.
 5月11日  月曜

 『第8回 浅草お兄さん会』、雨のなか、満員御礼。
 優勝は、ニトログリセリン、
 準優勝は、東京ダイナマイト、3位、骨太熱。

 このところ、この3強という感じだが、
 大川興業連中の強さは
 出番前までの徹底的なネタ合わせの姿勢だろう。
 (芸人仲間にネタを聞かれるのが、嫌じゃねぇのかな
  〜とは思うのだが、客入れまで、マイク前でフルネタ、
  何回も練習するのだ、新日本の若手レスラーみたい)

 しかし、ウチ(オフィス北野)のスピジーとかが、
 この多摩川グランドレベルで、さも、そのほうが、
 格好良そうに「ネタ合わせ嫌いなんですよ」なんて言ってて、
 楽屋で漫画を読んでダラダラ余裕かまし、
 優勝するならカッコいいが、
 結果、舞台でネタが跳ぶような失態になるのは、
 結局、我々の影響もあるなぁ。

 オレたちも、とにかく、もう稽古やらなさ過ぎかもしれない。
 キャリアでカバーしてるのだが、
 客には、きづかぬネタ忘れ、ミスだらけなのだ。
 昔、軍団の現場処理の負けゲームを見て、
 寒々とした悪しき伝統の再現なのだ。

 打ち上げ、酒飲んで、今日の屈辱はアルコールで流す。
 何回、この風景を見たことか?
 ああ、オレたち冬木軍?ブリーフブラザーズ?

 前座に猪木ネタで出場した、
 樽井良和という人は、一見、電波系の方かと思い気や、
 『直接民主制』(近代文芸社)なる
 著作もある(別に読みたかないけど)
 議員秘書及び、会社経営者という肩書きの御仁なのだが、
 たけしさんの弟子になるか、
 小泉純一郎氏か管直人氏のもとで秘書をしたい〜と言う
 なんだかよくわからない人で、オレの興味を誘ったな〜。

.
.
. 
5月12日  火曜

 13時、ういすぱー「電撃王」取材。

 オレHPは営業告知板である〜なぜならこうっやって、
 取材受けてんのもこのHPを読んだからなのだから
 〜と説明してるが、凡庸だ。

 ビデオで見よう、見ようと思ってた
 「女優霊」「チンピラ」2本ともオモロ。
 軍団のユーレイさん、ダンカンさん主演の2本立て。
 女優霊の監督、中田秀雄氏は、
 中京テレビの瀬古さんに似て異能顏。

 夜、中野、ショムニ、串焼き。
 ねこじる画伯が自殺の報を聞きながら就寝。

.
.
. 
5月13日  水曜

 あおじるオヤジの催促の電話で起床。

 夕方、ドゥへ。
 オレの利用してるプロバイダーから、
 「パスワードが300人分、漏れて、
  掲示板に掲載されているので、パスワードを変更してください〜」
 という内容のメールがあったが、
 こういうのは、電話で直接、本人に連絡すべきだろ。

 ネットとかもう面倒だね。
 皆、顏見て、気心しれた人と話していたほうがいいよ。
 本当にネットやってると人間不信と無口になる。
 
 と、思ってる時に遅ればせながら、
 元週刊プロレス編集長、ターザン山本氏が始めた
 ネットマガジン「マイナーパワー」を読む。
 近日有料化(月に500円、年間6千円ってことで)するらしく、
 オレの廻りには、ターザンのジャンルの食い物ぶりに、
 業界を追われた落武者の悪あがきぶり、
 そして昭和を引きずる老害ぶりに、
 やたらと批判だらけなのだが、読んでみると、めちゃオモロ。
 (と、書くのは、本質的にオレがターザンの文章家、
  アジテーターとしての資質や、自分に対して無自覚な、
  壊れたキャラクターのファンなのだと思う)

 オレの周囲にいる人が、
 それぞれに濃いプロレス論客(しかもプロも)多い、
 しかも前田信者であるので、
 オレが終始ターザン贔屓であることは、
 まるで、底の浅い業界ドシロートのように
 あしらわれることが多いのであるが、
 プロレス、格闘技のジャンルに対し、
 相対的にターザン論説位が必要十分な、
 このジャンルにフアンとして、
 しがみつく表面張力の限界的なところがある。
 これ以上、こぼれ落ちるような、底なしの裏を知って、邪推して、
 とくとくと仕掛けや陰謀を語るような、
 すれっからしのファンにもなりたくないのだ。.
.
.

 5月14日  木曜

 ビバ起床。

 主だった活動は、雑誌読みと散髪くらいなもんさ。

 『コミックビンゴ』、興味なかったのだが、
 文春・目崎さんラインで、
 読んでみたら意外にも面白いではないか。
 特に「決戦前夜」(原作、新潮社だろ)とか、
 本宮ひろし「江川卓物語〜たかされ」とか。

.
.
. 
5月15日  金曜

 昨日、内乱発生のインドネシアから、
 江頭、松村相次いで、帰国。

 この海外お騒がせ日本の恥野郎、
 二人とも今回は何も関与していないのか?
 インドの核実験のおかげで床暖房?

 アーチャリーじゃなくて、北野井子ちゃんのデビューイベント、
 及び、プロモ、ワイドショーで見る。
 子供の頃から知ってる人が、
 芸能人になる瞬間ってのを初めて身内意識で体験したので、
 不思議な感慨。
 もちろん伯父さん、生涯味方ですけど。

 オーストラリアから、東京ショックボーイズ
 (電撃ネットワーク)のギュウゾウからメール、
 ああ、まさに電脳ネットワークではないか。

 19時半、全日空ホテル朱鷺の間で、アサ芸本、対談。
 テリー伊藤さん、山田美保子さんと。
 テリーさん、ハイテンション。
 昼間、3時間生放送のラジオを月〜金を口角泡飛ばしつつの、
 怒鳴りちらしのトークでこなしつつ、
 今日はラジオ終わりでジムで、
 水泳1キロ、我々の前にルビー漏れの、
 じゃなくてルビー・モレノと稲川素子と対談、
 そして我々と2時間、バカ暴論話した後は、
 ニュースステーションにニコリとすました文化人顏で出ていた。

 フランク・シナトラ死去。久々に大物になんの感傷もなく、
 ゴーイング・マイ・ウェイですな。

 「誘う女」ビデオで。
 ニコール・キッドマン扮する、
 上昇志向の固まりの地方のお天気キャスターに
 旦那が謀殺される物語。
 監督、ガス・バン・サイト。.
.
.

 5月16日  土曜

 ドゥへ。
 連日の自堕落部でここ1年で最大の重量になっている。
 サイキッカー的に言えば、ジラ太り。
 
 この言葉の語源について、
 よくサイキック関係のボードで話題になるが、
 これは、つかこうへいの「腹黒日記」から。
 当時担当編集者であった見城徹氏の見た目を言ってる。
 (ちなみに本のなかでは、山口県地方の言葉で
  わがままで太ると、注記されてる)
 しかも、ラジオ頻出用語になったのは、
 6年程前、「ABCラジオパラダイス」で
 ボクが意図的にこのフレーズを話だし、
 語源、出典の知っている当時、作家で入っていた竹内さんが、
 その語感を面白がり、サイキックで多用するようになり、
 それを誠さんが、ジェラ太りと聞き違え、
 今に至るようになっていると思う。

 だから、ジェラ太りは正しくないのだが、
 ジェラシー太り=ジェラ太りってのも
 それはオモロそれでオモロなのだが、ってオレは金田一先生か。

 「モノマガジン」の連載、
 オタキング、岡田斗司夫氏の日記に
 オレが先月この日記に書いた氏への悪口を引用しての、
 謝罪文が書かれてある。

 いや〜〜ネットって本人が見てる場合あるんだな〜。
 僕的には、いけすかない文化人野郎と断言してしまった方と、
 このインターネットを通しての、面識のないままの、
 交流には「ここまで見てんのか?」の驚き。

 本人に届くように書いたつもりはなく、
 我が先輩、ダンカンさんへの義侠心と、
 またオレの廻りに増える岡田シンパの人に向けた、
 文章のつもりだった。
 でも、懐柔、談合することなく、無視せず、謝罪ってことでは、
 「いけすかねぇ文化人」ってのは撤回します。
 そのお返しはお見事だと。
 「いけすかねぇジラ太り」としときます。

 でも、マジな話、岡田斗司夫 著『マジメな話』は、
 オレは読むべきではないが、
 オレ以外の人にはお薦めよ。
 で、こういうマジメな話をもうこの本を最後にしたいという、
 岡田氏の「この役、担うのはもう、嫌だ」って気持ちは、
 自分達の世代に共通する
 「それが、ワカッタからってどうした」って気分ナノだと思う
 〜ワカッタところで日々がシャンパンのようにキラキラと、
 耀き始めるわけでもなく、
 重いカナズチを背負わされるだけなのだから。
 そのカナズチが、大工さんのように
 ツールとなる人はいいのだろうけれども、
 組み立てる意志のない人には動きズライよな〜。

 朝日ニュースター、『CSでゲーム!』
 ゲスト夕樹舞子、児島奈津子。
 一時間前には高成田さんが、
 ニュースのデイべートしていた放送局で一時間後には、
 香港異臭騒ぎのまで起こした
 国際AVスターの夕樹舞子が出演か?朝日で?

 実物・夕樹舞子にはあがったな〜。
 オレがエロ雑誌に「博士の異常な愛情」連載中に、
 彼女が風俗店の客寄せ用のフォトが、
 とびっきり可愛い、女の子として風俗誌に掲載されており、
 林由美香、貝満ひとみに続く、この本の狂言廻し、
 登場人物になってもらおうおと、
 池袋の「学園天国」に早起きして何度指名電話したことか〜。
 諸事情で願いは実現できず、
 その後、転身後、AVクイーンとして君臨、
 引退、再復帰となったわけだ。
 その事情通としての会話はなされぬままに。

.
.
 
5月17日  日曜
 
 夕方の「お見合い」の約束がキャンセルで、また出不精部。
 一日中、テレビをみつづける。

 テレ朝のバカ映画、パメラ・アンダーソン・リー主演
 「バーブ・ワィアー」まで、見た日にゃあ、
 自分でも、ミスター・暇人だと思ったな〜。
 
 ビデオで「驚き桃の木」の山村美紗。
 嵐山のミステリーの女王邸の内部をカメラが映しだしており、
 また西村京太郎の出会いから、愛人、隣人となるまでの
 まっ正直なインタビューまで差し込み、
 長年囁かれていた下世話な噂話のミステリーが解けた。
 (と言っても、山村も西村の本もまた、
  ドラマ化作品も一度も見たことがないのだけど)

 ビートニクラジオのOAチャック。
 やっぱ、オレ、すんげー、あがってるんだな〜。
 出題読むのにうわずって、かみかみ。 声紋とれば別人だな。.
.
.

 5月18日  月曜

 千原兄弟のビデオを3本見る。
 想像より面白いし、
 ビデオ(舞台演出)のクオリティもお笑いとしてはハイレベル。
 ビデオタイトル「金龍飛戦」の最後のJrのナレーション。

  〜僕が 死ぬ間際に見る 
  頭の中がぐるぐるまわる
  思い出の中には
  「金龍飛戦」が必ず入ってる 
  だから きっと僕は 
  彼のように
  笑いながら死ねるんだ〜


 千原兄弟が、ある時点から、
 テレビ的なブレークが遅れてるように見られ、
 それが、彼らの性格や気難しと深味を
 誤解されていくものの要員の一つには、
 こういう台詞にある。
 「お笑いだけが好き」なことは宣言済みであるはずなのに、
 「お笑い以外のもの」がここにはある。
 それはコアな客には実に魅力的な面でもある。

 マラソン選手の実績(記録)より、
 その遺書の方が大きな意味を持ってしまう、
 円谷選手みたいなものか?
 でも「この世界で一番になる」って決意は、
 外に語っていかない方がいい。
 〜と思うよ。そう思っているにしても。

 って僕がこんなことを書くのも本来のお笑い以外なことである。
 お笑いなら、邪魔で書かないほうが良いことだ。
 浅草キッドの最大の敵は
 自己批評だと雑誌で言われるくらいなのだから。
 (そんなことは、自分でよ〜くわかってるのだけれどもね)
 最近の結論は、
 考えて考えた末に「考えないこと」が一番良いことなのだ。
 そこに身を任せる。そしてやるべきことはやる。

 「龍飛戦」の後、渋谷「龍飛」で食事、顏合わせ。
 そのまま、渋谷の街を移動し、SMEのシメさんと、
 ビートたけしのANNのCD-ROM化の打合わせ、
 意見交換。
 難事業。「フィッツカラルド」山に船を通すような作業だ。
 メリットを期待しない情熱しかないのであるが、
 浅草お兄さん会の高瀬くん(この人はちなみにど素人)が書いた、
 企画書が読めるように後でリンクしときます。

 <ビートたけしのANN企画書>(←現在Not Foundです)
.
.

 5月19日  火曜

 TFMで打合わせ。
 珍しく松田さんも参加。

 二日酔いで体調ボロボロ。
 黙っていても気持ちが悪い上に、
 大物ゲスト、最強ボスキャラ登場の決定に
 途中から油汗が出てくる上に、
 ドッと重荷に息苦しくなる。

 新スタッフに公募のラジオドラマに
 採用された女子大生がフリーで。
 それって、そのまま映画の「ラジヲの時間」じゃん。.
.
.

 5月20日  水曜

 ビバ起床。
 古館さんゲストで、オモロオモロの一時間半。
 
 ドゥへ。
 坂上の漫画喫茶で浦沢直樹の『モンスター』読むうちにはまり、
 書店で全館購入。
 だったら漫画喫茶行くなよ。
 中野駅で待ちあわせ。中華居酒屋で食事。
 また朝までロングドリンキング。

 〜業務連絡〜 
 
 感想メールにメールアドレス書いてないとお返事はできません。
 もどってきちゃいます。

 それから、「水道橋博士の異常な愛情」は
 青心社のほうに残部3千部程あります。
 書店、あるいは発行所のプラザの山下さん(06-543-0234)に
 直接注文してください。

 <博士の悪童日記1998年5月下旬>へ

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る