『藝人春秋』特設サイト



3月6日  木曜日

6時起床。

ガン太運転で、
7時過ぎ、渋谷・NHK入り。

8時、NHKラジオ第一『すっぴん!』生放送。
アンカー:藤井彩子さん、ご一緒。

おたよりテーマは
「溜まったなぁ〜&溜めています!」

ボクからのリクエスト曲は、
ストーンズの「サティスファクション」


Newsまるかじりのコーナーは、
NHK解説委員の渥美哲解さんによる、
「復興支援ボランティアの継続を」

フードコートでは、
料理研究家の小田真規子さんに、
熟成肉を振る舞っていただく。


ボクのミニコーナー・博士の愛した日常は、
今回のテーマに倣って、
「コレクションについて」

コレクター界の大家、
なべやかんとも電話をつないでトーク。


10時台のインタビューコーナーは、
ゲストにダイノジの二人を迎えて。

2週間前に収録したのもがようやくオンエアに。
カオスっぷりに改めて驚く。
大谷くんのムチャぶり、むしろ、面白い。


国会中継にカットされない、
久々の4時間の生放送だった。

TwitterRT @ebisawamasahiro
朝、水道橋博士のラジオにダイノジが出ていたが、
大谷さんは完全に狂っていると思った。
深夜だとあまり気づかなかったが、
とてもとても変な人だと思った。
ANNの代わりに今度は昼から聴けるんだから、
楽しみだなぁー。

----------------------------

 

終了後、移動。
「アジアンランチ」で昼食をテークアウト。

13時前、紀尾井町・文藝春秋へ。
2日連続。

文春の長谷川さん、ライターの井上ダイスケくん、
スズキ秘書、合流。

文春の連載「週刊藝人春秋」読み合わせ。

昨日に引き続き、
青山繁晴さんの回を2本分、計3話だ。

カウントダウンを迎えて、
前のようなお気楽さがなくなった。
閉じ方って難しい。

早朝からなので流石に疲労困憊。
ウトウトしそうになる。


文春の発売日、
「週刊藝人春秋」43 やしきたかじん2。
Twitterで寄せられた感想をリツイート。


TwitterRT @manaview(碇本学)
『週刊 藝人春秋』やしきたかじん(2)を。
博士さんの同様に関西のテレビが映る
岡山出身者としては幼少期から知っているが
どっぷりでもないこの距離感。
東京に来て関西文化への情景&嫌悪に似たものを
体現していたのが僕には彼だったかもしれない。
----------------------------
TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家さん)
文春の週刊藝人春秋、
やしきたかじんさんその2。
一体何本の指し棒を折り曲げてきたのか、
指し棒業者も売り上げが
激減しているだろうなと思う程の熱弁を
笑いに落としていたたかじんさん。
本当の星になってしまわれたんだなと。
そして、江口寿史さんの線が細くなってる!
----------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん)
文春「週刊藝人春秋」
やしきたかじん2。
江口寿史さんの線が細くなり…”
眼光が鋭く””
世間を斜めからとらえる彼の本質が
さらに強調“往年の伊藤輝夫化”
されている。
いつか「やしきたかじん」と
「伊藤輝夫」の最初で最後の出会い。
2人の奇才が求めた物語を
なんらかの形で発表したい。
----------------------------
TwitterRT @acperience313
週刊藝人春秋・
「骨抜きにされてしまうのが怖かった」
雅さんや宮根さんが、
独り立ちするために距離をとった
というのはそういう意味なんだろう。
人を惹きつける愛のある人だったんだね。
すべて最後は笑いに昇華。
博士の降板騒動もこの人が居たら
どんな笑いになっていたんだろう。
思いは尽きない。
----------------------------
TwitterRT @mhcko
水道橋博士『藝人春秋』時々、
文字数が物凄く多く、
熱がこもった様に見える
『足りない、コレじゃ足りない…』
お別れ会、列席者の1人が
『誰も帰りたがらなかった。』
と言っていた。
それぞれの想いを
一身に受け続けた男を語るには
規格外じゃなきゃ…
----------------------------
TwitterRT @show10a
水道橋博士の「週刊藝人春秋」
やしきたかじん2回目。
博士がたかじんと
飲みに行ってないことに驚き。
たかじんが無理にでも
飲みに誘う人は悩んでいたり、
苦しんでいたりしてる人達が多かった。
そう考えれば、
たかじんからすれば博士は大丈夫な人間、
と思っていたのかもしれない。
----------------------------
TwitterRT @mkbktm
あと、博士の藝人春秋、
たかじんは2回で終わりなのか…
NOマネーの話も
いろいろあるんじゃないかと思いきや、
後足を濁さず的な感じで遠慮したのかな。
----------------------------
TwitterRT @tnbk_1977
『週刊藝人春秋』
やしきたかじん(2)
”忠臣は二君に仕えず”
の博士がせつなく、
それ程までに魅了される
人物なんだなぁ…と再確認。
----------------------------
TwitterRT @sen___chen
水道橋博士の週刊藝人春秋。
「ボクらもですよ!」と同意。
ブルーハーツのラブレターが脳内再生された。
西の大親分。星。巨星。繋がり。
西の空に沈んだ跡に輝きは取り戻せるのか
とりあえずパンチ佐藤の今を探る旅に出よう。
今回は特に素晴らしい文書。
「天才北野武」が待ち遠しい。
----------------------------
TwitterRT @mune_pin
水道橋博士の『週刊藝人春秋』
やしきたかじん(2)。
関西人では当たり前のたかじんの言動。
当たり前が亡くなって、
基準が無くなって、
やっぱり居てないのが
影響出てくるんかな(~_~;)
それにしても酒席をお伴すべき!
酒の席のネタも書いて欲しかった!!
----------------------------
TwitterRT @kazuogu0519
週刊藝人春秋。
やしきたかじんの回(2)。
本連載以降、
藝人の知られざるエピソードに
イメージを覆され、
これを機に登場人物に
興味を持つことが多々ある。
今回も私にとってはボヤけた印象から
輪郭を持ち始めた回となった。
リアルタイムでやしきたかじんという
固有種を拝見したかった。
----------------------------
TwitterRT @good_sun62
今回の「藝人春秋」はたかじんさん。
当時、親に隠れてたかじんnoばぁ〜みてた。
本当はその後にある番組が目当てで、
ばぁ〜の方は時間調節だったんだけ ど。
福岡のど田舎に住む私には、
たかじんさんは衝撃だった。
ばぁ〜は覚えてるんだけど、
その後に放送してた、
当時の自分のお目当てが思い出せん…。
----------------------------
TwitterRT @kunijun
今週の文春は
みんなはキヨマーの記事が話題だけど、
私は藝人春秋の談志さんの部分に衝撃でした。
そうかぁやっちまったのか…
見たくて探したけど見つからないので
珠代さんの強心臓に敬意を表して。
しかし似顔絵にてる〜!
----------------------------
TwitterRT @sasurai12l
水道橋博士【藝人春秋】やしきたかじん(2)。
博士自身とたかじん氏とのスタンス、
たかじん氏の歴史、周囲との関係、
博士の思いを織り交ぜ、
たかじん氏の「仕事」を皆に知らしめる、
見事な一文。
島田氏の引用も含め、
これ以上手の入れようがない程。
歌手たかじんはあっしも好きだった…
----------------------------
TwitterRT @K_S_at_echigo
今週の「週刊藝人春秋」は、
連載初期に取り上げた
橋下徹氏の話題を
締めくくりに入れているあたり、
いかにも星座。
----------------------------
TwitterRT @mewkosan
毎週楽しみな 週刊藝人春秋。
『やしきたかじん(2)』
"鈴虫の声を持ったゴキブリ"
…はじめてたかじんさんの
歌声を聞いた時、
伸びやかな高音ボイスに
ビックリし耳を疑った。
ギャップが凄すぎて…
笑った顔もチャーミングなんだよな〜
----------------------------
TwitterRT@naniwamono
水道橋博士の藝人春秋。
やしきたかじん2回目。
今回いつも以上に持ち上げて、落とし、
また、持ち上げてた。話も起伏がはげしい。
はげしい。読んでてとにかくおもしろい。
当然ですがたかじんさんって
ホントにスゴい人だったんだ。
----------------------------
TwitterRT @keibahouihan
『週刊文春』の水道橋博士「週刊藝人春秋」での
やしきたかじんの回でも登場した飯島直子との
エピソードはこの『お笑い男の星座2』で
詳しく書かれているので、寒いこの季節、
夏を連想させるTUBEの曲をかけながら読むと
快適に読書できるよ。
----------------------------
TwitterRT @JIN_arahoushi
今更ながら
水道橋博士「週刊藝人春秋」たかじん編読了。
勝谷誠彦も有料メルマガで
たかじん番組終わりの飲み会を
スルーして帰ってた事を言うてたっけ。
番組を去った者と追い出されたw者の
ちょっとした共通点にニヤリ。
博士「カツヤマサヒコSHOW」に出てくれんかしら。
出てどやねんてのもあるけどw
----------------------------

 

3月7日  金曜日

9時起床。


映画『シザーハンズ』
を久々に、DVD視聴。


3月の雪の中、
15時半過ぎ、中野へ。

Tokyo Boy』ロケ。

東京の好きな場所というテーマで、
中野近辺を紹介。

四季の森公園、
中野ブロードウェイの中を歩きながら。

『Tokyo Boy』も今回が最終回なのだ。
感慨深いに決っている。


今、『藝人春秋』で書いている内容に関して、
石原慎太郎さんに確認したかったなぁ。


一旦、帰宅し、資料整理。

19時、ガン太運転で半蔵門・MXテレビ入り。


21時、『ニッポン・ダンディ』生放送。

出演:園子温、高橋ヨシキ、関谷亜矢子、
サヘル・ローズ、ダイアナ・エクストラバガンザ、ご一緒。


ダンディジャッジは、
「あなたは禁断の恋愛をしたことがありますか?」

ニュースは、
「米アカデミー賞授賞式」の結果について。
さらに、
「ドキュメンタリー映画のやらせ問題」について。

映画解釈コーナーは、
「禁断の恋愛」

今日の生放送、
丁度、ウラでは、「日本アカデミー賞」がやっている中を、
ヨシキさんが選んだ
ヒドイ映像が連発される。

最後は笑ってしまった!

そして、次回は、
「人を食った映画」特集

……ってなんだよ!?

 

3月8日  土曜日

9時起床。

子供たち、皆、宿題の合間、
任天堂Wiiでマリオをやっている。
何時から我が家でゲームが

解禁になったのか?



原稿を四苦八苦しながら進行。


夕方、小学校プールへ。
一時間ウォーキング。
ストレッチを重ねながら。


明後日に向けて、
12年年表読み。



3月9日  日曜日

9時起床。

長男、長女、カミさんは、
小学校イベントへ。

末っ子のアキラは、
スズキ秘書に連れられ、
ドラえもんの新作映画へ。

ひとり居残り。
倉庫部屋へ久々に。

授業のシミュレーションをもろもろ。


明日から3泊4日旅に。
荷造り。



16時半、
スズキ秘書送りで羽田空港へ。


17時発のJAL便で岡山へ。

タクシーで倉敷へ到着。
常宿にチェックイン。

19時半、『多幸半』で打ち合わせ&夕食。

スタッフ含め総勢11名の、
大人数のコースだと
流石に瀬戸内の奇跡は再現できないのか。

何時もの、この店の醍醐味に欠けていた。

ホテルでサウナ入浴。

 

3月10日  月曜日

7時ホテル起床。

ホテルバイキング。
控え目に。


課外授業 ようこそ先輩』ロケ1日目
40年ぶりに母校・老松小学校へ。

今回、受け持ちは、「6年い組」。
奇しくもボクも同じクラスだった。



短パンの制服姿に着替える。

しかし、小学生はずっと短パンだったのだな。
小学生は寒さを感じないのか。

丁度、来年度には取り壊しになる校舎に、
想い出が込み上げる。


黒板にはボクの12年年表が貼られる。

まず、その内容を話し、
同じ、白紙の年表巻物を子供たちに配布。

白い年表を黒く埋めていってもらう。

35人ものクラスのひとりひとりの
12年を追うのだから、
半端な作業ではない。

4班のディレクターも別れる。
今回のスタッフの熟練ぶり、情熱の高さ、
終日感服。


年表に則してスタッフが電話取材した、
ボクの兄の言葉を貼っていく。

40年ぶりに、
4年時の恩師・谷本長先生の取材テープを聞く。
もう80歳を超えていらっしゃるだろう。

この谷本先生のお話も文字化して、
また、年表に貼っていく。

 

帰宅後、
家族の書き込みを書き加えることを、
宿題にして初日終了。


一旦、ホテルでぐったり。

しかし、スタッフは、
この間に生徒の家を追加取材するのだという。


昨日に続き『多幸半』で夕食。
今日はコースをやめてリクエストで。

名物のタコポテ。
ワタリガニなどを入れてもらう。


途中から、
ディレクター、カメラマンと共に、
ドキュメンタリー論。


本日『メルマ旬報』 Vol.33も無事発行に。


TwitterRT @gjmorley(モーリー・ロバートソン)
水道橋博士の「メルマ旬報 」に
今回掲載するコラムではシングリッシュの
「OK-la」を使ったかなりダークなウィットが
盛り込まれていますので、どうぞよろしく!
----------------------------
TwitterRT @yamaguchi_SBM(サンボマスター山口隆くん)
水道橋博士メルマ旬報!
今回ちゃんと僕の詩がのってるー!
めちゃめちゃ嬉しいです!原カントくんさん!
博士氏!ご迷惑おかけしました。
ありがとうございました!
----------------------------
TwitterRT @sumidab(弁護士角田龍平さん)
水道橋博士のメルマ旬報
「メルマ遵法」の原稿をようやく送信。
原カントさん、ほんますんません。
「司法とプロレス(3)」は、
西武時代の清原和博が
ロッテ平沼投手に見舞った
ジャンピングニーバットの法的性質、
秋山幸二とのAK砲、ASKAとの新AK砲、
清原選手への昭和の野球少年の想いを綴りました。
----------------------------
TwitterRT @m_kac(エムカクさん)
「水道橋博士のメルマ旬報」
明石家さんまヒストリー第13号では、
さんまさんとやしきたかじんさんの邂逅を。
1992年の『さんまのまんま』、
2013年 の『たかじんNOマネーGOLD』での発言をもとに、
「台風」というキーワードから、
1975年と断定させていただいた。
----------------------------
TwitterRT @m_kac(エムカクさん)
「水道橋博士のメルマ旬報33号」配信されました。
明石家さんまヒストリー第13回は、
“1975年の明石家さんまさん”です。
調査、確認したいことを幾つか残したまま、お送りします。
これが今の精一杯。
----------------------------
TwitterRT @aizawaaa(相沢直くん)
「水道橋博士のメルマ旬報」最新号配信。
「みっつ数えろ」は、
しれっとした顔で卑怯なことをしています。
来週はちゃんとオチをつけるので、
本当すみません。お許しください。
----------------------------
TwitterRT @u5u(てれびのスキマさん)
本日配信の『水道橋博士のメルマ旬報』
連載「芸人ミステリーズ」は
『タモリ学』出版の告知を兼ねて特別編。
タモリのデビューと
徹子の部屋』出演の謎について考察してます。
----------------------------
TwitterRT @manaview(碇本学くん)
『水道橋博士のメルマ旬報』vol.33配信されました。
「碇のむきだし」はいつもの「桜色feather」
のスピンオフ短編を数話書いてます。
一話目のタイトルはここから→ ACIDMAN アイソトープ
http://youtu.be/DZkI12rZ3Zo
----------------------------
TwitterRT @anokoro_no(柳田光司くん) 
「水道橋博士のメルマ旬報33号」配信されました。
島田紳助、漫才の教科書 第9回(18回)は
笑芸人のネタを作るための
基本中の基本『パロディ』について。
死ぬまでに見ておいた方がいい
漫才師101人も併せてお楽しみ下さい。
明石家さんま出没情報も
----------------------------
TwitterRT @araikaoru (荒井カオルさん)
メルマ旬報の新しいのが届いていた。
おいらの原稿は木嶋佳苗被告のブログについて。
東京拘置所に手紙書いて獄中手記お願いしないとな。
明日朝イチで宅配便出さねば
----------------------------
TwitterRT @sakaiw99(酒井若菜さん)
水道橋博士のメルマ旬報、最新号
配信中〜、配信中〜
今回は、女の話
----------------------------


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る