6月1日  火曜

 浜松町、トキノ本社。
 未来ナース収録4本撮り。
 青木ディレクター風邪で欠席。
 映画宣伝、女子高生、スティワーデス志願、演歌の4組み。

 このところ、この番組も、
 すっかり変化のない、ルーティンワークで、
 しかも今回収録分は6〜7月分なのだ。
 季節感も時事ネタも入らず。
 欲求不満。
 でも、そういうものだ。
 エキスプレス取材で出演。

 赤江君泊まり込み、ネタ合わせ。


.
 
6月2日  水曜

 10時、神田集合。
 テレビ東京『ミニスカポリス』に初出演。
 深夜番組の中で、突っ走る「ミニスカ・ポリス」に、
 かつての「浅ヤン」の匂いを感じるのは
 当然のことだろう。
 なにしろロコモーション製作なのだ。

 今日は、漫才の舞台の、しかも、ネタ下ろしの日なので、
 その前に仕事を入れることは、通常ありえないはずが、
 高須監督、そーたに台本、レポーター・キッド。
 と言う、我々にとっての
 往年の「浅ヤン」キッド組みスタッフでの、お仕事。
 発注に、一にも二にもなく、「絶対やります!」と引き受ける。

 設定は、
 『踊る大走査線』映画版、大ヒットも記憶に新しい
 昨今のテレビ番組映画化流行りの中、
 ミニスカ・ポリスでも、
 『ミニスカ・ポリス・ザ・ムービー』が作られることになった。
 難航する監督人選に、
 あの『シベリア超特急』以来、監督作のない、
 アメリカン・ポリス通の水野晴郎先生が名乗りを上げ、
 つににメガホンをとるという内容。

 水野先生、
 主役である女優ミニスカポリスの演技指導はソコソコに、
 満を持してとりくむのが、
 上野のサウナで男優オーディションなのであった。

 我が家の「不器用な男」どっこいサブ君、
 テレビ初出演にして、サウナボーイの様が、はまりまくり、
 ほぼ、主役の座をゲット。
 昔の浅ヤンそのままに、ねばって、ねばって、
 爆笑編に。
 6月11日より、O・A。
 テレビのお仕事では、なかなかないことだが、
 久々にキッド色、全開だと思う。
 ぜひ見てくれ!!

 高島屋タイムズスクエアーへ移動。
 我々、の本業にして本場所、新宿紀伊国屋サザンシアター
 『高田笑学校〜しょの七』の舞台へ。

 ネタ下ろしと調整不足のため、出番前はピリピリと。
 ポカスカジャン、松村邦洋、東京ボーイズ、海砂利水魚、
 そして我々の順。
 海砂利とは、楽屋でプロレス情報を交換。

 トリで、新ネタ。そしてたぶん一回切りの
 「日本版スターウォーズ・エピソード・第1章」
 25分。
 やや、途中抜けありつつも、
 トリの大任をこなす。
 ハードな宗教ネタでやりすぎかと思う部分も、
 思いの外、受ける。満足。

 打ち上げ、
 高田先生より、
 「おまえは、自分でわかってるんだろうけど…」
 と前置きされ、HPの日記について
 「花や木の名前は百●に任せておけ!」
 と実に自分が後ろめたく思ってる事を
 図星なご指摘される。
 まったく、そのとうりだ。
 しかし、先生なんでも、見ておられるものだ。

.
 
6月3日  木曜

 テレビ東京『格闘コロシアム』2本撮り。
 「修斗10周年記念大会」
 「パリンヤー、小比類巻」
 番組が選んだイメージファイターが軒並み敗戦続き。
 真剣勝負は難しい。

 帰宅後、東スポ原稿「盗聴法」


.
 
6月4日  金曜

 13時、ういすぱー。
 碧宙出版社の編集者と
 書き下ろし本の打合わせ。
 時間的に無理なことをお伝えして、
 なんとか企画変更を図るが、説得できず。
 本当にこの仕事やるのか?俺。
 
 西新宿『もうやんカレー』頬肉カレー。
 ニヤンコ先生〜。
 『ゴールドラッシュ2グラチャン大会』ビデオで。


.
 
6月5日  土曜

 二日酔い。
 『スターウォーズ』特別編、見直す。
 連載原稿。書き溜め。これが習慣だと思い込む。

 岡田マネージャーより、
 「某高視聴率ドラマの出演依頼あり」とのこと。
 台詞も一杯あるらしい、嫌がるな、オレ。
 ひえ〜しかも、あんな時の人と共演すんの?
 もちろん、デバガメ気分は万々なのだが。

.
 
6月6日   日曜

 池袋ビッグカメラ
 17インチ・モニター購入。

 ドゥ スポーツで水泳。

 北野チャンネルの伊従マネージャーのカンヌレポート。
 上映後のスタンディング・オべージョンを
 ノーカットで見届ける。
 デジタルカメラがハレーション起こしながらも、
 それが、まるで後光に包まれたような、映像なのである。
 魅入る。

 大宮イチ氏よりTEL。
 

.
 6月7日   月曜

 10時、渋谷ビデオスタジオ
 『北野チャンネル』収録。
 スタジオの前でターザンと遭遇。
 「新しい彼女の話は内緒にしてね」と言いながら、
 本番で不意打ちで振ると、バンバン自分から話だす。
 ターザンの無邪気さがオモロ。

 上江洲コーナー、カンヌ話とTシャツコレクション。
 堀井調査室、
 ターザン山本のガチンコ人生相談。
 SM嬢の顔面騎乗されて喜ぶターザン。
 オモロ。
 
 『IDO情報ダイアル』収録。
 ガダルカナル・タカさんと楽屋トーク。
 軍団の人と話す機会が減ったものだ。

 石井歯科、深刻な事態。
 
 台本読み。
 原稿書き溜め。
 朝出入り。


.
 
6月8日   火曜

 16時、砧「東京メディア・シティー」
 『古畑任三郎』衣装合わせ。
 ニヤニヤニヤとしていたら、
 監督に「なんでそんなに笑ってるの?」
 と聞かれ、
 「いや、台本にあったので、ニヤニヤの練習です」
 と答えたら、
 「それは、やりすぎでしょう!」と。
 コンピューターは?と聞かれ、
 「ミッション・インポッシブルのトム・クルーズより下手糞です」
 と答える。
 「雰囲気ものですから」と。
 「ヅラ着用でもいいですか?」
 は、なんの話ですか?と波風立てながらもOK。
 ムフフフ。

 『ここがヘンだよ、日本人』で楽屋にいた、
 殿にご挨拶。

 焼き肉『さわだ』お食事。

  DDR、ようやく本格的。
 ふくらはぎを痛める。

 『菊次郎の夏』製作日誌『ブルーフィルム』米澤和幸 著(小学館)
 CS北野チャンネル『菊次郎の夏』スペシシャル。
 及び、伊従淳一、菊次郎の夏、メーキング。
 どちらこれも興味深く、最上級のオモロで見る、
 北野チャンネル、まったく、実に、オモロなのである。
 「お兄さん会」に大物参戦最終決定。


.
 
6月9日   水曜

 DDR後遺症。
 深刻な筋肉痛で外出せず。

 昨日の清原のサヨナラ弾に続き、巨人勝利。
 6チームが3、5差に。
 しかも阪神タイガースが6年ぶりに首位に立つ異常事態。
 ペナント・レースにも心踊る。

 赤江君来宅。
 スケジュールがまたオシオシに。

 深夜、いろんな雑誌の早売りで
 ライターの東ノボル氏の死去を知る。
 お会いしたことはないが、
 AV関連の記事や著作は多々読んでいた。
 共鳴することの多い文章だった。
 まだ40代なのだ。
 そういうものだ。


.
 
6月10日  木曜

 午前中にFAXレンタル。ドイツへ送信。

 噂の増毛剤『リアップ』、ハゲ鈴木に購入させる。
 「お客様の症状の場合は効果はないです」と言われたらしい。

 15時、白銀台、UFO事務所。
 東スポ取材。
 新日道場ゆかりの猪木パネルを盗み出そうとするも、
 沢野氏らに止められる。
 格コロロケも同時に。

 17時、東京メディアシティー。
 「古畑任三郎最終回スペシャル」撮影。
 15日放送分なのだから、取って出しだ。
 前後編の前編の後半部分からの撮影。
 台本が届いてないので、
 後編のストーリーは誰も知らない。
 スタジオに本堂のセット。
 ここにコンピューター器材を持ち込んでの、
 遠隔操作。
 共演者に佐々木功さんがいた。
 カツラKGB潜入部隊として気まずい。
 そして、犯人側の主役。江口洋介。
 結婚後、初仕事とのこと。
 実物は本当に2枚目だ。大きい、カッコイイ。
 カメラが寄っても、絵が決まる。
 軽くお話で交流。
 記念写真。なんとか。
 本当は手をつないで撮って欲しかったのだが、
 拒否される。
 
 俺は、コンピューターおたくの役だ。
 とにかく俺にはカメラが寄るな、寄るなと思うのだ。
 俺の場合、とにかく演技をする〜ってことが、
 演じてる〜ってことが
 自分で自分に笑いだしそうになるのを我慢するのが
 大変だ。
 自分がNGだと思うところも、
 オールOKに〜なるのを安心すればいいのに、不安になる。
 大丈夫か。
 最後、オンリー撮りで深夜1時半終了。


.
 
6月11日  金曜

 東京スポーツに、
 一面奪取は適わなかったが、
 「浅草キッドNWA王座に挑戦」の記事。
 小川が「浅草お兄さん会」にNWAのベルトを賭けて、
 乗り込むことに。
 本人には連絡はついていないのだが‥
 果たして当日本当に来るのか? 
 例え、東スポ発表でも、
 NWAの王座に挑戦できるとは、
 子供の頃を考えれば想いも寄らぬことだ。

 16時、T-FM打合わせ。
 次回ゲスト忌野清志郎氏に。
 
 帰宅後、中野迎え、DDR。
 かけがいのないもの失うが、
 そういうものだ。
 しょうがない。と、あきらめきれるものなのか。
 
 清原、阪神戦で3本本塁打。
 
 
博士の悪童日記<99年6月中旬>へ

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る