3月1日  日曜

 昼より、赤江くんとネタ合わせ。
 散らかりぱなしの部屋で落ち着かず。
 ライブ、明日なのに全くの白紙。大丈夫か?

 高円寺、ラーメン峰。

.

 3月2日  月曜

 第6回浅草お兄さん会。

 今回も満員札止め。16時入り。
 優勝は、大川興業のニトログリセリン、
 2位、東京ダイナマイト、
 3位は、マキタスポーツ、
 客席投票で、優勝を決めるのだが、
 今回は、怪人社の客が、事前に投票席に並んでいるとの指摘があり、
 本番はリハーサルと客席指名を変える。
 ただし、そういう組織票であったり、優勝したいがための、
 客席演出まで、貪欲なのは、プロ意識として大歓迎。
 芸人はそれくらいでなくちゃあアカンよ。
 (帰宅後、ビデオで見たが、今回は贔屓でもなく、
  個人的感想としては、東京ダイナマイトの優勝が妥当であった)
 元たけし軍団の古田古さんのコンビもウケる。

 浅草キッドもフリートークのつもりだったが、
 後半のマイク司会を井上くんに任せて、楽屋でネタ合わせして、
 スタンドマイクで漫才形式で。
 付け焼き刃ではあるが、
 「やかん、若人あきら、堀井学」の替え玉、
 にせもの、コピーの話で括る。

 打ち上げ、「どんたく」、完全にアルコールに沈没。
 記憶のないまま、部屋まで、かつぎこまれる。

 そのまま、朝6時まで、馬場、村松さん、
 高瀬くん、井上くん、植村くんらで宴会は続いたそうだが、
 まったくブラックアウト。
 ろうそくの芯がもう無くなってる。
.

.
 3月3日  火曜

 二日酔い。
 リングス後楽園ホール大会に。
 赤江くん、二郎と。
 田村初防衛戦、勝利。

 帰宅後、高瀬くん、村松さん来宅。
 落語テープ、資料を届けてもらう。
 本日を最後に水道橋コミューンの北郷、お別れ会、ビールで。
 「お互い環境を変えて、出直し図ろうと」
.
.

 3月4日  水曜

 ビバ起床。山田雅人さんのテンポイント話、
 神懸かった、熱さでおもしろい。

 双葉社より、猪木引退本に原稿。
 550字制限で中途半端に。

 19時より中野新橋「大吉」宮崎学さんらと。
 世の中には、ルサンチマンを抱えた、
 とてつもないスーパーインテリが、多々いることを思い知る。
.

.
 3月5日  木曜
 
 雑誌類、乱読。
 運動不足のための、久々でドゥで水泳。500メートル。
 また、雪が降り始めた。

 夜、電話でベンちゃんから、落語関連のレクチャー受ける。
.

.

 3月6日  金曜

 13時より、六本木「マガ不思議」スタジオ。
 テーマは「落語」。
 鈴々舎馬風師匠を迎えて、若手大喜利の仕切り。
 (たい平、いっ平、国士舘、志雲〜さんら出演)

 帰宅後、明日に備えて、
 ABC放送より送られた膨大な量の芸能記事読みを赤江くんと。
 時間がない。
.

.
 3月7日  土曜

 9時の新幹線で大阪、ABC放送へ。
 新幹線、予習のはずが、グースカピーになってしまう。
 
 「第1回報道されなかった芸能ニュース大賞」。
 誠さん、伊集院、パイレーツがゲスト。
 一時間半の深夜の大阪のみの特番。
 大半の進行、ネタ話を任され、腕がなるような番組ながら、
 報量の全ては消化しきれず、こなしながらも、完全燃焼とはいかず、
 やや、不満残る。柳田くん、スマン。

 帰りの新幹線、伊集院と「ブサイク30代のポジション」について、
 尽きぬ話。

.

 3月8日  日曜

 ガブリンチョロケ。六本木センター集合。
 赤江くんは、堀井のそっくりさんで他番組出演のため、単身の出演。

 ドラマ『怖るべし!音無可憐』の八王子ロケへ。
 シロート30人による、音無可憐ウルトラカルトクイズの仕切り。
 大熊アナと一緒に。
 帰途、高円寺、ガンコラーメン。

 辰吉防衛戦、勝利。
 「ズンドコ」原稿。
 夜、殿よりTEL、赤坂呼び出し。殿「ポツンと一人きり」だ。
 カレー缶などの配給品たんまり頂く。
.

.
 3月9日  月曜

 「SRS」収録。正道会館、石井館長に公開質問状。
 帰宅後、貯まったビデオ見まくり。

 夜、「松倉 vs 名護」のボクシング日本タイトル戦。
 ハゲ鈴木の解説で。

 ライポからTEL。
 我々のFMは週一化するようだが、
 トッポライポのFM番組は終了するとのこと、
 言葉と媒体を奪われると、芸人は老化が早いからな〜。
 彼らホームページやってるんで、
 リンクはるから、応援してやってくれ。
.

 3月10日  火曜

 ビバ起床。体調悪し。

 本橋信宏「アダルトビデオ」(飛鳥新社)一気に読了。
 バブルの時代に「後がないと」猛烈な仕事ぶりで、
 ハーレムを作りあげ、そして、全てを失う、
 「栄光をつかんでも敗北をつかんでも、結局人生は無駄骨だよ」
 と語る村西とおるに哀切あり。

 20時より、ニッポン放送
 「あのねのねのオールナイトニッポンDX」ゲスト出演。
 原田伸郎さん、初対面。
 我々の肩書きが台本上、カツラKGBとなっていたにもかかわらず、
 そこには、伸郎さん触れず。シュートな瞬間。

 下北沢、岡田マネ、伊従マネと打ちあわせ。
 2時間漫才、東京2日(8月21日、22日)大阪でもやる。
 「蜜の味」のOA、久々のキッド節だった。
 予定調和でない部分を残そうとする、編集に意気に感じる。

博士の悪童日記<98年3月中旬>へ

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る