10月21日  火曜

 「特捜テレビ・ガブリンチョ」2本撮り。四谷のスタジオ。

 1本目、×ーGUN。
 2本目、バカルディ、三村くんがゲスト。
 我々は、コマーシャルの姫「コマ姫」コーナー司会。

 アスペクト刊、西条昇編・著『平成お笑い最前線』読む。
 企画段階で、対談などお願いされていたのだが、
 お笑いの状況についての発言するのは、
 今の時点でやめたいとの理由で参加しなかった。
 それでも、爆笑問題のインタビューのなかでオレはとりあげられ、
 〜〜博士は後継者を育てる意識があるんだよね。
 でもオレは、ネタ見せに行ったこともないし、
 アドバイスも与えたこともない〜〜
 と太田の発言があり、その項の見出しは
 「好きなのはお笑いであってお笑い界ではない」と書かれてある。
 こういうのは典型的な、
 〜〜引きあいに出される〜〜って言うことだ。

 西条さん、仕事は確かに剛腕、猛烈だが、
 これは、オレの本意を逆なでしてるよ。
 しかも、西条さんと最近ではシンパシーと相互理解があるところで
 やっている意識があると思ってたのに。
 本当に細かいところだが芸人情の機微に欠ける。
 自分が一人前に育ってない癖に「後継者」を作るバカがどこにいる?
 何時、オレがネタ見せや、
 アドバイスを自主的に喜んで「お笑い界」のためにはじめた?
 そういうことじゃないだろう。
 〜ってなことは、わかってくれてるだろうと思ってたのに。
 前田日明がターザン山本を相いれないような気分がここにはある。
 演者と批評家の距離がある。
 オレが現場でやってることは、そういうもんではないのにね。
.
.
.

 10月22日  水曜

 14時。FM栃木の堀越さん、来宅。
 12月の公開録音、番宣録り。

 20時、東京FMへ打ちあわせ。
 ここで、安室とSAMの結婚号外報道初めて知る。

 夜、殿にお呼ばれして、六本木でお寿司ご馳走になる。
 ラジオの話かと思いきや、一切、その話はなし。
 この時点で殿は安室の話を知らなかった。
 我々から聞くと、
 「なんだか興奮するな〜。
  とりあえず酒をあおろう、飲まずにゃいられねぇな。」と。 .
.
.

 10月23日  木曜

 ビバ起床。

 15時より、TOKYO FMホールで「HANA-BI」試写。
 2回目。初めて見た時の印象より、重く鋭く突き刺さる。
 映画のサブストーリーとして、フライデー事件や、
 バイク事故などのビートたけしの人生を知っている日本人は、
 魂焦がされるものがあるだろう。
 それを知らぬ、外国人の胸にまで、届いてしまう映像表現は、
 まさに世界レベルの革新的映像なのだろう。
 映画を見終えて、半蔵門の風景がまったく違うものに見えた。
 それでも、映画の感動は日常のとっては絵空事であり、
 思春期を過ぎた、我らにとって風化してしまう感動には違いない。
 それでも、言えることは、垂れ流されるテレビ番組に比べて
 永遠に作品として継承される
 映画のジャンルで世界最高峰の賞を受けた殿が、
 また新たなる自分への起爆剤として、猛烈な自信を回復し、
 この世界に再び(いや、いったい何度めだ)
 君臨しようと意気込む姿は、
 我々にとっては嬉しい限りだ。

 スタジオボイスのインタビュアーの篠崎誠が
 「教祖誕生」の一節を引用して、
 「真の批評っていうのは実践のなかにしかない。それは非常に
  不自由な行為なんだ」という言葉にドキッとしたと書いてある。
 〜不自由であり、滑稽なことなのだ〜と書きたせば、
 まさにビートたけしの歩みそのものだ。

.
.
.

 10月24日  金曜

 19時より
 「ビートたけしのオールナイト・ニッポンDX」が放送され、
 それを聞きながら、10年分のノスタルジーに駆られながら、
 半蔵門のTOKYO FMへ。

 そして、殿と赤江くんと3人でラジオをやる。
 〜〜これは感慨深い。
 今回のキャスティングは殿の威を借りる〜のニュアンスは
 否定できないところだが、我々のとっては、
 これ以上の光栄なことはないと思うべき仕事だろう。
 監督ご指名のヤクルトのカツノリ扱いであろうとも、
 結果を出せばよいことだ。
 構成に入ってもらった松田さんは、10年間この世界にいて、
 たけしさんとちゃんと挨拶して仕事をするのは初めてとのこと。
 それぞれのたけし体験なのだ。
 スタジオで殿に
 「あいつは誰だ」と言われムゲ鈴木くんを紹介する。

 21時より、「街で一番の男〜ビートニクラジオ」収録。
 はたして、殿が我々相手に話をしてくれるのか心配だったが、
 ノンストップで1時間半喋り続けてくれる。
 最初はアップアップな我々だったが、後半は話になっていた。

 六本木、寿司屋に。
 車で待機していた鈴木くんも中にお呼ばれされる。
 寿司屋を出て殿がムゲ鈴木君に「あんちゃん、がんばれよ」と一言。
 小林信彦の「ビートルズのやさしい夜」ではないが、
 この数日、「ビートたけしのやさしい夜」とでも言うべき、
 時間に包まれる。

 タモリ倶楽部放送。台詞部分が生かされず残念。
.
.

 10月25日  土曜

 羽田空港11時半発。大分行き。
 溝部学園、学園祭。別府地獄巡りをすることもなく、日帰り。
 時間が空いたので青山ブックセンター暇つぶし。

 20時。赤坂プリンスホテル別館。
 新潮社のたけし本(『コマネチ』)企画で軍団対談。
 オレたちからしてみれば、
 嫉妬しまくりなほどの羨ましい軍団と殿の蜜月時代の話で、
 大いに盛り上がる。
 いい話の連続で我々は聞き入るばかり。
 殿おたくとして、テープのダビング版頂くことにする。
 「しらさか」ダンカンさん、渡辺、ライポ、赤江くんとお酒。
 このところ肝臓が痛みだしたので、禁酒を誓う。
.
.
 10月26日 日曜

 昼から「出張なんでも鑑定団」日比谷大会。
 日比谷公園で司会進行。

 10日振りのドゥへ。30分5キロ走ようやく完走果たす。
 深夜、長電話で責められ困惑。
.
.
.
.
 
10月27日 月曜

 ビバリー起床。歯科治療。
 ドゥへ。

 19時、浅草へ。
 高田先生とフグを食べる会。「三浦屋」にて。
 昇太さん、早坂と我々。

 途中合流のTAKE2 東くん宅。実家のラウンジ「九重」へ。
 高田先生は修業時代のペイペイの頃に来て以来、
 20年ぶりとのこと。
 故東八郎さんの奥様、そしてその子供たちに囲まれて、
 高田先生がまるで、「減点パパ」の三波伸介さんの様だった。

 今まで単なる
 2世タレントの色男だと思っていた東くんだったのだが…
 東家の芸人サラブレッドぶりの話に羨ましく思いつつ、
 下積み教育を強いる欽ちゃんの姿勢に感心したりしつつ、
 深見千三郎の背中を流した少年時代を過去に持つ、
 東くんにリアル・浅草キッドを見る。〜ワシも子供が欲しいわい。

 赤江くん泥酔で、二人して浅草にあてもなく置き去り状態になる。
.
.
.
.
. 
10月28日  火曜

 ビバ起床。ドゥへ。

 見澤知廉『囚人狂時代』(ザ・マサダ社)再読了。
 オレが謹慎期間中、人生は牢獄だ〜と思っていた頃、
 初めて読んだのだが、あの頃、自暴自棄になっていて、
 「ようし、いっちょう
  とっぴょうしもねぇことやってやろうじゃないか!
  犯罪がなんぼのもんじゃい!」と思っていた時期があるのだが、
 この本を読んで、痛み入り、
 務所だけにははいりたくないと痛切に思ったものだが、
 今回、もう一度読み直してあまりのオモシロ本ぶりに
 ノンストップに読み終えた。名著。
 これくらいひとつひとつエピソードおもろいと
 見澤さんトークショウやりたいくらいだ。


.

 10月29日  水曜

 朝10時集合。
 浅草花やしきにてCS番組「キッズ・ステーション」
 ゲーム会社広報マン対抗宣伝合戦、司会進行。

 16時より、ぶんか社「PENTHOUSE」対談。見沢知廉氏と。
 実物の見沢氏はやさ男で、
 スパイ粛正の殺人犯にはとても思えない。

 散髪。
 夜、Kー1予想錬る。

.
.
.

 10月30日  木曜

 ビバ起床。
 17時半、渋谷ビデオスタジオで『いろもん』打ちあわせ。

 19時より、『SRS』Kー1グランプリ優勝トーナメント予想。
 控室から長嶋一茂さんとの対決ムードをあおるが、
 今回は真面目に語っても面白いカードばかりだし、
 30分版では、お笑い担当としてはイマイチ、はじけきれず、残念。
 それでも、一茂は指相撲で勝利しておく。

 21時より、原タコヤキ君に『格闘ゲリラマガジン』で
 前田ヒクソン戦についてインタビューを受け、思わず熱く語り込む。
.
.
.
.
. 
10月31日 金曜

 ビバ起床。
 13時、羽田空港へ。帯広へ向かうはずだったのが、
 帯広で、プロペラ機墜落事故があり、急遽、札幌千歳空港へ。
 千歳から帯広へ、陸路4時間かけて200キロを走破。

 帯広のディスコ、キング&クイーンとケンランでトークショウ。
 ケンランの方は、指相撲大会でお茶を濁す。
 打ち上げで、聞いてみると、
 呼んでくれた方が大の演芸好きだったので、
 漫才ショーが出来なくて残念。

 オレは営業で、なんとなくお遊びめいたことや
 顏見せ程度のアトラクションを雑にやったりするのが、
 どうしても嫌で嫌でしょうがないのだ、
 できれば環境を整えた形で漫才を披露したい〜と常に思う。

 元ロコモーションの近ちゃん(近藤)が根室から、
 車で4時間かけて来てくれ、旧交を暖めるが、
 またしてもアルコールでフラフラになる。
 酒弱いこと甚だしい。

 博士の悪童日記<97年11月上旬へ>

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る