本と世界の架け橋となる活躍をしているそうだ。

【部活動訪問(2) 相撲部】

相撲道場前より、撮影再開。
相撲道場に山本監督にご挨拶。

・相撲部は、1976年創部。
 朝青龍、朝赤龍、琴奨菊、栃煌山、多くのOBが角界や大学相撲で活躍。
 山本泰裕監督は、明徳義塾高等学校 出身。
 卒業後、東京農業大学に進学、相撲部で活躍。
 平成24年から監督を務めている。



いま期待の選手、大塔昂貴くんを紹介していただく。
大塔昂貴くん(高3)は福岡県出身。
相撲部キャプテン、寮長も務める。

モンゴルからの留学生、中1の少年も。

相撲の稽古、股割りに挑戦。自然石を持ってスクワット。
本日のロケはここまで。

旅館に戻って近くの食堂へ。

焼肉から刺し身までなんでもあり。
しかも、超美味し。



ここはネットで調べてみても相当の名店。





土佐の味を堪能。
食べすぎてはならないのだが……。



久々に「あらいぐまセイちゃん」が、
江口さんのところの、ふにふにさんとの再会。



-------------------
TwitterRT @IHayato
あぁ、行きたくなってきた…。/ 高知で「焼肉」?ぼくはあえて、海鮮の名店「萩之茶屋」をおすすめしたい : まだ東京で消耗してるの?http://bit.ly/1MENn4Y

-------------------

高知泊。



旅の友は、引き続き、
デイヴィッド エヴァニアー著/大森 さわこ訳
『ウディ』(キネマ旬報社)




【気になった記事】
---------------------------
東京 表参道の「青山アンデルセン」7月末で営業終了に | NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170508/k10010973931000.html


↑百瀬博教さんとよく行ったものだ。
---------------------------

《 アメリカと北朝鮮の関係者が第三国で接触へ。北朝鮮が強く要望し実現 》
《 福岡県北九州市でアパートが全焼。5人が搬送、6人が遺体で見つかる 》
《 川崎F 旭日旗掲出の自粛を要請、ACL考慮し慎重な対応へ 》
《 ファンキー加藤 2月に第2子が誕生していた ブログで発表 》


5月9日  火曜日

朝5時半、高知旅館起床。

「意思を強くする方法なんてありはしない。
 そんな余計なことを考えるな。
 きみはほんとうは激しく生きたいんだよ。
 だから、“死”が目の前に迫ってくる。
 それはとても正常なことだ」 (岡本太郎)



TBS『別冊アサ秘ジャーナル』
「金のたまごナビ〜明徳義塾」ロケ二日目。

曇天。



朝礼は、寮生活を送る生徒が毎朝行う行事、明徳義塾の名物。
続々と生徒たちが集合してくる。
全ての生徒たちが集合する。

朝礼を見学、ラジオ体操などに参加。
我々も早朝から高知トレーニングだ!



6:50集合の朝礼、流れは以下の通り。

点呼 → 神殿へ礼 → 郷里へ→礼国旗・校旗・国連旗掲揚
国歌・校歌斉唱 → ラジオ体操 → 空手体操 → 行進 という順番。

ちなみに、行進で使われている曲は「それが大事」。
長年ずっとそうらしい。不可解なのだが、
一緒に行進に加わる。

しばし、休憩時間。
ずっと原稿仕事に追われる。

移動、中屋へ。





本校の他、竜キャンパスは2001年に開校、
現在は国際特別進学コースと国際英語コースの生徒たち、
日本語にも堪能な留学生たちが学んでいるそうだ。

ここで、留学生にインタビュー。
明徳では、『全員クラブ制度』という制度があり、
生徒は必ず何かしらの部活に所属しなければならない。

留学生も全員クラブに所属するが、キャプテンを任される生徒も多いそうだ。

合気道部のキャプテンは、ハチュン・ヒュミンくん(高3)、
彼は、ベトナム出身、高校から明徳義塾に留学。
3人姉弟で、姉2人は大学進学を機に日本に留学。
姉の影響を受けて、自身も日本へやってきた。

生徒と一緒に昼食を食べながらインタビュー。



江口隆史くん(高3)は、大阪府出身で、サッカー部キャプテン、寮長。
今朝の朝礼では当番も担当。
今年、昨年と全国高校サッカー選手権に出場し、
高校1年時から主力として活躍。
将来の目標はプロサッカー選手とのこと。楽しみだ。

トレストン・エリーさん(高1)は、高知県出身で数少ない通学生の一人。
オーストラリア人と日本人のハーフで、英語劇などを行う、国際部に所属。
お父さんの影響で、ラフティング(ボートで川を下る競技)に親しみ、
世界選手権出場を目指している。 

セルジブデーサンダガバザルくん(中2)は、
モンゴル・ウランバートル出身で、野球部に所属。
父は日本でも活躍したプロレスラー、ブルー・ウルフだ!  
もちろん、叔父は第68代横綱・朝青龍。
将来の夢は、プロ野球選手とのこと。


終了後、移動。

『師弟同行』ということで、
種智院寮で寮務を担当している、
岡山文男先生のお宅(寮務室)を訪問。



岡山文男先生(66歳)は、高知県中村市出身。
高校時代から剣道の達人として活躍。
若い頃は『鬼の岡山』と恐れられていたらしい。

今から39年前に、先代校長との縁あって明徳義塾へ。
以後、保健体育の教師を定年まで勤め上げ、現在は寮務として勤務されている。
剣道部顧問としても活躍し、全国の強豪校へと導いた名将。

寮の中の自宅、添い遂げた美人の奥様と一緒に昔話。

部屋の中は、盆栽と子供たちの写真だらけ。
40年にも及ぶ苦労話、教育論を聞いていたら、
完全に涙腺崩壊。
この癖には我ながら困ったものだ。

女子寮では、
タイ人・留学生のシャパウィ・ピャパウィ姉妹にインタビュー。

グシートン シャパウィさん(高3)は高校から明徳義塾に留学。
実家はタイで印刷会社を営む経営者で、学習部の部長を務める。
将来の夢は医者、志望校は東京医科歯科大学とのこと。     
グシートン ピャパウィさん(高2)も、高校から明徳義塾に留学。
日本好きで、留学前に5年間、日本語を学んでいた。
将来の夢はエンジニアだ。


卓球道場内へ。



【部活訪問(3) 女子卓球部】

中学女子団体で全国大会2連覇と勢いに乗る女子卓球部。
今の女子卓球ブームの礎を作った天才少女と呼ばれた、
佐藤監督とご挨拶。

・女子卓球部は1977年創部、中学女子団体の部で全国2連覇中。
 高校女子団体も昨年は全国準優勝の名門。   
 佐藤利香監督は、今年、平野美宇(16歳9ヶ月)選手に破られるまで、
 全日本選手権最年少優勝(17歳1ヶ月)記録を持っていた、伝説的存在!
 バルセロナ・アトランタ五輪日本代表、日本代表コーチの経験を持つ。  

極意の「多球練習」をみせてもらう。
練習メニューの中で一番ハードとのこと。

上澤茉央さん(中1)は、栃木県出身、
昨年、全日本小学生選手権ベスト4、身長141センチ。
双子の姉・依央も卓球部に所属。

ボクと対戦。

「なめたらあかんぜよ!」とイキるが、
当然のことながら5−1で敗れる。



最後に、和太鼓道場へ。

【部活訪問(4) 和太鼓部】

・和太鼓部は、2002年に創部、数学教師・松井正先生が監督。
 昨年、太鼓の南日本一を決める大会で優勝している。

すでに、生徒さん達が「和を司りし精霊」を演奏中。
太鼓の重い響き、乱れ踊るパフォーマンスも素晴らしい。
一発で魂を掴まれる。
何処に出しても恥ずかしくないだろう。



エンディングを撮影し、二日間かけたロケ終了。



食堂も宿も実に2時間ドラマ枠的で素晴らしかった。

この旅館には、多くのスターが訪れている。
四国のお遍路さんにも興味が沸いた。

訪れたスターの写真を見ながら、
日本版シャイニングみたいな話を想像した。



-------------------
TwitterRT @rocky_miracle
日本発!高知県にある土佐龍温泉・三陽荘にいる。一願成就の黄金大師像が鎮座する。三陽は宇宙の陽、自然の陽、弘法大師の陽を意味する。塩分を含む高濃度の天然温泉は遍路の旅人を癒す。長嶋茂雄、貴乃花、丹波哲郎・・多くの有名人も訪ねる。

---------------------------

本日も、高知の山奥でロケにいそしみながら、
『水道橋博士のメルマ旬報』の定期号と共に増刊号の発射準備。
これも高知トレーニング。

旅先のコンビニで、なぜか必ず買ってしまう500円本。
『封印された国家プロジェクト』は当たりだった。



明日10日発行『水道橋博士のメルマ旬報』(Vol.119)の原稿、
編集長として先読み!

【原稿確認】
同期の芸人仲間で移植ライター・萩原正人の連載「死ぬ前に翔べ」、今回は日本で「補助人工心臓」をつけている人=脳死移植を待っている人の日常へのインタビュー。前編。



【原稿確認】
柴尾英令さんの連載「シネコン“最速批評”至上主義 〜現在上映中〜」は、公開された映画を映画館で見て批評。【カフェ・ソサエティ】【帝一の國】【無限の住人】【ワイルド・スピード ICE BREAK】【フリー・ファイヤー】の5本。カフェ見たいわ!



【原稿確認】
ボクの映画秘宝誌、オールタイム・ベスト10に選出し、ついにDVD発売となった『ケンとカズ』の小路紘史監督の連載『「メルマ旬報」De「キネマ旬報」』は、撮影時のショット説明という映画のメーキング、教科書的な連載。



高知龍馬空港へ。
そう言えば、行きのANA機内誌『翼の王国』が岡山特集だった。



地元・岡山の土佐に負けていない魚介を思い返す。
寄島の肴食べたいなり。




ロケ終了後、高知空港へ向かうバス、搭乗で、
なんとか、『オーディオギャラクシー』のネタを投稿。

---------------------------
TwitterRT @audio_galaxy(オーディオギャラクシー)
本日22時からのAG、メールテーマは「G.W、どう過ごした?」です!
旅行に行った、家でのんびり、ていうか仕事!
などこの連休を皆さんがどう過ごしたか教えてください!

---------------------------

【オレが送ったメール】

ワンバンコ!
今週もギリギリになったわー。
「もう無理して書かなくてイイよ!」と思っているでしょー。

「なめたらあかんぜよ!!!!!」

思わず「ぜよ!」って 使ったぜよ!
だって、今、高知の空港にいるぜよー。
ついつい、この土佐弁の「ぜよー」を使いたくなるぜー。

あ、まだ名前を言ってなかったぜー。
水道橋博士改め「立川バイセクシャル」改め、ワイルドスイちゃん・だぜぇー。
ワイルドだろぅ〜?

GWは家族旅行で奈良と京都へ行ったぜぇー。
芸能人なのに新幹線の自由席だぜぇー。 
満席で指定席すらとれなかったぜぇ。

ホーム並んだけど、乗車率160%だから、
膝に子供をだいたたま、3席で5人乗ったぜぇ。
でも、一応、指定席、グリーン席代を5人分払ったぜぇ。
ワイルドだろぅー?

GWの旅行期間中、
ずっと家族の前でスギちゃんのマネをやってやったぜぇー。
まったく受けなかったぜー。ワイルドだろぅ!?

このメールも5パターン、全く違うネタで作ったぜぇー。
でも送らなかったぜぇ。
ワイルドだろぅ。

あ、Red Bullスタジオで6月から対談ライブをやることにしたぜ。
告知したけど、中身はいわないぜぇー。

以上だぜぇ! バイバイ!
byバイセクシャル改め スイちゃんだぜぇーー。

もう2度とこのキャラやらないぜぇー。

---------------------------


帰途、JAL便、
『週刊朝日』の林真理子さんと吉田類さんの対談を読む。



類さんの故郷・高知を巡る話。
知らない逸話がたくさんあった。

21時半、帰宅。
早売りの『週刊文春』、『週刊新潮』を入手。





ボクの連載「週刊藝人春秋Diary」も2回目に。
NISHINO!



【気になった記事&ツイート】
---------------------------
マクロン夫妻はロマンスの象徴? http://blogos.com/outline/221865/

↑エマニュエル夫人!!
---------------------------
空き家1000万戸を外国人が占拠する日――2020年「日本の姿」(文春オンライン)
http://bunshun.jp/articles/-/2224
日本政府は、こうした状況をふまえ、今年3月、これまで2020年2000万人としていた訪日外国人数の政府目標を大幅に上方修正。訪日外国人数と消費額をそれぞれ、4000万人、8兆円とした。近年の政府目標でこれほどの大幅上方修正を行った例はほとんど聞かれない。
---------------------------
【5月9日】橋下氏「小林よしのり氏はバカ」 #BLOGOShttp://blogos.com/outline/222038/

---------------------------

《 韓国大統領に文在寅氏 南北、対日で政策転換 9年ぶり政権交代 》
《 生の魚介類の寄生虫「アニサキス」による中毒が10年で20倍に 》
《 浦和DF森脇が2試合の出場停止に 鹿島戦「臭い」と暴言、侮辱に相当 》
《 阪神が巨人・菅野を粉砕!6連勝でセ界最速20勝 》

 

5月10日  水曜日

3時半起床。

今日も終日、朝から長いロケだ。
二度寝して体力温存しよう。

再び、6時半起床。

今日発行する『水道橋博士のメルマ旬報』(119)の
原稿チェックから始めよう。

【原稿確認】
木村綾子さんの連載「彼方からの手紙〜匆々〜」は、引っ越しのはなしから、片思いの男性にフラれた過去のはなし。美人の片思いのはなしはそこはかとなく良いなぁ。そして彼は誰だったのだろう?と余韻が残る。



【原稿確認】
九龍ジョーの連載「九龍ジョーの見廻りノート」は今回も満載、仕事の幅も量も。そこには次から次へ注目作や注目すべき人たちがいるのだ。




【原稿確認】
園子温監督の連載「アイウエオ詩」は、【み】――「耳3つ未満」と題された詩作。



【原稿確認】
東大教授・松原隆一郎先生の連載「東大でも暮らし〜柔道部松原教授のサブ・テキスト〜」は、ファミリーヒストリー。幼年期の想い出と日本の鉄鋼産業史が重なり合っていき実に重厚なり。



【原稿確認】
小説家・樋口毅宏さんの連載「おっぱいがほしい・男の子育て日記」は、週刊新潮連載の転載。新潮の連載は終了したが……。今後はどうなるのだろうか?読んだことない人は是非!



【原稿確認】
川野将一さんの連載「ラジオブロス」は、Listen.74「渋谷のラジオ」。編集部の原カントくんも番組を持つ、このラジオ局のなりたちや福山雅治をはじめ超大物出演者のなりたちなど不明なところが多かったが、今日で全てがわかったのだった。



【原稿確認】
ノーナ・リーヴス西寺郷太くんの連載「郷太にしたがえ!」は、「最近思うこと」と題して「プリンス亡き後に僕が思っている、しかしあまり公言できない不満のようなものを書きたいと思う」と超多忙締め切りギリギリでも書いてくれる!!




朝8時半、渋谷NHK入り。

控室で、ヘアメイク&スタイリング。
宮野P、藤原Dと打ち合わせ。

5/26放送のNHK
『金曜イチからスペシャル 住んでナットク!いまドキ不動産』ロケ。

出演:優木まおみさん、ご一緒。



NHK局前で、手作りモバイルハウス軽自動車が乗り入れ、
現場の案内人・ DIY雑誌『ドゥーパ!』編集長・豊田さんとの出会いシーンから。

大型バスに乗り換えて現場へ移動。



この今ドキ不動産は、「バスの中に店舗がある!」という設定だ。



フリップで1973年発表の「現代住宅双六」紹介。

作者は建築学者、上田篤さん。
70年代の高度成長期、
当時のサラリーマンの住宅遍歴がコマになっている。
この当時は、郊外に庭付き一戸建てが夢なのだ。

オレと優木まおみ、それぞれの自宅のこだわり写真を見せる。

最初の現場へ到着、西池袋、「空き家を再生!DIY」
さきほどの豊田さんが案内、池袋の住宅街の細い路地の奥へ。

外観は「ボロボロ!」だが
中へ入ると雰囲気が一変。



若者5人と挨拶を交わす。

もともと築65年の空家。

共有スペース、DIY、床、壁 映画館の椅子など自由度が高い、
5人みんな建築系サラリーマン、
一級建築士を目指し、シェアハウスにして住んでいる。
建築家志望ならではのハイレベルなDIYを拝見。



自分たちで設計図を書いて手作り。
流しは、理科実験用のシンクをネットオークションで落札して使用。
寝袋で寝ながら2年かけてDIYでカスタム。
費用はおよそ100万。

現在全国空き家820万戸もあり、
DIYでリノベした賃貸物件が増加。
政府も後押ししている。

住民:家賃は14万円、5人で割ると一人2万8千円
一階の庭、ウッドデッキなど。

2階への磯さんの部屋へ。

階段の壁にかかった様々な工具、  
古い郵便受けを衣装棚に使用。 
壁は古い木材でカッコよくした古いものを活用。

実際の「マキタ」の工具、充電式ピンタッカでネイルを打つ。
俄然、マキタの工具が欲しくなった。



もう一つの階段で2階の二部屋も観覧。

藤原さんの部屋。特徴は、床を底上げ、床下は収納に。
立つ位置で景色が変わるように設計。
色使いも落ち着いてて、まるで茶室のよう。



さらに奥は、今泉さんの部屋。
完全に雑誌の世界。
押入れを抜いて開放感を作っている。

どの部屋も素晴らしい。

大変興味のある若者集団なので、
若者たちに名刺を渡して別れる。

再びバスに。

移動中、「世代間ルームシェア」のVTR見る。

これはNPOによる新しい試みで、
社会に出るため勉学の費用を必要とする学生を、
身寄りの亡くなった老人3人が支えるようなシステムを構築していこうという趣旨。

【世代間ルームシェアとは?】
(一人暮らし高齢者と若者の同居の場合)

・待ち合わせに現れた若者・三原さん 今までにない暮らしを紹介してくれる
・自宅拝見 年配男性の趣味がずらり〜浅見さん登場「お父さん?」
・実は血縁関係のない高齢者と若者の同居、世代間ルームシェア
・三原さんの夢(将来の日本を背負う人材であることを)
・お金がなくバイト生活で時間取られ、勉強出来なかった。
・浅見さんが5年前他界した妻と23年暮らした住まい
・食事は一緒に取るなどルールを決めて同居  家賃はゼロの条件他に?
・面談で一人暮らしの高齢者と若者をマッチング。
・世代間の価値観の違いも浮き彫りに〜話し合いながら同居続ける 

――これらの取り組みNPOが仲介するというもの。
今後、紆余曲折を経るだろうが、興味深い。

続いて、「住宅すごろく」2007年版を紹介。 
ゴールが6箇所に高齢化とともに多様化されたことを知る。

バスは渋谷、南平台、秀和レジデンス前へ。



今、注目の「築46年!“昭和”なマンション」

ここの部屋に住むのは谷島加奈子さん。

秀和レジデンスマニアで実際、リフォームして暮らしている。
本業は、ビンテージマンションなど中古マンション専門の不動産屋さん。
共働きは駅近が便利。

今は住環境もよくなり、保育園、小学校、病院なども近い。
マンションの外観見ながら、塗装、屋根瓦、ベランダ柵などレトロ感、
種類あるこだわりなどのお話。

そして、谷島さんが作ったという、
「秀和レジデンス」のホームページを紹介していただく。

秀和レジデンスが好きすぎて作ったサイトには、次々と連絡が。
同じようなファンがたくさんいたのだ。
いわゆる「昭和マンション萌え」だ。
他にも、オリンピックの年にできた「ヴィラシリーズ」もあるようだ。

日本初のショッピングモール一体型マンション「中野ブロードウェイ」を紹介。
ボクは昔から中野ブロードウェイには興味津々だ。

彼女が出掛けたリフォーム物件の写真も見せていただく。
俄然、一緒にやりたくなった。
時間がなく名刺をいただく。



再び、バス移動、三鷹に到着。

「三鷹天命反転住宅」へ。
正面の外観、カラフルすぎるので驚く。



この部屋を管理している松田剛佳さんと出会う。
訪問者用の部屋の中へ。



内装は極彩色、部屋の形も変、
床が斜めで歩いてみると常に足に負荷がかかる、
知らないうちに神経が研ぎすまされ、鍛えられる。

実は床は一方から一方へずっと傾いている。
高い方に立つと大きく見え、喧嘩をした時は高い方が有利とのこと。



はしごなど遊ぶ。
収納もない、全て天井から吊るす設計。

ハンモックの最高ぶりを体感。
胎児気分なのだろうか。
床が斜めになった部屋、コンセントも変な場所にある。



砂利がある部屋も。



部屋全体が滑り台で遊んでいる感じであり、
自然と体を動かしている。



トイレはシャワー室の奥。
しかもドアも間仕切りもない!



お家賃は18万円!

現代建築デザイナーの荒川修作さんが設計。
「死なないための家」がコンセプト。

実際に住んでいる2階の部屋へ訪問。



本業は建築家の辻真悟さん(43歳)。
2009年〜16年まで自宅で、現在は仕事場。
辻さん家の中、天井から吊るされたいろんな棚類 
荒川修作の大ファン、
インスピレーションを受け世界観広がる 
なんでもあり人生観までを変える住宅を、とのこと。

いつか、しばらく住んでみたいとおもわせた。


聖蹟桜ヶ丘へ。
コレクティブハウス、コンセプトは多縁社会。



案内していただく住民 矢田浩明さん(40代)、息子の一真くん親子。

入居6年目。
木造りの内廊下、2階の矢田さんの部屋へ。
家族で暮らすには狭くない? 食器も少ないとの疑問。



案内で、大きな部屋へ。  

そこには何組も家族が。
誰と誰が同じ家族なのかわからない!
小さな地域コミュニティになっている。



コレクティブハウスとは、
スウェーデン、デンマークで始まった北欧発の住まい。
多世代が暮らし、住民自らが運営。
このコモンルームは、個別の住居とは別にみんなが共有する部屋。

皆で配膳し、一緒に食事をいただく。



バスの中で、まとめ部分を録って、
朝から長ーい、終日ロケが終了。

しかし、建築もリフォームも自分に興味がある分野なので、
ロケの間、ずっと楽しかった。
今日、ずっと一緒だった優木まおみさんは、
出産を終えたばかりの2児の母。

専門的なはなしが続く番組だったが、
彼女と初めて会った12年前、
その日、これからの新人と紹介され、
サイエンスチャンネル『科学王』を2日で4本撮りした日を想い出す……。

「光触媒」「近接場光」など専門用語が飛び交う難解な現場。
ボクらも科学音痴で、お互いタレントとしては分を超えていた。

でも向学心があればできるようになるのだ。

今日も「住む」ということ「住まうスタイル」
「家族とは何か?」の哲学が刺激される番組だった。
「建築は氷結した音楽である」
ゲーテの言葉を実感させられた。


今日は、お昼過ぎに、
『水道橋博士のメルマ旬報』の増刊号、
書評家・杉江松恋さんの『芸人本書く派列伝』REMIX
「談志の弟子特集号」を発射した。



クタクタで、ほっと一息のつもりだったが、
しかし、このあとすぐ最新号を発射しなければならない……。


『水道橋博士のメルマ旬報』の連載は、
九龍ジョー『九龍ジョーの見廻りノート』、
西寺郷太の『郷太にしたがえ!』などチェック。


23時、『水道橋博士のメルマ旬報』最新号(No.119)が、無事発射。

今日は臨時増刊号「談志の弟子特集号」と同日発射でした。
関係者の皆様ご苦労様でした。



日曜日の『人間交差点』の漫才ネタも、
さらに脳の片隅で描いている。

速やかに眠る。
とにかく仕事をし過ぎなのかも。


ボクからすれば、日記も氷結した音楽だ。


【気になった記事&ツイート】
---------------------------
ビートたけし、NHK“紅白乱入”を宣言「また志村けんとコントやるから」(サンスポ)
http://www.sanspo.com/geino/news/20170510/geo17051016500029-n1.html
---------------------------
小泉今日子、全シングル作品から選んだ自身の一曲は…(スポーツ報知)
http://dlvr.it/P6454Y
---------------------------
TwitterRT @C4Dbeginner
映画『3月のライオン 後編』見ました。「3月はライオンのように訪れ、羊のように去る」という諺から取られた原作のタイトルは「青春はまだ春ではなく、春の前の冬だ」という意味だと思っていて、その冬の孤独の中で必死にもがく少年少女を描いた映画。たぶんこんな青春映画は今後そう見られない。https://pic.twitter.com/4Elh6KC33O
---------------------------
TwitterRT @manaview(碇本学くん)
『週刊文春』の水道橋博士さん連載『週刊藝人春秋diary』二回目、前回に続いてキングコングの西野亮廣さん。西野さんの絵の緻密な点描画、夜空に浮かんでる無数の星たち、点と点が繋がり線になれば星座と物語が動きだす。動いていれば現在はすべて過去の伏線の回収になる。
---------------------------
TwitterRT @papipupeo
週刊藝人春秋 水道橋博士
キングゴング西野さん話の連載2回目!ここに突然出てくる プロインタビュアー吉田豪の新書『続 聞き出す力』。娘さんの願いだったからおとーちゃんは、この行動がとれたのかも?? めちゃめちゃ面白い
---------------------------
TwitterRT @grifter23週刊藝人春秋の第2回を読む、キングコング西野氏のサインを娘さんの為に貰おうとしたら 紙が無くて たまたま 豪さんの「続 聞き出す力」にサインを貰うという 昔から キングコング西野氏と豪さんの因縁を知ってる人にとっては驚きの展開
---------------------------
TwitterRT @kisihun
水道橋博士『週刊藝人春秋』
「長女はまんまとキングコングの"手のひら"にさらわれた」
博士さん、ス・テ・キ!!

---------------------------

《 米トランプ大統領、FBIのコミー長官を解任。クリントン氏不訴追が原因か 》
《 広島中央署8500万円盗難 月1で金庫点検、内部犯行の可能性 》
《 19年ラグビーW杯・組み合わせ 日本はアイルランド、スコットランドと同組 》
《 アラン・ドロンさん(81)引退へ。「もう、この年だ。キャリアの終わりだ」 》
《 首振りドラムパフォーマンス限界…YOSHIKI頚椎緊急手術へ 》
《 視聴率低迷のフジテレビ 亀山社長が退任 後任にはBSフジ社長の宮内氏 》
《 大仁田厚7度目の引退発表「後楽園ホールで引退したいと思った」 》

2011年 12年
          前回 次回

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る