たけし軍団 分裂騒ぎが新展開
98年8月12日付け 東京スポーツより

浅草キッド『ツービート』正式襲名
現金6万円入り菓子折りでキヨシ認めた



 ビートたけし本紙客員編集長の漫才時代のコンビ名
「ツービート」を勝手に襲名したとして師匠・たけしに
破門を言い渡され、たけし軍団から完全孤立した漫才コンビ
「浅草キッド」の水道橋博士と玉袋筋太郎が10日、
たけしの元相棒のキヨシと合体し、
「ツービート」のコンビ名をキヨシから譲り受けた。
2人は改めてキヨシ軍団入りを宣言。
その一方でキヨシはたけしにも急接近し
「元祖ツービートとして漫才をやることを約束した」という。
キヨシの「二股」で、襲名問題は大混乱だ。


勝手に「ツービート」を襲名したとして、たけしから本紙紙上で破門を
言い渡された浅草キッドは、たけし軍団から浮いた存在になった。
 
当然、たけしとは破門以来面会を許されていない。共演していたTOKYO-
FM『街でいちばんの男〜ビートニクラジオ』も、たけしが欠席したままだ。
 
軍団のメンバーは輪をかけて冷たい。玉袋筋太郎が軍団のある者に連絡を
入れ、相談しようとしたところ、いきなり携帯電話を切られてしまったという。
「今の携帯電話はナンバーディスプレーされますから、オレの携帯からかけ
ているのがバレて、そいつは、いきなり切ったんです。誰も連絡をよこさな
いし悔しい」と訴える。
 
軍団をまとめる親方役のガダルカナル・タカとはなんとか連絡を取れたの
だが「水道橋君とか玉袋筋太郎さんと、普段なら呼び捨てにするところを、
いきなりくん付けだもの。他人行儀もいいところ」と水道橋博士は涙ぐむ。
 
四面楚歌の状態をなんとか打破しようと決意したキッドは10日、東京・
台東区浅草でたけしの元相棒キヨシと密会。夏のごあいさつとして、お菓子
をキヨシにプレゼント。フタを開けながら「キンのお菓子でございます」と
言うと、中からは現金が入った“お菓子”が出てきた。ちなみに現金は表の
6万円のみ。すると見る見るうちに機嫌が良くなったキヨシは「ツービート
あげる」と何のためらいもなく襲名にOKサインを出した。
 
キヨシは「ビート博士」「ビート筋太郎」という芸名も命名したうえで21日、
東京・なかのZEROホールで開かれるお笑いライブ「浅草キッドの2時間漫才2」
にも出演し、襲名披露に立ち会うことも快諾。だが、それはあくまでもキヨシ
の意向だ。キッドは、たけしの許可なしで襲名を強行突破しようとしているのだ。
 
2人に対してはたけし軍団だけではなく、一部お笑い芸人からも痛烈な批判
が起きている。さらに悪いことに水道橋博士の母親・小野充由子(みよこ)さん
(62)も、息子が師匠から破門を言い渡された心労などで7月末にダウン。
緊急入院するはめになってしまった。
「ちょうど東スポの一面(7月25日発行)
 で『浅草キッド造反』と出た日に入院してしまった‥‥」
 
肉親までも不幸のどん底に叩き落としてまでも、なぜ、襲名にこだわるのか?
「ツービートというのは昭和の時代を駆け抜けた名コンビ。それを平成、いや
21世紀まで名を残していきたい。落語家さんの名人の名前が受け継がれてい
くのと同じ、と考えてくれてもいい。そういうせつない思いなんだ」と2人は
力強く語る。「これからはオレらの願いを分かってくれたキヨシ師匠について
いきます」と改めてキヨシ軍団入りを表明した。
 
3人は襲名記念として台東区がたけしの偉業を称え「ビートストリート」と
名付ける予定の幹線道路を訪れた。通りには早くも「ビートストリート」なる
パチンコ店も出現していた。
 
キヨシは「道路も建物も半分はオレのものだ。今後はビート博士もビート筋
太郎もこのあたりを勝手に出入りしていいから」とご満悦の様子だった。
 
しかし、一方でキヨシはたけしにも急接近しているという事実も発覚。なんと、
たけしと密会したキヨシは、再び一緒に漫才をやる約束を取り付けているとい
うのだ。「相棒は漫才をやろうと言ってたよ。『15分のネタも考えたんだ』
と言ってた。うれしかったよ。そのうち元祖ツービートでやれると思う」と
打ち明ける。
 
要するにキヨシは、たけしと組む約束をしたうえでキッドとも組み「ツービ
ート」を襲名させるという“暴挙”に出ているのだ。
 
果たして「ツービート」はどうなるのか?新旧2つの「ツービート」ができ
てしまうのか?今後の展開が注目される  (吉沢信之) 

                    

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る