12月21日  月曜  

 気が付けば、昨日の最後の記憶を何もなく、
 着の身着のまま、眠っていた。

 19時、半蔵門ぴあ本社へ。
 『IDO情報ダイアル』3本分収録。

 21時、T−FM打合わせ。
 岡田マネ、顔色最悪、体調不良で切り上げる。
 年末はこの業界で仕事やってる人は
 倒れるに決まってる。

 ズンドコ原稿。
 ここのところ連日起こった、
 ホイス、ホイラーの負け試合について。
 グレイシー神話が崩壊しているのだ。.
.
..
 
12月22日  火曜  

 渋谷ビデオスタジオ10時半入り。
 新年からのスカイパーフェクト『北野チャンネル』用。
 北野ワイドショーとなるのか?
 浅草キッドがメインパーソナリティーに抜擢されたのは、
 良いことではあるのだが、
 地獄の28本(!)取り。

 事前には何も知らないまま、とにかくカメラ前に。
 何をやってるのかわからなくなるほど。
 面白いコーナーもあればあきらかに駄目なコーナーもある。
 とにかく出たとこ勝負なので、やるしかない。
 テレビシロートの浅草お兄さん会の面々とともに。

 丸10時間出ずっぱり。
 初めて渋谷ビデオスタジオの通称殿楽屋を使わせてももらい、
 感慨ひとしおなのだが、
 こういう生活を毎日、殿はやってるんだな〜と思うと
 手は抜けないものだ。
 水野先生、赤ヒゲ先生、
 根本敬さん、平口弘美さんらが入れ替わり立ち代わりのゲスト。 .
.
..
 
12月23日  水曜  

 2時間睡眠で白銀台へ。上品なレストランでの撮影。
 『SRS』来年放送分、98年ベストバウトランキング内の
 裏ベストバウトランキングを大槻ケンヂとともに認定役に。

 オーケンに遂に「パワーブック返してくれない」と。
 スマン! もう手元にないのだよ。
 生藤原紀香も見納め。
 新人・谷あいちゃん、
 森本レオさんとお話。
 森本さん、スキューバーダイビングの免許を取りにいた際に、
 偶然、素潜りしていた談志師匠と遭遇したらしい。
 そして二人で朝まで飲んだとのこと。
 「まるで形見分けをしてもらったような一晩だった」と。

 サダハルンバ谷川さんと浅草キッドのビデオ及びライブのお話。

 ベストバウトの一位が、K−1戦線すでに離脱の、
 ジェロム・レバンナvsサム・グレコなのは、
 この番組の公平さを感じた。
 終了後、打ち上げ。

 ここでスタッフによる、
 実に手の込んだ「Sー1グランプリ」の趣向あり。
 というより、シロウトによる殴り合い、蹴りあいなのだ。
 格闘と名のつくものなら、土佐犬でも、軍鶏でも、
 興奮する性質なので大満足で見守る。
 4試合、コボトン・グレイシーvsサブ・グレコ。
 ホンマ・ザ・マンvsイソエ・ザ・ジャイアント・ノルキア。
 決勝はサブ・グレコvsホンマ・ザ・マン
 でサブ・グレコの優勝に終わる。
 Kー1ルールはシロートでもオモロいな。
 KPGでも参戦したいと申し出るが、誰かやらんかね。 .
.
..
 
12月24日  木曜  

 虎の門、FMサウンズで
 TFM『ディア・フレンズ』(1/4放送)石井竜也さんと収録。
 「玉袋さんって変わった芸名は…」と聞かれる。
 昔、「快楽通信」で共演したこと覚えてない様子であった。

 ラーメン二郎で昼食。
 事務所。

 ニッポン放送『チャリティーミュージックソン』に出演。
 メインパーソナリティーがテリーさんと上ちゃん。
 時代は変わるもんだ。
 ニッポン放送が社員総出の臨戦態勢で、
 その規模、社運をかけたスケールにビックリだった。
 作戦本部と化した、スタジオだが、
 ここに北朝鮮からクリスマス・テポドンなど打ち込まれた日にや、
 大変な騒ぎだろうな。

 出番前にヤクルト宮本、真中、池山選手とすれ違う。
 宮本選手に「大ファンなんです。一緒に写真とってください!」
 と言われる。
 野球選手にこんなこと言われたのは初めてだ。

 ラジオと連動のCS放送に出演。
 局アナに「玉袋さんってずいぶん変わった芸名は…」
 本当にオレたちって無名なのだな〜。
 そのままフジテレビ控室元旦番組用ネタ見せ。
 作家の高橋さん、ディレクターの福島さん見守る中。

 ラウロで食事。
 テレビデオ。 .
.
..

 
12月25日  金曜  

 東さんとジャンジャンの件がフライデー及びスポーツ紙に。
 よのなかばかなのよ。
 よのなかばかなのよ。
 溺れる犬すら平気でぶつ。
 そういうものだ。
 そういうものだが、
 こういう話があろうことか、
 男の学校であるべきたけし門下で起こりうることが信じられん。
 ジャンジャンはこの世界にいてはならない人であった。

 東スポ原稿2週分。赤江くんとメールで応酬。

 年賀状書き。

 フジの『ネタ見せ』はねられたと聞く。

 チョイナ来宅。すぐに帰る。 .

.
..
 
12月26日 土曜  

 昼前に現場へ。
 『タモリ倶楽部』ロケ。2本撮り。
 「やらしい写真オセロ略して「ヤラセロ」」
 柴田理恵、堀部圭壱、オセロと一緒に。
 番組の趣旨よりもオセロそのものに夢中になってしまう。
 本日は『タモリ倶楽部』連投。

 2本目、「クイズに答えてなべやかんと鍋パーティー」
 井筒監督、加藤ありさちゃん、有坂来瞳ちゃん
 U-TURN、プリンプリン、デンジャラスとともに。
 スタッフと若手芸人たちが皆、ナァナァの良き仲なので、
 オヤ?と思っていたら「ボキャブラ」で一緒なのだった。
 そう言えば、「ボキャブラ」って
 「タモリ倶楽部」同じ制作会社なのだ。
 それを全く意識してなかった。
 プリンプリンがフリーになっていたのを初めて聞いた。
 ジャリズムの解散話なども本当だったのだな。 .
.
..
 
12月27日  日曜  

 『ビートニクラジオ』収録。
 昨日はタモリ、今日はたけしの仕事納めとご一緒なのだから、
 嬉しいことだ。

 虎ノ門、FMサウンドにて。
 一本目がとって出し。
 「98スキャンダル大賞」、カードゲーム方式で。
 2本目が新年一本目、マー兄ちゃんこと北野大さんがゲスト。
 スタジオの外には、北野家の長男、重一氏の姿も。
 北野3兄弟が揃ったところを初めて見る。
 この後、殿、『有名人が集まる店』の収録へ。

 我々はそのまま打ち合わせに。
 案の定、『爆笑ヒットパレード』のネタ見せが、問題。
 スタッフとの信頼感を失いたいわけでもなく、
 自分たちだけが、ぬけがけしたいわけでもなく、
 自分に特別扱いの大物意識があるわけでもなく、
 お話したのだが…。
 
 大久保通り沿いの台湾料理屋で、
 松田さん、赤江くんとささやかな忘年会。
 後から合流。
 松田さんを車で送る。

 人生ゲームでドンブルに化けられ初のマイナスを記録。 .
.
..

 
12月28日  月曜  

 ノリピー、電撃入籍にマンモス・ウレピーか?
 ぶんか社、ペントハウス対談の単行本化打ち合わせ。

 時間があれば読もうと思っていた
 『プロレス至近距離からの真実』(ミスター高橋著・講談社)を。
 ノンストップの違う事無き名著。
 こういう本を読むと芸人=レスラーと置き換える視点のある
 オレとしては、芸人側のプロ意識の低さばかりを思うのだ。

 逆に読まなければ良かったと思うほどのものが
 週刊新潮に連載されていた
 『出所した愛犬家・連続殺人「共犯者」戦慄の告白手記』
 のコピーを。
 創作ではない、事実の話に吐き気を催すほどのドス黒さ。
 これを面白がる神経はないのだが、
 これまたノンストップで読んでしまうのも事実。
 人間の暗黒面がこれほど深い闇だとは。
 そしてその深い闇をもつものが、
 例外的な個人・鬼畜、関根元だとしても、周りの人すらも巻き込み、
 またこの事態に平気に慣らされる〜ものとは。
 こういう手記が、ある意味で「オモロ」で語られるのも、
 また、たまったもんではない。

 日本テレビの『俺にも言わせろ』のエグさもないな。
 岸部四郎、マリアン、千葉マリア、松方隠し子はまだしも、
 横山弁護士やら、とうとうカバキまで登場。
 「こういう事件を掘り起こして欲しくない被害者もいるはずです!」
 と締めくくれる神経も尋常ではない。

 フジの『スマスマ』の裏でこのナリフリかまわぬ
 番組作りの精神は、ワシは日本テレビを見るに決まってるが、
 なんとも共犯意識をもつものだな〜。
 もちろんカバキは出すべきではなかった!
 って意見が大半を締めることは、作り手は絶対にわかっている。
 リスクの大きさはわかりきってる。
 また「カバキを出すなんて…」の
 この意見の月並みさはオレもよくわかっている。
 それにしても…とも思うが、
 また、このイケイケドンドンの姿勢も実に
 攻めの日本テレビらしい。 .
.
..
.
 
12月29日  火曜  

 バウバウ松村くんに誘われ、新橋の『大吉』でフグを囲む。
 雨空ライポ、ナルコが一緒。
 ナルコが腎不全で、一日3回の人工透析の身と聞く。
 心より同情する。

 辰吉防衛戦に失敗。
 タイの英雄、ウィラポン・ナコンルアン・プロモーションに
 6R、遂にマットに沈む。
 嗚呼!辰吉! .
.

..
 
12月30日  水曜  

 スリーハートで散髪。 
 その間に『猪木寛至伝』を再読。

 最後の人生ゲームで総資産2億円を突破!

 シアターアップルで行われた
 『すっとこどっこい年末スペシャル』で、
 見事に東京ダイナマイトが優勝!!の報を聞く。
 赤江くん来宅。 .
.
..
 
12月31日  木曜  

 昨年末に引き続き、
 富士急でファイナルカウントダウンイベント。
 御殿場で車窓から黒い雄大な不気味な富士山を見納め。
 18時に出て3時間かけてたどり着く。
 昨年と同じく風流三昧の3人と一緒に。

 寒空のなか、一時間半のイベント。
 そして99年を無事迎えたのだ。
 仕事が数珠つながりのまま、新年は続く。

 イベント終了後、
 新しくできた「呪われた病室」のホラーハウスを見学。
 エスティマに乗って帰郷。
 
 途中、スズキが合流し、ビデオで『紅白歌合戦』を車中で見る。
 フジテレビにホテルをとって貰ったのだが、
 ここで、軽く年越しソバ。
 紅白を終えた、ウドちゃん、朝に入りだったB&Bと遭遇。
 一睡もすることなく『爆笑ヒットパレード』へ。
 フジテレビで紋付き袴の正装に着替え、
 中継用のヘリコプターに乗り込んだのだ。.
.

 博士の悪童日記<99年1月上旬>へ
.

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る