7月1日  水曜

 北尾引退?34歳。
 元横綱、双羽黒、元八百長野郎発言男、今、何を想う?
 北尾の本音の肉声を聞いたことが無い。

 三浦和義無罪。
 14年ぶりの釈放に何を想う?
 タイム・カプセルを開けられて、野次馬的思い出に浸る。

 13時、「ういすぱー」で非商業誌のインタビュー。
 なんとも、オレ、バカ正直な丁寧な受け答えをしている。
 「将来の目標?」などの質問に、
 「そうですね〜」とうつむき、
 すっかり威勢よく答えられなくなった。
 この現象を自分で「新日・野上化」と名ずける。
 もちろん、それを良しとはしてないが。

 19時、T−FM 打ちあわせ。
 夜、無法松一行と酒、皆さん明るいが一人酒にダウン。

.
.
 
7月2日  木曜

 20時、ホイッスル渡辺さんに呼びだされ、
 「どんたく」で食事だが、ビールがこたえる、
 体が拒否反応が出てるのに、〜わかっちゃいるけどやめられない。
 赤江クン来宅。
.
.
 
7月3日  金曜

 15時、「ビートニクラジオ」収録。
 本日で殿、映画の新作クランクインのため、しばらくお休みになる。
 ゲストにローテンション(企画)の谷間と言えばこの人、
 みうらじゅんさんを迎えて2本取り。

 みうらさんってその多岐に渡る膨大な
 バカバカシしい仕事ぶり、お笑い精通ぶりに、
 芸能人の人でも、どうしても視野に入るか、
 なにかと接点があるものだが、
 なんと殿と初対面と言うのでビックリ。

 しかも、殿、
 みうらじゅんさんの仕事に関しては、まったく存じ上げない。
 (オレなど、みうらさんの仕事の9割方面白いと思えるし、
  オレにとってのバカ偉人なのだが、それに、
  なにしろ名著『やりにげ』原作者と主演俳優アイダガラだ)

 殿って、なんにでも物知りだが、本当に、
 自分より若い世代の旧サブカル周辺のことには
 まったく興味がないし関心を示さない。
 例えば、テレビ番組、ラジオ番組、マンガ、雑誌、
 アニメ、ドラマ、洋楽、ゲーム、映画などに影響を受けない。
 おたくとかマニア、コレクターって癖が皆無。
 〜あたりまえのことだが、本人そのものが
 「マイブーム」って言葉そのものを具現してる人なのだから、
 芸能界でずっと「オレ(殿)ブーム」のままなのだから。
 オレはこれはどエライことだと思う。
 
 で、みうらさんと2時間エロ話しに終始。
 みうらさんって殿の目にどういう風な人に映ったのだろう?

 松本人志のビデオ「約束」が文句無く素晴らしい。

.
 
7月4日  土曜

 午後より、新高輪プリンスで営業。
 巴商会サマーフェスティバル。
 立食パーティーながらネタ30分及び、ゲーム司会。

 「CSでゲーム!」収録。
 今日より「サクラ大戦2」。解説に堀井憲一郎氏。
 またも、しりきれとんぼに。
 
 帰宅後、ズンドコ原稿書き。.
.
..
. 
7月5日  日曜

 腹痛でダウン。一日が暑くて痛くて長い。
 〜が、そういうものだ。.
.
..
 
7月6日  月曜

 午後から、ぶんか社で竹内義和さんの新刊本の巻末対談。
 そのまま居残りお喋り。

 日本テレビに移動、12日の選挙特番打ちあわせ。

 ぶんか社に引き返し、ペントハウスの対談。
 ビデオ男優、チョコボール向井氏と。
 オレはビデオでこの人のチンコを一番見てるかもしれない、
 チョコのチンコは「息子」と言うより
 「甥っ子」って感じがしますよ〜と。
 3,000人斬りを果たした、男優は来る日も来る日も、
 裸の女に囲まれ色欲の煩悩がなく、
 松岡修造めいた、さわやか顏で、
 「汗をかくことがボクの最高の自慰行為です」と答えたのだった。
.
.
 
7月7日  火曜

 七夕か。
 去年とは大違いだ。スペインの牛追い祭りのほうがいいな。
 
 14時、ういすぱーで、
 女性誌『MORE』の取材、例によって風俗。
 「博士の異常な愛情」をスタッフで廻し読みしてくれて、
 「面白い」と言われるのは、ありがたいが、
 女性記者4人に、よってたかって風俗の魅力など聞かれてると、
 人権団体に吊るし上げ、いや、輪姦されてるようだよ。

 16時、東京スポーツ、13日の宣伝に向かったところ、
 予定通り、江頭、ダイナマイト軍団に襲撃をくらう。
 帰途、一心ラーメン。

 日刊スポーツによると、
 昨日アントニオ猪木が来日?ミスター・ウォーリーに変身したらしい。
 全く、ナイスすぎますねぇ〜。

 『アントニオ猪木(55)が「サル芝居」で、
  UFO(世界格闘技連盟)の選手不足をごまかした。
  大物外国人と称した小川直也(30)の練習相手が来日した。
  ところが、姿を見せたのは、
  サングラスに付けヒゲで変装した猪木だった。
  「ミスターウォーリー」とだけ名乗ったが、
  長いアゴですぐ猪木と判明した。
  参加選手がなかなか決まらないため、話題作りの苦肉の策とみられる。
  10月に東京で旗揚げ戦を予定するが、開催できるのか疑問だ。』

 中身の記事を抜粋すると

 『うさんくさいウエスタン男が、成田空港の到着出口に現れた。
  テンガロンハット、サングラスに、鼻から下はひげで覆われている。
  歩き方が何だか、ぎこちない。
  よく見ると、あごが異常に突き出ている。
  小川の練習相手として日本にやってきた変なオジさんは、
  「ミスター・ウォーリー」と名乗った。
  しかし、長いあごからすぐに正体は猪木と判明。

  迎えに来ていたUFO参謀役の佐山聡(39)と小川は、
  途中から吹き出してしまった。
  55歳の猪木が自ら変装して現れたのは、
  UFOの話題づくりだけではない。
  小川の練習パートナーを引き受ける選手がおらず
  “苦肉の策”として猪木が変装したようだ。
  厳しい現状だが、猪木は少しもめげていない。

  この日夕も、パフォーマンスを続けた。
  スポーツ平和党が、東京・渋谷のハチ公前で参院選の遊説。
  そこへ付けひげ姿に葉巻をくわえて登場。
  宣伝カーの周りをうろついた。
  東京選挙区から出馬している実兄の快守(よしもり)氏は、
 「UFOはどこにでも現れます」とあおった。
 「お笑い」に 味をしめた猪木が、
  マジにミスター・ウォーリーとしてUFO旗揚げ戦に出場しかねない。

 当然一面と思い気や、東スポでも、この記事、扱い小さいし、
 プロレスマスコミこぞって、はた迷惑のお騒がせ〜って感じなのだが、
 そんなバカな、こんなナイスな風景なのに、
 「紙プロ」に期待します。
 表紙はもちろんだが、
 「ミスター・ウォーリー」の特別ピンナップとかつけてくれ。

 赤江くんとネタ作り、及びズンドコ原稿。
.
.
 
7月8日  水曜

 赤江くん来宅、
 ネタ作りに励まねばならないのだが、迷走につぐ迷走。
.
.
 
7月9日  木曜

 ネタ作り、迷走。出口なし。
 設定のビューティートークのバーナル、
 太田勝社長が寝ても醒めても脳裏をよぎる。

 「誰が新井将敬を殺したのか」大川豊著、
 「ある日突然縛られて」大谷佳奈子著、を読了。
.
.
 
7月10日  金曜

 目黒、鈴木その子邸
 『未来ナース』〜その子の花園4本撮り。
 目黒邸では最後に。
 それにしても、わしらは、
 苦心して言葉を選び選び、やってるのだが、
 出演者は、「土人」他、放送禁止連発で、実にロケ現場だな〜。

 FMで不完全版が放送されるので、
 「高田名人会」の時の漫才ネタを久々にアップ。(鈴木リンク頼む)

.
 博士の悪童日記<98年7月中旬>へ
.

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回


.

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る