5月21日  金曜

 二日酔い。
 隣で米粒・居島が寝ていた。

 起きてから、ゲロゲロと吐きつつ、ずっと原稿。
 2週間分を今週中に済ませようってことで。
 合間に散髪。

 荻窪迎え、話し合い、送り。

.
.
 
5月22日  土曜

 今日も原稿。

  中野翠さんからFAX。
 『百万両の壺』のビデオ返却されたしの旨。
 それと、幻冬社のPR誌に書いた、
 『みんな悩んで大きくなった』の書評を送ってくれた。
 こういうのって折角、褒めてくれているのに、
 書かれてる本人は何も知らないものなのだな〜。

 浅草キッドについてこういう事書かれてましたって、
 何かそういうのを見つけたらメールください。


 「男の子」の情けなさと
 かわいらしさ溢れる、好もしきシモネタ本
 :中野 翠

 いわゆる「シモネタ」は嫌いだ。
 あけすけなセックス話は、自分で語るのも
 ひとからか聞かさせるのも厭だ。
 特に女が語る「シモネタ」。
 私がウーマン・リブとかフェミニズムとか
 ジェンダー論とかいったものに対してひややかなのも、
 持って固まった女の「シモネタ」は聞きたくないわい、
 というのが一つの理由になっていると思う。

 「シモネタ」が嫌いだからといって、
 「性」に興味がないわけではない。大いに興味がある。
 ただ「性」の話には最もその人の品性が出てしまうものなので、
 感じよく面白く語れる自信のない人間は黙っていろ、
 と言いたいだけなのだ。
 取りあえず、品性に自信のない私は黙っている。
 「秘すれば花」と念じながら。

 さて、『みんな悩んで大きくなった』は、
 そうとうあけすけな、「シモネタ」インタビュー集である。
 漫才コンビの浅草キッド(“水道橋博士”と、私が何とかして
 芸名をタマとか何とか無難なものに変えてもらいたいと願っている
 “玉袋筋太郎”)が各界有名人言をゲストに迎え、
 オナニー体験について語り尽くしたという本である。

 ゲストの顔ぶれは、ビートたけし、
 みうらじゅん、伊集院光、根本敬、団鬼六など13人。
 専門医をゲストに迎えた回も私には勉強になって面白かったが、
 話題性を狙ってだろうが、鈴木その子の回は、
 べつだん面白くなかった。

 「シモネタ」にはきびしい(?)私だが、
 読みながら何度も声に出して笑ってしまった。
 頭の中で笑うことは多いが、
 声にまで出して一一ということは結構少ない。

 一番笑ったのは、水道橋博士の小学校時代の話。
 博士が自宅にあった電気マッサージ器を局部に当ててみたら
 とても気持ちがよかった。
 何となく罪悪感があって秘密にしていたのだが、
 「兄貴の部屋からもブイーンって夜な夜な聞こえるんだよ」。
 罪悪感に駆りたてられて
 マッサージ器のコードをハサミで切ったところ、
 「次の日、兄貴の部屋に
  それをビニールテープで巻いて補修してあったの。
  その時、この執念、同じ血を分ける兄弟ながら、
  ヤツは凄いなと思って」。

 ついには、マッサージ器を裏庭に穴を掘って埋めるところまで
 エスカレートしたのだが、
 「次の日に兄貴の部屋から、また耳を疑うような
  ブイーンていう音がして、まさかって思ったら、
  そしたら泥だらけになったマッサージ器が!」。

 全裸に「男の子」の情けなさとかわいらしさが横溢している。
 何かもの凄く不条理な力に振り回されて
 オロオロ・オドオド・ジタバタしている「男の子」というもの一一。

 浅草キッドは二人とも三十代だが、私には「男の子」に見える。
 「少年の心を失わない男」なんて手垢についた言葉は厭だが‥‥
 それは
 「男の生理のマヌケさ滑稽さをいつまでも忘れない男」
 という意味だったら、いい言葉だと思う。

 「下品」は免れないが、決して「下品」に陥ってはいない、
 好もしき「シモネタ」本である。


 そう言えば、プロレス関連ネットで、
 我々の漫才の中の発言を巡って論争があったとの報告が、
 このところしきりにあったが、
 ネットで匿名で、
 揚げ足とりやってる連中には、
 全く興味なしです。
 何度でも言うけど、
 「プロレスについてしか知らない人は、
  プロレスについて何も知らない」ってことで。
 「外野の野次を気にしてプレーしてるプロはいませんよ」と。
 
 BSー2カンヌ映画祭特集。
 殿のカンヌ受賞に俄然期待高まる。

 テリー伊藤さんの番組内、
 『乗ってけリビング』で購入した、
 黒毛和牛ハンバーグ試食会。
 普通、ラジオ通販でモノは買わないよね。
 なにしろ、それくらい美味そうに喋ってたんだよ。

 6・2までの、約束締結。

 森羅万象、24時間、やる気を持って、
 休止中であったサブ・トレーナーも再開する。
 二人三脚で、腹筋・背筋・腕立てやってるだけだが、
 この姿勢でサブくんに、放屁してやるのが、
 ささやかな、喜びなのだ。

.
.
 
5月23日  日曜

 15時半、四谷スタジオ『トゥナイト2』収録。
 いつもの、誠さんの火曜日ではなく、珍しく月曜日分。
 袋とじエロ雑誌の魅力についての講釈。
 このところ、『トゥナイト2』のエロコメンテーターに定着。

 昨日の有明大会、リングス、
 WOWOW放送ビデオで。
 田村がタリエルを破って無差別級のチャンピオンに。
 山本が高阪に勝って、
 小川に対戦要望。
 いろいろと、噂のあった大会なのだが、無事終了。
 とにかく、リングスには、
 格闘シーンの中心に来て躍進して欲しい。

 久々に珍しく『デュオ2.0』でお勉強。
 でも、おざなり程度。
 いつ、受験勉強を始められるのか?
.
.
 
5月24日  月曜

 徹夜でカンヌ結果を気にしながら、
 朝6時、TーFMへ。
 『ビートニクラジオ』収録。

 カンヌ速報を聞くために。
 ああ、無情、無念の無冠に終わる。
 『神出鬼没・たけしむかん』
 カンヌと電話をつないで森社長、
  T−FMのたけし番、古川さん、
 伊従マネージャーとトーク。
 結果はそういうものだ。

 審査委員長のクローネンバーグ、
 昔の殿の映画『みんなやってるか?』
 でハエ男、パロられたのを根にもっていやがるな、
 と邪推。
 
 ゲストに水野晴郎先生。
 『シベ超2』の構想、オモロ。
 この間、高須さんと語っていた、構想で、
 水野先生と映画のバラエティーやりたい、
 と改めて思う。
 先生にも、強くラブコールしておく。

 渋谷ビデオスタジオへ。
 楽屋で仮眠とった後、
 『北野チャンネル』収録。
 「堀井調査室」
 ターザン山本、「ガチンコ人生相談」
 ターザンの日記に寄れば、

  「昼、北野チャンネルに出演。
  人生相談のコーナーだが、
  ひとりはモデルをしている10代の女性。
  なまりがあるのでどうしたらいいかという相談。
  もちろん、売れるための方法もきかれた。
  もうひとりは若い男性。
  ホストクラブで働いているのだが、客がつかない。
  どうしたら客をひきつけることができるのか?
  そんな相談である。

  この2人に共通しているのは、
  才能を必要とする職場を選んでいること。
  そこは少ない成功者と、多くの脱落者(負け組)がいる世界なのだ。
  そういう世界は自分の腕でのしあがっていくしかないのだ。
  相談しているようではもう話にならない。

  私は2人に「色じかけで行け!」と
  わけのわからないことを言ってしまった。
  モデルもホストクラブも
  色気が出せなかったら話にならないではないか?
  人が寄ってくるはずがない。

  家に帰ろうとしたらケイタイに
  「オーエン・ハートが死んだ」という知らせがあった。
  絶好調を誇ったWWFが大きな仕掛けをやろうとしたら、
  ハートが天井から落ちて命を落としたのだ。
  好事、魔、多し。
  いい時には必ずといっていいほどアクシデントが起こる。
  それが世の中の常であり、興行の世界なのだ。
  エンターテインメントプロレスは、完璧を期すことが条件」

 と書かれてある。
 こういう話がネットの「マイナーパワー」(有料)に書かれてある。
 無職、ターザンの収入源でもある、
 この連載、ぜひ、読んでくれ。
 
 『IDO情報ダイアル』収録。
 帰宅後、せっせと原稿。

 ビデオで、健さんの『鉄道員』メーキングを。
 東映のスタッフが何十年ぶりに健さんを迎える態度、
 それもまた健さんワールド。


.
 
5月25日  火曜

 ビバ起床。
 ゲストの平野れみさん最高。
 なんたる天然の明るさ、
 和田誠夫人ではあるが、全く理想の女性ではないか。
 「原始、女性は太陽であった」との言葉を想いだす。
 男の星座「ハギの回復・カンヌ編」「泣いたターザン編」
 2回分を仕上げ、FAX入稿。

 終日、漫才原稿。
 合間にタイムコップで気分転換。
 モニター見続ける時間が長すぎる。

 ダイナマイトの卍をラ・ファオーレ『CANTWO』に派遣。

 大塚美容外科の石井医院長が死去とのFAX。
 これで、あの伝説のロールス・ロイス戦争について
 語る人がいなくなったのだ。
 
 サブくんがDDR購入だが、6・2まで封印。

 夜、さすがに煮詰まって、
 江頭ちゃんとハシゴ酒。
 その留守中にカンヌ帰りの殿よりTEL。
 スズキが応対。

.
 
5月26日  水曜

 バナナ、メロン、桃缶、ハンバーグ、
 お見舞いセットを持って訪問。

 帰途、高井戸のオートバックスへ。
 カーステ刷新。
 だが、品の悪いデザインが気に入らず。
 シブシブ。

 後の時間はひたすら漫才原稿書き。
 『タイプコップ』を合間に。


.
 
5月27日  木曜

 12時、テレビ東京
 『格闘コロシアム』収録。
 修斗の怪人、桜井速人。
 魔裟斗のライバル、小比類巻特集。


 事務所、タモリ倶楽部打合わせ。

 帰宅後、漫才原稿。

 『マスター・オブ・たけし』(集英社)を
 くるくる回しながら、色盲検査を受けるように読み耽る。
 マンガのヤングジャンプ編集。
 読みにくいと言われるだろうが、大胆なデザイン、
 俺的にはOK。
 山ほど出ている、たけし研究本ではあるのだから、
 他と違うこと、書き手の人選をあえてやろうとする、
 志がいいではないか。

 もともと芸人になる気はなくて、殿の下に行った俺だが、
 たぶん、他業界ながら「たけし」に関わってこんな仕事が出来たら、
 ハッピーだろうな。
 それでも、こうして殿に関する評伝、評価を
 読み返すと、あまりに偉大すぎて、
 近くに居るようで
 星の遠さを身にしみる。
 
 表紙の江口寿の描くたけしさんの絵最高。
 マックで加工、額に入れて部屋に飾った。
 赤江くん、来宅。


.
 
5月28日  金曜

 16時、 T−FM、
 『ビートニクラジオ』打合わせ。
 次回、カンヌと『菊次郎の夏』特集に。

 チョロくん『紙のプロレス』最新号持ってきてくれる。
 読みふける時間は無いのだが、
 ついつい熟読。
 『プライド』を巡って渾沌とした多事争論、
 異論反論オブジェクションの雑居ぶり、
 今回も激オモロなのだ。

 フロムAの浅草キッド担当編集者の谷田さんも、
 闘魂猪木塾の旅行記を寄稿していて、オモロ。
 ピンナップのUFO3人衆をTシャツデザインにする。
 6・2の舞台に着よう。
 
 赤江くん来宅。

 早稲田より受験結果の成績票が届く。
 標準化した指数計算なのだが、
 3科目合わせて、35、462。
 最低合格点が、86、5。
 遥におよばず。
 広末もまた遠い星よの〜。
 しかし、
 俺の地理の点数0、446とは一点も取れてねぇのかよ!

.
 
5月29日  土曜

 10時、新大久保、東京マンゾクニュース社。
 『タモリ倶楽部』収録。
 「浅草キッドの道」シリーズ、
 第2弾、「風俗の道」収録。
 オモシロ店名当てクイズの進行、
 及び、風俗大家として講義。

 『博士の異常な愛情』を書いていた時期はともかく、
 風俗通いに、ここまでテレビで胸張る芸能人はいないであろうに、
 何故だかそういう発注なのだから、しょうがない。
 梅垣さん、来栖あつこ、藤森みゆき、バーサス伊藤らと。

 水道橋、レスラー松永弘光のお店『デンジャー』でステーキ。
 そう言えば、5・23に行われた大食い選手権で、
 弟子の東京ダイナマイトの二郎が優勝を飾ったのだ。

 16時半、横浜文化体育館着。
 修斗10周年記念大会。
 来栖あつこと共に最前列で観戦。
 『格闘コロシアム』の仕事とはいえ、申し訳ない、
 俺たちごときが、こんな特等席で、って気分になる。

 セコンドの指示がまる聞こえでこれが、実にオモロい。
 メインの佐藤ルミナvs宇野薫。
 両者、白いタイツに凛々しい表情。
 絵になる日本人対決。
 両者の佇まいだけで、名勝負の予感。
 月の狼vs王子様対決。
 肩書きだけでも男の星座チック。

 1R、予告どうりに、短期戦を狙う、
 再三にわたるルミナのチョークを宇野がしのぎ、
 中盤より、宇野のタックルが決まりだす。
 3R、パンチもかわすこをやめ、
 ヒザに両手をつくほどバテるルミナに最後の最後、
 宇野のチョークが決まり、タップ。
 宇野選手が一本勝ちで、ウェルター級王者に。

 宇野の心のスタミナによる勝利だった。
 「天国のお父さん、ありがとう」と。
 勝者のインタビューも実に泣けた。
 宇野って感情移入させられる。
 最後、号泣しそうな表情でセコンドに頬をはたかれるルミナが、
 実に、これまた切ない気分に。
 名勝負だった・・・。感動。
 コメントを求め、カメラを連れて宇野薫の控室へ。
 仕事とは言え、これまた申し訳ない。

 修斗プロ化10周年記念10years anniversary!

 ・高山義幸 vs 阿部裕幸
   判定3−0で阿部の勝利

 ・竹内出 vs アーメット・ラジジ
    判定3−0で竹内の勝利

 ・デニス・ホールマン vs デイブ・メネー
    判定でデイブ・メネーの勝利

 ・郷野聡寛 vs マット・ヒューズ
    判定3−0で マット・ヒューズの勝利

 ・中尾受太郎 vs 加藤鉄史
    判定3−0で加藤の勝利

 ・カーロス・ニュートン vs 川口健次
    1R5分、腕十字でカーロス・ニュートンの勝利

 ・桜井速人 vs マセロ・アグア
    判定で桜井の勝利
 
  ・佐藤ルミナ vs 宇野薫
    3R、スリーパーで宇野の勝利

.
 
 
5月30日  日曜

 14時、護国寺、
 大塚美容外科の石井院長葬儀。
 まだ57歳であった。
 くせもの揃いのアサヤン出演者の中で、
 本当に先生は人格者であった。
 黙祷。

 15時、四谷スタジオ
 『トゥナイト2』誠さんロケ。
 もし、この世にエロネタが無くなったらの設定で、
 杉作J太郎さんと共に、土方トーク。

 阿佐谷福来飯店、冷やし中華。
 帰宅後、漫才原稿。


.
 
5月31日  月曜

 16時、ぴあ本社にて『IDO情報ダイアル』収録。
 16時半、『ビートニクラジオ』収録。
 殿カンヌ帰りの一発目。
 不肖・伊従淳一マネージャーのカンヌ日誌をもとに振り返る。
 殿上機嫌。
 「本当に賞が貰えなくて良かった、
  これで貰えたら終わってたぜ」と。
 パーティーにアニエス・べーが来た話。
 「今まで楽屋に林家ぺーはよく来てましたけどね〜」と。
 2本目、井手らっきょさん、グレート義太夫さん迎えての、
 『菊次郎の夏』スペシャル。

 終了後、六本木、某すし屋さん。
 井手、義太夫、現場マネージャーを含めて。
 殿冗舌。
 
 大宮イチ氏より手紙。

 博士の悪童日記<99年6月上旬>へ

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る