『藝人春秋』特設サイト



10月16日  月曜日

7時半、山梨ホテル起床。

雨模様、朝から寒し。

入念にストレッチしてからメーク。


山梨ロケでワインに酔いつつも、ロケバスから、
第7稿まで粘って『藝人春秋Diary』次週分を入稿。

綱渡りになるのでもっとストック作っておくべきだなー。


TBS『別冊アサ秘ジャーナル』
〜金のたまごナビ・山梨大学編〜ロケ収録。

今回は"ワインの研究者"、その金のたまごを育てる学校へ。
案内人、山梨大学の柳田藤寿、登場。

オープニングで訪れたのは、
『勝沼醸造』といって、日本を代表するワイナリーで、
海外のワインコンクールでも数々受賞している場所。

【山梨大学】

・1795年 江戸幕府直轄の学問所「甲府学問所徽典館」として設立。
武士が学ぶ学校の最高峰であり、のちの筑波大学、
お茶の水女子大学の基礎となった『昌平坂学問所』の唯一の分校だった。

・1949年 国立山梨大学として発足し、現在は約5000人が学んでいる。

【山梨大学のワイン研究について】

・山梨大学のワイン研究が始まったのは、大学の設立前の1947年!

・当時は山梨工業専門学校の『附属発酵研究所』として設置され、
2000年に現在の名称『ワイン科学研究センター』に改定した。

ご案内していただく柳田藤寿先生は、
Mr.ソムリエ的、鳩山由紀夫を小ぶりにしたような風貌。
父親の実家が焼酎を作っていたことと
東京農業大学の教授を務めていたお父さまの影響から、
東京農大で微生物を研究されたそうだ。


 
【ワイン研究が大チャンスである理由】

・現在、1人当たりのアルコール飲料の消費量が減少するなかで、
唯一伸びているのがワイン!(過去最高の消費量を記録!)
その背景には、2012年頃からのワインブームがある。
*スペインバルの流行
*ビオワインなどの自然派ワインの人気
*外国産の安価なワインが輸入されるようになった。

・何よりも大きい要因は「日本のワインの品質向上」勝沼醸造のように、
国際的なコンクールで他国のワインを抑え受賞する
日本のワイナリーが増えており、海外からも注目を浴びている!

移動、ブドウ畑へ。

 
奈良時代から、ここ勝沼から日本のブドウ作りが始まり、
勝沼だけでワイナリーが約30社、
山梨全体では80社ものワイナリーがある、
まさにワイン王国。

勝沼醸造の社長、有賀さん登場。

この畑で育てているのは、『甲州』という品種。
ブドウはシルクロードを通って仏教伝来と一緒に持ち込まれた、と言われている。
勝沼には大善寺というお寺があるが、通称"ブドウ寺"と呼ばれ、
ブドウを手に持った如来像がある。

ブドウ伝来にまつわる逸話は、
718年、仏僧・行基が勝沼を訪れたとき、
夢で手に葡萄を持った薬師如来を見た。
感激した行基はそのお姿を木に彫りつつ、
ブドウの栽培方法をこの界隈に広めた〜という逸話が残っている。

『甲州』と食用ブドウを食べ比べ。
ワイン用ブドウと食用ブドウの違いは、ワイン用ブドウは糖度が高い!
(糖度が高いブドウだと、いいワインができる)
ワイン用は酸味があるため甘く感じないが、実は糖度は食用より高い。
(この酸味が大切でワイン作りのポイントとなる)
さらに、皮が厚く、実が小さくて皮と離れにくい、のが特徴

ちなみに、ブドウの生育条件は…
ぶどうは世界で一番多量に栽培されている果物で、
栽培されている地域は、北緯30〜50度、
南緯20度〜40度の『ワインベルト』と呼ばれる地域。
(年間平均気温が10?20度、降水量が年間500〜800mm)

特に、理想的な環境は…昼と夜の寒暖差が大きいこと。
そして、水はけがよく、雨も適度に少なく、日照時間が長いこと。

*寒暖差が大きい=寒さで凍らないように糖度を上げる
*水はけ・少雨=根を広く深くはり、様々な地層の養分を吸収(ブドウの味が複雑に)
*日照時間=色づきや完熟度合いが増す

勝沼はブドウ作りに関しては、日本で一番適しており、 
山から吹き降ろす"笹子おろし"という風のおかげで昼夜の寒暖差が大きく、
日照時間が日本一。
さらに火山灰の土壌で、土地全体が斜めになっており、水はけがいい。

ただ問題は、日本特有の雨の多さ。
雨や湿度によって、カビや病気、光合成ができず栄養不足、
果実が水っぽくなってしまう…などの影響があるのだという。

2種類の栽培法――。

・「棚式」…日本独自の栽培法。
ツルを横に広げて栽培し、果実の隙間を広くする。
多湿で台風が多い日本の環境に適応。病気を防ぐ。(→甲州)

・「垣根式」…海外で主流の方法。ツルを縦に伸ばして栽培。
作業効率重視。棚栽培より直接果実に日光が当たるので実の糖分が増える。
(→シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨンなど ) 

よく、ロマネコンティが高いと言うが、
それはロマネコンティで使っているブドウそのものに大きな違いはない。
産地やワイナリーの評価が大きい。
同じワイナリーでも、場所の違いで、
ワインが10倍以上の値段になったりすることもあるそうだ。

2015年の平均値段は、
・世界一高いワイン『ロマネ・コンティ』…13000ドル
・道1本離れた畑の『ロマネ・サン・ヴィヴィアン』…1360ドル

『甲州』は樹齢約20年。ブドウは実がなるまで3年ほどかかり、
若い樹齢は味わいが軽めのブドウ、
樹齢を重ねるたびに深く複雑な味わいのブドウとなる。

ブドウの木の寿命は120年くらい。
樹齢を重ねるごとに収穫できるブドウが少なくなるため
味が凝縮すると言われている。
(イタリアには、樹齢350年の木もあり、その実でワインも作られている)

1本の木でおよそ500房、収穫できる。
1房200gとすると、100kg程度収穫する。
だいたい1kgのブドウからワイン1本(750ml)がとれると考えると
100本=75リットルくらい作れることになる。

世界一高い『ロマネ・コンティ』は年間6000本程度しか作られないワイン。
一本100万円以上!
畑の広さは1.8ha、1haあたり2500リットルしか収穫しない。
1本の木には1?2房しかならない計算になる。

世界のほとんどのブドウの木は根っこと上の部分が違う品種。
『ロマネ・コンティ』の木も全部枯れてしまって、
接ぎ木をする前の最後のブドウで作られたワインには、
1億2千万(※1945年 3リットルボトル)の値段がつけられた!

再度、勝沼醸造へ。

最新の試飲機で、飲み比べ。
個人的には初めて、白ワインでしっくりくるものがあった。
カミさんへのお土産として、そのまま白ワイン
『アルガブランカ '16 クラレーザ』を購入。

 
続いて、アサヒビールから買い取った工場へ。

 
有賀さんのマイ・ウェイ的案内で。
外に並べられた、機械の説明。

収穫したブドウは、
まずこちらの機械で果実とその他の部分を切り離し、
この時も、痛んでいないか熟していないかをチェック。
続いて機械でブドウが潰されて、
赤ワイン、白ワインとそれぞれのタンクに入る。

 
赤ワインと白ワインの工程の違いは、
除梗後、ブドウの果肉を潰す破砕が行われるが、
赤ワインが果肉、皮、種などをそのままタンクに入れられるのに対し、
白ワインは皮、種子を取り除き、果汁だけをタンクに移すのだという。

確かに赤ワインは赤いブドウを使って作られることが多いが、
赤いブドウの皮や種を使わなければ、白ワイン。
『甲州』も赤い皮だが、白ワイン。

タンクの中では、だいたい2週間ほどかけて「発酵」が行われ、
つまりアルコールが作られる。
ウイスキーやビールには、酵母を混ぜるが、
ワインは、ブドウの皮にいる酵母菌によって糖分がアルコールに変わる。

以前は樽を使って発酵してたが、現在はステンレスタンクを使用。
温度管理がとても簡単になり、ワインの品質が上がったらしい。

赤江くん(玉袋)が発酵途中のタンクを覗かせて頂く。

 
発酵が落ち着いたら、
樽やステンレスタンクに移して『貯蔵』『熟成』という工程へ。

樽がポコポコしている。
(発酵栓は、中に水を入れて空気の流入を防いでいる)

 
Q:何故、『熟成』させるのか?
アルコールができたら、すぐに飲めるのでは?
A:簡単にいうと、味を整えるために熟成させる必要がある。
アルコール発酵後すぐのワインは酸味や甘味、
タンニンのバランスが整っていない。

Q:樽に入れるのと、ステンレスタンクに入れるのと、どちらが良いか?
A:優劣つけ難いが、高級なワインは樽で熟成させることが多い。

 
樽熟成とステンレスタンクの熟成の違い――。

・樽熟成…木のタンニンや香りがワインにうつり、
味わいに厚みや複雑性が生まれる。
ブドウの香り以外に「バニラ」「ナッツ」「クリーム」などの香りが感じられるワイン。

・タンク熟成…密閉性が高いため、ブドウ本来の味がしっかり引き出せる。 
特に白ワインに用いられることが多い。

熟成前、熟成後のワインの試飲。
濃縮還元した果汁試飲。

 
最後にワイン選びの際のポイント――。

・2018年10月から"日本ワイン"と"国産ワイン"と明確に分けられる
「日本ワイン」…国産ブドウ100%を使用して国内製造されたワイン
「国産ワイン」…海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用して
国内で製造されたワイン

移動、ワイン資料館へ。
元々は日本で初めてのワイン醸造所があった場所。

 
【ワインの歴史】

Q:いつ頃から作られた?
A:新石器時代(約8000年前)には、グルジアに醸造所があった。

Q:当時のワインはどんな味?
A:醸造技術が未熟で果汁が濃縮したとても甘いもの!水割りで飲んでいた。

Q.ワインが世界に広がったのは?
A:文字文献として残っている最古の物は古代メソポタミアで、
『ギルガメッシュ叙事詩』に、ワインが登場する 
メソポタミアから伝わったワインは古代エジプトで、
足で踏んだブドウを袋に入れてろ過する工程が加えられ、
現在の澄んだワインの原形に近くなる(※壁画がある)
キリストが『水をワイン』に変えた奇跡や、
『パンはわが肉、ワインはわが血』という言葉が広められ、
キリスト教の広がりと共に、ヨーロッパでワインが広まる

Q:日本には?
A:大航海時代(1500?1600年頃)、鉄砲伝来とともに日本へ。
織田信長が活躍し始める室町時代の終わり頃に日本に初めてやってきた。
同じ時期に世界中へ広がった。

Q:当時のワインはどんなもの?
A:ポートワインのような、ワインにアルコールを混ぜた度数の高い甘いワイン
当時はまだガラス瓶が普及していなかったため、樽で海外に運ばれた。
さらに殺菌技術もなかったため、度数の高いワインだった。

【日本のワイン産業】

・明治政府の内務卿を務めた大久保利通は、
フランス視察で夕食時にワインを楽しむ「先進国の豊かな文化」を体験。
帰国後すぐの明治6年、国家の近代化のためにワイン作りを提唱した。

・明治10年、当時の山梨県知事が主導し、
現在で数億円の資金をかけ民間ワイン会社『大日本山梨葡萄酒会社』を設立。
さらに、研修生2名をフランスに派遣して、本格的なワイン作りを学ばせた。

当時作られた、日本最古のワインボトルの前へ。

Q:当時、ワインは売れた?
A:ほとんど広まらず、すぐに倒産してしまった。

Q:どうして売れなかった?
A:日本の食文化には、赤ワイン特有の渋味が合わなかった。

Q:では、ワイン文化は根付かなかった?
A:唯一、1907年に発売された「赤玉ポートワイン」は爆発的に売れた。
「日本人の味覚に合った葡萄酒をつくる」ため現在のサントリーが発売。
米1升が10銭するなか1本40銭という高級品だった。 

Q:ワインが売れない時代をどう乗り切った?
A:当時、山梨で同じく盛んだった養蚕(製糸業)を営んだり、
清涼飲料水を販売して乗り切った会社も。
当時は掛け持ちで商売する会社も多かった。

そして、『ワインが戦争の兵器として使われる』時代へ……。

【ワインの軍事的利用】

・戦時中、軍需産業以外の会社は廃業に追い込まれたが、
唯一製造が奨励されたアルコールがワインだった。
…米は貴重で、日本酒が作れない。

・ワインの製造過程でできる酒石酸が、潜水艦のソナーに使われた!
ワイン工場は「酒石酸採取工場」と名を変え、軍需工場に!
さらに、山梨では数多くのワイン工場が作られた。

 
当時の軍か酒石酸の作り方を書いた手紙を拝見。

Q:ワインの生産量はどれくらい増えたのか?
A:昭和14年→6000キロリットル
昭和18,19年→31000キロリットル

Q:酒石酸ってそもそも何?
A:ワインの中や、ビンにカスとして沈殿したり、酒樽の壁に
結晶化するものが酒石。
酒石に含まれる酒石酸にカリウム・ナトリウムを化合させると、
「ロッシェル塩」に。これが、ソナーに使われた。

Q:ロッシェル塩の特徴は?
A:音波振動を電気信号に変える特徴があった。

Q:作られたワインは飲まれた?
A:もったいないので、配給酒に。
ただし、酒石酸なしのワインはすぐに酸敗してまるで「酢」のような味。
「ラビットワイン」と呼ばれた。

酒石酸とソナーの関係は興味深かったが、
深く理解できなかったなぁ〜。

戦後は、食生活が欧米の影響を受けるようになり、
(万博、ポリフェノールなどの)ワインもだんだんと受け入れられていったようだ。
(毎年11月に行われるボジョレー・ヌーボーはもう恒例のイベント!)


終了後、『蓬莱軒』で昼食。

お店は大繁盛。
冷え切った身体に、支那そば、パンチ力あったなー!

 
移動。

「山梨大学ワイン科学研究センター」へ。

 
目の前には小さいながらブドウ畑があり、コルクの木も植えてある。
"美味しいワイン"を作るための研究をしていて、大きく分けて3つの分野がある。

・酵母の働き方、海や湖の酵母を使ったワイン開発(発酵微生物工学)
・ワインの香りや色素ついての研究(機能成分学)
・ブドウの品種改良、新しい栽培方法(果実遺伝子工学)

地下のワインセラーへ。
元々防空壕。ワインの保存には、ぴったり。

 
ここは全部、山梨大学が作ったワインで、
1951年から現在まで65年分のワインが残っている。
研究目的で販売は出来ない。

味は別に美味しくないそうで、
寝かせると瓶の中でワインが熟成し、味や香りに変化が生まれ特に、
赤ワインは寝かせるとタンニンの渋さがまろやかになるが、
本来は2〜5年のうちに飲んでしまうのが良く、
超高級ワインでも3〜8年くらいが最適のようだ。

ボトルの形の違いは熟成方法の違いを教えていただく。

ブルゴーニュ型=肩がない→おりが少ないワイン
ボルドー型=肩がある→おりが多いワイン
シャンパン型=炭酸の圧力に耐えられるようにガラスが厚い

研究室へ移動。

実験中の学生さんにインタビュー。
ここは、酵母や乳酸菌を使って、ワインを美味しくしよう、という研究。
ワインには『マロラクティック発酵』という。
乳酸菌を利用した技術が使われているそうだ。

マロラクティック発酵は、
ワインに乳酸菌を加えることで、
ワイン中のリンゴ酸をまろやかにする発酵。
味わいが複雑になる、
より安定して熟成することができるなどのメリットから、
ほとんどの赤ワインに取り入れられている技術。

 
【特別授業 明日からできるワイン通講座】

・ワインマナー編 
注ぎ方のポイントは高めの位置から
ジョボジョボと空気に触れさせながら注ぐこと 
ワインを眺めながら唸って、匂いを嗅いで"お、開いてきた"って呟く!
これで十分ワイン通に見える。(困った時は値段で決める!)

ワインと意外な組合せ〜和食編。
冷奴、うなぎ、レバ煮などなど。

アイスにかけて飲むあまーーーい、
アイスワインの美味さには唸った!!


またまた移動。
「クリスタル研究センター」へ。

センター長の田中さんに案内していただく。

・山梨大学では戦前から結晶育成研究を行っていたが、
天然の鉱物の人工合成を目的に1962年に設立され、
現在は主に粉末から半導体や蛍光体、超伝導体など、
新たな材料を作る研究が行われている。

・昔から水晶の産地として知られ、
現在も宝石の全国シェアの3割(約259億円)を占めている、
山梨県ならではの施設。

・日本初の人口水晶 
1953年から高温高圧容器(オートクレーブ)を用いて、
人工水晶の合成に着手して1958年には工業化に成功した。
最近では、LEDはもちろん蛍光灯などにも使われている、
『蛍光体』という物質を詳しく研究している。

実際に人口結晶を作っている様子を見学。
「融解凝固法」は、粉を調合して、大もとの素材を作る 
素材を装置で溶かし、さらに凝固させる。

「溶解析出法」について説明していただく。
学生一緒にオートクレーブを取り出し、中を確認。

「親に迷惑をかけないで、のんびりと好きな研究に没頭したい」
という理系学生のひたむきさに、ぐっとくる。

 
エンディングを収録して一日ロケ終了!!

---------------------------
TwitterRT @tomomin24eguchi(江口ともみさん)
アメブロを更新しました。『懐かしい写真』
http://ameblo.jp/momirobi/entry-12320157487.html
---------------------------
TwitterRT @tomomin24eguchi(江口ともみさん)
月に1度のお楽しみ
TBSの別冊アサ秘ジャーナルロケで水道橋博士のせいちゃんずと合流
今日は朝からワイン飲みました
#fumofumosan #フモフモさん
#すずみ#もみちゃん…
https://www.instagram.com/p/BaTe7HIAkZd/

---------------------------


21時半、帰宅。

山梨の帰途、radikoのタイムフリーで
『ラジオビバリー昼ズ』再生。

「アウトレイジ 最終章」の公開と、
「アナログ」発売を受けて。

ビートたけし ×高田文夫のフリートーク。

久々のコンビの超高速のやりとりにウットリ。
これが30年前に誰もが憧れた名バッテリーだ。
我々は遠く及ばないことにも気分良いジェラシー……。

---------------------------
TwitterRT @iijjiji
北野武 ゲスト!【只今生放送中】10/16(月)11:30 ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』生放送ドタキャンなど、方々でアウトレイジっぷりを見せていますご本人の関心は、映画より恋愛小説「アナログ」のほう!?https://goo.gl/kiM2v
---------------------------
TwitterRT @right_pachi
タイタンシネマライブを見に行った高田文夫先生から「広島の横山」という言葉が出た。爆笑問題 太田さんと高田先生は直筆の手紙で文通してるらしい。 #hills1242

---------------------------


終日、ロケから帰宅。

SPIDERで、
フジテレビ『ノンストップ!』で取り上げられた、殿の落語、
フジテレビ『RIZIN』福岡大会、タイムシフト視聴。

「那須川天心×藤田大和」戦は、世評に違わぬ名試合。

---------------------------
TwitterRT @TeppenTenshin(那須川天心選手)
皆さん応援ありがとうございました!判定でしたが勝つことができました。試合してて凄い楽しかった!藤田選手、本当にありがとうございました!これからも頑張ります 次の試合は11月23日のRISE!やってやります!!#RIZIN2017 #チームで勝つ
https://pic.twitter.com/LxXy19hMnr
---------------------------
TwitterRT @GONG_KAKUTOGI(ゴング格闘技)
【RIZIN】那須川天心「練習とは違うMMAの本番で15分戦えたことはいい経験になった」=10.15 RIZINマリンメッセ福岡大会で藤田大和に判定勝ち 
https://www.facebook.com/gong.kakutogi/posts/1494105957346966
---------------------------
TwitterRT @takada_nobuhiko(高田延彦さん)
私の見立て、MVPは藤田大和選手、ベストバウトは那須川天心VS藤田大和!魂が震えたよ、二人に感謝だ。
---------------------------
TwitterRT @horie_gantz(堀江ガンツ)
那須川天心vs藤田大和、凄かった! マリンメッセ福岡が一気に沸騰! 藤田大和もこれがプロデビューとはとても思えない。今後に期待!
---------------------------
RENAが圧勝のRIZIN、視聴率は7・1%(スポーツ報知)
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171016-OHT1T50042.html
---------------------------
石原慎太郎が枝野を絶賛!その裏の理由は? - アゴラ
http://agora-web.jp/archives/2028933.html

---------------------------

太陽の季節の晩節、
石原慎太郎の言ったもの勝ち逃げ人生について考える……。

若者にとってはどうでも良いだろうが……
太陽の季節の晩節、石原慎太郎・85歳の言ったもん勝ち、
勝ち逃げ人生について深く考える……。

あー、映画『ドリーム』を娘と一緒に見に行きたい……
それが今の俺の見果てぬドリーム。

---------------------------
TwitterRT @hadgesh
今回のタマフル、宇多丸師匠の「ドリーム」評がうっとりするほど素晴らしかった。現代日本に生きる俺たちが、この映画の中で描かれる人種や性別等の差別に対し、他国のことだから、昔のことだからと言えるだろうか。本当にそのとおり。とてもいい映画なので、皆さんぜひ観に行ってください。
---------------------------
TwitterRT @hadgesh
以前、宇多丸師匠は「自分が評した中で一番良かったのは悪の法則」と言ってたけど、ドリーム評はそれに迫る勢いじゃないかな。リスナーからのメールの量が普通と言ったときの落胆したような溜息はたぶん本心。光をくれた人とか、ドリームみたいな映画に行くのって大事だと思いますよ。リスナーさん達。

---------------------------

【気になった記事&ツイート】
---------------------------
ポルノ雑誌「ハスラー」発行人が、トランプ米大統領を追い落とす秘策を繰り出した。「トランプを弾劾できる情報に11億円」ポルノ誌の大物が懸賞金 (女性自身)
https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/hollywood/30936
---------------------------
石原慎太郎氏「本物の男に見える」枝野氏を絶賛(日刊スポーツ)
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201710160000431.html
---------------------------
三宅伸治30周年トリビュートにCHABO、ゆず、桜井和寿、大竹しのぶら(音楽ナタリー)
http://natalie.mu/music/news/252842
---------------------------
電流爆破で見せた芸人魂──ハチミツ二郎が大仁田厚と因縁デスマッチで燃えた!(週プレNEWS)
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/10/19/93427/
---------------------------
TwitterRT @tokyodynamite(ハチミツ二郎)
今日発売の週刊プレイボーイにハチミツ二郎vs大仁田厚ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチの様子が4ページに渡って掲載されています。事前インタビューから翌日の幕張劇場出番まで密着。是非。♪週刊プレイボーイhttp://wpb.shueisha.co.jp/2017/10/16/93185/
---------------------------
TwitterRT @tokyodynamite(ハチミツ二郎)
電流爆破から10日、大仁田厚引退試合を観る。95年対ハヤブサ戦 川崎球場に5万8250人動員した試合。オレはこの試合を1番後ろの席で観ていた。試合後大仁田厚は「お前らお前ら 一生一回でいいから 自分の好きなこと胸いっぱい やってみいや!」と絶叫した。翌年オレは NSCに入学した。
---------------------------
TwitterRT @art_takeshi(アートたけし展)
【名古屋会場?11/18】名古屋展で協賛してくださっているZENTさんのポスター。かっこいいっ!!(スタッフA)
http://art-takeshi.com/ticket_akita.h
https://pic.twitter.com/aXzQyXzP9h
---------------------------
TwitterRT @iijjiji
「遊べ、もっと。ZENT」ビートたけしアート篇 30秒 A ver
https://youtu.be/zYMkerQ4Jtg
---------------------------
TwitterRT @nenbutsunomatsu(松崎まことさん)
キム兄のロング・インタビューの原稿化って、昨年半ばに恐らく誰よりも先に「水道橋博士のメルマ旬報」の我が連載でやったんだけど、やっぱりこうして「cinefil」みたいな媒体でやった方が、格好良く映るんだよな?(笑)。精進して影響力を強めなければ…だな。
https://twitter.com/boycottp/status/919422814750351366
---------------------------
TwitterRT @sasakiatsushi(佐々木敦さん)
大森望さんとのマイベスト筒井康隆イベント、予想どおりかなり違うセレクトになってましたが、違い方も予想とかなり違ってました笑。正直客入りはもう一つでしたが(大森さんすみません僕のせいです)僕的にはとても楽しかったです。ご来場の皆さま、ありがとうございました。
---------------------------
TwitterRT @sasakiatsushi(佐々木敦さん)
筒井康隆長編ベスト5
大森望
1『虚航船団』 2『ダンシング・ヴァニティ』 3『ロートレック荘事件』 4『美藝公』 5『わたしのグランパ』
佐々木敦
1『虚人たち』 2『脱走と追跡のサンバ』 3『大いなる助走』 4『夢の木坂分岐点』 5『ダンシング・ヴァニティ』
---------------------------
TwitterRT @sasakiatsushi(佐々木敦さん)
筒井康隆 短編ベスト10
大森望
1「鍵」 2「到着」 3「関節話法」 4「遠い座敷」 5「熊の木本線」 6「フル・ネルソン」 7「蟹甲癬」 8「繁栄の昭和」 9「魚籃観音記」 10「秒読み」

---------------------------

《 総選挙。自公、最大300議席超えも。希望は失速、立憲民主は勢い 》
《 日本列島、今季一番の冷え込み。東京は10月としては46年ぶり寒さ 》
《 山田邦子「女芸人NO.1定戦」急きょ辞退…事務所側が「番組主旨の説明不足」 》




10月17日  火曜日


8時起床。
朝から、志ん朝の『大工調べ』を聴きながら、
まだ週刊連載の原稿をイジってしまう。

『水道橋博士のメルマ旬報』の日記が、
10月1日からの10日分が久々の3万字超え。
朝から洗濯物を持って別居中のカミさん宅を往復。

13時、アル北郷、原田専門家、来宅。

14時、二人を乗せて新潮社へ。

新館会議室を貸し切り、
和田尚久さん主催の「1978年のツービート」を聞く会。

 
音源は小林信彦先生のパートナーでもある、
イラストレーター峰岸達さん。
かつては「佐竹くんからの手紙」で
週刊文春の挿絵も担当している。
和田尚久さんはイラストのお弟子さんでもあるそうだ。

高田先生も急遽お招きして2時間半、耳だけを傾ける。

ホワイトボードには、2時間テープの内容が箇条書きに書かれている。

改めて、このイベントがツービート一組だけではなかった、
ことが驚きだった。

 
まるで玉音放送を聞く臣民。
実に好事家な話しに終始した。

 
「えー、東けんじが一人で此処に来てるのー。それは値打あるなー」
と興奮して聞き耳を立てる高田先生を見ると、
好事家の演芸男子の理想像を見せつけられる。

 
数少ない演芸男子、少数派として愛おしすぎる。

 
今日は、アル北郷、原田専門家がボクに同行したが、
和田さんから、
「柳田さん(『水道橋博士のメルマ旬報』に武史連載)はいらっしゃらないですか?」
「佐竹チョイナさんは?」と思わぬキーワードが出てきて驚いた。

 
聴視終了後、峰岸さんと高田文夫先生が去りがたく、
延々と昔の演芸話。
演芸男子史家の実に実にマニアックな会話だったなぁ〜。

高田文夫先生を車で皇居前までお送りする。
車中の会話が、殿の次の小説について。
爆笑、爆笑の内輪話。

---------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん)
えっ この音源は、ラジオ短波で 編集する前のマザーじゃないですか
所有している 大阪・天王寺でのツービート音源と 並べて聞いて欲しかったです。しかし、なぜ?? 客席から録音されたのだろうか?


↑一般の客席で居た演芸マニア(高田先生との回顧ぶりは見事)の峰岸徹さんが録音していたもの!
---------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん)
ありがたい お言葉。ツービート ブラインドコンサート 第2回目ありましたら… 和田さんを唸らせる お宝持参でお伺いいたします。…やっぱ、いるんですね、演芸墓掘り人って
---------------------------
TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家)
水道橋博士さんと、アル北郷さんが繰り返すバカ論話こそがバカ論で終始ニヤニヤしてました。

---------------------------

ビートたけしがライブの後も自分ルールのなかで禁酒する姿に、
何度もプロ意識を見た。
今日は確実に飲んだくれて朝までコースを夢想したがとどまった。

結局、家で飲んでいた……。
高田文夫先生との交流が今日の思い出すぎたのだろう。
酔ってる。

しばし、酩酊ツイート。
---------------------------
TwitterRT @kirik(山本一郎さん)
津田大介が朝鮮総連の機関誌の表紙に出ていたという話と、おっぱいサミットで登壇するという話とに接して「仕事の選ばなさサンリオのごとき所業」という印象しか湧かない。


↑遥かに……貴殿の方が……数段階異常の仕事の選ばなさ…に自覚なし。
---------------------------
TwitterRT @kirik(山本一郎さん)
水道橋博士の場合は仕事がないじゃないですか


↑貴殿より、有料仕事はお忙しいわ!!
---------------------------
TwitterRT @timiet
博士『で』遊ぶのは止めといてあげて下さい。
---------------------------
TwitterRT @kirik(山本一郎さん)
こう見えてもワイは水道橋博士好きなんすよ


↑ワイは貴殿が大嫌いですよ。と言うより問題がありすぎると……。
---------------------------
TwitterRT @kirik(山本一郎さん)
リップサービス真に受ける感じの馬鹿でしょうか、水道橋博士は


↑馬鹿ではありますが、貴殿のようなサイコはパスしたいです。
---------------------------
TwitterRT @kirik(山本一郎さん)
ほう、水道橋博士は反論に行き詰まると名誉毀損ですか。オフィス北野ってのはそういうの許容してるんすか。「手を汚さずたきつける」って松本人志さんに評されてるの、貴殿のことですよね。


↑名誉毀損なら貴殿は過去を振り返れば山のようにやられるのでは? 俺の涙ではなく、貴殿の汚物を撒き散らしてきた汚い尻を拭いてからにしてください。
---------------------------
【はじめに】「総会屋2.0」は何が問題なのか
http://kurikindi.hatenablog.com/entry/2016/12/28/090000

---------------------------

他人には寛容に自分に厳しくやれ!任務を遂行せよ!
オマエは決して偉くないぞ!
ささやかな哀しさや弱さに寄り添え!
――と自分に言い聞かせながら、寝る。

【気になった記事&ツイート】
---------------------------
オアシズが目指しているものとは?「1周回って知らない話」2時間SP(お笑いナタリー)
http://natalie.mu/owarai/news/253102
---------------------------
慎太郎氏、枝野氏ベタ褒めのウラ 小池氏とさらに敵対で息子の勝利確実に? (夕刊フジ)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171018/soc1710180012-n1.html
---------------------------
TwitterRT @echizenya_hyota(越前屋俵太さん)
お待たせしました!「橋下×羽鳥の番組」越前屋俵太オールカット物語 三部作、第一部を先程ブログにアップしました。今日から三夜連続アップします。
http://etsuzan.jp/blog/archives/722
「橋下×羽鳥の番組」越前屋俵太オールカット物語 第二部
http://etsuzan.jp/blog/archives/730
「橋下×羽鳥の番組」越前屋俵太オールカット物語 第三部 最終回
http://etsuzan.jp/blog/archives/735

---------------------------

《 神戸製鋼の不正は数十年前から。「裏マニュアル」存在か 》
《 DeNA 2年連続CSファイナル進出!初回に能見KO 阪神に"下克上" 》
《 清水良太郎容疑者を解雇処分 所属事務所謝罪「多大なご迷惑を」 》




10月18日  水曜日


9時起床。

13時、紀尾井町・文藝春秋へ。

 
さっそく、明日発売の『週刊文春』を読ませてもらう。
編集部の豊田さん、ライターの井上ダイスケくんと一緒に、
『藝人春秋Diary』読み合わせ。
#25、太田光篇一本のみ。

 
通路で久々に新谷編集長とバッタリ。
『藝人春秋2』をゲラ読み終えたよう。
登場人物として、かなりのシーンがあるのだが、
一箇所のみファクトチェック(笑)

帰宅後、歩いて中野のジムへ。

水中ウォーキング。
TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』
ムービーウォッチメン、
『ドリーム』と『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』批評を聴きながら。


歩いてカミさんと子供が住む仮住まいマンションへ。
長男、末っ子と一緒に夕食のカレーを食べる。

カミさんから今日の報告。

小3末っ子が戻ってこないので心配していたら、
「杉並署ですが……」と電話があり、
一瞬、心臓が凍ったら、
「……息子さんが100円の遺失物を届けました」とのこと。

このクダリ、長男の時もあったなーと懐かしくなる。


【気になった記事&ツイート】
---------------------------
ダースレイダー『新曲キッズリターンと選挙。』
https://ameblo.jp/darthreider/entry-12320717272.html

---------------------------
TwitterRT @DARTHREIDER(ダースレイダーさん)
【新曲】キッズリターン/ダースレイダー。40歳のラッパーにしては精力的かな。こっちはガキに戻るしかないんだよっつーの!
https://youtu.be/DlLIiGfq1YQ


↑一応、ダースレイダーは『オフィス北野』の後輩になった!
---------------------------
TwitterRT @DARTHREIDER(ダースレイダーさん)
末端メンバーになりました。よろしくお願いします!
---------------------------
TwitterRT @Nozz61
長谷川豊に殺されたくない/ ダースレイダー(腎不全の死にぞこない)
https://www.youtube.com/watch?v=nzTpBLdgeDg
ダースレイダー攻めてるな。
---------------------------
TwitterRT @litera_web
見城徹の安倍ヨイショを批判した水道橋博士がネトウヨの攻撃で炎上! 町山智浩、ラサール石井らも怒りの参戦 http://ift.tt/2x4gBbr
---------------------------
TwitterRT @tsuda(津田大介さん)
選挙が人をおかしくさせるのか。元々おかしな人が選挙で可視化されるのか。答えは永遠に出ない。人間だもの。
---------------------------
TwitterRT @tsuda(津田大介さん)
ハフポストの伊藤詩織さんインタビュー記事、後編がアップされました。今回は性犯罪を防ぐための教育がテーマになっています。前編はこちら→ https://buff.ly/2yuWZOV
https://buff.ly/2yw6zBm

---------------------------

《 月に巨大空洞見つかる 「かぐや」観測データから判明 》
《 浦和 10年ぶりACL決勝進出 柏木CKをラファエル・シルバが決める 》
《 プロ野球CSファイナルステージ。広島が先勝、楽天は1勝1敗 》



10月19日  木曜日


朝から悶々と週刊誌原稿、
洗濯物を届けにカミさん来宅。
そのまま雨の中、一緒に期日前投票。

 
ベトナム料理DATE。会話楽しい。

 
『藝人春秋2』上下巻(11月末発売)に向けて、
江口寿史先生から残りの挿絵が次々と届く。

ギリギリのデッドラインのなかで……
鬼気迫る筆致で興奮する。
あとは、上下巻のカバー装画のみ!だ。

一昨日、お会いしたイラストレーターの大御所・峰岸達先生(73歳)が、
「もし江口さんが間に合わないなら僕にやらせて欲しい」
と冗句を飛ばすほどの状況に、ボクと編集者は追い込まれている。


15時半、原宿石川歯科医院へ。
メンテナンス。

 
18時、テレビ東京『別顔発表会(仮)』自宅ロケ。
ただいまリフォーム中につき、
地下室に寿司詰め状態で、撮影。

 
放送作家として相沢くんも同席。
そのままカメラを回しつつ、番組打ち合わせ。

終了後、Nマネを交えて、
11/1の「ザ☆フランス座4」打ち合わせ。


『メルマ旬報』で「武史」連載している、
京都の放送作家の柳田光司くんが上京、来宅。

そのまま相沢直くんと『桃太郎寿司』で飲み会。
23時まで。

柳田くん、我が家に宿泊。

---------------------------
「立憲民主党は政党要件を満たしてない」 ⇒ 間違いでした (ハフポスト日本版)
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/19/sitouyoken_a_23248344/


↑また虎ノ門ニュースか。どんなフェイク製造機なんだよ。ため息……。
---------------------------

本日発売の週刊文春、
ボクの連載「週刊藝人春秋Diary」#24への反響をRT。



---------------------------
TwitterRT @iijjiji
週刊藝人春秋Diary 水道橋博士 第24回「〈2007年11月11日〉蔵書バカ一代」
http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1351048
---------------------------
TwitterRT @manaview(碇本学くん)
水道橋博士連載『週刊藝人春秋』は「蔵書バカ一代」は。著述家・紀田順一郎著『著書一代』から博士さんご自身の蔵書をどうするか問題など本好きあるある話。。蔵書処分を決断した紀田氏は「およそ本というものは段ボール箱に詰めたらおしまいなのだ」と。イラストの人物については終わりに書かれてますhttps://pic.twitter.com/eOvK112ynq
---------------------------
TwitterRT @ReiZiiX
「週刊文春」連載の『藝人春秋Diary』、江口寿史氏のイラスト人物の視線が気になって博士の文章に集中できない。なんとか読み進むも、マツイ某の文章が怖すぎて今度はイラストを直視できない。
---------------------------
TwitterRT @sencha_man
「週刊文春」の「藝人春秋Diary」、今週は「蔵書一代」の話から始まっているのだが、添えられたイラストがなぜあの女優なんだ?と思いながら読み進める。……なるほど、そういうことでしたか! こーいった発見(というより、発掘?)も蔵書の醍醐味ですよねぇ!!
---------------------------
TwitterRT @sencha_man
水道橋博士のレベルには及ばないものの、僕も本や雑誌が手離せない一人なので、今週の「藝人春秋Diary」は身にしみる内容でした。この本も読まなくちゃ! [書評]『蔵書一代』 - 高橋伸児|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト
http://webronza.asahi.com/culture/articles/2017083000005.html
---------------------------
TwitterRT @hacosi
水道橋博士『藝人春秋diary』#24 蔵書バカ一代
紀田順一郎『蔵書一代』の話から博士の蒐集本がある女優に断捨離される迄の構成が見事!江口寿史先生の挿絵も倒叙サスペンスの冒頭的効果を発揮(笑)そして想起するみうらじゅんさんの至言「断捨離はよくない。やがて人を捨てますよあれは」
https://pic.twitter.com/zboGoGl2CY
---------------------------
TwitterRT @taku_candeed
今週の水道橋博士の「藝人春秋」もうホントによくわかる話だった。自分もガラクタに宿った妖怪に囲まれて暮らしているなあ。でも捨てればいいってもんじゃないと心から思ったな。『蔵書一代』買おう。
---------------------------
[書評]『蔵書一代』 - 高橋伸児(WEBRONZA)
http://webronza.asahi.com/culture/articles/2017083000005.html

---------------------------

【気になった記事&ツイート】
---------------------------
月の地下に巨大な空洞発見 月面基地として活用の可能性も(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181421000.html
---------------------------
週1時間だけの運動で、 うつ病の発症リスクが12%も低下!(ヘルスプレス)
http://healthpress.jp/2017/10/post-3304.html
---------------------------
エロティックな体験を赤裸々に フランス文壇に衝撃、謎の女性官能作家の壮絶過ぎる36年(夕刊フジ)
http://www.zakzak.co.jp/ent/news/171019/ent1710193661-n1.html
---------------------------
安倍首相が「安倍独裁とか言われて…」とグチ! 見城徹ら応援団は「そんなことない」「私利私欲がない」「嘘が言えない」と露骨ヨイショ (litera_web)
http://lite-ra.com/2017/10/post-3500.html
---------------------------
「安倍を支持している人たちがあまりにも下世話で耐えられない」中原昌也が語る安倍首相や安倍応援団への憤り(litera_web)
http://lite-ra.com/2017/10/post-3521.html
---------------------------
TwitterRT @TomoMachi(町山智浩さん)
リテラはいつも取材しないで記事作るから事実関係が甘い。まず山本一郎がこのツイートで水道橋博士にネトウヨをけしかけた。そこから両者のバトルが始まったのだ。
https://twitter.com/kirik/status/918344090290331654
---------------------------
TwitterRT @TomoMachi(町山智浩さん)
リテラはとにかく本人や関係者にちょっとでいいから事情を尋ねて記事を作れ。返事が来なかったらそう書けばいい。どうして少しの取材の労を惜しむんだ? それじゃいつまでたってもクズメディアだ。まず自分から変わってみろ。
---------------------------
TwitterRT @TomoMachi(町山智浩さん)
水道橋博士はバトルの経過を可視化しないしリンクさせないから文脈がわからなくなって、突然山本一郎に絡んでいったように誤解した人も多いが、今回は先に山本一郎からネトウヨをけしかけられて迷惑したという事前の経過があったのだ。
---------------------------
TwitterRT @TomoMachi(町山智浩さん)
バトる際はまめにリンクして文脈(アングル)が観客に見えるようにしないと、博士が突然、山本一郎に攻撃をしかけたように見えてしまうんだ。
https://twitter.com/TomoMachi/status/920787751389184001
---------------------------
TwitterRT @biriksk(西岡研介さん)
さて来週26日(木)13時半から東京地裁でこの本を巡り、家舗さくら氏が宝島社を訴えた「殉真」訴訟の証人尋問が行われます。原告側証人としてさくら氏本人が、被告側証人として私が出廷します。原告側代理人の一人は喜田村洋一先生。場合によっては「師弟対決」ならぬ「士弟対決」になりそうですwhttps://pic.twitter.com/3vZTpXNXP6

---------------------------

《 日産、国内全車両の出荷停止 新車の無資格検査公表後も継続 》
《 都心は最低気温「9.9度」で12月中旬並みに。強い寒気と雨が影響 》
《 ヤンキース田中、ア・リーグ優勝決定シリーズで7回0封で王手 》
《 宮根誠司「ミヤネ屋」降板報道を否定「4月以降もやらせていただきます」 》




10月20日  金曜日


8時起床。

朝10時、隣で寝ていた柳田くんを連れて同伴出勤、
茅場町のスタジオへ。


BSTwellV『メルマ旬報TV』収録。
原カントくん、ご一緒。

一本目ゲスト:九龍ジョー

テーマは、「ワンピース歌舞伎」
名調子で語り切る。俄然、舞台見たくなったわ。

 
二本目ゲスト:茂田浩司さん。

テーマは、那須川天心を代表とする、
ゴールデン・エイジの台頭がもたらす、
格闘技界に世代交代について。
那須川本にも、編集協力したとのこと。
ボクも、如何に那須川が好きか、を力説。

 
書影パネルも頂く。

三本目ゲスト:柳田光司くん。

昔の秘蔵写真を持参しての
「浅草橋ヤング洋品店」舞台裏ばなし。
我々のブラック仕事と青春時代のはなしだ。

 
3連投、収録終わり、
NHKのオリンピック1000日前、番組打ち合わせ。

 
終了後移動。

昼食を食べる時間がないので、
東京駅エキチカの『スープストック・トーキョー』でテイクアウト。
移動車内で栄養補給。

ビートたけし『アナログ』再読。


14時、新潮社へ。

作家の樋口毅宏さん偶然に。
渾身の大冊を書き上げて……喜悦の表情!!

 
新潮社でビートたけしの小説『アナログ』に関するインタビュー。

 
小説論からたけし論へ。

その優秀さを伝え聞く初対面の宮川女史、
『バカ論』の金寿煥と共に。
ここでも大いに語りつつ……。
もろもろと業界話も聞く。

 
終了後、
radikoで『ラジオビバリー昼ズ』をタイムフリー再生しながら帰宅。

オープニングトークで、高田文夫先生が、
先日の新潮社で開催した、
ツービート最古の音源発掘の話をしてくださっていた。

---------------------------
TwitterRT @naonao200170(和田尚久さん)
ツービート1978。峰岸先生の録音は頭欠けでも尻切れでもなくすべてを記録しているところがまさに貴重。「ツービートがノンストップ漫才をした」という伝説もあるが、実際には漫才4高座に幕間コーナーがたっぷりあったことがわかる。現在から見ると、はたけんじや若人あきらの出演者が不思議だか
---------------------------
TwitterRT @naonao200170(和田尚久さん)
博士と高田先生の解説により、当時の演芸界地図が解説される。漫才ブームの前にあった(やや強引な)ものものまねブーム。プロダクション。はたけんじや若人あきら、団しん也が「花を添えている」歴史の不思議ーー現在から見れば。客席にいた峰岸先生の証言「セントルイスが先に出ていた」。
---------------------------
TwitterRT @kafu_nagai
ニッポン放送高田文夫のラジオビバリー昼ズを聞く。高田の談に一昨日水道橋博士新潮社の會議室を豫約して高田と會ひ昭和五十三年に録音されしツービートの漫才を聞きたりといふ。その年高田馬塲芳林堂にてツービートの二時間マラソン漫才大會催されたり。ネタは四本なり。
---------------------------
TwitterRT @kafu_nagai
高田文夫水道橋博士の兩氏玉音放送の如き音聲に耳を傾けてたけしのテムポの速さに舌を卷きたりといふ。恐らく現存するツービート最古の録音なるべしとのことなり。

---------------------------

週刊誌のマニア&執筆者として、
「文藝春秋」、「新潮社」に頻繁に出入りしているので、
この本が文藝春秋から緊急出版されたのも驚いた。

 
19時、半蔵門・MXテレビ入り。

ボクが打ち合わせ中に、細田マサシくんが楽屋を訪れた様子。

21時、『バラいろダンディ』生放送。

出演:島田洋七師匠、関谷亜矢子さん、
湯山玲子さん、佐竹雅昭さん、ダイアナ・エクストラバガンザさん、ご一緒。
ゲスト:デーブ・スペクター!

 
ジャッジ:あなたは水道水を進んで飲めますか?
9位:クドカンの娘が書いた異才の脚本(女性セブン)
8位:お湯のみで髪を洗う「ノープー」が拡大中、臭いは大丈夫?(女性セブン)
7位:ロッチの中岡創一 安室奈美恵の引退を寂しがる人に痛烈
6位:選挙はくじ引きにした方がいい(朝日新聞)
5位:「ポイントカードお持ちですか」って聞く必要あるだろうか
4位:そのオススメ、凶暴につき(デーブのプレゼン【ジャガー】)
3位:セクハラ被害「Me too」 ハリウッドの疑惑契機に
2位:老人「最近の若者はすぐスマホで調べる」 ネット慣れしていない世代に辟易する声多数
1位:支配欲の強い妻にうんざりし、5年間森の中で暮らした男性

ジャガーさんとの共演!

てっきり、子供の頃から知っている、
と思っていたけど、
1985年からなのだなー。

「ジャガー・ファイト」に関して、佐竹雅昭さんが知らないことへも驚く。

ボクは、コラージュのジャケットを自作するほど、
アイコンとしては大ファンなので興奮。
姿、形がよりシャープになっている。

 
---------------------------
水道橋博士がニュースの調べ方に持論「各社を全部見た方がいい」
http://news.livedoor.com/article/detail/13778700/


↑記事の文字、本来は「移送ではなく位相だけどね」……。
---------------------------

今日は仕事が数珠つなぎだった。
計6本。
流石にクタクタヘトヘトに。


22時から『古館伊知郎オールナイトニッポンGOLD』を、
聴きながら帰還。

京都からの生放送。
しかも、古館さんのラジオでメール(私信のメッセージ)を
読まれるリスナー冥利!

---------------------------
TwitterRT @takuzis (樋口卓治さん)
謎が解けて良かったですね!


↑いえいえ、ラジオでわざわざ言っていただいて恐縮しました。
---------------------------

今日は『水道橋博士のメルマ旬報』(る組)の発行日。
なんと今回は20時過ぎに、
『メルマ旬報』最新号(135号)が発射されていた。

 
今日、聞いた話を想い返しながら。

本作りの際、書き手と編集者、書き手と書き手、
さまざまな亀裂も生じるが、
編集者というのは黒子であり大半がサラリーマンだ。
幾重にも業界ルールがある。

自分を押し殺し、フリーである作家や表現者の側に寄り添いつつも、
契りを結んだ才能と個性を担保している。

そこは推し量るべきだ。

【気になった記事】
---------------------------
宮藤官九郎、小6愛娘が文化祭の演劇脚本で才能を発揮(NEWSポストセブン)
https://www.news-postseven.com/archives/20171019_622337.html
---------------------------
小林よしのり氏「よっぽど辻元清美の方が、国を愛してる」 | 活動ブログ | 辻元清美WEB
http://www.kiyomi.gr.jp/blog/13397/
---------------------------
「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、中島岳志さんと現代日本を読み解く政治学(江川紹子) - Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20171020-00077161/

---------------------------

《 天皇退位2019年3月末、即位・新元号移行は4月1日軸に調整 》
《 スペイン中央政府、"独立宣言"カタルーニャの自治権停止へ 》
《 "元大関若嶋津の二所ノ関親方 路上で倒れ…緊急開頭手術、一時重体 》

2011年 12年
          前回 次回

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る