.
 
10月1日  金曜

 朝、電話があり、赤江君、茨城へ急行。

 ドゥ・スポーツで水泳1キロ。

 焼き肉「さわだ」でユッケビビンバ。
 「ようし、赤江君の分までやってやろうじゃねぇか!」
 と責任感に燃え、
 パソコンに向う。
 とにかく原稿、原稿に追われてるのだ。

.
.
 10月2日  土曜

 赤江くんを拾い、
 初代タイガーマスクこと、佐山サトルさんが新しく創始した、
 市街型実践武道である、掣圏道の東京お披露目の
 有明コロシアムへ。

 『SRS』収録。
 番組の本部隊は、明日開幕のK−1グランプリのため
 大阪ドームに行っているので、
 赤江君がロシア語通訳になりすまし、
 我々だけでロシアンダンサー及び
 ロシアン選手を控室で取材。
 リング上のアナーキーさよりも客席のアナーキーさに恐れおののく。
 会場でターザン、篤くんと会う。

 帰宅後、SRS-DXにコメント、その子本他、原稿書き。
.
.

 10月3日  日曜

 昼まで大睡眠。
 昼からスカパー生放送K−1グランプリ開幕戦テレビ観戦。
 ベルナルドが破れる波乱あり。
 佐竹vs武蔵は判定で武蔵の勝利に。
 この判定に不服の佐竹がK−1離脱発言をしたそうな。
 と、なると佐竹がUFOにでも、リングスにでも参戦してくれれば、
 マット界も俄然面白くなるのだが…。

 その子本、その子への一問一答の質問に解説を入れる作業。

 漫才原稿。
 男の星座入稿、「高部知子」編。

.
.
 
10月4日  月曜

 お台場、ニッポン放送、ビバリー昼ズ出演。
 最近のキッドのお仕事ぶり、小商いの多忙ぶりを報告。
 確かに最近は、
 一般には目に付かないような小刻みな活動をしている。

 ぴあ本社でIDO情報ダイアル収録。

 「なか卵」で、ミニ牛丼、およびきつねうどん。
 T−FMで「タケシムケン」ロケ打合わせ。

 そのまま、ビートニクラジオ2本分収録。
 スタジオにノートブックを持ち込み殿・デジタル計画。
 T−FMデジタル事業部の、あや清水さんが講師。
 殿が某掲示板に書き込み。
 
 2本目ゲスト、不良のカリスマ、百瀬博教さん。
 マネージャーのごとくメンズウォーカー編集長の花田さんが随行。
 百瀬さん、一人語りの独演会。
 終了後、帰宅してから、百瀬氏より電話を頂く。
 深夜、ぶんか社、田中さん来宅、原稿渡し。


 10月5日  火曜

 「タケシムケン」ロケ。
 まずいラーメン王。
 はるばると遠距離まで訪ねてまずいものを食らう。
 上越新幹線で新潟駅、タクシーで
 「花と緑と石油の街」新津市へ。
 酔っ払いの店主の「東花食堂」ラーメン。

 帰宅後、漫才原稿。
 本日、SPEEDが突如の解散表明。
 普通なら、他人事でもあり、
 そういうものだろうと思うだけなのだが、
 「フォーカス」の記事を読むと、
 島袋寛子とその恋人の純愛物語と知り、
 またその相手が、
 この夏、さんざん「チャンスの殿堂」で一緒にロケをしていた
 高橋直樹くんと知り、実にしみじみとしてしまう。
 15歳と16歳で「トゥルー・ロマンス」みたいなことを
 やってのけることに、痛快な気がしてならない。

 バトラーツに入門していたダイナマイトの二郎がギブアップ入院、
 事前に打ち合わせが徹底してなかったのだろうが、
 タレント扱いではなかったらしい。
 そりゃあ、もちろんプロレスは甘くはないのだが…。
 

 10月6日  水曜

 昼よりビートなしのビートニクラジオ収録。
 2本録り。

 1本目が製作会社、スタープロジェクトの副社長、本間さん。
 とは言っても、リスナーの誰も知らないだろう。
 そりゃあそうだ。
 テレビやラジオのゲストは初出演なのだから。
 2年前に「ザ・ガマン」のロケ先で
 すっかり俺が魅了されてしまった、
 あまりに昔気質のテレビマンぶりと、
 仰天エピソードぶりに今回の出演をお願いしたのだ。

 殿なし、しかも一般には知られぬ有名人ではないとなれば、
 リスナーには全く興味薄な
 内容になるかと心配したのだが、
 本間さん、ウイスキーの水割りを片手に
 話しは実に男の星座的な、浪漫溢れる聞きがいのある、
 俺節でテレビ裏面史を語ってくれているのだ。

 2本目が浅草お兄さん会芸人の貧乏話し。
 マキタスポーツ、国井政勝、ダイナマイトの卍、殿方充の私生活。
 いったいこのメンバーに誰が興味があるのであろうか?
 番組っぽくやらないで普通に喋ってる調子でと言われて、 
 ダラダラと。
 いつか有名になれよとのエールもあるのだ…。

 終了後、銀座がんこ寿司
 「東京ゲームショー・ハドソンブース打ち上げ」
 ハドソンの専務の方との話。
 桃鉄担当社員の方と主に話す。
 ゲーム業界の規模の大きさに驚きつつ。


 10月7日  木曜

 朝10時30分東京駅集合。
 「タケシムケン」ロケ。
 名古屋へ。

 春日井郡、大学生が罰ゲームに使う店「ひろみ」に。
 店主は殿にそっくりだ。
 マズイ店もこれに極まれりの、冗談ラーメン。

 ロケ終了後、新神戸へ移動。
 駅前のオリエンタルホテルに宿泊。
 バイキング夕食。
 ホテル内の輸入雑貨屋で買い物、
 ホテルのB3のダイエーで文房具を買い込み、
 ホテルの一室に篭りきり、赤江君とネタ作り。
 ったく漫才師は辛いよ!

 朝4時、力尽きるが、
 その後、赤江君はマグナム北斗と飲みに行ったらしい。
 

 10月8日  金曜

 神戸。
 マズイラーメン王・二代目チャンプ
 「こくりこ」ロケ。
 相変らず笑顔のマスター。

 大阪では、松竹の漫才師のシンデレラ・エクスプレスが、
 大阪府立体育館の会議室で2時間漫才を決行。
 お客さん30人に審査員10名のライブだが、
 このライブで芸術祭に参加するとのこと。
 花を贈る。

 実家に神戸牛の味噌漬け送る。

 帰宅後、漫才台本。
 赤江君のマックが本格的な故障で鈴木くんが救出作業。
 結局、我が家でネタ作りすることに。

 オーちゃんよりメール、
 その内容に、すれっからしのオレでも、
 この期に及んで、プロレスファンのジャッジメント・デイ
 10/11への期待は高まるばかりだ。


 10月9日   土曜

 赤江君宿泊。
 朝食に付け麺。
 16時、高田文夫プロデュース日本橋亭、日航名人会へ。
 桂あやめさん、春風亭勢朝さん、 三笑亭夢之助さんらとご一緒。
 来年ここで収録した漫才が機内で放送されるとのこと。
 時間差があるので時事ネタはダメだということで、
 「サザエさん、卒業」。

 だが、これも固有名詞と下ネタだらけなので
 どうかと思うが、編集するから長めにやってくれと30分。
 ネタの中で
 「日航寄席で、坂本九ちゃんの話をする馬鹿がどこにいる!」
 ってところがバカ受けなのだが、もちろん、使えません。
 高田先生に誘われた打ち上げを辞して、
 
 帰宅後、二人でネタ作りだが、
 結局、また、今までのネタを捨ててふりだしに。
 始めからやり直すことに。
 

 10月10日  日曜

 体育の日なのだが、
 最近、身体にいいことは何もしていないのだ。

 15時入り、
 TBSラジオ「伊集院光の日曜大将軍」へ。
 これで、4度目の恒例コーナー赤坂ゼミナール。
 今回は「警察機構」についての講義。
 毎度思うことだが、このコーナー、本当にタメになる台本。

 帰途、東邦大病院、
 東京ダイナマイト、はちみつ二郎をお見舞い。
 回復の様子にまずは一安心。
 介護してくれる女性がいるだけで、ずいぶん入院生活も違うものだ。

 帰宅後、一人でネタ合わせ。
 明日の小川vs橋本戦に想いを馳せる。
 
 ※ 時間がないため箇条書きですが、
   更新しろ!との要望が強いので一応のせておきます

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る