労多くして功の少ないノンメッセージの毒電波   文・水道橋博士

『サイキック・ミーティング』パンフレット2002

「世界のキタノ」に仕える、我々、浅草キッドは、
この芸能界という冥府魔道の渡世に「ナニワのキタノ」にも、
新人時代から一宿一飯のお世話になったものだ。
「青年団」と「たけし軍」の初の交流は、
それは、もう10年以上も前になることだろう。
 
突如、大阪で「浅草キッドを見る会」が催されることが決まり、
朝日放送のブースに拉致された。
その時、初めて聞いた大阪の深夜に流される喋りは、
実に役に立たないノンメッセージの毒電波であり、

当時、俺たちの芸風と親和力の高いものであった。
なにしろ芸能界のレールに馴染めず、
漫才師としての立ち位置、言葉の行き場を無くしていた俺たちには、
サイキック青年団は「蛇の道は蛇」であった。
 
しかし、これは、文字通り「けものみち」でもあった。
なにしろ、出世街道とは、無縁の道である。

この番組が持つ、メジャーにならない意志、
裏街道からの視点、リスクを伴うデメリットな発言、
それは10年以上経った今なお変わらないのではないか。
 
サイキック3人集のやっていることは、華やかでもなければ、楽でもない。
労多くして功の少ない、表社会や花の芸能界の灰汁を深夜に掬う作業である。
彼らは、世の中のガス抜き専門の危険物取引者主任なのである。

されど、魑魅魍魎が、跋扈する表社会。
サイキックのネタには困らない、もぐら叩きは永遠に終わらない。
やれ、ジー・オーグループの大神会長を汚れた英雄と崇め、
八王物流のイカサマを流通させ、山ア拓幹事長の性癖を笑い飛ばす。

これは、実に健全なことである。
悪趣味なシモネタが、実は、人の本質を捉え、
妄想こそが、事実の輪郭を浮き立たせ、
決め打ちこそが、予言として正鵠を射る(こともあるのだ)

ただし、敢えて、言えば、言葉の熟練のプロがやれば…。

昨今、インターネット社会は、
誰でも自分が情報発信者になることが出来るようになった。
しかも匿名で、覆面で、自分が告発者、パーソナリティーなのである。
不健康な決め打ちの妄想が垂れ流される。
多くのシロートが、いっぱしのプロ気分であろう。

しかし、毎週、毎週、14年、自らの名前を名乗りながら、
メディアのなかで、狭いストライクゾーンに投げ込む、
プロの妙技をシロートはわからない。

今、野暮を承知で書けば、「醜いシロートになってはならない」は、
深夜の毒電波、唯一の隠れメッセージであったのだ。

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る