8月21日  木曜

 ビバリー起床。ゲスト萩元欽一大将。
 あの欽ちゃんとは思えぬ、ダーク・サイド全開。
 それに、絡む清水ミチコさんも、お互い罵倒で、オモロ過ぎ。
 ミチコさん、欽ちゃんファミリー入りおめでとう!

 神がかったビデオを2本立てで見た。
 まあ。一本は、トルコのアラーの神なのだが。

 『30歳親爺に聞きたいこと』は、
 2年前の「江頭の解体新書」だけで上映した
 門外不出の実録私家版ビデオなのだ。
 実は、エガちゃんには、複雑な出生の秘密がある。
 本人は知っているのだが、
 それを、父親(江頭2:45)から、直接聞かされたことばない。
 30歳の記念ライブの前にその話を
 佐賀の実家まで聞きに行く〜というお話。

 なのだが、制作したのは、高田事務所の松田さんで、
 「ゆきゆきて神軍」調で、演出しているのだが、
 予定よりも波乱のない画面に、ほのばのとしながら、
 最後の最後で、ブチン〜と切れ、ドッと泣かされる。
 確実に泣きじゃくる。
 「ブラザー・トム瞼の母」を超える、涙の映像大賞。傑作。
 (なんて、言い方していいのかわからんけど)

 そして、今年の7/19の日比谷公会堂で行われた、
 「解体新書」の記録ビデオ。 面白い。興奮。
 エガちゃん、2000人の客を手玉にとり、
 まるでエディー・マーフィーのようだ。

 夜、下北沢、伊従マネージャーと打ちあわせつつ、ビール少々。

 告知。8月29日のライブに大川総裁のゲスト決定。
 それから「浅草お兄さん会」の告知ページも作った。
 「ようし、突拍子もねぇことを、
  いっちょう、やってやろうじゃねぇか!」
 ムフフフと、思ってる人は、行動に移すように。


,
.
 8月22日  金曜

 歯医者へ。けずり、ほじくり、抜かれる、
 なんと2時間半もの大工事。

 「それでもライターになって欲しい人のためのブックガイド」
 (太田出版)読了。
 田村章・中森明夫・山崎浩一著。2年前に出版されていた本なのだが、
 「ビートたけし」の前に「竹中労」があったボクにとっては、
 心を揺さぶる、かっちょいいフレーズ連発。
 今のような芸人という職業についていなかったとしたら、
 猛烈に影響されていただろうと思う。若い奴は読め!


,
 8月23日  土曜

 5時起き。24時間テレビ「テレビ金沢」の中継。
 朝起きてから、ほとんど、記憶なく、気がついたら会場にいた。
 バカ陽気で日焼けコンガリ。夜はしゃぶしゃぶ。
 金谷ヒデユキ君、アンジャッシュ、北陽らと一緒。


,
 8月24日  日曜

 朝から「盲人卓球」に参加。
 22時戻り。
 TOKIO-HEADSの打ちあわせで、土井ちゃん、丸ちゃん来宅。
 「リン魂」の台湾ロケ編、ズタズタ編集ながら、やっと放送になる、
 ある事情があって、お蔵入りしていたのだが…。


,
.
 8月25日  月曜

 ビバ起床。「24時間テレビに浅草キッドが出ていた〜」とさも、
 悪事でも働いたかのように話題になっていたが、
 去年も名古屋で参加しているのに。
 地方じゃ、結構、善人なんだよ。好恵ちゃん!

 歯医者へ。あまりの痛みに頭おかしくなる。
 「リトルモア」の宮崎学対談校正。
 「朝生」22日放送分VTR。
 「こんな日本に誰がした」オデブちゃんチームの
 30代陣営とガリガリ団塊の世代チームの討論、
 やけに、オモシロかった。
 テリーさんとやりあいながらも、毅然の藤井良樹を見直した。
 (ただし、あの発情期のオランウータンみたいな
  風体とバブル時代のAV男優もどきの衣装を除く)

 今週のスケジュールがどっと入って、なんやかやと忙しくなる。


,
.
 8月26日  火曜

 事務所「花も嵐も」打ちあわせ。
 「PCデコ」取材。電脳関係の取材って、
 オレ興味津々でむしろ聞き役に廻りたいくらいだ。
 散髪。日焼けで肌がボロボロになった。


,
.
 8月27日  水曜

 朝7時迎えで、白金の保育園へ。
 「花も嵐も」ロケ。
 ベビーシッターの資格を持つ木佐彩子と、
 新宿の「幼児愛好家」玉袋の芸能界子守り王座対決。
 子供をあやす、木佐彩子、ほのぼのと可愛すぎ。

 TBSに移動。「TOKIO-HEADS」のワンコーナーで、
 松岡くん、国分くんに、
 「アンアンが選ばない芸能界抱かれたい男番付」
 結構、ネタ錬ったのだが、TOKIOの客に通用するのかな〜。
 夜、明日に備えて、Kー1の予想するが、
 競馬のコーチ屋の気持ちがわかった。

,
.

 8月28日  木曜

 朝7時30分迎え。
 お台場フジテレビに向かう。ニッポン放送には2度出向いたが、
 なんとお台場移転後のフジテレビに出演するのは、初めてなのだ。
 番組は「SRS」で、Kー1直前大予想1時間スペシャル
 他の出演者は、長嶋一茂、石黒賢、森脇健児、谷川貞治、
 全員まっとうな予想であるから、
 番組サイドの要請どうりにかき回し役を演じるが、
 収録後、プロデューサーや、作家の方から
 「完璧!良かった!ありがとう!」と何度も褒められ、
 久々にテレビで、いい仕事(ジョブ)をこなした満足感があった。
 毎回、こういう仕事がしたいよ。 9/4放送。

 山口組、ナンバー2撃たれる。


,
.
 8月29日 金曜

 「浅草お兄さん会」旗揚げ「説明会」ライブ。
 三軒茶屋、キンコンカン。
 司会と大川総裁とのトーク。
 無毛鈴木、バター犬たろう、スピーク☆イージー、なべやかん、
 そして、大川興業から、骨太熱、妾の子を借り受けてのメンバー。
 予想に反して、80名程度の有料入場者数に終わる。
 前途多難だが、このライブはわしらの道場じゃあ。
 なんとしても、死守する。
 伊従さん、若手らとわが家で、打ち上げ。


 「図書新聞」2356号(9/6号)に
 7/26のオレたちの舞台の批評が大きく掲載される。
 「さすがビートたけしの弟子!!」
 「浅草キッドは偉かった」
 「芸よし、客よし」
 と見出しが打たれたこの新聞は、オレ達の宝物だ。
 鈴木くん、ネットーコマーシャルに打ちだしといてくれ。
 高瀬くん、泊まる。


,
.
 8月30日  土曜

 テレビ朝日3時間特番「炎の熱血バトル97」収録会場に。
 12時入り。
 売れっ子芸能人を100人以上集結させての
 恒例の番組対抗祭りだが、
 殿、所さんが、大会委員長で別格ながら、
 総合司会は、今田、東野!
 よくぞ、これだけのメンバーをしきるわ〜。

 俺たちは、番宣番組の「ガブリンチョ」のロケで、
 休憩所にくる、キラ星のようなスターに
 セガのフィッシングゲームをやってもらう役。
 もう、仕事は選ばぬことにしたとはいえ、つくづくと、
 この芸能界の階段、階層を思い知らされた。
 「駕篭に乗る人、担ぐ人、そのまた、ワラジを作る人」
 であることよ。

 あの沢口靖子さんや、高橋英樹さんやらと、
 やたら初めての大御所と絡んだりして、
 大物疲れしまくる。半日以上の収録で、ヘトヘトに。
 それにしても、お笑いの人たちは、
 我々の労多く効少ない我々の下僕仕事に対し
 実に協力的に接してくれてありがたくも慰められたよ。

 夜、ラッシャーさんと、「金印亭」に。
 「おまえらは、本当に芸能界に顏がせまいな〜」と感心される。


,
.
 8月31日  日曜

 ダイアナ妃死亡、
 4日前にTOKIO-HEADSでネタにしたばかり…

 フジテレビ「花も嵐も」収録。
 元「いいとも」アシスタントのあさりどと同じ楽屋であったが、
 卓球対決の彼らのコーチを名乗り出て、
 3時間もの待ち時間、楽しく過ごすが、
 俺たちってまさに楽屋の大将だ。
 上岡さんに宮崎学さんの話をする。

 こらくさん、来宅で
 「アサヒ芸能人」投稿用ゲストブックを作成してもらう。
 ネット職人達よ、どんどん投稿してくれ!


 博士の悪童日記<97年9月上旬>へ

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る